借金の一本化ならクレジットカード現金化におまかせ!

更新日:2020.03.16
借金の一本化ならクレジットカード現金化におまかせ

複数の金融機関から、お金を借りているという方! 返済日をうっかり忘れてしまったり、勘違いしてしまった経験はありませんか? クレジットカード現金化で借金を一本化すれば、たくさんの支払い日を管理する必要がなくなります。

借金の一本化とは?

借金の一本化とは?

借金の一本化とは、複数の金融機関からの借入を1つにまとめることです。

例えば、A社に20万円、B社にも20万円、C社には10万円の合計50万円の借金があったとしましょう。

この時、借金の返済日や1回の返済金額は各社の規定によってバラバラ

複数の支払い日を管理するのは面倒ですし、忘れたり間違えたりすると延滞金が発生してもったいないです。

そこで、D社新たに50万円を借入、そのお金でA社・B社・C社への借金を全額返済するのが借金の一本化という方法です。

支払日が整理できるのはもちろんのこと、金利も元の借入よりも下がるところを選べば、コストも手間も省けて一石二鳥ということになります。

今すぐ借金を一本化

借金を一本化する3つの方法

借金を一本化する3つの方法

要するに借金の一本化とは「借金を返済するために新たに借金をする」ことで、大きく分けて3つの方法があります。

  • おまとめローン
  • フリーローン
  • クレジットカード現金化

早速1つ1つの方法について、その特徴をみていきましょう!

おまとめローン

おまとめローン

通常、多重債務の方が新たに借入をするのは難しいとされていますが、もとから借金の一本化を目的としたおまとめローンであれば、審査基準が柔軟です。

あらかじめ借金の一本化に利用するという前提で審査してくれるので、返済の目処さえきちんと立っていれば多重債務の方でも好条件で借り入れることができます。

さらにおまとめローンは1ヶ月の最小返済額も低いことが多いので、月々の負担が減って生活に余裕が出るというメリットもあります。

ただし月々の返済額を抑えるとそのぶん今度は返済期間が伸びるため、最終的な支払う利息の合計額は大きくなるという可能性も考慮に入れて計算しなければなりません。

手数料0円で借金の一本化

使途自由なフリーローン

フリーローン

借金の一本化は、必ずしも専用のおまとめローンを使う必要はありません

むしろ、おまとめローンを借りたという記録は「お金に困ったことがある」という印象を金融機関に与えるので、信用情報の評価といてはマイナス。

今後家や車などを購入予定で、新たにローンを組む可能性があるという方は、おまとめローンよりも審査基準は厳しくなりますが、フリーローンで借り換えた方がいいでしょう。

審査なしで借金を一本化する方法

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化

借金の一本化のポイントは返済先を1つにまとめるということ。 複数の借金を親に立て替えてもらって、その後は親にコツコツお金を返すのだって、借金の一本化だと言い換えることができます。

クレジットカードのショッピング枠を利用して同じことをするのが、クレジットカード現金化という方法!

親の代わりにカード会社に代金を立て替えてもらい、そのあとはカード会社に対して返済を行います

現金化で借金の一本化

クレジットカード現金化を利用するメリット

借金を一本化するメリット

クレジットカード現金化を使った借金の一本化には、消費者金融の利用にはないメリットが存在します!

審査ナシで利用できる

審査なしで利用できる

銀行や消費者金融などで借金を一本化する場合、D社の方でも審査があります。 すでに複数の借入があるだけでも厳しいのに、借入額が膨大だったり、過去に延滞を起こしていればまず、審査に通過することは難しいでしょう。

しかしクレジットカード現金化なら審査不要

20歳以上、クレジットカード1枚と身分証さえあれば誰でも受けられるサービスなので、「そもそも借金を一本化できないかもしれない」というハードルを簡単に乗り越えることができます。

審査ナシでお金を借りれる唯一の方法

ネットでその日のうちに利用できる

ネットだけでその日のうちに利用できる

通常、消費者金融での新たな借り入れには書類作成審査が必要。 さらに審査結果がわかるまでは、数日〜1週間程度を要するのが当たり前です。

しかしクレジットカード現金化なら、ネット業者に依頼すれば誰でもその日のうちにお金が借りられます

必要な金額を伝えて、業者に指定された商品をカード決済するだけ!

