クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

あんしんクレジットの本人確認

本人確認書類のイメージ

クレジットカードは、たとえ家族であっても代わりに使うことはできないってご存知でしたか?

同じように、クレジットカード現金化も利用できるのは、本人名義のクレジットカードのみ。
このため、あんしんクレジットをはじめとする全ての現金化業者は、身分証の提示などにより、本人確認を実施しています。

そもそもなぜ、クレジットカード現金化には本人確認が必要なのでしょうか?
あんしんクレジットの本人確認の流れと提出書類とあわせて紹介します。

クレジットカード現金化に本人確認が必要な理由とは?

現金化に本人確認が必要な理由

個人情報に敏感な今の時代、クレジットカード現金化をするのに身分証明書が必要、と言われると、思わず身構えてしまいますよね。

しかし、実は本人確認は「審査がなくても利用できる」というクレジットカード現金化のメリットを可能にする大切な役割を持っているんです。
その理由を知れば、納得かつ安心して身分証を提出することができますよ。

クレジットカード現金化業者は金融業者ではない

現金化業者は金融業ではない

あんしんクレジットの申し込みフォームを確認してみると、

「当社が金融業者でいないことを理解していますか?」

という質問フォームがあります。

この記述通り、クレジットカード現金化業者は、銀行や消費者などの金融金融業ではなく、古物商に分類されています。
クレジットカード現金化は、あくまでも物品の買取という名目で、利用者に金銭を渡しているので、その取引形態は中古品店と同じ、という理屈なんですね。

そして全ての古物商は、防犯上の観点から、古物営業法という法律によって、本人確認が義務付けられています

万一盗品が中古品として売り出された際、その商品や犯人が追跡しやすくなるよう、盗難被害を最小限にとどめるためです。

ちなみに古物商が本人確認義務を怠った場合、営業停止や罰金などの厳しい処分が下されます。

本人確認は、第三者のカード不正利用を防ぐ働きがある

本人確認がカードの不正利用を防ぐ

法的にグレーゾーンな行為とも呼ばれているクレジットカード現金化は、つい悪徳業者に対する不信感ばかりが募りがち。
ですが、悪いことを考える人は一般人の中にもたくさん存在することを忘れてはいけません。

もし、本人確認なしでもクレジットカード現金化をすることができるのであれば、拾ったカードや盗んだカードでも現金化し放題になってしまいます。

そうすればたちまち、クレジットカード現金化は犯罪の温床となってしまうでしょう。

つまり、クレジットカード現金化の本人確認には、全てのカード利用者を、第三者の不正利用から守るという目的が含まれているんですね。

あんしんクレジットの本人確認

あんしんクレジットの本人確認

クレジットカード現金化の本人確認には、クレジットカードの所有者を犯罪から守るという大切な役割があることがわかりましたね。
それでは早速、あんしんクレジットの本人確認の流れと、必要な提出書類について確認していきましょう。

あんしんクレジットで本人確認する流れ

あんしんクレジットで本人確認する流れ

あんしんクレジットでは、HPの入力フォームから必要項目を記入後、送信すると、オペレーターから折り返し電話がかかってきます。
(初めから電話で申し込むことも可能です。)

そこで希望金額などをもう一度確認し、換金率などの見積もりを出してもらい、改めて利用を検討します。
条件が合意できるものであれば、その旨を伝えて、契約が成立。

クレジットカード現金化の利用に必要な手続きに入るのは、ここから!
オペレーターの指示にしたがって、本人確認に必要な書類を、メール添付またはFAXであんしんクレジットに送信することとなります。

あんしんクレジットで本人確認に必要な書類

あんしんクレジットで本人確認に必要な書類

あんしんクレジットの申し込みに必要な提出書類は、以下の3点です。

  • クレジットカードの両面画像
  • 身分証の両面画像
  • 身分証と共に写った自撮り画像

身分証は、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードなど、写真付きのものが望ましいです。
健康保険証など写真付きでないものでも代用できますが、公共料金の郵送物など、住所が確認できる別書類が必要となることもあります。

「他のクレジットカード現金化業者では、片面画像だけで済んだ」
「こんなに個人情報を要求するなんて怪しい」<
/p>

など、あんしんクレジットの提出書類の多さに懐疑的な口コミもネット上ではいくつか見受けられますが、これは利用者に限らず、全ての人に対して安全を期して現金化を行うための配慮です。

あんしんクレジットの方で、個人情報は厳重に管理しているので、漏えいや悪用を心配する必要はありません。

こんな業者に要注意!

