クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化業者の選び方!比較する時の注意点

更新日:2018.10.23
現金化の注意点

佐藤 隆道

現金化業者を選ぶ時の注意点

お金のピンチに、心強い味方となってくれるクレジットカード現金化。

しかし、業者選びを一歩間違えてしまうと逆に、来月のカード支払いが苦しくなるなど、自分で自分の首をしめてしまう苦しい結果になることも。

クレジットカード現金化を成功させるためには、業者選びが肝心というわけですね。

この記事ではクレジットカード現金化の業者比較ポイント5つと、やっていけない選び方を紹介しています。

無数に存在するクレジットカード現金化業者の中から、優良な現金化業者と悪徳業者を見極める力を養い、自分が納得した条件で利用できる業者を選んでくださいね!

クレジットカード現金化業者の比較ポイント

昔から存在する現金化ショップにくわえ、IT技術が普及した現代では、実際に店舗を構えずネット上で経営をおこなう無店舗型と呼ばれる業者もクレジットカード現金化業界に参入。
数多の現金化業者がシェアを競い合っている状態で、初心者の方がパッと見で比較し、その違いを判別するのは難しくなってきています。

でも、クレジットカード現金化に望む条件や今の状況は、利用者によって千差万別。
できることなら、自分で複数の業者を比較した上で、最も納得のいく条件で現金化したいですよね。

そこで、このページでは現金化初心者の方でも現金化業者を比較できるよう、簡単に以下の5つのポイントを紹介します!

  • 実際の換金率
  • キャンペーン
  • 営業時間
  • 対応可能なネットバンキング
  • 口コミ&評判

クレジットカード現金化比較ポイント①:悪質な業者を回避!申し込み前に最終的な換金率のチェック!

換金率とは、クレジットカード現金化業者に支払う手数料の目安のこと。
銀行などの金融機関から資金を借り入れる際の利子と同じ、いわゆる現金の調達コストです。

必要な現金を手にするためとはいえ、なるべくコストはおさえたいという思いはみんな一緒ですよね。

そこで、クレジットカード現金化業者を比較する際には、事前に自分に適用される換金率をチェックすることが大切になってきます。

公式サイトの換金率は実際の換金率とは違う

換金率は、正しくは希望金額の額面に対して自分に入ってくるお金のことを指します。

クレジットカード現金化で手に入れたい金額1万円に対して、換金率が80%であれば、8000円は自分の手元に、残りの2000円は業者の懐に入るというわけですね。

残りのパーセンテージが業者に支払う手数料となるので、高ければ高いほど利用者にとってはありがたい話というわけですね。

実際にクレジットカード現金化業者の公式サイトをのぞいてみると、

「業界最大換金率、98%!」「最高換金率96%」

など、高い換金率が華々しくトップページを飾っています。

が、この文言はよくよく見てみると業者も明記している通り、「最高換金率」といって、実際に個人に適用される換金率とは全くの別物!

希望金額など、クレジットカード現金化するときの条件が完璧に揃ったときに適用されるもので、初めての利用者に適用されることはめったにありません。

このため、クレジットカード現金化業者を比較する際は、わざと目立つように表記されている最高換金率に目を奪われるのではなく、実際に自分に適用される換金率のことを考えなくてはなりません。

申し込みを決定する前に実際の換金率をチェックしよう

実際に自分に適用される換金率は、条件によって異なります。
希望金額や現金化までの時間によってプランを設けているの業者がほとんどですので、公式サイトを参考に比較しましょう。

ここで大切なのは、そこに書いてある数字をみて安心せず、正式に申し込む前に、実際に適用される換金率についての確認をきちんと業者相手にとること!

クレジットカード現金化業者の中には、後からどんどん手数料を吊り上げてきたり、当日になって、予定額よりも少ない金額を振り込んでくる悪徳業者が存在します。

こういった卑劣な手口に嵌まることのないよう、事前に適用される換金率を明記したメールなどをもらっておくと、後々トラブルとなった際の証拠ともなるので安心です。

クレジットカード現金化比較ポイント②:お得なキャンペーンはやっているか?

