【比較】クレジットカード現金化と消費者金融、お得なのはどっち?

更新日:2020.03.12
クレジットカード現金化と消費者金融を比較

クレジットカード現金化と消費者金融、お得なのはどっち? クレジットカード現金化消費者金融特徴・メリット・デメリット自分に合った方法の選び方までを徹底的に解説します。

消費者金融の特徴

消費者金融の特徴

消費者金融とは個人向けに小口融資を行う貸金業者のことです。

消費者金融では、お金を借りるために専用カードを発行します。

それを街にあるATMやCD(キャッシュディスペンサー)に差し込むことで、現金が借りられる仕組みです。

この仕組みはカードローンやキャッシングと呼ばれ、あらかじめ決められた限度額内であれば、何度でもお金が借りられます。

消費者金融は貸金業法の適用を受けるため、金利は最大20%までと定められており、個人の返済能力によって、平均15〜18%の枠内で変動します。

このように手数料は割安ですが、新規申し込みの場合はローンカードが手元に届くまで数日〜数週間を要するのが弱点です。

カードローンを申し込むための流れは以下の通りとなっています。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 審査
  3. 本人確認・在籍確認
  4. 書類提出
  5. クレジットカード発行

消費者金融では、利用限度額を決定するために、あらかじめ返済能力が審査されるのが特徴。

審査には、源泉徴収票所得証明書などの収入証明書の類が必要です。

その他、申告した会社で本当に働いているかどうかを職場に電話して確かめる在籍確認が行われます。

在籍確認ナシで現金調達

クレジットカードのキャッシングとの違いは?

キャッシング

クレジットカードの中には、借入専用枠であるキャッシング枠をつけられるものがあります。

キャッシング枠のついたクレジットカードであれば、カードローンと同じようにATMやCDに挿し込むことで現金が借りられます。

消費者金融のカードローンと仕組みは同じですが、クレジットカードの発行元はカード会社というところに違いがあります。

また、クレジットカードは本来買い物利用を目的に作られたものなので、そのおまけ機能であるキャッシング枠の限度額1万円〜50万円と少額

金利も法定金利の上限である一律18%に設定されています。

ローンカードのように個人や条件によって金利が優遇されることはないということですね。

そのかわり審査はより簡易的となるため、収入証明書の類は必要ないというメリットもあります。

キャッシングを利用するにはクレジットカード作成時あるいは後から別途申し込み必要です。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 審査
  3. クレジットカード発行

 すでに持っているクレジットカードにキャッシング機能を追加する場合は、1〜2週間
キャッシング機能つきのカードを新しく発行する場合は、2~3週間前後の時間がかかります。

最短5分のスピード現金調達

クレジットカード現金化の特徴

クレジットカード現金化の特徴

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物専用枠であるショッピング枠を現金化すること。 希望額を業者に伝えて、あとは指示どおりにカード決済するだけで手数料を差し引いたぶんの金額が自分の口座に振り込まれます。

クレジットカード現金化を利用する流れは以下の通りです。

  1. 申し込み(メール・電話)
  2. 本人確認
  3. 指定された商品をカード決済
  4. 指定口座に現金振込

クレジットカード現金化は、ご祝儀や治療費など、現金払いしか選べない急な出費に需要のあるサービス。

申し込めばその日のうちに最短5分でカード決済金額を現金に換えて銀行口座に振り込んでくれます。

消費者金融と比較した時の最大の違いは、クレジットカード現金化には審査がないことです。

なぜなら、クレジットカード現金化業者に依頼しても、利用者がお金を返済する相手はあくまでもカード会社

クレジットカード現金化業者は回収リスクを背負わないので、ショッピング枠に空きさえあれば、主婦無職の方でも利用を受け付けてくれます。

主婦・無職もOKな現金調達法

クレジットカード現金化は金利ではなく手数料

クレジットカード現金化は金利ではなく手数料

先述したように、クレジットカード現金化業者を利用しても、実際に利用者にお金を貸してくれているのはあくまでもカード会社。

このためクレジットカード現金化には金利という概念ではなく、仲介手数料という形で業者への支払いが発生します。

クレジットカード現金化業者への仲介手数料は、還元率(換金率)という目安によって表されます。

還元率とは
クレジットカード現金化では、カード決済金額に対して利用者が手に入れられる金額の割合還元率(換金率)といいます。
例えば、還元率が90%の現金化業者で10万円のカード決済をした場合、自分の銀行口座に振り込まれる金額は10万円×90%=9万円
残りの1万円業者への手数料支払いとして差し引かれます。

