ファクタリングのメリット・デメリット|利用の判断基準とは?

更新日:2020.11.18
投稿

佐藤 隆道

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリット 現代日本で資金調達といえば、銀行や金融機関からの融資が一般的。 それに比べてファクタリングは、欧米で広く普及している現金調達法です。 売掛債権という会社の資産を早期現金化することで資金調達します。 ファクタリングのメリットは主に以下の通りです。
  • スピーディな現金化が可能
  • 担保・保証人不要
  • 審査に通りやすい
  • 売掛金回収のリスクヘッジになる
  • 信用情報に影響がない

スピーディな現金化が可能

ファクタリング利用時の着金スピードは、申し込みから最短30分〜2時間! 数ある資金調達方法でもトップクラスの調達スピードを誇っています。 銀行に融資申し込みをした場合、実行までは早くても数週間〜1ヶ月。 その点ファクタリングなら、契約の種類や内容によっても異なりますが、基本的には即日遅くとも2、3日で資金調達が可能です。 買掛金や納めるべき税金が一部足りない、といったお金の緊急事態にピッタリだといえるでしょう。

担保・保証人不要

ファクタリングの2つ目のメリットは、担保、保証人一切不要で現金が調達できる点です。 金融機関で融資を受けるには、万が一返済できなかった時のために、不動産などの担保保証人が必要です。 ビジネスローンも無担保・保証人不要で借りることができますが、代わりに社長が連帯保証人にならなければなりません。 ⇒ビジネスローンとファクタリングの違い それに比べてファクタリングは借り入れではなく、売掛債権の売却によって資金を得る方法なので、担保や保証人は一切必要ありません。 抵当権や返済リスクなどに縛られず、後腐れなく利用可能です。

審査に通りやすい

ファクタリングの3つ目のメリットは、審査に通りやすいことです。 ファクタリングの審査対象となるのは、売掛先の信用力。 なぜならファクタリング会社は、売掛先から売掛金を回収するからです。 このためファクタリングでは、会社が赤字決算債務超過でも、関係なく利用できます。 売掛金が入金されるまでに売掛先が倒産しなければいいので、その審査基準もかなり柔軟で通りやすいといえるでしょう。 必要書類も、売掛金の額面支払い日時を証明する書類などがあればいいので、手軽に利用できます。 ⇒ファクタリングの審査について詳しく

売掛金回収のリスクヘッジになる

ファクタリングには資金調達だけでなく、売掛金の回収リスクを解消できるというメリットもあります。 ファクタリングは、会社の売掛債権を譲渡する取引。 実はこの時、「売掛金を受け取る権利」だけでなく、「売掛金を回収する義務」も相手に引き渡しているんです。 つまり、万が一倒産などの理由で売掛先から売掛金が支払われなくても、利用企業はファクタリング会社にお金を弁済する必要はありません。 つまりファクタリングは、利益を先取りすることができるだけでなく、リスクヘッジも同時に兼ねている優れた資金調達方法なんですね。

信用情報に影響がない

金融機関から融資を受けると、負債として信用情報に記録が残ってしまいます。 過度な借り入れや支払い遅延の記録が残っていれば、今後金融機関の審査に通ることは難しくなってしまうでしょう。 それに比べてファクタリングは、信用情報に影響を与えることなく資金調達できるというメリットがあります。 ファクタリングは、「売掛債権という資産を売却して資金を得る」という売買取引に該当するため、負債として計上されることはありません。 むしろ貸借対照表から売掛金の項目が消えるので、バランスシートをスリム化できるという会計処理上のメリットもあります。 ⇒ファクタリングの仕訳は?会計処理を解説

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリット 当然ファクタリングにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。 利用を検討するなら事実から目を背けず、きちんとファクタリングの危険性リスクについて把握しておきましょう。 ファクタリングのデメリットは主に以下の通りです。
  • 手数料が割高
  • 悪徳業者との遭遇リスク
  • 取引先に知られると今後敬遠される危険性がある

手数料が割高

ファクタリングは貸借取引ではないので、金利という概念はありません。 そのかわり、売掛金を早期現金化してくれた対価として、ファクタリング会社に手数料を支払います。 気になるその手数料設定は、売掛債権の額面の15〜40%と、残念ながら銀行金利や手形割引の割引率よりはるかに割高です。 貸金業法が適用される消費者金融なら、どんなに高くても利息制限法金利は年利20%までと法律で決まっています。 しかし、回収リスクごと売掛債権を買取るファクタリングは債券取引。 貸金業ではないため、手数料の上限はありません。 このように、他の資金調達方法と比べて手数料が割高となるのが、ファクタリングのデメリットです。 ⇒ファクタリングの手数料は?内訳を解説

