キャッシュチェンジ利用の流れ

キャッシュチェンジの利用の流れ

今回紹介する現金化業者は「キャッシュチェンジ」です。
口コミや評判などでも比較的高い評判を獲得しています。

しかし、どんな流れで申し込むか分からなかったり、注意するべき部分を知らない状態で申し込みをするのはリスクがあります。
思わぬトラブルに巻き込まれてしまったり、当日中に現金が手に入らず困る状態になってしまう可能性があるからです。

この記事では、キャッシュチェンジの利用の流れを徹底解説。
利用する前に知っておきたい注意点も紹介するので、安心して申し込むことが出来るようになりますよ。
参考にしてみてください。

キャッシュチェンジ利用の流れは5ステップ

キャッシュチェンジを利用する際の流れは5ステップです。

キャッシュチェンジの利用方法

一つずつより詳しく解説していきましょう。

公式サイトから申し込みフォームで申し込み

キャッシュチェンジの申込みフォーム

まずは、公式サイトの申し込みフォームから申し込みます。
申し込みに必要な情報を入力するだけなので、3分ほどで完了します。

また、お申し込みボタンからの申し込みは24時間365日受付していますが、当日中に現金化の手続きを進めたい場合には、営業時間である9:00〜20:00のうちに申し込みをしましょう。

キャッシュチェンジから電話で本人確認

キャッシュチェンジの本人確認をする電話

申し込みフォームを送信したら、フォームに入力した携帯電話番号宛てに、折り返しの電話がかかってきます。
折り返しでかかってきた電話の中で、本人確認申し込みの内容確認をしていきます。

本人確認に使うのは、運転免許証などの身分証明証と、クレジットカードになります。
スマートフォンなどで写真を撮ってメールでデータを送信することになるので、あらかじめ用意しておきましょう。

ただし、カード番号や名義と一緒にセキュリティコードを知られてしまうと、不正利用の原因となります。
クレジットカードについては、「セキュリティコード」を隠して良いか、しっかりオペレーターの方に確認をしておくことが大切です。

指定のサイトでカード決済で商品購入

キャッシュチェンジのクレジットカード決済

本人確認も完了し、申し込みの内容の確認もできたら、次はキャッシュチェンジの指定するサイトでカード決済で商品を購入します。

商品を購入するのは「キャッシュバック方式」と呼ばれる方法で現金化をする為。
この方式は、カード決済で商品を買うことで購入者に現金をキャッシュバックするというものです。

指定される商品は、キャッシュチェンジの独自の商品です。
換金率が高い商品ではないので、カード会社に現金化を疑われる可能性は低く、安心です。

ただ、商品のカード決済は自分ですることになる為、ネットでカードを使ったことのない方は、オペレーターの方にしっかりとやり方を聞いておきましょう。

カード決済確認後、キャッシュチェンジより現金振込

現金を振り込むキャッシュチェンジの男性スタッフ

無事に指定されたサイトで商品を購入できたら、キャッシュチェンジ側でカード決済が確認でき次第、現金が口座に振り込まれます。

カード決済後、最短5分で入金を確認できますが、申し込みをした時間によってはそれ以上時間がかかることもあります。

特に営業時間ギリギリや、大型連休前などは利用者も増え、手続きに時間がかかることが多くなります。
長くなると、入金まで1時間以上かかってしまうことも。

確実に当日中に現金を調達したい場合には、時間には余裕を持って申し込むようにしましょう。

後日、発送された商品の受け取り

キャッシュチェンジからの商品を受け取る女性

最後にキャッシュチェンジから送られてくる商品を受け取って、現金化の手続きが完了します。
うっかり受け取りを忘れないように注意する必要があります。

もし、送られてくる商品を受け取らなかった場合、「キャッシュバック方式」の現金化の前提となる商品売買の事実がないことになってしまいます。
キャッシュチェンジから受け取り確認の電話が来るなど、トラブルの原因にもなりかねません。

