クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

利用停止に注意!クレジットカード現金化がバレやすい危険な商品

更新日:2018.09.19
現金化の注意点

佐藤 隆道

利用停止に気をつけて現金化する方法

こんにちは!元クレジットカード会社に勤務していた佐藤です。

本日はクレジットカード現金化が万が一カード会社にバレてしまうとどうなるか、バレないように利用するにはどうすれば良いかについてお話していきます。

危険な方法を取ってしまうとカード会社から利用停止や現在の利用分の一括返済を求められてしまい、もはや現金化すら満足に行えない状態になってしまうというのでは本末転倒ですね。

クレジットカード会社の人間がどういった点を疑っているのかを知って、安全に現金化を利用するようにしましょう!

初めてなら安心は嘘!?クレジットヒストリーが何よりも重要!

最近では特にクレジットカードの利用は一般的になってきて、10代や20代の方でも利用されている方は多くいらっしゃるかと思います。

このクレジットカード利用時の返済遅延、その他公共料金などの支払いの遅れ、カードローンやキャッシングを含めた借り入れ状況など、お金の貸し借りに関する履歴のことを総合してクレジットヒストリーと呼びます。

そもそもクレヒスとは?どんな人が危険?

詳しい人もいらっしゃるかもしれませんが、略して「クレヒス」などとも呼ばれたりしますね。

クレジットとは『信用』という意味ですので、お金に関してその人の信頼度を測るための履歴という意味になります。

この『クレヒス』、銀行、消費者金融、クレジットカード会社など、金融機関と呼ばれるところでは基本的に共有されちゃってます。

誰がどこからいくら借りていて、返済の履歴はどうで、支払いが遅れた回数は、と全ての情報は金融機関からすれば丸裸なのです。

その人の経済状態がまるっとわかってしまうものですので、現金化を警戒するカード会社もまずはこのクレジットヒストリーに注目しているわけですが、それではどういった人が要注意対象となってしまうのでしょうか。

常にキャッシング枠を限界まで利用していないか

まず、警戒の対象になるのが、常にキャッシング枠を限度枠一杯まで使用している人です。

少し返済したとしても、またすぐにキャッシングでお金を引き出しているような人は、どう考えても経済的に余裕がある人とは考え難いですよね。

もちろん、それも混みでカード会社が被害を受けない額をキャッシング枠の上限に設定している訳なので、通常通りなら問題はないわけです。

ただし、そんな人が急に高換金率の商品をショッピング枠の限度額一杯まで購入したとしたらどうでしょう。

あなたがカード会社の社員だったとして、普通に「怪しい・・・」ってなりませんか?

これだけで確実に利用停止になるというわけではありませんが、どうせショッピング枠現金化をするのであれば金利の高いキャッシング枠の利用は最小限に留めて信用を保っておきたいものですね。

まっさらなクレジットヒストリーは逆に危険!?

さて、次に警戒されるのは、今までショッピング枠の利用も含めて一切のクレジットヒストリーが0という方。

これは、少し疑問に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、カード会社の社員の気持ちになれば少しわかりやすいかもしれません。

カードは作ったけれど1回も使用していなかった人がショッピング枠の限度額一杯まで買い物した決済の通知が、急に社員のもとに届くわけです。

しかも、使用した目的は現金化によく使われる高換金率の商品・・・。

どうでしょう、これは怪しくありませんか?

今までは特にお金に困ることはなかったけれど、急に何かの理由でお金が必要になって現金化をしたんじゃないか、と疑いたくなりますよね。

現金化に限らず、カードローンなどの審査や大型のローンを組む際なども、クレジットヒストリーが0の人は逆に信用されづらいというのは有名な話です。

普段から、適度にネットショッピングなどを行なってクレジットヒストリーを積み上げておくことが大事なんですね!

安全に現金化をするのなら

安全に現金化できて喜ぶ図

さて、それでは安全に現金化をするにはどうすればいいんでしょうか。

自分でする方法と業者を使う方法があるのはご存知かと思いますが、カード会社にバレにくいようにという観点でいうと圧倒的に業者を利用した方が良いでしょう。

ただし、業者を使う際にも注意点がありますので、それぞれ解説していきますね。

自分でする現金化は難しい上にかなり危険!

