クレジットカード現金化と消費者金融を比較!

更新日:2019.10.30
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

クレジットカード現金化と消費者金融を比較

クレジットカード現金化と消費者金融、お得なのはどっち? クレジットカード現金化消費者の特徴・メリット・デメリット、自分に合った方法の選び方までを徹底的に解説します。

消費者金融の特徴

消費者金融の特徴

消費者金融とは個人向けに小口融資を行う貸金業者のこと。 貸金業者の法定金利20%までと決められているので、それを超える金利をとられる心配はありません。

カードローン

カードローン

カードローンとは個人によって決められている限度額内であればいつでもお金が借りられるサービス専用カードを発行し、それを街にあるATMやCD(キャッシュディスペンサー)に差し込むと現金が借りられます。

カードローンを申し込むための流れは以下の通りです。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 審査
  3. 本人確認・在籍確認
  4. 書類提出
  5. クレジットカード発行

金利は15~18%と割安ですが。ローンカードが手元に届くまで数日〜数週間を要します。

返済能力がしっかりと審査されるため、所得証明書などの書類提出や申告した会社で本当に働いているかどうかを確かめる在籍確認などが行われます。

クレジットカードのキャッシング

キャッシング

クレジットカードの中には、借入専用枠であるキャッシング枠をつけられるものがあります。

カードローンと同じようにATMやCDに挿し込むことで現金が借りられ、利用するにはクレジットカード作成時あるいは後から別途申し込む必要があります。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 審査
  3. kuカード発行

本来クレジットカードは買い物利用を目的に作られたもので、キャッシング枠はあくまでもそのおまけ機能

このため限度額は1万円〜50万円と少額で、金利も法定金利上限である18%となっています。

ローンカードのように個人や条件によって金利が優遇されることもないかわり審査もより簡易的で、所得証明書などの書類提出は不要な場合がほとんどです。

 すでに持っているクレジットカードにキャッシング機能を追加する場合は、1〜2週間

キャッシング機能つきのカードを新しく発行する場合は、2~3週間前後の時間がかかります。

クレジットカード現金化の特徴

クレジットカード現金化の特徴

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物専用枠であるショッピング枠を現金化すること。 希望額を業者に伝えて、あとは指示どおりにカード決済するだけで手数料を差し引いたぶんの金額が自分の口座に振り込まれます。

クレジットカード現金化を利用する流れは以下の通りです。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 本人確認
  3. 指定された商品をカード決済
  4. 指定口座に現金振込

ご祝儀や治療費など、現金払いしか選べない時に需要のあるサービスで、申し込めばその日のうちに現金が借りられるのが最大の特徴。

利用者がお金を借りるのはカード会社からなので、厳しい審査や必要書類は一切ありません

手数料は額面の20%ほどが平均相場となっています。

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融のメリット・デメリット

国によって法整備が整っている消費者金融は、金利が安いのが最大のメリットです。

アイフルやアコムなどメジャーな大手金融機関を使えば、まず悪徳業者や犯罪に巻き込まれる心配もありません。

そのかわりに審査が厳しい手続きが面倒時間がかかる等の弱点があります。

審査に必要となる在籍確認や所得証明書の提出は各社の規定によって有無が異なるので、分からなければ事前に問い合わせるようにしましょう。

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

クレジットカード現金化のメリットは、スピーディかつ誰でも利用できるという点です。

新規申し込みでも30分前後で口座に現金が振り込まれますし、クレジットカードと身分証明書のある20歳以上の成人なら誰でも利用できます。

デメリットとしては消費者金融よりも手数料が高いことと、クレジットカード利用停止リスクがあるところです。

クレジットカード現金化は法律違反ではありませんが、カード会社の利用規約違反となりますので、バレるとカード利用停止強制解約利用残高の一斉請求などのペナルティが課せられます。

