クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

【完全ガイド】クレジットカード現金化の審査

更新日:2018.12.03
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

安心してクレジットカード現金化をしたい人

元金融業界人の佐藤隆道と申します。

急にお金がなくて困った、そんな時に限ってカードローンの限度額がいっぱい・・・、なんて経験がある人は少なくないでしょう。

でも、そんな時にも審査不要で即日OKの借入方法があります。

もちろん、ヤミ金を使うわけではではありません。

クレジットカードのショッピング枠を利用するのです。

現金化はカードローンが使えなくても利用できるって本当!?

多くの人がお金に困った時の資金調達方法としてまず思いつくのは、カードローンやキャッシングではないでしょうか。

しかし、カードローンには審査がありますし、借り入れの限度額は年収の3分の1と決まっています。

借り入れ金額等の信用情報は各金融機関で情報が共有されているため、利用しているカードローンが限度オーバーになると、他の消費者金融でも追加申込ができないことが多いのです。

しかし、お金を借りる手段はカードローンだけではありません。

実はクレジットカードを使って借入をすることができるのです。

もっとも、キャッシングサービスではありません。

キャッシングもカードローンと同じように借り入れとなるため、年収の3分の1が限度ですし、審査にも時間がかかります。

クレジットカードのショッピング枠を利用して、ちょっと工夫をすることでお金を借りることができるということはご存知でしょうか。

もっとも、聞いてしまえば簡単な話ではあるのですが、どうするのかというと、クレジットカードで購入した商品を転売するのです。

商品券がクレジットカードで買えるって知ってました!?

クレジットカードで購入した商品を転売する際、買取価格が低すぎると割が悪くなるので、どんな商品を購入するかが問題となります。

おすすめなのは金券ショップで高値の買取をしてくれる商品券

商品券は現金でしか買えないと思っている人が多いようで、確かに百貨店共通券はクレジットカードでは購入できません。

しかし、信販会社が発行するギフトカードはクレジットカードで購入できます。

信販会社のギフトカードは、買取率が95%を超えることも珍しくありません。

買取率95%ということは、10万円のギフトカードが9万5千円で売れるのです。

クレジットカードでの買い物の支払は1か月から2か月後ですので、緊急でお金に困ったときには最適ではないでしょうか。

Amazonギフト券はクレジットカード現金化で人気が高い!

クレジットカードのショッピング枠を利用する人の間ではAmazonギフト券の売買が人気を集めています。

Amazonギフト券を売って現金化したい人と、定価よりも低い金額で購入したい人を引きあわせる、マッチングサイトと呼ばれるサイトでは額面の95%程度でAmazonギフト券を買うことができます。

マッチングサイトの運営者は仲介料として、販売価格の2%程度を出品者側から徴収します。

とはいえ、10万円のAmazonギフト券を95%で売ることができれば、2%の手数料を徴収されても9万3千円の現金を手にできるのです。

ギフトカードなどは金券ショップに持って行かないと買取をしてくれませんが、Amazonギフト券なら、ネット上だけで買ったり売ったりできますから手間がかかりません。

仕事中のサラリーマンの方でも手軽に利用できる方法ではないでしょうか。

クレジットカード現金化で当座の資金不足を解消!!

これらの手法はクレジットカード現金化と呼ばれ、審査の緩いショッピング枠を利用して事実上の借入を行うことが出来るので、当座の資金不足を回避することができます。

カードローンの残高を使い果たした人には朗報と言えるでしょう。

しかし、クレジットカード現金化はそれ以外の人にもメリットがあります。

即日融資を期待する人の中には消費者金融の利用を考える方もいらっしゃるかもしれませんが、消費者金融に申込をしても審査に落とされたら意味がありません。

しかし、クレジットカード現金化は、既に審査に通ったショッピング枠を利用するため、審査の必要がありません。

ショッピング枠に余裕さえあれば、確実に資金確保ができる点が大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化はノーリスクではありません!

もっとも、クレジットカード現金化はノーリスクではありません。

信販会社のサイトを見ると「Stop現金化」のキャンペーンの文字が目に入るはずです。

クレジットカード現金化は信販会社の規約で禁止されており、バレると強制解約もあり得るのです。

また、金券を購入して換金する手法では盗難カードが多く使用されることもあり、クレジットカード現金化をすると、不正利用ではないかと信販会社から電話確認がかかってくることも。

現金化をする際には、こんなリスクがあることは覚えておいたほうがいいでしょう。

クレジットカード会社、信販会社は警戒しています

信販会社はクレジットカードの不正利用を常時監視しています。

盗難カードによる被害は、特に利用者に落ち度がなければ補償対象です。

しかし、補償事故が増えると保険会社は保険料を上げてきます。

当然コスト高になりますから、信販会社が警戒することは当然です

クレジットカード現金化が警戒されるのは、規約違反になるというよりは盗難カードの不正利用を警戒しているのです。

例を挙げれば、ゴールドカード利用者が突然100万円単位の商品券などを購入するといった不自然な利用は警戒対象です。

これに対し、購入額が10万円程度であれば怪しまれる可能性は低いでしょう。

請求額にはご注意を

クレジットカード現金化により現金を手にして急場をしのぐと、多くの人は安心してしまいます。

しかし、最長でも2か月後には、手にした現金より高い支払が待っていることを忘れてはいけません。

お金が足りない時ですから、2か月後に資金不足が完全に解消されていることは少ないでしょう。

とはいえ、支払遅延は自分の信用を落とします

できる限り一括払いで逃げ切って欲しいところですが、どうしても支払の目処が立たなければ、リボ払いへの変更も検討すべきでしょう。

クレジットカード現金化を原因とする債務整理は少なくありませんので、利用の前にはしっかりと返済までの道筋を計画しておきましょう。

闇金に頼る前にクレジットカード現金化を検討しましょう!!

このようにクレジットカード現金化には少なからずリスクがあります。

しかし、現金化に限らずノーリスクでお金を借りる方法はありません。

消費者金融の審査は案外厳しく、大手の金融機関が開示している営業報告書のデータによれば審査の通過率は40%から50%と言われています。

これに対し、クレジットカードの買い物には審査がありません

入会の時に審査は終わっているからです。

考えようによっては、消費者金融の即日融資を利用するより、クレジットカード現金化の方が、確実な融資手段だと言えます。

完全に違法で金利も想像以上で取り立ても厳しい闇金とは比べるべくもありませんから、闇金を頼るような状況の方は検討する勝ちがあります。

このようにクレジットカード現金化は、緊急事態に頼りになる安全で確実な借入方法だと言えるのです。