クレジットカード現金化における個人情報漏洩リスク

更新日:2019.11.05
クレジットカード現金化の個人情報漏洩リスク

カード情報が必要になるクレジットカード現金化は、個人情報が漏れてしまう危険性も。。 のちのち多額の損失を被ることがないよう、クレジットカード現金化における個人情報漏洩リスクとその対策について解説します。

クレジットカード現金化には個人情報が必要

クレジットカード現金化には個人情報が必要

第三者による不正利用を防ぐために、クレジットカード現金化には本人確認が必須です。

他人が拾ったカードや盗んだカードを使っていないどうか、クレジットカードの名義人と身分証の一致を確認してから取引に入ります。

つまり、身分証明書カード情報がセットで必要となるクレジットカード現金化は、まさに個人情報の宝庫!

クレジットカード現金化を大義名分にして、本当は個人情報収集目的で運営している悪徳業者が一部紛れ込んでいるんですね。

個人情報が悪用されるとどうなる?

個人情報が悪用されるとどうなる?

クレジットカード現金化の悪徳業者は、不法に取得した個人情報を使って、主に2パターンの悪事を働きます。

カードの不正利用

カードが不正利用される

昔はクレジットカードの不正利用といえば、偽造や盗用などカード本体が狙われるものでした。 しかし、ネット決済が盛んになった現代ではカード情報だけを盗む詐欺が急増しています。

カード本体より盗みにくいだけでなく足もつきにくいため、今では不正利用による被害額の70〜80%以上がカード番号の盗用によって発生!

特に、セキュリティコードと呼ばれるクレジットカード裏面にある3桁の数字とセットで知られてしまえば、そのクレジットカードは第三者でもほぼ使い放題。

このように、初めからカードの不正利用を目的とした現金化業者に引っかかってしまうと、後々身に覚えのない高額請求に苦しめられることになります。

闇金融に勧誘される

闇金融に勧誘される

クレジットカード現金化業者の中には、お金に困っている人の個人情報を闇金融に売ることで生計を立てている、いわゆる名簿屋という存在が紛れ込んでいます。

  • 「審査なしで借りられる消費者金融がある」
  • 「もっといい条件でお金が借りられるところがある」

などと言われたら、要注意です。

また、利用時は何ともなくとも、後から大量のスパムメールや迷惑電話がかかってきたり、いつの間にか銀行口座にお金が入金されていて利子の支払いを強要される押し貸しなどといった被害も報告されています。

クレジットカード現金化による不正利用は保険外

現金化による不正利用は保険外

今ではほとんどのカード会社で、カードの不正利用にそなえてショッピング保険・盗難保険というセキュリティ機能がついています。 通常はカードの不正利用さえ認められれば、その代金を支払う必要はありません。

