意外なところに潜むクレジットカード現金化の罠

更新日:2019.12.05
クレジットカード現金化の罠

よくあるクレジットカード現金化の詐欺になんか、私は騙されないよと思っていませんか?
そこで今回の記事では一般的な詐欺の手口ではなく、意外なところに潜むクレジットカード現金化の罠を紹介!

他のどの比較サイトでも教えてくれない、リアルな具体例をあげて解説していきます。

具体例!現金化業者のセリフに潜む罠

クレジットカード現金化業者のセリフに潜む罠

クレジットカード現金化の詐欺被害でよく聴くのが、カード決済をしたのに現金が振り込まれない、事前に聞いていたよりも換金率が低かったなどお金のトラブルです。

でも実はそれ以外にも、思わぬところにクレジットカード現金化業者の罠が潜んでいます。

現金化の罠①「消費者金融を紹介します」

クレジットカード現金化の罠

クレジットカード現金化の利用者は、消費者金融でお金を借りたくても借りられないという人がほとんどです。

こういった現実を利用してクレジットカード現金化業者の中には、

「審査の甘い消費者金融を紹介します」

と言ってくるところがあります。

「クレジットカード現金化=高い。消費者金融=安い」

という先入観から、つい飛びついてしまいたくなりますが、実はこれこそがクレジットカード現金化業者の張った罠。

カモになりそうな人を闇金業者に横流して、それを対価に報酬をもらう、いわゆる名簿屋の手口なのです。

冷静に考えれば、クレジットカード現金化業者として事業を営んでいるのに、その顧客を他のサービスに案内するなんてちゃんちゃらおかしいのですが、人は緊急時ほど判断力を失うものですから、注意しなくてはなりません。

この罠にまんまと騙されてしまうと、闇金融からのしつこい勧誘や、押し貸しなどの被害を受ける危険性があります。

現金化の罠②「カード決済代行します」

クレジットカード現金化の罠②

20~30代のネット世代の若者にとっては、スマホ操作はお手の物。
ですが、機械が苦手な人熟年の利用者層の中には、ネット業者のハードルが高く感じられる方もいます。

悪徳なクレジットカード現金化業者の中には、クレジットカード現金化の手順を説明され、ネット手続きに戸惑っていると、

「カード決済を代行しましょうか?」

とクレジットカード現金化業者が聞いてくることがあります。

ネットショッピングやweb上でのカード決済が初めてな人スマホ操作が苦手な人にとっては有難い申し出のように聞こえるかもしれませんが、これも罠なので騙されてはいけません。

クレジットカード決済を代行してもらうということは、カード番号暗証番号などネットショッピングに必要な情報を全てその業者に教えてしまうということ。

カード情報を悪用されて、翌月身に覚えのない高額請求が来る可能性があるので、業者に任せず必ず自分で決済するようにしましょう。

公式サイトが暗号化されているかチェック
クレジットカード現金化業者を利用するときは必ず、カード情報を入力するページのURL欄鍵マークがついていることチェックしましょう。
タップまたはクリックして、httpsから始まるURLであれば、個人情報が抜き取られないようなセキュリティ対策がされているので安心です。

現金化の罠③「キャッシュバック方式だからバレません」

クレジットカード現金化の罠③

クレジットカード現金化で1番怖いのは、現金化行為がカード会社にバレること。
クレジットカードの利用停止強制解約、利用残高の一斉請求などの厳しい措置が待っています。

カード会社からのペナルティを恐れるクレジットカード現金化利用者に対して、

「当社はキャッシュバック方式なのでカード会社に現金化がバレることはありません」

とクレジットカード現金化業者が断言してくることがありますが、これも罠です。

キャッシュバック方式の安全性が高いのは、あくまでもクレジットカード現金化のもう1つの方法である買取方式と比較して、というお話。

確かに、ブランド品金券類などクレジットカード現金化に使われやすい商品をカード決済させる買取方式に対して、換金目的だと一見分かりづらい商品を扱うキャッシュバック方式の方がバレにくいのは間違いありませんが、それでも絶対ということはありません

普段あまりカードを使っていない人が急に高額決済すれば、普通にバレます。

このように、自社でクレジットカード現金化してほしいがために平気で嘘をつくような業者は誠実さに欠けますので、利用しない方が賢明です。

商品の配送がない現金化業者もNG

商品配送のないクレジットカード現金化業者に注意

キャッシュバック方式の業者を利用すると、パワーストーンおもちゃの指輪などの商品が送られてきます。

受取が面倒いと思うかもしれませんが、この過程はクレジットカード現金化という取引を成立させるために必要な手続きで、この工程がないと現金化は違法行為に。

実際に手続きを省略した業者が逮捕されたケースもあるので、関わりあいにならないほうがよいでしょう。

高換金率・好条件はまず疑ってかかるべし

上記で紹介した以外でも、クレジットカード現金化の悪徳業者は様々な罠を張って待ち構えています。
が、基本的には虫の良すぎる話はまず疑うという癖さえつけておけば、騙されるリスクは格段に少なくなります。

これから先、どんな新しいパターンの詐欺が出てきてもその甘言は必ず、相場からかけ離れた、高換金率・好条件から成り立っています。

「誰でも換金率98%でクレジットカード現金化できる」などのありえない条件を提示してくる業者には耳を貸さない方が身のためでしょう。

初めてのクレジットカード現金化は大手が安心

初めてのクレジットカード現金化は大手が安心

クレジットカード現金化には、そんなにたくさん詐欺の手口があるの…?と不安になってしまった方もいるかもしれません。
そんな風にクレジットカード現金化が初めてという方には、罠のない大手業者の利用が安心です!

業者の入れ替わりが激しいこのクレジットカード現金化業界で、10年以上お客様から愛され続けている口コミで人気の優良店を紹介します。

あんしんクレジット

あんしんクレジット

クレジットカード現金化の老舗業者といえば、あんしんクレジットをおいて右に出るものはありません。

18年という業界トップの創業年数こそが、その評判の証。

クレジットカード現金化初心者が利用することが多いので、初めての方でもしっかり案内してもらえます。

おひさまクレジット

おひさまクレジット

おひさまクレジットも12年以上クレジットカード現金化業界を牽引してきた、評判の老舗業者。

対応しているネットバンク・銀行数は業界最多なので、安心・安全かつ即日のクレジットカード現金化が可能です。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化は初めてだけど、安全性も換金率を両取りしたい…という欲張りなあなたには現金化堂がおすすめ。

男性なら限定プランで換金率が3%もUP、さらに後からより高換金率な他社が見つかった場合には、差額分返金保証までついているので安心です。

まとめ

悪徳業者に騙されないように気をつけよう

それでは最後に、クレジットカード現金化業者の罠についてこの記事で開設したことをまとめて終わりにしたいと思います。

  • 「消費者金融を紹介する」と言ってくるのは、個人情報を闇金に売る名簿屋
  • カード決済の代行は、カード情報や個人情報を抜き取られるリスク大
  • 申し込みフォームではURLが暗号化されているかチェックしよう
  • キャッシュバック方式でも、高額決済すると現金化がバレる可能性がある
  • 商品の配送がないキャッシュバック方式の業者は違法
  • 初めてのクレジットカード現金化は大手利用が安心

悪徳業者の手口さえ知っていれば、クレジットカード現金化の罠にはまることはありません。

正しい知識を持って業者選びを行い、虫のよすぎる話には警戒を怠らないようにしましょう