ビートレーディング

ビートレーディングの特徴

本来ならビートレーディングでファクタリングを行うデメリットも紹介すべきなのですが、これといってデメリットらしいものが存在しなかったのでメリットのみをご紹介していきます。

ビートレーディングでファクタリングを行うメリット

取引実績業界最多の安心感

ビートレーディングの設立年数は、2012年。 通常の業種と比べると、まだ業歴が浅いように思われますが、まだ発展途中のファクタリング業界では、れっきとした老舗です。 実際、その取引件数は月に200件、年では2500件程度もの実績があり、業界最多。 コスト面やスピード性など、全体的にバランスのとれた高い総合力を兼ね備えているため、多くの経営者様に選ばれています。 初めてファクタリングを利用する方や、会社選びに迷っている方は、とりあえずビートレーディングを選んでおけばまず間違いありません。

圧倒的な調達スピード

ファクタリングは、他の金融手法と比較して即金性が高いのが魅力の資金調達手段。 ビートレーディングは、そんなファクタリングのメリットを最大限に活かしたサービスを提供しています。 電話による仮審査の後、必要書類さえ揃っていれば当日中に本査定に入ってくれます。 審査の結果に問題がなければ、依頼主の合意で、即契約、入金の手続きとなります。 その着金スピードは、取引金額が300万円以内なら最短即日。 額面が300万円以上になると、やや即日のハードルはあがるものの、最短翌営業日には買取が可能です。 複数他社と検討している時間はなけれど、安全に売掛債権を現金化したい、という急ぎのファクタリングに最適といえるでしょう。

マルチな対応力

古くからファクタリングが行われてきた欧米企業と違って、日本におけるファクタリングの浸透率はまだまだ未熟。 それゆえ、大手の金融機関が取扱うファクタリングは、対象が数千万円をこえる売掛金のみであったり、個人事業主は利用不可であったりと、利用しづらいというのが現状です。

しかし、こういったニーズを捉えたビートレーディングは、どんな売掛債権の買取にも積極的。 民間系会社ならではの機動力の高さを活かして、どのような業種業態についても柔軟な審査を行っています。 全国エリア対応で取扱金額は最小100万円〜最大3億円、個人事業主でもきちんと話を聞いてくれるので、初めから諦めず、まずは一度相談してみることをおすすめします。

徹底した情報配慮

ビートレーディングが人気の理由の一つは、徹底した情報管理。 経営における資金繰りは、非常にデリケートな問題で、取引先はもちろん、中には社内でも極秘に話を進めたいという方も少なくありません。 ビートレーディングはその点、取引先には隠密に資金調達する2社間取引に強みを持ったファクタリング会社。 電話連絡から郵送物まで、情報管理において、行き届いた配慮を一貫してくれるので、情報流出の心配は一切ありません。 社内外の評判に細心の注意を払う必要があり、安心して利用できる会社を探している、というクライアントにおすすめしたい一社です。

高いコンサルティング能力

まだ未熟な日本のファクタリング業界では、一部の業者に、度重なる貸金業法の改正を受けて、ビジネスフィールドを失った闇金業者が紛れ込んでいるというのも悲しいながら一つの事実。 こういった不安感から、利用を躊躇う方もいらっしゃると考えて、ビートレーディングでは、銀行や銀行系の子会社など、金融機関に従事していた人達をスタッフとして採用しています。 このため、本業のファクタリングサービスだけではなく、経営や財務面のコンサルティングを受けることができるのも、他社にはない魅力の一つです。 元金融業界の精鋭から的確なアドバイスをもらうことができるので、一時的に苦しい資金繰りをしのいだ後は、根本からキャッシュフローを改善することが可能です。 もちろん、余計な詮索をされたくないという方には無用な立ち入りはせず、必要最低限の情報で査定を行ってくれます。

が、もしも慢性的な資金難やキャッシュフローの改善に悩んでいる場合は、一度膝を割って話してみると良いでしょう。 ピンチはチャンス、とはよく言ったもので、今回のファクタリング利用が、慢性的な資金難を解消するきっかけになるかもしれません。