クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

キャッシュラインの換金率

キャッシュラインの換金率

キャッシュラインは公式サイトを見ると最高換金率が98.8%と紹介されているように、かなり換金率が高い印象を受けます。

しかし、クレジットカードの現金化業者において最高換金率というのはあくまでも利用者に現金化をしてもらうためのエサであり、高額での利用や厳しい条件を満たさなければ最高換金率での現金化は難しいです。

そこで、キャッシュラインの本当の換金率を調査したので、現実的な金額での現金化はどのようになるのかを利用する前の参考にしてください。

公式サイトから見るキャッシュラインの換金率

キャッシュラインの公式サイトの換金率

キャッシュラインの公式サイトでは、最高換金率98.8%だけでなく様々なプランに合わせて換金率を紹介しています。

ご利用額 当日プラン 通常プラン 法人プラン
1〜15万円未満 88% 89% 90%
15〜30万円未満 90% 91% 92%
30〜50万円未満 92% 93% 94%
50〜80万円未満 94% 95% 96%
80〜100万円未満 96% 97% 98%
100万円〜 98.8% 98.8% 98.8%

以上のような換金率をキャッシュラインの公式サイトでは紹介していますが、米印で次のような注意書きがしてありました。

※換金率表の割合は最大値となっております。詳しくはお問い合わせください。

つまり換金率の表に期待してキャッシュラインを利用しても思ったより換金率が低いということが十分に考えられるのです。

ということで実際の換金率はどのくらいなのかを利用して検証してみました。

キャッシュラインの実際の換金率

キャッシュラインの実際の換金率
今回行った現金化の条件
  • 利用金額:ショッピング枠の8万円分
  • プラン:当日プラン

今回キャッシュラインで現金化を行うにあたり、上記の条件で検証しました。
公式サイトの換金率の表によると、換金率88%で利用できるとのことでしたが、キャッシュラインの口コミでは実際の換金率と異なるという声もあるので…果たして実際はどうなのでしょうか?

83%の換金率で利用できた

キャッシュラインの換金率は83%

今回私が試した8万円だと68,400円の現金化をすることができました。

「5%も減るとか…めっちゃ詐欺じゃん」

と思うかもしれませんが、ネットで紹介されている現金化業者の換金率は基本的に手数料が含まれていることが多く、他の業者でもだいたい5〜10%程度はひかれるとのことでした。

ただ当日プランで2時間後には現金を手にしていたので、スピードとある程度の換金率を求めるならキャッシュラインはオススメだと思います。

キャッシュラインの詳細はこちら