あとは30分前後で自分の口座に現金が振り込まれるので、思い立ったその日のうちに、借金を一本化することができます。

最短5分で借金の一本化

返済が楽かつ安全

返済が楽かつ安全

借金を一本化する方法の中で、クレジットカード現金化はもっとも返済が簡単な方法です。

クレジットカード現金化の代金は通常のカード利用と同じようにカード会社の所定日に代金が自動引落しされます。

それまでに口座に現金を用意しておくだけでOKなので、支払日管理という概念そのものがないということですね!

もちろん返済が滞れば法的措置をとられる可能性はありますが、相手はあくまでカード会社

間違った相手にお金を借りて、闇金融まがいの厳しい取り立てを受ける心配がないのも嬉しいメリットだといえるでしょう。

安全にクレジットカード現金化

表向きは借金が0になる

表向きは借金が0になる

仮に消費者金融のD社に借り入れ、A社・B社・C社に全額返済し終わったとしても信用情報上ではD社に借金が残っています

単に「借金がある」というだけで金融機関の心象は良くありませんし、それがおまとめローンとなれば、借金苦を公言してるようなもの

たとえその頃には完済していたとしても、今後新たにローンを組む場合に不利に働く可能性があることは否めません

その点クレジットカード現金化なら、同じ額のカード支払いが残っていても信用情報上の借金は0という形になります。

あくまでも表向きはお買い物という建前でカード決済をするので、信用情報に記録が残らないんですね、

クレジットカード現金化で借金をなくそう

クレジットカード現金化は違法ではない

クレジットカード現金化は違法ではない

クレジットカード現金化についてwebで調べると、違法というキーワードを見かけます。 もしこれが本当であれば、たとえお得でもクレジットカード現金化の利用は避けたいところですね。

しかし、結論から言うとクレジットカード現金化は違法ではありません

安心してクレジットカード現金化で借金を一本化できるよう、その理由について一から解説します。

まず、クレジットカード現金化が違法と言われている主な根拠は、以下の2つとなっています。

  • 手数料が法定金利よりも高い
  • カード購入した商品の転売は横領罪

手数料が法定金利よりも高い

手数料が法定金利よりも高い

日本では、消費者金融やカード会社は貸金業として国に登録された事業者しか個人にお金を貸し付けることはできません。

そして、こういった貸金業者は貸金業法の利息制限法という法律により、上限金利は年利20%までと定められています。

それに対して、クレジットカード現金化の手数料を年利換算すると、実にその金利は10倍以上!

このように、貸金業法を無視した手数料設定から、クレジットカード現金化を違法とする意見がネット上ではあがっています。

しかし、クレジットカード現金化はそもそも貸金業ではないので、この説は間違いです。

なぜならクレジットカード現金化業者は、利用者がカード購入した商品を買取る中古取引、業種で分類すると古物商に当てはまるからです。

古物商に適用される法律は、古物商法。

貸金業法の制約は受けないので、クレジットカード現金化は違法ではありません。

手数料0円で利用できる現金化業者

カード購入した商品の転売は横領罪

カード購入した商品の転売は横領罪

クレジットカードで購入した商品は、その利用残高を支払い終えるまで、所有権カード会社にあります。

それを勝手に転売してしまうことは横領罪に該当、よってクレジットカード現金化は違法だというのが、とあるネット上での意見です。

確かに理論上で言えばその通りのように思えますが、実際クレジットカード現金化の利用者が横領罪で逮捕されたケースは

なぜなら、クレジットカード現金化を横領罪で立証するには証拠がないからです。

  • 新作のゲームをカード購入したが、それが思ったよりつまらなかった
  • 安い家電を購入したが、もっといい商品を身内に譲ってもらえた

このように現金化目的でなくても、カード購入した商品を転売する人は珍しくありません

そして最大のポイントは、クレジットカード現金化目的の購入かどうか分かるのは本人だけで、客観的にはなかなか判断できないということ。

第三者から見て現金化目的だという証拠が揃えづらく、横領罪として立証することが難しい以上、クレジットカード現金化は違法だと断定できません

安全にクレジットカード現金化

クレジットカード現金化で一本化する時の注意点

クレジットカード現金化でシャッッキンを一本化する時の注意点

クレジットカード現金化による借金の一本化は、違法でこそないものの、やはりメリットだけではありません。 次のようなデメリット注意点もあるので、他の方法と照らし合わせたうえで一本化する方法を選択しましょう。

