クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

【詐欺に注意】現金化における手数料とは?換金率の違い

更新日:2018.10.01
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

現金化の換金率の違いを表す人形

こんにちは、元クレカ会社社員だった佐藤隆道です!

クレジットカード現金化においてよく、耳にする換金率手数料という言葉ですが、中には意味がよくわからない方もいるようです。

しかし、換金率と手数料の二つの言葉は現金化で非常に重要な言葉ですので、利用する前には、それぞれの言葉の意味、注意点などをしっかり知っておきましょう。

換金率とは

換金率とは、その名の通り、自分への現金としてのリターン率です。

業者によってはキャッシュバック率と呼ぶところもあります。

例えば、現金化をするときに10,000万円の商品を買って97%のリターンだと9,700円、95%のリターンだと9,500円、90%だと9,000円が手元に返ってくるということになります。

もちろん、90%よりは95%の業者が、95%よりは97%の業者の方が利用者の受け取るお金が多いのでお得ですよね。

そのため、利用するときはできるだけ換金率が高い業者を選択した方が良いでしょう。

しかし、換金率の高さで客を引く悪徳業者もいますので、見極めが大切です。

換金率が高すぎるのも怪しいもの

現金化業者はボランティアではありません。

やはり商売なので、業者の収入は基本的に利用者から換金してもらえる手数料です。

それらの手数料は一般的には換金率に含まれていることが多いです。

そのため、換金率100%といった業者はまず経営が成り立たないので存在しません。

ほぼ100%に近い、換金率90%を超える業者なども、なにか裏がある可能性が高いので注意しましょう。

選ぶときは高すぎず、低すぎずだいたい80%くらいの業者がよいです。

高すぎる換金率の業者はウェブサイトをよく確認して、キャンペーンで高くなっているのか、手数料が別に発生しているからなのかなど換金率の高さを探ってみます。

そして、信用できると思えてからようやく利用をしてみましょう。

換金率が低すぎると損でしかない

高すぎる換金率の業者は注意ですが、かといって低い業者はそれこそ利用者にとっては損する存在でしかありません

また、低すぎる業者は逆に、利用者が少なくて経営難になっていることも考えられます。

それこそ手続き中に業者に倒産されてしまうと、詐欺にでもあったかのようにお金が振り込まれないまま、カード会社から請求がくるというリスクもあります。

手数料とは

手数料は先ほども少し触れましたが基本的には業者の収入となるもので、換金率に含まれることが多いです。

そのほか、商品を発送して現金化するケースでは、発送手数料、振り込みならば、振り込み手数料などのかかる費用における「手数料」をさすこともあります。

換金率に手数料がすべて含まれている場合は、手数料のことはあまり考えずに換金率が高く、信用のおける業者を選択するとよいでしょう。

しかし、業者によっては換金率と手数料が別扱いになっているところがあります。

せっかく換金率が高くても手数料も同じく高いと、もっと換金率の低い業者の方がトータルで見ると得に感じるところもあります。

手数料は換金率に含まれるのどうか、含まれていないのならば、どれくらいかかるのかの内訳をしっかり確認することが大切です。

悪徳な香りのする手数料

詐欺をはじめとした悪徳業者の可能性がある内訳手数料として、下記のようなものがあります。

審査手数料

現金化業者のメリットはほかのローン会社と違って、審査がないことが売りにしているハズです。

それなのに、手数料の内訳に審査手数料または審査料などと称している悪徳ケースもあります。

キャンセル手数料

例えば、旅行がキャンセルになってホテルや旅行会社にキャンセル料を払うことはあっても、一般的にネットや店頭で商品を購入するにあたってキャンセル料が発生するというケースは少ないです。

しかし、悪徳な現金化業者の中には理由があってキャンセルをした際や、商品を受け取らなかった場合にキャンセル料と称して高額のお金を逆に請求される場合があります

現金化の手続きで請求される可能性がある手数料

下記の手数料は、一般的にどこの業者からも請求される手数料であるといえます。

発送代、商品送料

商品を発送する運送費です。だいたいは宅配便か郵便局になるかと思います。

商品にもよりますが、だいたい数百円~数千円で高額な金額になることは、普通はないといえます。

怪しい場合は、各運送会社のウェブサイトでサイズや重さ、内容品などから正式な運送料を確認してみましょう。

消費税

私たちの普段の買い物で支払う消費税は、現金化のサービス利用額にも同じくかかります。

2017年現在で8%となっています。

振り込み手数料

利用者の口座への振り込み手数料です。

手数料は各金融機関や振り込み額に応じて異なりますが、数百円台がほとんどです。

クレジットカード決済手数料

日本で買い物をした際に、カード払いをして決済手数料を払うケースはほぼないといえます。

それは、お店が手数料を負担しているケースが多いからです。

ただし現金化業者の場合、手数料は利用者負担になることがほとんどなので、決済手数料を請求されることがあります。

忘れちゃいけないキャンペーンで選ぶなら「キャッシュチェンジ」

キャッシュチェンジ

クレジットカード現金化において、換金率と手数料と同じくらい重要なのがキャンペーン。 『キャッシュチェンジ』は大手の現金化業者の中でもキャンペーンが充実していることで有名。 初回利用時や友達紹介時などにキャッシュバックがありますし、女性優遇プランもあるため、これらに当てはまるならチェックしてみると良いでしょう。

キャッシュチェンジの詳細情報