クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化優良店の選び方とは?

更新日:2018.09.21
現金化の注意点

佐藤 隆道

現金化の優良店の選び方とは

クレジットカード現金化の方法は、自分でおこなう現金化と、現金化業者に依頼する二つの方法があります。

カード会社にバレるリスク、悪徳業者に騙されるリスク、どちらをとっても懸念すべき課題が残るものの、その手間を考えると、現金化業者への依頼を検討している方も多いのではないでしょうか。

どうせ同じ現金化業者に依頼するのであれば、誰だって優良店を利用したいですよね。

そこで、今回の記事ではクレジットカード現金化における優良店について、その特徴と見分け方を解説!

無数の業者の中から、優良店を見極められる鑑識眼を手に入れちゃいましょう。

クレジットカード現金化における優良店とは?

そもそも、クレジットカード現金化の優良店とは、どのような業者のことを指すのでしょうか?

販売業者である場合、商品の品質や価格設定などが基準となります。
例えば、スーパーであれば、食品の鮮度が高く、価格もお手頃なのが優良店となるでしょう。

が、クレジットカード現金化は、製品を取り扱っているわけでもなければ、美容院のように特別な技術を求めているわけではありません。

金額に多少の差異はあれど、どの業者を利用しても最終的に現金が振り込まれるという点は一緒です。
というか、そうでないと困りますね。

となると、換金率などのコスト面の他に、クレジットカード現金化業者を差別化できる要素は1つ!
ズバリ、利用者に対するサービスです。

どれだけ利用者にとって利便性のあるサービスを提供できているか、ということがクレジットカード現金化業者の評価を左右するということですね。

クレジットカード現金化優良店の特徴

あることが当たり前と思われるようなサービスでは、優良店と言わしめるに足りません。
一時期に流行った「お客様は神様です」という言葉ではありませんが、顧客の期待以上のサービスを提供してこその、優良店だといえるでしょう。

そんな、顧客の不安やニーズに先回りして答えてくれるようなクレジットカード現金化業者の特徴をみていきたいと思います。

換金率が明示されている

取引前にきちんと換金率を明示してくれるようなクレジットカード現金化業者は、優良店といえます。

まず、クレジットカード現金化業者のホームページで表記されている換金率は、どこも90%をこえていますが、これは最高換金率といって、金額などの利用条件が完璧に揃った時に適用されるもの。

実際に適用される換金率は、希望金額やプランなどの条件によっても異なりますが、75%〜85%前後が相場だということを覚えておきましょう。

換金率は、ただ安ければいいというわけではありません。
なぜなら、取引が成立した後にどんどん審査料や保証料などといって金額を上乗せし、手数料を吊り上げる悪徳業者がいるからです。

こういった悪徳業者の手口にひっかかった場合、全ての手続きを終えてから、予定よりも少ない口座の入金額に愕然とするはめになります。
慌てて業者に問い合わせると、先ほどのようなわけのわからない文句を言われるというわけですね。

クレジットカード現金化の優良店であれば、こういった手口でないことを保証して利用者を安心させるためにも、契約が成立する前に実際の換金率を明示してくれます。
電話で自ら尋ねても構いませんが、自分で聞かずとも、事前に換金率について回答をくれる業者の方が、利用者目線に立った、親切な優良店といえるでしょう。

申込後に、条件を照らし合わせた換金率を事前に教えてくれる連絡が来るのが理想です。

また、金額を明示したものをメールなどの書面に残せば、後々取引の証拠ともなるので、もらっておくとよいでしょう。

土日祝日、24時間対応してくれる

お金のピンチは、時と場所を選ばず襲いかかってくるもの。

そんな人のニーズに応えて、時間帯や日にちを選ばずに申込みを受け付けてくれるようなクレジットカード現金化業者は、利用者にとって優良店といえるでしょう。

現金化ショップのように直接お店を経営している業者は土日祝日はお休みのところが多いです。

が、ネット上で営業している無店舗型のクレジットカード現金化業者の場合は、土日も申込を受け付けているところがあります。
ただし、単に申し込みを受け付けているだけで、折り返しの連絡は数日後だったりする場合もあるので、注意が必要です。

