クレジットカード現金化は合法?それとも違法?

更新日:2020.03.03
クレジットカード現金化は合法?それとも違法?

クレジットカード現金化は違法?それとも合法
長きにわたってネットで巻き起こっている論争に、現金化のプロがついにピリオド!
クレジットカード現金化の合法性について、どこよりもわかりやすく解説します。

クレジットカード現金化が合法である理由

現時点でクレジットカード現金化は合法

結論から言うと、クレジットカード現金化は合法です!

クレジットカード現金化をよく思わない人たちは、さも犯罪であるかのように触れ回っていますが、現段階ではクレジットカード現金化自体を取り締まる法律はありません

ただし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反ですので、バレるとカード利用停止強制解約などのリスクが存在します。

今までに逮捕されたのは、闇金まがいの悪徳業者

逮捕されたのは闇金まがいの悪徳業者

ちょっと現金化事情に詳しい人なら、じゃあ何で合法なはずのクレジットカード現金化で逮捕者が出ているの?と思うかもしれませんね。

過去に逮捕されたクレジットカード現金化業者は全員、タチの悪い取引をしていた悪徳業者

利用者から手数料を巻き上げて荒稼ぎする汚いやり口が、実質的な闇金融と見なされて逮捕されるに至りました。

つまり、真っ当な経営をしているクレジットカード現金化業者であれば違法性はありません

ちなみに、クレジットカード現金化の利用者が逮捕されたという事例は過去にないので、安心してくださいね。

クレジットカード現金化は貸金業ではない

クレジットカード現金化は貸金業ではない

日本でお金を貸す事業を行う際は、国から貸金業者の登録を受けなければなりません。 それに対して、クレジットカード現金化は貸金業として無登録、なおかつ年利換算すると、法定金利である20%を大きく上回る手数料支払いが必要です。

それでもクレジットカード現金化が合法とされるのは、そもそも貸金業として事業を行なっていないからです。

「別に現金を貸し借りしているわけではありませんよ」と、あくまでも別取引をよそおうことで、貸金業法の適用をまぬがれているんですね。

実質的な闇金融として捕まったのは、本音と建前の使い分けを怠った、ずさんな管理体制悪徳業者ばかりということです。

買取方式の現金化の合法性

買取方式の合法性は?

あくまでも中古品買取業として営業しているのが、買取方式のクレジットカード現金化業者です。 利用者に換金性の高い商品をクレジットカードで購入させ、それを安く買取ることで現金に換えます。

以下の要点さえおさえていれば、クレジットカード現金化業者は古物商として合法になります。

  1. 国から古物商許可証を得ている
  2. 利用顧客の身分証明書を確認する

中古品買取では、盗品売買の予防、被害を最小限に食い止めるために、本人確認が義務付けられています。

クレジットカード現金化業者を利用するときに、顔つき身分証明書の提出が必要なのはこのためです。

買取方式は詐欺・横領罪?

買取方式は詐欺・横領罪

クレジットカードで購入した商品は、返済を終えるまではカード会社に所有権があります。 それを無断で転売してしまうことは、詐欺・横領罪に抵触するという意見もありますが、今のところ答えはNOです。

詐欺・横領罪で訴える場合、「初めから転売目的だったかどうか」が争点となります。

しかし、それは本人にしか分からない問題で、第三者が客観的にそれを判断するのは不可能

実際、「恋人にプレゼントするつもりで買ったけど別れたから不要になった」「気に入らなかったけど返品できないから売却した」などの理由で転売する人もたくさんいます。

もちろん、初めから転売目的でクレジットカード利用することは、モラル的な観点からあまりいいとはいえません

しかし、法的な観点から言えば現時点では、クレジットカード現金化の買取方式は合法なのです。

キャッシュバック方式の現金化の合法性

キャッシュバック方式の合法性

商品の購入特典として現金をキャッシュバックする、という形をとっているのが、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者。 携帯会社でよくある「今購入すると○○円キャッシュバック」というキャンペーンをよそおって営業しています。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者は、景品表示法の適用を受けるため、以下のことを守らなければなりません。

  1. 虚偽・誇大広告の禁止
  2. 懸賞につける商品は取引金額の20%まで

1番目の虚偽・誇大広告の禁止については、事前に換金率に関する案内がきちんとあればOK。

2番目の金額制限には一見引っかかっているようにも見えますが、購入者全員にプレゼントされる”もれなく型”の商品については対象外なので問題ありません。

現金化には商品の受け渡しが必須
クレジットカード現金化を合法的に成立させるためには、買取方式もキャッシュバック方式も商品の受け渡しが必須です。
送料や事務負担を軽減するために実際に送付を行わないような業者は危険なので、利用しないようにしましょう。

安全に利用できる合法の優良現金化業者

安全に利用できる優良店

現時点ではクレジットカード現金化は合法ですが、法律は時代や判例で常にうつりかわっていくもの。 法の改正で今後違法になる可能性もないとは言えませんので、グレーゾーンな取引であることを踏まえたうえで安全に利用できる優良店に申し込みましょう。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

悪徳業者に遭遇して、闇金まがいの暴利をとられるなんて絶対にご免!

そんな安全志向のあなたには、換金率の保証サービスがついたクレジットカード現金化堂がおすすめ!

あとから高換金率な他業者を見つけた場合でも、差額分を振り込んでくれます

アーク

アーク

お得なキャンペーンで選ぶなら、クレジットカード現金化比較プロと提携中のアークはいかが?

男性限定プランは3%UP、さらにそこからクレジットカード現金化比較プロからのお申し込みで換金率が2〜5%UPします。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の換金率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

まとめ

正しい手続きに則ってクレジットカード現金化しよう

クレジットカード現金化業者は貸金業としてではなく、別取引の形態をとることによって合法的に取引をしています
やってることは中古販売店や携帯会社と一緒なので、「別にお金を貸しているわけじゃないよ」ということですね。

それでは最後に、クレジットカード現金化の合法性について振り返ってみましょう。

  • クレジットカード現金化は現時点では合法
  • 過去に逮捕されたクレジットカード現金化業者は、タチの悪い悪徳業者だけ
  • 現金化業者は中古品買取業として営業することで、貸金業法の適用を受けない
  • クレジットカード現金化の利用には本人確認が必要
  • クレジットカード現金化に合法性を持たせるには、商品の受け渡しが必要

クレジットカード現金化の合法性は、正式な手続きに則って進めることによって保たれています。

本人確認や商品の送付を省略するような違法性の高い業者の場合、後々トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、ただちに取引を中止しましょう