クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

あんしんクレジットが詐欺業者である可能性は何%?

あんしんクレジットは詐欺業者?

クレジットカード現金化で一番怖いのは、詐欺に遭ってしまうことです。
ただでさえ金欠なのに、詐欺業者に運悪くあたって、さらにお金を巻き上げられてしまったら、目も当てられませんよね。

実は、名だたる優良店といわれているあんしんクレジットでも、一部の間で詐欺業者だという噂がまことしやかに流れているんです。
そこでこの記事では、あんしんクレジットで詐欺が疑われている理由と、その真偽について解明します!

クレジットカード現金化の典型的な詐欺業者とは?

典型的なクレジットカード現金化の詐欺

クレジットカード現金化の詐欺業者とは、具体的にどのような行為に及ぶのでしょうか?
あんしんクレジットが詐欺業者なのかどうか、この後検証しやすくするためにも、先にクレジットカード現金化の詐欺業者の定義と手口をハッキリさせておきましょう。

入金がされなかったり、法外な手数料を要求する

クレジットカード現金化業者の詐欺と言われて真っ先に思いつくのが、お金のトラブルです。
詐欺業者は、そもそもお金を入金しかったり、クレジットカード現金化の相場である70%〜85%を大きく下回るような換金率で取引をして、不当に暴利を貪っています。

こういった入金トラブルの手口としてよくあるのが、具体的な換金率を明示せず、契約後に手数料を吊り上げてくるパターンです。
また、口座に振り込まれているのが予想よりもずっと少ない入金額で、慌てて問い合わせてみると「各種手数料を差し引かせてもらった」などと、説明なしに換金率を引き下げてくるパターンもあります。
こういった場合、言った言わないの水掛け論に発展してしまい、利用者は泣き寝入りしてしまうケースがほとんど。

この他にも、見積もり後に利用者側がキャンセルしようとすると、高いキャンセル料を要求してくるパターンもあり、実に様々な手口で詐欺業者は利用者からお金を巻き上げています。

個人情報を抜き取る

個人情報の抜き取り

基本的にクレジットカード現金化業者との取引には、カード情報と身分証明書が必要です。
クレジットカード現金化業界では、この仕組みをいいことに、お金に困っている人の個人情報を抜き取って闇金に売ったり、カード情報を盗んで不正利用を働く詐欺業者が紛れ込んでいます。

闇金融に個人情報を売ることを目的とした詐欺業者は、住所や家族構成など、クレジットカード現金化の取引に直接関係のないことまで聞き出そうとしてくるのが特徴。
そして、カード情報を盗んで不正利用を目論む詐欺業者は、カード番号だけでなく、カード裏面にあるセキュリティカードを尋ねてきます。

クレジットカードの裏面にあるセキュリティコードは、クレジットカードに必要ない番号。
カード番号とセットで知られると、第三者に勝手にカード決済されてしまう危険性があるので、聞かれても絶対に答えてはいけません。

あんしんクレジットは詐欺業者に当てはまらない

あんしんクレジットは詐欺業者ではない

それでは早速、あんしんクレジットがクレジットカード現金化の詐欺業者なのかどうか、その特徴を照らし合わせていきましょう。

検証のため、実際に利用してみたところ、あんしんクレジットは詐欺業者ではないということがわかりました。

まず、あんしんクレジットの換金率は、相場以上の85%前後
振り込まれないということもなく、むしろ手続き終了から入金まで僅か10分という、驚異のスピードで対応してもらえました。

個人情報についても、最低限の入力フォームの記入で手続きをとることができましたので、安心して良いでしょう。
クレジットカードの画像は求められたものの、無事「セキュリティコードは隠してもらって結構です。」という言葉を頂けたので、カード情報についても心配はないようです。

以上の結果から、あんしんクレジットは、数あるクレジットカード現金化業者の中でも良心的な換金率と、確かな対応力で経営している優良店だといえます。
経営はいたって健全だったので、ネット上で不穏な口コミを見て心配になった人も、安心して利用して大丈夫です。

あんしんクレジットが詐欺だと疑われているのはなぜ?

あんしんクレジットが詐欺業者だと疑われている理由

検証の結果、あんしんクレジットは詐欺業者とは縁遠い優良店であるということがわかりました。
しかし中には、火のないところに煙は立たぬ…と一層疑念を深めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、なぜあんしんクレジットが一部の人たちに詐欺業者と言われてしまうのか、その理由にメスを入れてみることにしました。

創業年数が虚偽の可能性がある

あんしんクレジットの創業年数はウソ?

あんしんクレジットの一番の売りは、創業17年という長い営業年数。

流行り廃りが激しく、他の企業が2年、3年ともたないクレジットカード現金化で、10年以上の経営実績を持つ業者はそういません。
実際、あんしんクレジットを差し置いて、ネット完結型のクレジットカード現金化が登場し始めた2000年頃から存続している大手企業はないというのが業界の現状です。

このように、すっかり老舗業者として看板を掲げているあんしんクレジットですが、HPの設立を示すドメイン取得日は2009年。
この計算でいくと、17年以上というのは虚偽で、実際の創業年数は10年ちょっとということになりますね。