比較!自分に合った現金調達の選び方

消費者金融とクレジットカード現金化の特徴はどっちも一長一短! そこでどちらの現金調達方法がより自分に合っているのか、選ぶ時のポイントを解説します。

審査に通過できるか

審査に通過できるかどうか

消費者金融とクレジットカード現金化、どちらを利用するか迷った時はまず審査に通過できるかどうかを考えましょう。

利用者が過度な借金で身を滅ぼすことがないよう、貸金業者には総量規制といって、その人の年収の1/3までしかお金を貸してはいけないという法律が定められています。

つまり、無職の方主婦の方など収入がない人が消費者金融を利用するのは不可能ということです。

消費者金融では、他社からの借り入れ返済能力を精査して限度額を決定するので、安定的な収入が得られないフリーターの方なども審査に通過することは難しいでしょう。

クレカ現金化は貸金業ではない
クレジットカード現金化業者は大きく分けて2種類!
利用者がカード購入した商品を安く買い取る古物商という業態をとっているお店と「商品代金の一部をキャッシュバック」という名目で利用者に現金を付与するお店に分かれます。
いずれにしても貸金業という営業形態ではないので、審査は総量規制もありません

現金が必要なタイミングは?

現金が必要なタイミングは?

いつまでに現金が必要か、というのも現金調達方法を決めるにはとても大切な要素。 1番早いのはキャッシング枠のついたクレジットカードを利用することですが、新規申し込みならクレジットカード現金化が最もスピーディです。

最近では「最短30分でスピード審査」などとうたう消費者金融も増えていますが、実際には早くとも1時間前後はかかります。

必要な書類作成や申し込みの準備を考えると、午前中には動き出さないと即日融資は難しいでしょう。

クレジットカード現金化ならweb上の簡単な手続きだけで、申し込みから現金振込まで30分前後24時間現金調達が可能です。

今後借金する可能性があるか

今後借金鵜をする可能性があるか

返済のことを考えるなら、なるべくコストをかけずにお金を借りるのが賢い現金調達法。 国から利息の上限が決められている消費者金融なら、法外な手数料や金利をとられる心配はありません

それに比べてクレジットカード現金化は貸金業ではないので、法定金利の適用がないという弱点があります。

運悪く悪徳業者にあたってしまうと30~40%も手数料を吸い取られてしまう危険性があるということです。

優良店であれば10%〜20%程度の手数料で済みますが、それでも返済は翌月のカード代金引き落とし日ということを考えると、月利20%

手軽でスピーディにお金を手に入れられる反面、コストはどうしても割高な計算となるので、また借金をするかもしれないという人は、キャッシング枠つきのクレジットカードカードローンを1枚作っておくことをおすすめします。

おすすめのクレジットカード現金化業者

おすすめのクレジットカード現金化業者

手数料の安い優良店を利用すれば、クレジットカード現金化の弱点は完全に克服できます! そこで高換金率と名高い業界の有名店を、現金化のプロの目線から厳選して紹介します。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化業者は手数料が高い…そんな常識を覆す新進気鋭の優良店がクレジットカード現金化堂です。

最低でも換金率90%保証なので、手数料はどんなに高くても10%!

8日間の返金保証もついて、今なら新規利用者に最大5万円の現金をプレゼントするキャンペーンも実施しています。

24キャッシュ

24キャッシュ

クレジットカード現金化のスピード性を最大限に活かしたいなら、24キャッシュで決まり!

メールなら24時間営業電話も23時までつながるだけでなく、振込みまで平均20分前後という脅威の対応力で急な金欠をサポートします。

あんしんクレジット

あんしんクレジット

初めてのクレジットカード現金化で不安だらけというあなたには、あんしんクレジットをおすすめします。

スピード性・安全性・換金率の全てが業界トップレベルの創業年数18年という老舗業者です。

まとめ

高換金率の現金化業者が狙い目

即効性があって誰でも利用できるのはクレジットカード現金化ですが、金利面を考えると消費者金融が有利です。

もし消費者金融の審査を通過できる自信がない場合や、今すぐに現金が必要という時は、なるべく高換金率のクレジットカード現金化業者が狙い目。

コストを抑えながら、その日のうちに30分前後でお金を工面できる最良の方法です。