クレジットカード現金化で注意すべき、3つの信用

更新日:2019.12.03
現金化の注意点

佐藤 隆道

クレジットカード現金化で注意すべき3つの信用

クレジットカード現金化は、即日で必要な金額が調達できる便利な現金調達方法。 しかし、行為自体が法的にグレーゾーンということもあり、その取引には信用が大きく関わっています。 そこでクレジットカード現金化にまつわる信用の問題を、3つの角度から解説します!

①クレジットカード現金化業者自体の信用

クレジットカード現金化業者自体の信用力

まず、クレジットカード現金化で悪徳業者から身を守るためには、信用と実績優良店を見極めることが大切です。

しかし、クレジットカード現金化業界では創業年数のサバ読みが横行しているので注意が必要!

開業して間もないクレジットカード現金化業者でも平気で公式HPにて「創業20周年」と宣伝していたりします。

クレジットカード現金化業者の方でも、お店選びの際に利用者は信用を重視するということは重々分かっているので、平気でそんな嘘をつくんですね。

虚偽の口コミにも要注意!
同じように、最近ではネットの発達に伴って口コミを参考に商品選びをすることが多くなったこの時代の気風に合わせて、嘘の口コミを掲載する業者も増えてきています。
サクラや自作自演の口コミ投稿は、業者の公式サイトだけでなく、一見中立の立場を保っているように見える比較サイトでも行われていることがあります。

正しく信用と実績を見極めるためには、なるべく多くのサイトをまわって情報を収集する必要があるということです。

②利用者自身の信用力

利用者自身の信用力

クレジットカード現金化で最も注意しなければならないのは、カード会社に現金化がバレて利用停止になること。 そして実はその危険度には、利用者自身の信用力が大きく関わっています。

クレジットカード現金化は、利用者の信用力が低ければ低いほどバレやすい傾向にあります。

信用力が低いというのは具体的には、他社から借り入れがあったり、キャッシング枠を限度枠ギリギリまで使っている状態を指します。

目先のお金に困っている人が、優雅にカードでお買い物をするとは考えにくいため、こういった人の利用にはカード会社も目をつけているんですね。

信用力が低い状態にある人は、クレジットカード現金化がバレやすい5万円以上の高額利用や、自分での現金化は避けたほうが安心です。

業者利用なら
高額利用でも安心

③信用情報が傷つく可能性

信用情報が傷つく可能性

クレジットカード現金化がバレてしまうと、利用停止になるだけでは済まされません。 強制解約という形で利用残高を一斉請求されたり、信用情報が傷ついてしまう可能性があります。

信用情報とは個人のお金に関する記録のことで、全ての金融機関が閲覧できるようになっています。

つまり、クレジットカード現金化がバレて利用停止になると、この信用情報に傷がつき、今後の借り入れに支障をきたす恐れがあるということです。

これから自動車住宅のローンを検討している方は、特に注意しなければなりません。

信用できるクレジットカード現金化業者

信用できるクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化にまつわる信用問題は、優良店の利用で一掃することが可能です! クレジットカード現金化がバレにくい業者や、確かな信用と実績を持つ優良店を紹介します。

あんしんクレジット

あんしんクレジット

あんしんクレジットの18年という創業年数は、それだけ長くお客様から愛されてきた信用と実績の証。

ネット業者の隆盛当初からクレジットカード現金化業界を牽引してきた、正真正銘の老舗業者なので、初めての方でも安心して利用できます。

ゼロスタイル

ゼロスタイル

とにかく安全性が気になるいう利用者の方には、信用してもらうための3つの0を掲げるゼロスタイルがおすすめ。

カードトラブル0件、クレーム0件という実績のもと、カード会社にバレないクレジットカード現金化サービスを提供してくれます。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

安全性はもちろんだけど、できれば低コストでクレジットカード現金化したい…そんな利用者の切なる願いを叶えるのが、クレジットカード現金化堂。

最高換金率ならぬ最低換金率という新しい概念を生み出し、90%という好条件を保証してくれます。

まとめ

クレジットカード現金化がバレるとクレジットカードが利用停止になったり、個人情報に傷がつくリスクがあります。

こういった悪徳業者に騙されないためには、クレジットカード現金化の優良店を利用するのが1番!

公式サイトや口コミで虚偽の情報を記載している業者に騙されないために、複数の比較サイトをみて回るのが安全です。