土日祝日なので多少連絡が来るのが遅くなる場合もあるでしょうが、やはり顧客を待たせず、迅速に対応してくれるところが親切といえるでしょう。

また、24時間振込を受付けているネット銀行に対応しているところであれば、急な現金の入り用でも使い勝手が良いです。

このように、利用者の都合に合わせて、柔軟に対処できる体制を整えているクレジットカード現金化業者は、優良店といえます。

キャンペーンを実施している

クレジットカード現金化業者の中には、通常プランや即日プランなどとは別に、各種キャンペーンをおこなっているところがあります。

  • 電話予約で換金率○○%アップ
  • 新規申込みで○○円キャッシュバック
  • 今だけ申込で〇〇円分の商品券プレゼント

上記のように、新規申込者を中心に、優良店では顧客誘致の一環として、様々なキャンペーンを展開しています。

特に優良店では、利用者層の需要を捉えて、レディースプランを提供している場合が多いので、女性の方は必見ですね。

通常の取引と重ねてこういったキャンペーンを適用すると、最終的な換金率はいくつになるのか、尋ねてみるとよいでしょう。

取引前にチェック!優良店の見分け方

優良店の見分け方チェックポイント

ここまで、クレジットカード現金化業者の優良店の特徴を見てきました。
それでは、数ある現金化業者の中から優良店を見分けるには、一体そうすればよいのでしょうか?

取引前にチェックすべきポイントを教えちゃいます!

業者のホームページを確認

クレジットカード現金化業者が運営しているホームページには、優良店と悪徳業者を見分けるヒントが隠れています。
利用者目線に立っている優良店であれば、ユーザーにとって親切なホームページを作っているはずですね。

謳い文句や記載が適切かどうか

「うまい話には必ず裏がある」とはよくいったもので、たとえ藁にもすがる思いであっても、こういった感覚は常に研ぎ澄ましておく必要があります。

「換金率98%!」
「初回でも最短5分で即入金!」

などの極端な煽り文句は、悪徳業者が甘い蜜をつかって罠に誘っていると考えてください。

優良店はこのように過度な表現を用いて、上っ面の言葉で利用客を騙すようなやり方はしません。

情報を探しやすいようなホームページのつくりにしたり、スマホやPCなどの各種ブラウザに対応したりと、利用者のために手間をかけて工夫しています。

顧客への誠意を、うわべではなく、行動で示してくれているところが優良店だと考えましょう。

会社概要がきちんとしているかどうか

次は、所在地や代表者名、電話番号などの会社概要をきちんとチェックしましょう。

悪徳業者の中には、そもそも存在自体が架空で事業所が存在しないところがあるので、所在地の確認は必須。
建物名まできちんと記載があるか、実在しているかなどを地図アプリで事前に確認しましょう。

また、優良店であれば手間を惜しまず、きちんと回線を引いて固定電話をおいています。
足がつきにくい携帯電話を採用している場合は、長く運営をするつもりがないか、雲隠れしようとしている可能性があるので注意しましょう。

比較サイトの口コミをチェック

ホームページだけを見ても、web初心者の方にはいまいちよくわからなかったり、特にこれといった特徴がなく、判断に迷うことがあります。

このため、クレジットカード現金化における優良店と悪徳業者を見極めるには、利用する前に比較サイトや口コミサイトで評判を確かめておくことをお勧めします。

ここで大切なのは、一つのサイトではなく、複数のサイトを必ずチェックすること。

チェックしたところが一つだけだと、そこがたまたま広告収入目的のアフェリエイトサイトや、業者による自作自演サイトだった場合、悪徳業者にひっかかってしまう危険性があるからです。

このため、複数のサイトで安定した評価が得られており、名の知られているようなクレジットカード現金化業者が安心です。

ただ、高評価のレビューで埋め尽くされている場合はサクラの可能性もあるので、注意しましょう。

実は、こういった比較サイトやクチコミサイトで一番注目すべきなのは、評価の低い人の口コミ。

特に、クレジットカード現金化に失敗して後悔した現金化体験談は信憑性が高いので、心に刻み、自分も二の舞を踏まないよう参考にすることが大切です。

悪徳業者のサイン?取引を中止すべき業者の特徴

悪徳業者の注意喚起

ここまでは、取引前に実践できる優良店の見分け方をみてきました。

しかし、満を持して取引に入ってみると、中には「おや?」と思うようなことがあります。

取引が完全に成立し、カード決済が終わる前ならまだ間に合います!