自分で現金化をしようとなると、まずは高換金率の商品を探すところから始めなくてはなりません。

今、副業としても有名になってきている「せどり」という手法があります。

良い商品を見抜いてネットオークションなどで安く購入し、それを別のマーケットで仕入れ値よりも高く売る、という転売で儲ける方法なのですが、これが安定してできるくらいにある分野の商品に専門的な知識と相場観をお持ちなら問題ないでしょう。

現金化どころか、それを商売にされると良いかと思います。

そうした知識がない場合には、一般的に高換金率と言われている商品で現金化を試みることになるかと思いますが、新幹線チケット金券ブランド品高額ゲーム機器などなどは手垢がつきすぎていて危険性が非常に高いのです。

もし、これらの方法を取ろうとお考えの場合は、ご自身のためにも再考されることをオススメします。

業者を利用する際にも商品に気をつけよう!

では、業者ならなんでも良いのか、と言われればそうではありません。

特に注意して欲しいのが店舗型現金化業者を利用する場合で、駅前のチケットショップの看板に現金化可能などと書かれているようなお店は特に注意が必要です。

こうしたお店で現金化を申し出ると、最寄り駅のみどりの窓口へ行って自分で新幹線チケットを買ってきてくれと言われることがあります。

はい、お気づきのように、これでは業者を通すメリットが全くありません。

業者の指示のもとに自分で現金化をしているだけ、しかも、最も警戒度の高い新幹線のチケットという商品で。

ですので、駅近くの店舗型業者の利用には十分に注意するとともに、ネット完結型などでも、その業者が扱う商品はなんなのかを確認しておきましょう。

業者によって家電だったりアクセサリーだったり宝石だったりと扱う商品は様々

新幹線チケットや金券を扱っているというような業者に関しては、スタッフが信頼できそうであればバレないか不安だと相談してみるのもいいでしょう

一括で行う金額にも気をつけて!

最後に、一括で現金化する金額にも注意が必要です。

クレジットカード会社としては少ない金額の場合まで、いちいち現金化がどうだと疑っていてはキリがないという部分があります。

カード会社によって警戒のラインは違いますので、一括でこの金額までなら安全とも言えません。

しかし、元カード会社社員という私の経験上、20万円程度までなら少し怪しい利用だったとしても、一発で利用停止になったり強制解約を迫られることはないかと思います。

これ以上、特に100万円以上の金額になってくると、カード会社の警戒心もかなり高まってきますので、一括決済などは難しくなるでしょう。

もし利用停止になったらどうなる?カード会社にバレた結果

もしも現金化がバレたらどうなるのか

基本的に怪しいカード利用については、最初の段階では機械が自動で停止処置をするのが一般的。

その後、利用者に問い合わせなどを行い、問題のない利用であると確認が取れた際にはカードの利用が再開されることも。

ただし、二度、三度怪しい利用が行われた際には、最悪のケースも考えられます。

最後に、そんなカード会社に現金化が完全にバレてしまった最悪の場合についてお伝えしていきます。

強制解約後、一括返済請求

カード会社にバレた上に、あまりにも悪質かつ現金化目的の利用が確定した場合には、クレジットカードを強制解約させられた上に、現在の債務の一括返済を求められます

しかも、その時点でクレジットヒストリーにこの人は現金化をした人ですという情報が流れてしまっているので、返済のために真っ当な貸金業者でお金を貸してくれるところはまずありません。

かなり厳しい状況になることが予想されます。

以降、カードが作れず、ローンも組めない

上の項目でも少し触れていますが、クレジットヒストリーに現金化についての情報も記載されてしまいますので、新規にクレジットカードを作ったりローンを組むことが非常に厳しくなります

カード会社に勤務していた際には別の部署の人間から、現金化履歴のある人の審査を落としたという話をよく聞いたものです。

クレジットヒストリー的には到底お金を貸せる人ではないという話になるわけですね。

いかがでしょうか。

こうしたトラブルが起きること防ぐためにも、現金化をする際は信頼できる優良業者を利用することが何よりも重要なのです。

現金化についての、そして業者についての正しい知識をつけて、安全な利用で自分の身を守っていきましょう。

カード停止になりたくないなら「キャッシュチェンジ」

キャッシュチェンジ

実は、健全な運営をしている現金化業者なら、業者側としてもカードトラブルは避けたいところなのです。 クレームや悪い口コミに繋がりますし、カードの停止になるような取引を続けていると、公的な機関から目をつけられかねません。 『キャッシュチェンジ』はそうした点にも配慮している業者で、もし、現金化することがリスクに繋がったり、ユーザーにとってマイナスと考えられる場合には、利用を控えるように助言もしてくれる信頼できる業者です。

キャッシュチェンジの詳細情報