クレジットカード現金化はお金を扱うサービス。
スーパーに陳列される生鮮食品や、美容師の腕が売り上げに関わる美容院と違うので、商品の差別化が難しい業界です。
そのため、現金化業者を差別化、比較するための要素の一つとして、期間や利用者を限定したキャンペーンが重要になってきます。

どんなキャンペーンがあるか公式サイトをチェックしよう

そのクレジットカード現金化業者が現在どのようなキャンペーンを実施しているかは、公式サイトで確認できます。

キャンペーンの内容は、

「今だけ換金率○○%アップ」「初回限定QUOカード○○円分配布」

など、クレジットカード現金化業者によって様々。

実施期間や対象者などを調べ、申し込む時期や、自分にとって適用されるキャンペーンなのかどうかを確かめましょう。

口コミサイトでキャンペーンの口コミを確かめよう

惹かれるキャンペーンを発見しても、焦って申し込まないようにしてください。

口コミサイトなどで、自分よりも先にそのキャンペーンを試してみた先輩方の評価に注目しましょう。

利用者の声は、ネガティブな方面に関しては特に正直です。

利用後に自分が予想していたような結果と違う、というような事態を防ぐためにも、きちんと情報収集してから申し込みを決定しましょう。

クレジットカード現金化比較ポイント③:即日現金化希望者、必見!電話対応可能な時間をチェック!

必要なときに現金を手に入れることができなければ、せっかくクレジットカード現金化をしても、何の意味もありませんよね。

だから、コスト面と同じくらい、現金を手にするまでにかかる時間も、クレジットカード現金化業者を比較するうえでは大切なポイントです。
特に、「今すぐにお金が必要!」と焦っている方ほど、この比較ポイントは重要です!

「24時間」可能なのはwebからの申し込みだけ

クレジットカード現金化業者のホームページの中には、「24時間申込受付中」など、いつでもクレジットカード現金化を受け入れられる態勢を前面に押し出しているところがあります。

しかし、この「24時間」とは、web申し込みの受け付けのみを指しており、深夜営業しているわけではありません。

実際に現金化業者から折り返しの連絡がくるのは翌営業日だったりするので、注意しましょう。

電話対応時間を調べる方法は「会社概要」「申し込みフォーム」の2つ

クレジットカード現金化に素早く対応してもらうには、電話での申し込みが一番です。

ネット上でのやりとりで全てが完結するweb申し込みのほうがスピーディなのではないかと思うかもしれませんが、web申し込みの場合でも、本人確認などの都合から、業者から折り返しの電話がかかってくることになります。

それなら初めから電話連絡の方が話が早いということですね。

電話の対応時間を知るには、クレジットカード現金化業者のサイトから「会社概要」をチェックしてみてください。

もし載っていなければ、申し込みフォームにすすみ、電話申し込みに関する記述がないか確認してみましょう。

電話対応時間外でもやっている業者も!急ぎの場合は申し込んで確認してみよう!

一般的に、現金化業者の営業時間外に申し込みメールを送っても、思い虚しく自動返信メールが返って来るだけです。

しかし、保証こそできないものの、稀に電話対応時間外でも、奇跡的に業者が出てくれ、条件によっては現金化を引き受けてくれる場合もあります。

メールだとこういったことはまずありえないので、急ぎの場合は電話で業者に確認してみましょう。

クレジットカード現金化比較ポイント④:自分の口座のネットバンキングに対応しているか?

クレジットカード現金化では、業者から自分の口座に現金が振り込まれます。
通常、口座振込できる時間帯は、銀行の営業時間である平日の15時まで。

時間帯に縛られず、即日でクレジットカード現金化をするためには、ネット口座が必要です。
ネット口座とは、ソニー銀行や新生銀行など、実質的な店舗を持たず、ネット上でのみ経営してる銀行のこと。
窓口がある店舗型のように営業時間の制約を受けないので、24時間振込が可能です。

(メガバンクや都市銀行など店舗型の銀行でも、手続きを踏んで登録すれば、同じような機能を持つインターネットバンキング口座を所有することが可能です。)

ただし、振り込む側も同じネット口座を持っていなければ、深夜など通常の銀行の営業時間外に振り込むことはできません。

自分とクレジットカード現金化業者、双方が同じネット口座を有していなければならないので、自分が持っているネット口座に対応している現金化業者側を探す必要があるということですね。

クレジットカード現金化業者ごとに対応している銀行が違う

提携や契約の関係上、クレジットカード現金化業者が対応している銀行は、それぞれ異なります。

即日での現金化には、自分と現金化業者、双方が口座を持っている必要があるため、少し手間はかかりますが、自分の持っている口座に対応している現金化業者を探す必要があります。

