クレジットカード現金化のことならマネーリサーチ

クレジットカード現金化がバレると利用停止になる理由

更新日:2018.09.19
現金化の注意点

佐藤 隆道

現金化がバレるとカードが利用停止になる理由

現金化最大のリスク!カード停止になりたくない!

クレジットカード現金化は便利ですが、カード会社にバレたときのリスクは無視できません。

カード停止や強制解約などになってしまうと、信用情報にも傷がついてしまいます。

そこで、クレジットカード現金化を使った時にカードが利用停止になってしまう理由やバレやすい人の特徴をご紹介いたします。

どういう仕組みでカード停止になり、どんな人がカード会社に疑われやすいのかを確認して、自分の状況を確認することが安全なクレジットカード現金化への第一歩です。

クレジットカード現金化でカード停止になる理由とは?

全世界に普及したクレジットカードは、いまや毎年2億枚以上も発行しているといわれています。

特徴は現金を持ち歩かなくても買い物が気軽にできることや、基本翌月払いなので給与日前にどうしてもほしいものがあったときなどにも我慢する必要がないことです。

そう、クレジットカードの使用目的は「買い物」なのです。

キャッシング機能はどうなのよ、という意見もきこえてくるかもしれませんが、キャッシング機能だけのクレジットカードってきいたことありませんよね?

なぜなら、キャッシング機能はメインである買い物目的のクレジットカードについてきた、おまけ的な機能にすぎないからです。

ここにクレジットカード現金化がカード会社から嫌われる原因があります。

利用規約でクレジットカード現金化を禁止している

私たちはクレジットカードを作る際に、利用規約規約を確認したうえで同意しています。

細かい文字で書かれた利用規約を詳細まで読んでいない人も多いでしょうが、その利用規約の中には、買い物以外の目的で使用しないこと、つまり現金化では使わないことが示されており、我々はそれに「はい」と同意して申し込みをしているのです。

そのためカード会社にカードの現金化がバレれば、利用規約に違反する行為(不正利用)として、カード停止をくらってしまうのです。

現金化禁止の利用規約が存在する理由

では、なぜそのような規約があるのでしょうか、カード会社の気持ちになって考えてみましょう。

カードを使用した買い物では、カード会社がまず買い物代金を立て替えて、翌月、利用者から買い物代金を徴収します

カード会社はカード決済を利用する際に発生する手数料で利益を得るわけです。

しかし、ここでお金が徴収できない場合は買い物代金が返ってこないので、「あなたのこと信用していたのに、立て替えた分が丸々損失だよ!」という事態になります。

このように、クレジットカード会社がおそれていることは立て替えたお金を返してもらえないことです。

現金化の利用したい人というのはお金に困っている人であり、翌月にお金を返せるめどがたっていない可能性も高いです。

そのため、お金を返してくれないリスクがある人には強制的にカード停止してでも、それ以上カードを利用させないという措置をとるわけですね。

クレジットカード現金化がバレやすい人の4つの特徴

カード停止のリスクは理解したけど、それでもやっぱり便利だしクレジットカード現金化を利用したいという方もいるでしょう。

できるだけクレジットカード現金化がバレにくい方法やバレやすい人の特徴をまとめてみました。

換金性の高い商品ばかりを狙う

できるだけ得をしたいという気持ちは強いかもしれませんが、商品券や新幹線回数券など換金性の高い商品ばかりを個人で購入していると、クレジットカード現金化を疑われカード停止になるリスクが高いです。

支払いが遅れたことがある

1回ならともかく過去に複数回カード会社に支払い遅延したことがある人は、要注意人物としてチェックされ、クレジットカード現金化などの不正利用についてもバレる可能性が高くなります。

キャッシング枠がない

キャッシング機能をすべて使っている人は、明らかにお金に困っているのではないかと思われてもしかたがないでしょう。

しかも、その状態で突然ショッピング枠を全部使いきった場合、足りない資金をクレジットカード現金化で補填したのではないかと疑われ、カード停止処分を受けてしまいます。

カードをほとんど使ったことがない

作ったままずっと放置していたクレジットカード久しぶりの利用が現金化目的のジュエリーや時計などの高額商品を購入しはじめたとなると疑いの目が光ります。

このような場合は、バレる可能性の低い少額の現金化からはじめましょう。

専門のクレジットカード現金化業者を使えば安全

自分でクレジットカード現金化を行う場合は、ショッピング枠で商品購入後に転売するという方法をとることになります。

自分で転売しようとすると、やはりどうしても換金性の高い商品をついつい狙ってしまいがちです。

そのためカード会社にバレるリスクはどうしても高くなります。

クレジットカード現金化業者はリピート率が重要な経営モデルです。

利用者の現金化がカード会社にバレてカード停止になっていては、リピーターの確保ができず、経営が立ち行きません。

そのため、利用者のクレジットカード現金化がバレないようなノウハウを持っているのです。

とはいっても悪徳業者の存在や、カード会社にバレる可能性が100%ないと断言できるわけでもありませんので、あくまでバレにくい方法であるということだけご理解ください。

クレジットカード現金化がバレやすい人の特徴とカード停止のまとめ

それでは、最後に今回の記事をまとめておきましょう。

  • クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されている
  • 利用規約違反がバレるとカード停止などの処置を受ける
  • カード会社からお金に困っていると思われるとバレる可能性が高くなる
  • クレジットカード現金化業者を利用すればリスクは最小限にすることができる
  • 現金化業者を使ったとしても、悪質な業者の存在などのリスクはある

物事には何事にもメリットとデメリットが存在します。

クレジットカード現金化は大変便利でいざという時に助かる方法ですが、その分だけリスクも存在することを覚えておいてください。