クレジットカード現金化の最中に、以下のような悪徳業者の特徴があったら、ただちに取引を中止しましょう。

電話対応が良くない

今では、ネット型のクレジットカード現金化業者が主流となっているので、現金化ショップに赴かない限りは、対面で業者とやりとりするようなことはありません。
このため、店舗の雰囲気や従業員の態度など、直感で悪質な業者を見分けることが難しくなってきています。

そんな中で、悪徳業者を見極めるヒントとなるのが、電話応対

接客態度からその店の品位がうかがえるのは、対面でも電話応対でも一緒です。

メールでのやりとりで全てが完結する場合もありますが、問い合わせや申し込みはできれば積極的に電話を使い、相手の出方をうかがいましょう。

悪徳業者が運営しているところは、従業員の教育まできちんと目が行き届いていません。
口調は丁寧でもどこか人を小馬鹿にしたような雰囲気があったり、都合の悪い質問についてははぐらかそうとしてきます。

特に手数料に直結する換金率について、一歩踏み込んだ質問をぶつけてみるとわかりやすいと思います。

優良店であれば懇切丁寧、納得できるような回答をしてくれますが、悪徳業者の場合は露骨に不機嫌になったり、高圧的な態度をとってくる可能性が高いからです。

このように、電話対応が雑だったり不親切であったりと、良くない心象が残る場合は悪徳業者の可能性が高いので、取引を中止しましょう。

個人情報の管理がずさん

現金化は、その取引の性質上、利用者の氏名、住所などの基本的な情報だけでなく、カード情報を業者に送信する必要があります。

クレジットカード現金化業者の中には、はじめからこういった個人情報を目的に経営している悪徳業者もいるので、注意しましょう。

特に、クレジットカードの両面の画像提出を求めてくるような業者には要注意。

クレジットカードは、カード番号とセキュリティコードさえわかればネット決済で簡単に利用できてしまうからです。
何の疑いも持たずにクレジットカードの表裏の画像を送信すると、こういった決済に必要な情報が全て漏れてしまいますから、悪用される危険性が高いです。

優良店であれば、こういった利用者側の心情に配慮してくれ、セキュリティコードは付箋などで隠すよう事前に指示をあたえてくれます。

たとえ悪徳業者でなかったとしても、不安を訴えてから「隠しても構いません」と言うような業者は残念ながら、信用できません。
取り扱いの難しい個人情報は、預かる方も慎重になるのが当たり前ですから、このように個人情報の管理についてずさんな業者は利用しないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
優良店の特徴を知っていれば、候補が多く、難しかった業者選びがぐんと楽になりますね。
それでは最後にもう一度、クレジットカード現金化における優良店の特徴とその見分け方についておさらいしておきましょう。

優良店の特徴、見分け方

  • クレジットカード現金化の優良店は、取引前に換金率を明示してくれる
  • 優良店は、土日祝日営業や24時間振込対応、キャンペーンの実施など、サービスが充実している
  • 優良店のホームページは、スマホのブラウザにも対応するなど、ユーザーが情報を探しやすいように工夫されている
  • 優良店のホームページには会社概要がきちんと記載されている
  • 複数の比較サイトや口コミサイトで安定した評価を得ているクレジットカード現金化業者は、優良店

悪徳業者の特徴

  • 換金率に関して正確な数字を事前に答えてくれない
  • ホームページに煽り文句や過度な宣伝が多い
  • ホームページに所在地や代表者の記載がなく、連絡先が携帯電話
  • 電話応対が悪い
  • 個人情報の管理や経営自体がずさん

業者選びに成功して優良店に依頼できれば、満足のいくクレジットカード現金化が可能です。
また、詐欺被害に遭うリスクは、クレジットカード現金化における詐欺の手口を知るだけでも軽減できるので、優良店だけでなく悪徳業者についてもよく調べておくと安心でしょう。