自分のネット口座に対応している現金化業者を探すには、条件を絞って検索できる比較サイトが便利です。

同じ銀行のネットバンキング以外は、銀行営業時間外の入金確認ができない

ネット口座が、銀行の営業時間に左右されないのは、そのネットバンク内独自のシステムで処理が完結するからです。

つまり、ゆうちょ銀行のインターネットバンク口座ならゆうちょ銀行のインターネットバンク口座、往診SBI銀行なら往診SBI銀行など、同じシステム内でないと、意味がないということ!

ネット口座間でも、ゆうちょ銀行と往診SBI銀行のように種類が違うと、他行間の振込となってしまうというわけですね。
他行間の振込は、統一されている金融システムで行われるので、銀行の営業時間外に行うことはできません。

このように、同じ銀行のネットバンキング以外は、銀行営業時間外の入金確認はできないので、注意が必要です。

クレジットカード現金化比較ポイント⑤:現金化業者の口コミ・評判で安全度をチェック!

初心者の方は特に、悪徳業者に騙されず、安全にクレジットカード現金化をしたい、という気持ちが強いのではないでしょうか。

クレジットカード現金化業者の安全性を比較するには、口コミサイトをチェックするのがおすすめ!

業者が自ら手がけたホームページから情報収集することも大切ですが、利用者の生の声が聞けるという点では、口コミサイトも同じくらい貴重な情報源です。

クレジットカード現金化の口コミは信じられないって本当?

色々なサイトで、クレジットカード現金化の業者選びの極意を検索してみると、「クレジットカード現金化の口コミは信用できない」と、業者による自作自演の書き込みやサクラの存在を指摘し、注意喚起する声があがっています。

もちろん、少なからずこういった悪質な行為がみとめられることは否定できませんが、全部が全部というわけではありません。

実際、ネガティブな内容をわざわざ投稿するサクラなどはほとんど存在しないでしょうから、マイナスな評価に関しては利用者の体験談と受け止めてよいでしょう。

色々なサイトで口コミ・評判をチェックしよう

少数紛れ込んでいる自作自演やサクラの存在を鵜呑みにして、せっかくの情報収集ツールを利用しないというのは、非常にもったいないことです。

そこで、評価の真偽を確かめるのにおすすめなのが、複数の口コミサイトをチェックする方法です。

悪質な業者やサクラの行為が、全ての口コミサイトを網羅していることはまずあり得ないといっていいでしょう。

一つのサイトが高評価ばかりで埋め尽くされていることはあっても、他のサイトではマイナス評価であったり、評価そのものが存在していないなど不自然な点が必ずどこかにあるはずです。

このような悪どい行為をおこなっているところはほぼ間違いなく悪徳業者なので、罠に嵌らないためにも、必ず複数の口コミサイトを確認するようにしましょう。

安全な業者はどのサイトでも高評価!

安全なクレジットカード現金化業者であれば、個人によって多少の際はあれど、どのサイトでも一定の高評価を得ているはずです。

とはいっても、マイナス評価が一つもないよりは、少数は存在する方が現実的といえるでしょう。

どんなにページを繰っても、文句なしの高評価ばかりが並んでいるようなサイトは、管理人の都合の良いように評価が操作されている可能性があるからです。

クレジットカード現金化業者のやってはいけない比較方法

それでは、クレジットカード現金化業者を選定するにあたって、やってはいけないのはどんな方法なのでしょうか?
これをやると悪徳業者にハマる可能性がグンとあがる?!危険な比較方法を、さっそく見ていきましょう!

クレジットカード現金化業者の公式サイトに記載している内容だけで判断する

公式サイトは、数ある情報源のうち、あくまでも現金化業者側から発信しているものの一つ。
これだけではなかなか悪徳業者かどうかの見極めは難しいため、頼り切って判断することは危険です。

物や情報が氾濫した今となっては、消費者の方がしっかりと購入品を見極めなければならない時代。
公式サイトだけで判断するのは避け、第三者目線を含む多方面からの情報収集を心がけましょう。

公式サイトにはいいことしか書いていない

クレジットカード現金化業者も、企業である以上は利益を追求する団体。

公式サイトで、最高換金率の他、他社と比較した自社の良い点ばかりをピックアップするのはある程度やむを得ないといえるでしょう。

大切なのは、不明点や何が不安なことがあれば、正式に申し込む前に業者に確認すること。

曖昧なまま取引を進めると、後々予想と結果が乖離するなどのトラブルの原因となります。

また、何事にも限度というものがあるので、「誰でも換金率98%」など過剰な誘い文句を用いているところは、避けておきましょう。
お金のない人の不幸につけこみ、甘い言葉で誘惑している悪徳業者の可能性があります。

「最高換金率」「最短5分」「24時間申込」細かい日本語の表現に注意!