3社間ファクタリングなら手数料を抑えられる

ファクタリングには、2社間取引3社間取引とがあります。 2社間取引は、ファクタリング会社利用企業で契約。 3社間ファクタリングは、それに売掛先が加わって取引をします。 日本では、取引先にファクタリングしていることがバレないように契約を交わす2社間取引が一般的です。 しかし、売掛先に通知・承認を得てから行う3社間取引なら、回収リスクが抑えられるぶん、手数料は5%〜15%と割安。 銀行系ノンバンクが提供するファクタリングサービスなら、さらに良心的な手数料で利用できますよ。 ⇨銀行系のファクタリング

悪徳業者に売掛金を騙し取られる可能性がある

ファクタリングは、あまりまだ日本には馴染みのない企業文化。 それをいいことに、ファクタリング会社の中には売掛金をだまし取ろうとする悪徳業者もいます。 詳細な契約書類がなかったり、日付や記名のない書類にサインさせられそうになったら、まず詐欺を疑いましょう。 ⇨違法なファクタリング会社の契約とは?悪徳業者の特徴を解説

取引先にバレると敬遠される危険性がある

先述した通り、ファクタリングはまだあまり資金調達方法として日本に浸透していません。 このため取引先にファクタリングを利用している事実が知られてしまうと、 「売掛金に手を出さなければならないほど経営が苦しいのか?」 と勘ぐられて、今後取引を中止されてしまう危険性があります。

2社間取引でもバレない可能性は0じゃない?!

取引先にバレずにファクタリングをするためには、利用企業ファクタリング会社のみで契約を締結する2社間取引が推奨されています。 しかし、ファクタリングの2社間取引でも、100%取引先にバレないという確証はありません。 債券譲渡登記という手続きを踏む場合は、取引先にファクタリングの事実を知られてしまう危険性があります。 債券譲渡登記とは、「売掛債権を受け取る権利を譲り受けました」と法的に示すための手続き。 これでファクタリング会社は、利用企業他のファクタリング会社に対して、売掛金を受け取る権利を正当に主張できるようになります。 しかし債券譲渡登記は、東京にある法務局で然るべき手続きをとれば、誰でも閲覧することができます。 つまり取引先がその気になって調べれば、バレてしまう危険性もあるということです。

手形割引や売掛債権担保融資との違い

手形割引や売掛債権担保融資との違い ファクタリングと酷似したサービスに、銀行が提供する売掛債権担保融資手形割引があります。 どちらも、本来の資金化日よりも早くお金を受け取れるという点ではファクタリングと同じです。 しかし、あくまでも売掛債権担保融資や手形割引は、それらを担保に資金を貸し出しているだけ。 万が一、取引先がお金を支払えないような場合には、利用会社に弁済義務が生じます。 このように、回収リスクを背負うのか背負わないのかが、ファクタリングと銀行融資の最大の違いです。 売掛債権担保融資や手形割引は、回収リスクを負わないので、年利1〜5%という良心的な金利でお金を貸し出してくれます。 そして審査の対象は、債務者となる利用企業がメインです。 それに対してファクタリングは売掛債権の買取なので、回収リスクに見合った手数料が徴収されます。 ただし有事の際も、利用企業は債務者となりえないので、審査の対象はあくまでも売掛先がメインとなります。                   このように、ファクタリングと売掛債権担保融資・手形割引はその仕組みが根本的に異なるため、審査対象手数料に違いがあります。 ⇒手形割引とファクタリングの違い

ファクタリングを利用すべき?判断基準

ファクタリングを利用すべきかの判断基準 ここまで、ファクタリングのメリット・デメリットや他の資金調達方法との違いについて見てきました。 それでは、利用するか否かの判断基準は、どのように決定すればいいのでしょうか? 最後の最後までファクタリングの利用を決めあぐねている経営者の方のために、その判断基準についても解説します。

ファクタリングがよく利用される業界

ファクタリングは、一度に大金が動く取引や、常に先払いが求められるなど、キャッシュフローが不安定な業界に向いています。 土木建設業やアパレル業界、人材派遣業などがその具体例です。 このように、比較的他の業種に比べてファクタリングの認知度が高い業界なら、利用を検討する価値あり! 特に、介護業や病院を対象とする医療ファクタリングなど、特定の業種に対してファクタリングサービスが確立されている場合は、5%〜と手数料も安く抑えられる場合が多いです。 ⇒建設業界のファクタリングについて詳しくはこちらアパレル業界のファクタリングについて詳しくはこちら介護業界のファクタリングについて詳しくはこちら

前向きな資金調達なら迷わずGO!