購入商品を受け取らないとトラブルになる

キャッシュチェンジ利用時のトラブルを指摘する女性

利用者が商品を受け取らなかったら、それは融資をしていることと同様の行為を行なったことになります。

個人に対して融資を行うには、「貸金業」として金融庁に登録しなくてはなりません。
しかし、現金化業者は貸金業としては登録していない為に、商品を介していない金銭のやりとりをした時点で、違法行為をしていることになってしまうんです。

実際に、商品を送らずに現金化を行なっていた業者の中には、逮捕者も出ています。
トラブルに巻き込まれない為にも、必ず商品は受け取りましょう。

キャッシュチェンジ利用前に知っておきたい情報

キャッシュチェンジの利用の注意点を紹介する少女

さて、ここからはキャッシュチェンジを実際に利用する前に知っておくべき情報についてまとめていきます。
知るべき情報は以下の2点です。

  • 換金率が低くなる可能性がある
  • 入金まで待たされる可能性がある

以下から、一つずつ解説していきましょう。

換金率が低くなる可能性がある

キャッシュチェンジの換金率

キャッシュチェンジの最大換金率は98%です。
しかし、口コミや評判を調べてみると、どうやら実際には75〜80%台までの換金率が適用されている様子。
最大換金率と比べると少し低く感じてしまいますよね。

しかし、現金化業者の換金率の相場は70〜75%な為、相場よりは高めです。

実際に適用される換金率が最大換金率よりも低くなるのは、キャッシュチェンジに限った話ではありません。
全ての現金化業者に共通して言えることです。

人によって異なる「カードブランド・現金化の金額・各種手数料」などが関係しています。

特に、現金化の金額は換金率を決める上で、大きなポイント。
一般的に現金化する金額が高ければ高いほど、業者側の利益も増える為、換金率もある程度上げることが可能です。
一方、現金化する金額が低いと、業者側の利益も少なくなる為に、そこまで換金率を上げることが出来なくなるんです。

このような事情から、公式サイトに記載されている最大換金率などより適用される換金率が低くなる可能性があることは知っておくべきでしょう。

入金まで待たされる可能性がある

キャッシュチェンジからの入金を待つ男性

キャッシュチェンジは、申し込みは24時間受付していますが、申し込みをする時間によっては入金が翌日以降になってしまうことがあります。

入金が遅くなってしまう原因としてあげられるのは、以下の2点です。

  • 申し込みを平日15時以降にしてしまった
  • 当日入金確認が可能な銀行口座以外を指定してしまった

この2点のうちのどちらかをクリアしていれば、当日中に入金確認が可能になります。

当日中に入金が確認できる銀行口座一覧

キャッシュチェンジを利用できる銀行

当日中に入金を確認したいなら、以下の3行の銀行口座を振込先として指定しましょう。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

この3行以外の銀行口座を振込先として指定した場合には、「平日15時以降」は入金を確認することはできず、翌営業日まで待つ必要があります。

即日で現金化をしたい時は、紹介した3行のどれかの口座を振込先に指定するか、最低でも「平日14時半」までには申し込みを完了させましょう。
平日14時半を目安とするのは、本人確認等にかかる時間を考慮する為。

当日中に現金を調達したい場合には、申し込む時間には注意しましょう。

まとめ

キャッシュチェンジを利用したレビューを書く人

いかがでしたか。

キャッシュチェンジの利用の流れと、注意点について解説してきました。
申し込みの流れを知ることで、実際に気をつけるべきポイントもイメージ出来たのではないでしょうか。

キャッシュチェンジの注目ポイントは、相場よりも換金率が高いという点。
その変わり即日の入金に対応している口座を持っていない場合には、少し不便というデメリットもありましたね。

ただ、利用する口座や申し込みできる時間等を調整できれば、デメリットはほぼカバーできます。
メリットを最大限に生かして利用できないか、是非検討してみてくださいね。

公式サイトはこちら

最終更新日:

公開日:

著者:佐藤 隆道