GCMのファクタリング

GCMのファクタリングの特徴

GCMのファクタリングは全企業が受けられるものではなく、医療や介護関係の方のみが受けられるサービスです。
医療や介護関係ならではの支払いに関する悩みは多いと思うので、該当企業の方はGCMでファクタリングをするとスムーズに資金調達をすることができるでしょう。

GCMのファクタリングのメリット

医療・介護業界専門

冒頭でも述べたようにGCMのファクタリングは医療・介護に特化しており、売掛金を現金化するタイプのファクタリングとは異なり、診察報酬や介護給付費などの債権をファクタリングすることで現金化するという流れとなっています。
医療・介護に特化しているからこそ同じ業界の様々な資金繰りに携わった実績があるので、もし悩んでいるのなら一度問い合わせをしてみてください。

来店不要

GCMではファクタリングを利用するのに店舗への来店を必要としません。
通常契約の際には対面するのが基本ですが、GCMは例に漏れて対面をしないので、時間のない人や交通費を節約したい人にとって重宝されるでしょう。
ただ来店をしない代わりに必要な書類は多くなってしまうのでその点だけ注意してください。

自立支援給費債権のファクタリングを取り扱っている

GCMでは他社のファクタリングでは取り扱いの少ない障害者施設向けの自立支援給付費の債権にも対応しています。
だからこそ障害者施設を運営している経営者がファクタリングを利用するならGCMの一択と言えるでしょう。

将来債権3ヶ月分に対応

GCMのファクタリングではすでに請求済みの診療報酬や介護給付費だけではなく、最大3ヶ月分の将来債権についてもファクタリングすることができます。
そのため2ヶ月分の請求+3ヶ月分の将来債権=5ヶ月分のファクタリングをすることができるので、必要な金額が大きかったとしてもGCMだけで対応することができるでしょう。