注意

健全な経営を行なっているクレジットカード現金化業者が求める本人確認の必要書類は、ほとんどあんしんクレジットと同じです。
しかし、個人情報への認識が甘いと、悪徳業者の毒牙にかかってしまう危険性があります。

あんしんクレジットと他社を比較、検討したいという時のために、個人情報の保護という観点において危険な現金化業者の特徴を知っておきましょう。

個人情報を過剰に要求してくる

個人情報を過剰に要求してくる現金化業者

あんしんクレジットが要求してくる本人確認の書類は、現金化に必要な最低限度。

これよりももしさらに、住所や家族構成など、かなり個人的なことを聞き出そうとしてきたら、注意が必要です。
現金化業者を騙ってお金に困っている人に接近し、実際は闇金融にその個人情報を売ることを生業とした、名簿屋かもしれません。

こういった悪徳業者に引っかかってしまうと、利用後にダイレクトメールや変な電話がかかってきて、闇金融からしつこい勧誘を受ける可能性があります。

クレジットカードのセキュリティコードを尋ねてくる

セキュリティーコードは教えてはいけない

クレジットカード現金化の悪徳業者は、何も個人情報の売買だけを目的として経営しているわけではありません。
中には、カード情報をだまし取って、不正利用しようと企んでいる連中もいます。

そういった悪徳業者が必ずといっていいほど要求してくるのが、セキュリティコードと呼ばれる3桁の数字。
何気なくクレジットカードの裏面に記載されている数字ですが、これをカード番号とセットで知られてしまうと、本人でなくてもネット決済ができてしまう、取り扱いの危険な数字です。

本来、クレジットカード現金化には必要のない情報ですので、絶対に教えないようにしましょう。
クレジットカードの裏面の画像を送信する際も、情報漏洩を防ぐために、指や付箋などで隠して送信することをお勧めします。

個人情報を全く聞いてこない

個人情報を全く聞いてこない現金化業者

上記の2パターンとは反対で、個人情報を全く聞いてこない現金化業者も逆に危険です。

クレジットカード現金化において、本人確認は義務
それに違反して、誰のものとも分からぬクレジットカードを勝手に現金化するような業者は、目先の利益だけを目的とする悪徳業者か、反社会的な存在と関わりを持っている可能性が大です。

その時何も起こらなかったとしても、後々トラブルに巻き込まれたり、知らず知らずのうちに犯罪の片棒を担いでいたりする危険性があるので、利用は避けたほうが賢明でしょう。

あんしんクレジットの本人確認まとめ

いかかでしたか?
クレジットカード現金化で本人確認が必要とされる理由と、あんしんクレジットでの本人確認の流れや提出書類についてみてきました。
それでは最後にもう一度、あんしんクレジットの本人確認についてまとめ直します。

  • クレジットカード現金化には、本人確認が義務付けられている
  • 本人確認は、クレジットカードを第三者の不正利用から守る働きがある
  • クレジットカード現金化で本人確認が始まるのは、契約が成立した後
  • あんしんクレジットの本人確認では、クレジットカードと身分証、身分証と共に写った自撮り画像が必要
  • 個人情報を過剰に聞いてきたり、逆に全く聞いてこない現金化業者に注意
  • クレジットカード裏面のセキュリティコードは、現金化業者に絶対に教えてはいけない

あんしんクレジットは、長年クレジットカード現金化業者として営業を続けていますが、個人情報保護のまつわるトラブルを起こしたことは1度もありません。
あんしんクレジットの利用はもちろん、他業者でクレジットカード現金化をする場合も、優良店の1つの基準として、本人確認の必要書類をあんしんクレジットと照らし合わせることをおすすめします。