もしこれが意図的であるとすれば、顧客集めのために虚偽の広告を出している詐欺業者と捉えられても、仕方がありませんね。

ただし、サイト移転の際にドメインの引越し忘れなど、事情があったのかもしれませんし、もし嘘だとしても、逆に経営実績が10年以上あるということは本当なわけです。

よって、このことだけで詐欺業者と言い切るには少し証拠が弱いでしょう。

根拠のない業界No.1

あんしんクレジットの誇大広告

あんしんクレジットでは、顧客からの厚い支持と信頼の理由として、「利用者数、換金率、ユーザー満足度No.1」を掲げています。

が、第三者の機関が発表しているわけでもないのに、この統計結果は一体どこからやってきたのか、出所が全く不明です。
具体的なデータが示されていない以上、このNo,1はあくまでも自称にすぎません。
このように、根拠のないNo.1宣言が、詐欺業者として一部の利用者から反感を買っている可能性は大いにあるでしょう。

とはいっても、クレジットカード現金化業者に限らず、宣伝の手法としてよくあることなので、そこまで目くじらを立てる必要はありません。
換金率や対応スピード、安全性などもしっかり優良店の基準を満たしているので、個人的にはこれくらいの誇大広告は目を瞑ってやっても構わないのではないか、と思います。

換金率表がない

あんしんクレジットには換金率表がない

あんしんクレジットには、他社サイトに用意されているような、換金率表がありません
これはつまり、手数料の目安がないということ。

クレジットカード現金化業者の詐欺において、具体的な換金率を明示せず、後から手数料を吊り上げるという手法が横行している以上、警戒心の強い人にとっては確かに引っかかる部分かもしれません。

しかし、あんしんクレジットは公式サイトにこそ具体的な換金率の表記はありませんが、問い合わせればきちんと事前に換金率を教えてくれます。
その数字も85%前後、低くても80%前後なので、どちらにせよ相場以上。

過程よりも結果を見てみれば、詐欺業者なのかそうでないのかは一目瞭然ですね。

検索フォームに「あんしんクレジット 振り込まれない」という予測変換がある

あんしんクレジットを検索

あんしんクレジットでは、直前で申し込みを躊躇う利用者予備軍の人が少なくありません。
なぜなら、「あんしんクレジット」とYahoo!やgoogleなどの検索エンジンで検索しようとすると、

「あんしんクレジット 振り込まれない」

という予測変換が出てきて、心配な気持ちになるからです。

しかし、この検索エンジンのサジェストは、単に今まで多く検索されてたキーワードを表示しているだけなので、心配する必要はありません。

「あんしんクレジット 振り込まれない」と検索している人がたくさんいるのなら、やっぱり詐欺業者なんじゃないの?と思うかもしれませんが、安心してください。
このキーワードを検索している人のほとんどが、手続き完了から入金までの10分のタイムラグの間で、不安になった利用者の方です。

クレジットカード現金化業界では、業者によって異なりますが、通常手続き完了から入金までのタイムラグが20分〜3時間かかります。
このため、あんしんクレジットの入金まで10分というスピードは間違いなく最速レベルなのですが、皆が皆業界に精通しているわけではありません。

特に、ネットの回線スピードの速さに慣れた現代人は、この僅かな時間の間も長く感じられることでしょう。

その結果、クレジットカード現金化の仕組みを知らない方は心配になって、この「あんしんクレジット 振り込まれない」というキーワードを検索しているに過ぎないんですね。

誇大表記はあるものの、あんしんクレジットは優良店

あんしんクレジットは優良店

あんしんクレジットの経営スタイルや宣伝広告には、確かに一般的な価値観からは看過できないような手法が含まれています。

しかし、行為自体がそもそもグレーゾーンといわれ、競争の激しいクレジットカード現金化業界で勝ち抜くためには、こういった攻めの姿勢もある程度必要というのが業界の実態。
もっと悪どいことをやっているクレジットカード現金化業者は、他にいくらでもあります。

ある程度の誇大表記は業界の暗黙の了解と許し、実質的なサービスに目を向けてみると、あんしんクレジットは全く詐欺業者などではないことがわかります。

実際に、創業年数の虚偽疑惑や最高換金率との乖離など、揚げ足をとるような非難はいくつもネット上で見受けられますが、

「実際に個人情報を闇金に抜かれた」
「勝手にクレジットカードを使われた」

など、具体的な被害の話は1つも出てきていません。

以上のことから、あんしんクレジットは現金化の詐欺業者ではないので、安心して利用してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
あんしんクレジットが詐欺業者なのかどうか、検証とその理由について解説してきました。
それでは改めてもう一度、あんしんクレジットが詐欺業者なのかという可能性についてわかったことをまとめ直したいと思います。

  • 金銭目的の詐欺業者は、事前に換金率を教えてくれなかったり、キャンセル料を要求する
  • 個人情報が目的の詐欺業者は、家族構成や住所など現金化に関係なことまで聞き出そうとしてくる
  • クレジットカードのセキュリティコードは、現金化業者に教えてはいけない
  • あんしんクレジットは相場以上の換金率で取引でき、セキュリティコードも必要ないので、詐欺ではない
  • あんしんクレジットは、公式サイトの誇大広告や、換金率表がないなどの理由で詐欺業者だと言われることがある
  • ただし、実際の詐欺被害の報告は寄せられていないので、悪戯か他業者の可能性がある

あんしんクレジットで詐欺業者である可能性は、ほとんどありません。
換金率が相場以下のものとなったり、個人情報を悪用される可能性は100%ありませんので、安心してくださいね。