クレジットカード現金化業者の公式サイトでは、「最高換金率」をはじめ、「最短5分」「24時間申込OK」など、見栄えのいい表現を使っている点に注意してください。

完璧な条件が揃った時にしか適用されなかったり、申込は受け付けていても実際現金を手に入れられるのは数日後であったりと、言葉から受ける第一印象と事実が異なる場合があるからです。

クレジットカード現金化業者は、数ある業者の中から一人でも多くの人に自分の店を利用してほしいと思っています。
そのためには、利用者にとってある程度インパクトの強い表現で訴えかける必要があるんですね。

実際このような手法をとっている業者は非常に多く、比較してみると、どこの表現も似たり寄ったりです。
誤認することのないよう、文言をよく読みこみましょう。

勘違いしたまま取引を進めるとトラブル発生の要因となるので、分からないことがあればその業者に問い合わせることが重要です。

ひとつの比較サイトや口コミサイトだけで決める

クレジットカード現金化業者の比較ポイント⑤で、比較サイト口コミサイトの利用をおすすめしましたが、1つの口コミサイトや比較サイトに情報源を絞ると、逆によくない結果を招く可能性があるので注意してください。

なぜかというと、そのサイトが間違った情報を掲載していたり、悪質な管理者によって運営されていた場合、その情報を鵜呑みにして悪徳業者に捕まってしまうからです。

クレジットカード現金化では複数のサイトで比較するのが基本!

クレジットカード現金化業者を選ぶ際、悪徳業者に捕まらないで、優良店を利用するためには、複数のサイトをチェックするのがコツです。

公式サイトだけ、1つの口コミサイトや比較サイトだけ、という偏った情報源だと、情報量が少なく、その真偽も不確か。

このため、公式サイトをチェックした上で、重ねて複数の比較サイトや口コミサイトで評価を確認することが業者選びの基本です。

安心安全な優良業者を探そう!

クレジットカード現金化は、法的にはグレーゾーンと呼ばれており、悪徳業者の数も多いと言われています。
このため、なかなか利用のための第一歩を踏み出しづらいという方もいるかもしれません。

しかし、クレジットカード現金化は、中には経営を10年超続けている老舗もあるほど、その需要から長い間一定の支持を集めている業界です。

一握りの悪徳業者を除けば、名の知られている大手の他にも、安心して利用できる優良業者はたくさん存在します。

焦らず落ち着いて、自分の要望に応えてくれる優良業者を探しましょう。

急いでいるからとランキング1位のサイトに申し込む

現在、ランキング形式で物品やサービスの満足度を発表するランキングサイトが、様々な分野にわたって開設されています。

こういったネット文化の浸透をうけて、まだ自分にとって予備知識のない商品を購入する際、

「とりあえすランキング1位のものを…」

と考える人は多いのではないでしょうか?

しかし、実はクレジットカード現金化業者選びにおいて、この考え方はとっても危険。

そのランキングサイトが管理人によって捏造されていたり、現金化業者の自作自演だった場合、悪徳業者の手中に落ちてしまうことになるからです。

クレジットカード現金化に審査はないので、下調べはしっかりと!