しかし、悪用されるに至った原因がクレジットカード現金化となれば、話は別。

クレジットカード現金化は規約違反ですので、自業自得とみなされ、保険が適用されません

カードを不正利用されても、自分で支払わなければならないということです。

このため、クレジットカード現金化で詐欺被害に遭っても泣き寝入りしてしまう被害者がほとんどなんです。

クレジットカード現金化における悪徳業者の手口

紹介!悪徳業者の姑息な手口

自分の財産や個人情報を守ってクレジットカード現金化するためには、事前に詐欺業者の手口を知っておくことが重要です。

クレジットカード裏面の画像を要求する

本人確認のために、身分証のコピーや写メを提出するタイミングで、しれっとクレジットカードの裏面画像を求めてくる業者がいます。

クレジットカードの表面画像は、名義人を確認するために必要となる場合もありますが、裏面は基本的には必要ありません

こちらの不安を伝えてみて、セキュリティコードを隠してOKという譲歩がない場合は、カード情報目的の悪徳業者である危険性が高いです。

スキミングでカード情報を盗む

スキミングでカード情報を盗む

ネット経営ではなく、現金化ショップのような店舗型の場合は、スキミングに気をつけなければなりません。

スキミングとは、カード情報を読み取る特殊な装置を使ってカード磁気情報を盗むことです。

スキミングは素人目ではなかなか判断することができません。

このため、もし現金化ショップを利用する場合は口コミや評判を調べておき、入店時に少しでも不安を感じたらすぐに取引を中止するようにしましょう。

現金化と関係のない情報を聞いてくる

現金化に関係ない情報を聞いてくる

クレジットカード現金化と直接関係のない個人情報を聞かれた場合、そのクレジットカード現金化業者は名簿屋である可能性が高いです。

クレジットカード現金化で最低限必要となる情報は、氏名、電話番号、メールアドレスくらい。

家族構成や、年収、勤務先や自宅の連絡先などを求められたら注意しましょう。

【対策】個人情報を守るためのチェックポイント

それでは最後に、クレジットカード現金化で個人情報を伝える時に、気をつけるべき注意点盗まれないための対策を解説します。

ページのセキュリティをチェックする

セキュリティをチェックする

ネット経営のクレジットカード現金化業者では、指定されたECサイトにてクレジットカードでお買い物をする必要があります。

カード決済の場面では、カード番号の入力が求められますが、この時ページにきちんと個人情報保護のセキュリティがかかっているかチェックしましょう。

ページのURLがhttps://で始まっていれば、入力した情報は全て暗号化されて相手に送信されますが、http://から始まるページだと、個人情報がむき出しのまま相手に送られることになってしまいます。

氏名や住所、電話番号など個人情報を入力する申し込みフォームでも同様のセキュリティ対策が施されているか確認してくださいね。

口頭で個人情報を伝えない

クレジットカード現金化の初回利用には、電話による本人確認が必須。 これをいいことに、うっかり口を滑らせることを期待してセキュリティコードカードの暗証番号などを聞いてくる場合もあります。

きちんと考える時間がなかったり、威圧的な態度に押されてつい回答してしまいがちですが、ここで個人情報を漏らしてしまえば相手の思う壺。

口頭では基本的に個人情報は伝えず、「メールで送る」と電話を切ってただちに取引を中止しましょう。

カード決済前の段階であれば、キャンセル料の支払い義務は生じないので強行突破で構いません。

個人情報の面でも安全なクレジットカード現金化業者

安心・安全なクレジットカード現金化業者

お金のピンチを救うはずのクレジットカード現金化で、さらなる災厄を招いてしまってはなんの意味もありません。 そこで、誰もが個人情報の漏洩を心配することなく利用できる、セキュリティレベルの高い優良店を紹介します。

アーク

アーク×クレジットカード現金化比較プロのキャンペーン

最低換金率90%保証など、利用者の安全に気を配るアークならセキュリティもバッチリ!

今ならクレジットカード現金化比較プロからのお申し込みで換金率が最大5%もUPするので、安全に高換金率を実現したい方におすすめです。

あんしんクレジット

あんしんクレジットの誇大広告

クレジットカード現金化業界の安全王といえば、あんしんクレジットで決まり!

創業18年もの間、顧客から選ばれ続けてきた実績が何よりの証明です。

銀行口座や住所を知られたくないという方のために、現金手渡しの出張サービスまで用意されています。

おひさまクレジット

おひさまクレジット

リピート率85%以上という、安心と信頼の実績を誇るのはおひさまクレジット。

全8行という業界でも最多数のネットバンクに対応しているので、即日の現金調達にも最適です。

まとめ

優良店を選んで安全に現金化しよう

クレジットカード現金化業者の利用には個人情報カード情報が必要となるため、漏洩リスクが怖いという方もいらっしゃるかもしれません。

が、過去にカードトラブル0件の優良店さえ使えばその危険性はほぼ0

それでは最後に、今回の記事で学んだことをおさらいしておきましょう。

  • 業者選びを誤ると、個人情報を悪用される危険がある
  • 具体的な詐欺被害は、カードの不正利用や、闇金融の勧誘
  • クレジットカードのセキュリティコードを業者に教えてはいけない
  • 現金化が原因でカードを不正利用された場合、補償はない
  • 個人情報の入力画面では、URLがhttps://で始まっているかチェックしよう

クレジットカード現金化比較プロではその他にも、換金率・スピードなど様々な観点からクレジットカード現金化の優良店を紹介しています。

自分にピッタリの現金化業者を探してみてくださいね。