ちなみに、クレジットカード現金化業者の還元率の相場は平均80%~90%程度となっています。

高換金率で利用できる現金化業者

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融のメリット・デメリット

消費者金融の特徴は、国から認められた貸金業者であるという点です。

しっかり法律で守られているので、コスト面安全性には抜群の信頼感があります。

が、貸金業法の適用によって色々な制約を受けて営業しているので、そのぶん、柔軟性に欠けるという言い方もできるでしょう。

柔軟に取引してくれる現金化業者

消費者金融のメリット

消費者金融のメリット

消費者金融で現金調達するメリットは、以下の通りです。

  • 金利が安い
  • 国の認可を受けているので安全
  • 1度発行したら何度でもすぐに現金が借りられる

一昔前までは、サラ金闇金などのネガティヴなイメージがあった消費者金融。

しかし法整備が進んだ現代の消費者金融は、どれも貸金業として国から登録を受けた正式な事業者ばかりなので、とても安全です。

特に、アイフルやアコムなどメジャーな大手金融機関を使えば、まず悪徳業者や犯罪に巻き込まれる心配はないでしょう。

コスト面においても、貸金業者の金利は年利20%まで法律で決まっているので、この数値を超えることはありません。

それどころか審査結果利用実績によっては、金利を優遇してもらえる可能性もあります。

また新規発行には時間がかかるものの、1度発行してしまえばあとはATMやCDにカードを挿入するだけ

低金利ですぐに現金が借りられるので、何度もお金を借りる可能性がある方には心強い味方だと言えるでしょう。

金欠にはクレジットカード現金化

消費者金融のデメリット

消費者金融のデメリット

消費者金融で現金調達するデメリットは以下の通りです。

  • 審査が厳しい
  • 手続きが面倒
  • 時間がかかる

消費者金融では安全性とコストが保証されるかわりに、利用するには審査を突破する必要があります。

そしてこの審査は、新規申し込みだと1〜2週間と時間がかかってしまうのが難点です。

最近では即日融資を謳っている消費者金融も少なくありませんが、在籍確認などの審査にかかる時間を考えると、その日のうちにお金を手に入れるためには、午前中でのお申し込みがマスト。

さらに、収入証明書など書類準備が必要なことを考えると、思い立ったその日のうちに現金を手に入れるのは難しいと言えるでしょう。

思い立ったその日のうちに現金化

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

クレジットカード現金化業者は貸金業者ではないぶん柔軟性が高く、スピード性に優れています。 ただし、法的にグレーゾーンであることや、カード会社の利用規約違反であることが人によっては少し引っかかるかもしれません。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化で現金調達するメリットは以下の通りです。

  • 審査不要で誰でも利用できる
  • 最短5分で現金が手に入る
  • 信用情報が傷つかない

クレジットカード現金化は、収入信用情報に関する審査が一切行われません。

このため、主婦無職ブラックリスト入りの方でもクレジットカード身分証さえあれば誰でも利用できます

新規申し込みでも、ネット業者を利用すれば現金振込までは最短5分

また、クレジットカード現金化を利用しても借金の記録は残らないので、 信用情報を傷つけずに現金調達が可能です。

ネット業者の優良店はコチラ

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化で現金調達するデメリットは以下の通りです。

  • クレジットカードの利用停止リスクがある
  • 手数料が高い
  • 悪徳業者に騙されるリスクがある

現時点でクレジットカード現金化は、法律違反ではありません

しかし、法的にグレーゾーンであることを利用して、手数料のぼったくる悪徳業者が一部に紛れ込んでいます。

また、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反

このためクレジットカード現金化がバレるとカード利用停止強制解約利用残高の一斉請求などのペナルティが課せられます。

さらに、クレジットカード現金化の還元率は平均90%と言いましたが、これはクレジットカードの引き落とし日が翌月であることを考えると、月利10%とも言い換えられます。

消費者金融の平均金利である年利18%は月利換算すると18÷12=1.5%となるので、消費者金融に対してクレジットカード現金化は約7倍近く手数料がかかるという計算です。