銀行や消費者金融と違って、クレジットカード現金化には審査がありません。

なぜなら、利用者の実際の支払いは、カード会社に対して行われるからです。
現金化業者としては、手数料をもらった時点で利益が出ているため、その後の利用者の支払いには無関係。

つまり、銀行や消費者金融と違って、現金化業者は自分がお金を貸しているわけではないので、貸し倒れのリスクがないんですね。

このことは、利用者の返済能力に関係なく、ショッピング枠の空きがあれば誰でも現金化を受け付けてくれるというクレジットカード現金化の魅力にも繋がっています。

しかし、悪徳業者の中には「審査料」「保証料」などと偽って、手数料を吊り上げてくる業者がいます。
本来であれば払わなくてもいいはずのお金ですので、そんなものかと思ってを支払わないよう注意しましょう。

このように、悪徳業者は初心者の知識不足や不安につけこんで、ありとあらゆる手段を用いてお金を巻き上げようとしてきます。

きちんと対抗できるよう、個々の業者だけでなく、クレジットカード現金化全般についても入念な下調べを行い、正しい知識を身につけることが大切です。

焦って選ぶと悪徳業者の餌食になるかも

人間は焦っている時ほど、冷静な状況判断力を欠き、まともな思考ができなくなるものです。
普段であれば決して引っかからないような手口でも、簡単に嵌まってしまいます。

悪徳業者もその道のプロですので、そういった人間の心理はよく心得ていて、時間がない!と即日の現金化を焦っている人を言葉巧みに誘惑します。

どんなに早く現金調達ができても、それがあまりにも不当な条件であれば却ってしない方がマシだったということになりかねません。

焦っている時でも急がば回れ、面倒臭がって工程をはしょってはいけないということです。

ランキングサイト1位でも他の比較サイトでの評価はどうか、申し込み前に不明点を業者に問い合わせるなど、基本的な調査を怠らず、比較ポイントを1つ1つ丁寧に見定めて現金化業者を選びましょう。

クレジットカード現金化比較サイトの裏事情

比較サイトは、複数のクレジットカード現金化業者を、条件ごとに絞って比較することができるありがたい存在です。

第三者目線で情報を発信しているので、業者選びに重宝している方も多いかと思いますが、かといって、完全なる公平を期しているかといえば、必ずしもそうとは限らないので注意が必要です。

「比較サイト=第三者目線=公平公正」という単純な図式を頭に思い浮かべて盲信することのないよう、きちんとその裏事情を把握しておきましょう。

比較サイト・口コミサイトは広告収入で成り立っている

比較サイトが公平を期しているとは限らないその理由は、比較サイトの成立背景にあります。

比較サイトや口コミサイトは、掲載している業者に対して自分のサイト経由で新規申込があった場合などの広告収入によって成り立っています。
掲載している業者から、一種の紹介手数料として報酬を受け取っているわけですね。

もちろん一般的、良心的な管理人によって運営されているサイトであれば、情報の操作や事実の歪曲などはありません。

しかし、やろうと思えば報酬狙いで、ランキングや口コミを人為的に改変することも可能なのは事実。

著しく自己の利益を追求する管理人の場合、自身の広告収入目的のために評判の良くない現金化業者をランキング1位などに持ってきていることもあるので、注意が必要です。

現金化業者自らが運営するようなサイトも?

他にも悪質な比較サイト、口コミサイトの一つとして、現金化業者自らが運営しているものがあります。

第三者の比較サイトを装っていますが、当然、少しでも多くの申し込みかき集めるために、サイトでは自分のお店を猛プッシュ。

自分のお店は自作自演で高評価の書き込みで埋め尽くし、都合の悪い口コミは削除してしまうなど、まさにやりたい放題です。

信用できるサイトかは自分で判断しよう

広告収入目的に偏った比較サイトや、悪徳業者による自作自演の口コミサイトは、極端なものであれば、自分で怪しいと気付けるかもしれません。

しかし、このように分かりやすいものならまだしも、中には巧妙に普通の評価を織り交ぜるなど、初心者には見抜くのが難しいところもあります。

こういった悪質なサイトの犠牲にならないためにも、複数のサイトを必ずチェック。
上位が明らかに他のサイトとは異なるなど、評価が大きく分かれている場合は要注意です!

余念無い情報収集を心がけ、そのサイトが信頼に足るものかどうか、きちんと自分で見極めましょう。

まとめ

いかがでしたか?
クレジットカード現金化の業者を選ぶ際は、情報源を1つに絞らず、不明点は業者に問い合わせるなどして、正式に取引が開始する前に緻密な情報収集をする必要があります。

知識不足のまま現金化にのぞんだり、焦った状態での申し込みをおこなうと、悪徳業者の餌食になってしまう可能性が高いようですね。
提示された情報を鵜呑みにするのではなく、多方面から検証をおこない、自分が最も納得できる条件で現金化ができる業者を見つけてくださいね。