負債が増える可能性がある

負債が増える可能性がある

クレジットカード現金化業者に支払う手数料は、カード決済額に対して自分の手元に残る金額の割合=換金率という数字で表されます。

例えば、10万円カード決済に対して、自分の口座に入金されるのが8万円だとしましょう。

すると、8万円(入金額)÷10万円(カード決済金額)は、換金率にして80%
カード決済金額のうち20%を業者に手数料として手渡すことになります。

一見、消費者金融の最大利息18%と大差ないように思われるかもしれませんが、一括払いで返済した場合、たった1ヶ月の借り入れで20%の金利がかかっていることに。

年利換算すると、240%の大暴利という計算になってしまいます。

手数料0円の現金化業者はコチラ

もちろん分割払いも選択できますが、2回以上の分割払いだと別途金利が発生するので、結果的に負債が増える可能性があります。 もし、最終的な返済額を抑えるために一本化するのでしたら、消費者金融を利用した方がいいでしょう。

クレジットカードが利用停止になる危険性がある

カード利用停止になるリスクがある

ショッピング枠を現金調達目的に利用することは、カード会社の利用規約で禁止されています。

クレジットカードで現金を借り入れるには、キャッシング枠が別で設けられているので、そっちを使ってくださいねということです。

もしクレジットカード現金化がバレると、カードが利用停止になったり、未払いの利用残高を一斉請求される恐れがあります。

利用停止リスク0の優良店

自己破産できなくなる危険性がある

自己破産できなくなる可能性がある

クレジットカード現金化は、破産法の免責不許可事由に該当する恐れがあります。 もし、借金で首が回らなくなって自己破産したいと申し出ても、却下される可能性があるということです。

自己破産はあくまでも、やむを得ない借金で追い詰められてしまった人たちへの救済措置

カード会社の禁止行為を犯してまで借金するなんて、自業自得じゃないかという見解に繋がってしまうんですね。

その場しのぎでの借金の一本化は、いたずらに負債が増えるだけに他なりません。 きちんと自分の現状に向き合い、もうダメかもしれないと思った時点で弁護士等に相談することをおすすめします。

クレジットカード現金化で借金を一本化

借金の一本化におすすめの現金化業者

借金の一本化におすすめの現金化業者

借金を一本化するのにオススメのクレジットカード現金化業者を厳選! ネット上の口コミや評判から、高評価な優良店だけを集めました。

あんしんクレジット

あんしんクレジット

安全性を第一に考えたクレジットカード現金化なら、創業18年のあんしんクレジットにお任せ。

その道のプロが、利用停止リスクなどを考慮したうえでサービスを引き受けてくれるので、カードトラブルの心配をせずに現金化できます。

支払い方法に分割払いも選択できるので計画的な借金の一本化におすすめです。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の換金率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

アイラス

アイラス

親切・丁寧な接客を求めるなら、口コミで人気のアイラスはいかが?

女性オペレーターが対応してくれるので、クレジットカード現金化初心者女性の利用者でも安心と評判です。

まとめ

クレジットカード現金化で借金を一本化しよう

クレジットカード現金化を利用すれば、その日のうちに借金の一本化が可能です。

  • 複数の機関の借金の返済先を1つにまとめることを借金の1本化という
  • 借金を一本化するためには、おまとめローン、フリーローン、クレジットカード現金化の3つの方法がある
  • クレジットカード現金化は審査なしでお金が借りれる
  • クレジットカード現金化しても借金の記録は信用情報に残らない
  • クレジットカード現金化は違法ではない
  • ただし現金化がバレるとカード利用停止や強制解約となる
  • クレジットカード現金化は免責不許可事由なので、バレると自己破産ができなくなる

もしもすでに返済の目処がたっているなら、長期にわたって複数社に返済を続けるよりも、クレジットカード現金化して借金を0にした方が圧倒的にお得です!

借金を一本化する方法としてぜひ、クレジットカード現金化を検討してみてはいかがでしょうか。

今すぐクレジットカード現金化