クレジットカード現金化は貸金業ではない

クレジットカード現金化は貸金業ではない

クレジットカード現金化は、カード購入した商品を中古品として買い取るという形式で利用者に現金を付与しています。

この取引は業種では古物商という扱いになりますので、貸金業法ならびに利息制限法の適用を受けません

ただ、この「貸金業ではなくあくまでも古物商」という建前を押し通すためには、利用者の商品受取が必須。

このため、ネット業者でクレジットカード現金化した場合には、利用後に送られてくる商品(パワーストーンおもちゃの指輪など)を必ず1度受取るようにしましょう。

ネット業者の優良店はコチラ

クレジットカード現金化と消費者金融の違い

クレジットカード現金化と消費者金融の違い

ここまで、クレジットカード現金化と消費者金融それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

1度ここで分かったことを整理するために、クレジットカード現金化と消費者金融の違いを表でまとめてみましょう。

サービス名手数料スピード審査安全性業種
クレジットカード現金化月利10%最短5分×古物商
消費者金融月利1.5%即日〜2週間貸金業

両者の手数料月利換算した場合、消費者金融の方が約7倍クレジットカード現金化よりもお得です。

調達スピードは、即日融資を謳っている消費者金融なら午前中の申し込み2〜3時間

それに対してクレジットカード現金化は、どの業者でも即日最短5分で現金を振り込んでもらえます。

また、消費者金融を利用するには、収入信用情報など返済能力を調べる審査に通過することが必要。

一方クレジットカード現金化には審査がないので、無職や主婦の方でも、誰でも利用できます

消費者金融は貸金業として国に登録を受けているので、金利面安全性に問題ありません。

しかし、クレジットカード現金化は法的にグレーゾーン

なおかつ取引の性質上古物商という扱いになるので貸金業法の適用を受けず、悪徳業者に引っかかると法外な手数料をとられる危険性があります。

クレジットカード現金化の優良店

比較!自分に合った現金調達の選び方

消費者金融とクレジットカード現金化の特徴はどっちも一長一短! そこでどちらの現金調達方法がより自分に合っているのか、選ぶ時のポイントを解説します。

審査に通過できるか

審査に通過できるかどうか

消費者金融とクレジットカード現金化、どちらを利用するか迷った時はまず審査に通過できるかどうかを考えましょう。

利用者が過度な借金で身を滅ぼすことがないよう、貸金業者には総量規制といって、その人の年収の1/3までしかお金を貸してはいけないという法律が定められています。

つまり、無職の方主婦の方など収入がない人が消費者金融を利用するのは不可能ということです。

消費者金融では、他社からの借り入れ返済能力を精査して限度額を決定するので、安定的な収入が得られないフリーターの方なども審査に通過することは難しいでしょう。

その点、クレジットカード現金化では業者に回収リスクがないため、審査は行われません

業種上も古物商に分類されるので、貸金業法で定められている総量規制も対象外

つまりクレジットカード現金化なら、他社からの借り入れがあっても、信用情報がブラックでも、関係なく現金調達が可能です。

信用ブラックでも利用OK

現金が必要なタイミングは?

現金が必要なタイミングは?

いつまでに現金が必要か、というのも現金調達方法を決めるにはとても大切な要素。 1番早いのはキャッシング枠のついたクレジットカードを利用することですが、新規申し込みならクレジットカード現金化が最もスピーディです。

最近では「最短30分でスピード審査」などとうたう消費者金融も増えていますが、実際には早くとも1時間前後はかかります。

必要な書類作成や申し込みの準備を考えると、午前中には動き出さないと即日融資は難しいでしょう。

クレジットカード現金化ならweb上の簡単な手続きだけで、申し込みから現金振込まで最短5分24時間現金調達が可能です。

最短5分でクレジットカード現金化

今後借金する可能性があるか

今後借金鵜をする可能性があるか

返済のことを考えるなら、なるべくコストをかけずにお金を借りるのが賢い現金調達法。 国から利息の上限が決められている消費者金融なら、法外な手数料や金利をとられる心配はありません

それに比べてクレジットカード現金化は貸金業ではないので、法定金利の適用がないという弱点があります。

運悪く悪徳業者にあたってしまうとカード決済額の30~40%も手数料を吸い取られてしまう危険性があるということです。

もし還元率90%の優良店でクレジットカード現金化できたとしても、その手数料は消費者金融の約7倍

手軽でスピーディにお金を手に入れられる反面、コストはどうしても割高な計算となるので、また借金をするかもしれないという人は、キャッシング枠つきのクレジットカードカードローンを1枚作っておくことをおすすめします。

手数料0円でクレジットカード現金化

おすすめのクレジットカード現金化業者

おすすめのクレジットカード現金化業者

手数料の安い優良店を利用すれば、クレジットカード現金化の弱点は完全に克服できます! そこで高換金率と名高い業界の有名店を、現金化のプロの目線から厳選して紹介します。

あんしんクレジット

あんしんクレジット

消費者金融に匹敵する安全性換金率を誇るのが、クレジットカード現金化の老舗、あんしんクレジット。

創業18年という営業年数の長さが、利用者から信頼され続けた証です。

安全性・還元率・スピード性という全ての項目においてトップレベルの人気店なので、業者選びに迷ったらココを選んでおけばまず間違いありません。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の還元率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

アイラス

アイラス

女性の方や、クレジットカード現金化が初めてで不安…という方は、アイラスの利用がおすすめ。

クレジットカード現金化業界では珍しい女性オペレーター対応なので、安心してお申し込みできます。

還元率のことだけでなく、クレジットカード現金化の仕組みから利用法まで丁寧に教えてくれますよ

まとめ

高換金率の現金化業者が狙い目

それでは最後に、消費者金融とクレジットカード現金化を比較して分かったことをまとめます。

  • 消費者金融は法律で上限金利が定められているが、クレジットカード現金化にはそれがない
  • クレジットカード現金化は審査不要で、誰でも利用できる
  • 消費者金融で即日融資を受けるには午前中に申し込む必要がある
  • クレジットカード現金化は365日24時間、最短5分で利用可能
  • クレジットカード現金化の手数料は消費者金融の約7倍
  • 今後も借金をする可能性があるならキャッシング枠つきのクレジットカードやカードローンを1枚発行しておくのがおすすめ
  • 一時的な金欠にはクレジットカード現金化がおすすめ

即効性があって誰でも利用できるのは金利面を考えると消費者金融が有利です。

もし消費者金融の審査を通過できる自信がない場合や、今すぐに現金が必要という時は、なるべく高還元率のクレジットカード現金化業者が狙い目。

コストを抑えながら、その日のうちに30分前後でお金を工面できる最良の方法です。

高換金率な現金化業者はコチラ