ファクタリング利用の最大のデメリットは、手数料がかかることです。 通常、売掛金は本来の期日まで待っていればその満額が手に入ります。 しかし、ファクタリングを利用すれば、手元に入る売掛金は間違いなく減少してしまいます。 ただ逆に考えれば、そのコストに見合う結果がのぞめるのであれば、ファクタリングの利用を躊躇う必要はありません。
  • 事業拡大したら儲かる見込みがあるのに、融資を受けられない
  • 業績はいいのに、起業したばかりでキャッシュフローが追いつかない
上記のように、黒字倒産を防ぐような前向きな目的であれば、どんどん売掛金を資金に回すことができるファクタリングはぴったりの調達方法です。

ファクタリングは根本的な経営改善にはならない

ファクタリングは一時的な資金難を乗り越えるために最適なツール。 逆に言えば、利用しても根本的な経営改善とはなりえません。 たまに、
  • ファクタリングを利用することで財務諸表が改善され、銀行融資も通りやすくなる
  • ファクタリングしたお金で借入金を返済すればお得
などとファクタリングのメリットを誇大に謳うサイトもありますが、これは間違い。 確かにファクタリングは一つの資金調達手段ではありますが、利用そのものが経営改善に繋がることはありません。 むしろ、早期資金化した売掛金をどれだけ今後の売上に繋げられるかが、ファクタリングの勝負どころといえるでしょう。

おすすめのファクタリング会社を紹介

ファクタリングのメリットを活かせるおすすめ業者 ファクタリングのメリットを最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えるためには、ファクタリング会社選びが肝要です。 そこで、様々なファクタリング会社を繰り返し利用した比較DXXだからこそ分かる、おすすめ業者ランキングを紹介します。

ビートレーディング

ビートレーディング 絶対に取引先にファクタリングがバレないという場合は、2社間取引に定評のあるビートレーディングがおすすめ! 平日午前9時半〜午後7時の間なら、申し込み後即日で必要額が入金されます。 2社間取引のデメリットといえば、手数料が高くなりがちな点ですが、ビートレーディングなら良心的な手数料で利用を受け付けてくれます。

ビートレーディング
公式サイトはコチラ

アクセルファクター

アクセルファクター 審査が通りやすい、というファクタリングのメリットに着目するなら審査通過率93%のアクセルファクターがおすすめ。 ファクタリング会社の中でも特に柔軟な審査基準で、個人事業主でも利用可能です。 申し込み金額100万円〜などの利用制限もないので、少額の資金調達にももってこいです。

アクセルファクター
公式サイトはコチラ

ウィット

ウィット ファクタリングの着金スピードに注目するなら、おすすめなのは断然ウィット非対面式なので、わざわざファクタリング会社に赴く必要はなく、電話1本で手続きが完了します。 最短2時間という、業界随一のハイスピード入金が魅力です!

ウィット公式サイトはコチラ

まとめ

調達コストを上回るリターンがのぞめるかどうかが利用の決め手 それでは最後に、ファクタリングのメリット・デメリットについてもう1度まとめ直します。
  • ファクタリングの着金スピードは最短即日〜2日、3日
  • ファクタリングは担保・保証人なしで利用OK
  • ファクタリングの審査対象は売掛先
  • ファクタリングは売掛金という自己資産の現金化なので審査に通りやすい
  • ファクタリング会社は回収リスクごと売掛債権を買い取るので、万が一売掛金が支払われなかった場合、利用企業が弁済する必要はない
  • 手形割引や売掛債権担保融資は、あくまでも貸借取引なので、取引先からお金が支払われなかった場合、利用企業が債務者として弁済する必要がある
  • 回収リスクを負うか負わないかが、債権取引と貸借取引の違い
  • ファクタリングは負債ではないので、利用しても信用情報に影響はない
  • ファクタリングのデメリットは手数料が割高であること
  • 土木建設業やアパレル業、医療業界ではよくファクタリングが利用されている
  • ファクタリングのコストを上回る結果が得られるかどうかが、利用するか否かの判断基準となる
ファクタリングは貸借取引ではなく、債権取引。 融資取引とは取引の性質が異なる分、審査調達スピード信用情報への影響などの点でメリットが挙げられます。 しかし貸金業に当てはまらない分、利息制限法の適用を受けないので、手数料が高くつくというデメリットもあります。 このため、割高な調達コストを払ってでも利用する価値があるかどうかが、ファクタリングを利用する一つの判断基準といえるでしょう。 ⇒ファクタリングの基礎知識はコチラ