クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

換金率の高い商品について最新の動向を解説

更新日:2018.09.28
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

換金率の高い商品を比べる人形

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠で購入した換金率の高い商品を売り、現金に換える方法のことです。

業者に申し込んで現金化を行う場合の平均相場は70%〜80%といったところで安定しているため、確実に手に入れたい金額があるときには業者への申し込みが便利です。

しかし、中には換金率の高い商品を自分でクレジットカード決済して現金化を行いたいと考えている方もいらっしゃいますよね。

自分でクレジットカード決済した商品を売って現金化した方が、売却場所や時期などが重なれば100%以上の換金率をたたき出すことだって可能です。
クレジットカード決済する商品を自分で決めるため、業者を通していない分安全だと感じるし、よく考えればメリットもたくさんありますね。

重要なのは、どのような商品を選べば高い換金率で現金化できるのかをしっかり見定めていくこと。

換金率の高い商品の中には、時期によって価値が低下してしまうものだったり、クレジットカード購入できる手段が限られていたりと、現金化の際に支障をきたすものも少なくありません。

今回は、自分でクレジットカード現金化を行う際に知っておきたい換金率の高い商品に関する情報を細かく解説していきます!
現金化の創世記からクレジットカード決済されていた商品券などの基礎から電子マネーに至るまで、全ての情報を見ていきましょう!

クレジットカードで購入できる換金率の高い商品の最新事情

換金率の高い商品をリスト化する図

まずは 換金率の高い商品についてひとつひとつ確認していきましょう!

クレジットカード現金化利用者の増加やスマホの普及に伴って換金できる商品も幅広くなっているため、最新の動向を見ていくことで、自分に最適な商品選定を行うことが可能です!

新幹線回数券

新幹線の回数券を使って現金化

新幹線回数券は自分で現金化を行う上では最も換金率の高い商品です。

商品券とともに昔から換金のために用いられていたもので、利用の激しい区間だと、どこの金券ショップで換金しても95%程度の高換金率が見込めます。

緑の窓口やJTBから購入し、最寄りの金券ショップかネット上の買取業者に換金してもらいいましょう。

ただ、換金性の高さゆえに現金化目的でクレジットカード決済する方も多いため、現在では新幹線回数券に対してのカード会社の監視が厳格化しています。

最寄り駅ではない区間の購入や、何度もまとめて購入といった疑われやすい行動は、1発でクレジットカードの利用停止処分にまで追い込まれるリスクを孕んでいます。

新幹線回数券を換金する際には、自分の持っている回数券の期限にも注意しましょう。

新幹線回数券の使用期限切れが近づいていると極端に需要が少なくなるため、換金率を下げられてしまう可能性が高いです。

新幹線回数券をクレジットカード決済したときは、なるべく早めに現金化しましょう。

また、1枚だけ使用してしまった新幹線回数券は単体での売却となり、回数券の状態よりも5%ほど換金率が低くなるので、現金化の際は6枚綴りの状態できちんと保管しておきましょう。

商品券

商品券を使って現金化する

商品券も換金率が高く、状態が良ければ95%程度の高数値で現金化することができます。

昔からクレジットカード現金化に使用されていたため、現在では金券ショップなど実際に店舗を構えているほとんどのお店で決済が不可能となっています。

商品券現金化の際は、知り合いからの貰い物や、クレジットカード決済が可能なネット上の売買業者から購入したものを金券ショップ等で換金することとなります。

有効期限に関しては新幹線回数券と同じく、買ってすぐの状態でなければ高い換金率で買い取ってもらえず、場合によっては取り扱いを拒否されてしまうでしょう。

また、地域の名の知れないデパートが発行元の商品券の場合は、そのデパートが潰れたと同時に商品券としての価値もなくなるため、買取に応じてくれないケースも少なくありません。

ブランド品

ブランド品を使って現金化する

ブランド品もクレジットカード現金化に向いていて、有名ブランドの商品であれば未使用の状態で平均して70%〜80%程度の高換金率が見込めます。

新幹線回数券や商品券といった上記2つよりもクレジットカード会社の監視が緩いと言えます。

注意点としては、流行に合わせたブランド品を自分でチェックしなければいけないことが挙げられます。

時代のニーズの移り変わりが激しく、一昔前に換金率が高かったブランド品が現在では価値が低いという現象も起こりうるため、最新の動向を常に確認しておくことが重要です。

また、ブランド品の現金化の場合は本物であることの証明のために、購入した際に付属しているギャランティーカードやショップカードといった正規品証明物もきちんと保管しておきましょう。

家電製品

家電製品を使って現金化する

家電製品も換金率の高い商品が揃っているためクレジットカード現金化に有効です。

ノートパソコンやデジタルカメラ、iPodやタブレット端末などは家電製品の中でも値段が高く、持ち運びも手軽なため、換金には向いています。

現金化の手段としては、近場の家電両量販店でクレジットカード決済した商品をリサイクルショップやネットオークション、中古買取店で売却することとが一般的です。

近年では、家電製品を専門で買い取ってくれるネット上の業者も多いため、そちらで換金を行う方法がありますね。

家庭に1台が一般的な冷蔵庫や電子レンジなどの大型商品を何度も購入する行為は、現金化目的だとクレジットカード会社から怪しまれやすいため避けた方が無難です。

ゲーム機

ゲーム機を使って現金化する

家電製品と独立させて紹介したいのがゲーム機によるクレジットカード現金化で、PS4やNintendo Switchといった最新の売れ筋商品であれば85%程度の高換金率が見込めます。

発売したばかりの人気ゲームカセットなどを購入して近場のゲームショップに売る換金方法が一般的ですね。

ゲーム機は他の換金率の高い商品よりも一つ一つの値段が小さく、数千円から数万円での取引になってしまうため、二桁単位の現金化を狙うならばハードとカセットを組み合わせて換金することとなります。

ゲーム機も比較的クレジットカード決済しても現金化を怪しまれるリスクは少ないですが、何度も同じ商品を購入し続けることがあれば監視の目に届いてしまうため、決済の際には工夫を凝らしましょう。

なるべく同じハードやカセットを購入しないようにしたり、1回ゲーム機を購入したら次の決済までに日にちを空けたり、別の商品に狙いを移したり、様々な工夫を重ねることで現金化が疑われるリスクを大きく回避できます。

Amazonギフト券

Amazonギフト券を使って現金化する

Amazonギフト券は近年のクレジットカード現金化におけるトレンドといっても過言ではないほど、換金目的での需要が高まっています。

Amazonギフト券そのものを移動させなくても、表面に記載されたコード番号さえ通知できれば簡単に取引が行えるため、クレジットカード現金化の新たな主流となっています。

Amazonギフト券での現金化は85%〜90%程度の高換金率が見込めますが、新幹線回数券や商品券と同様に使用期限があるため、早めの換金を行いましょう。

メールに添付するだけで売買が可能なEメールタイプのAmazonギフト券は、買取業者にとっても利便性が高いため、他のタイプと比較しても1番換金率が高いです。

Amazonギフト券は大元のAmazonサイトからのみクレジットカード決済が可能であるため、直接サイトへ移動して購入し、専門の買取業者のもとで換金を行います。

専門の買取業者とは別に、電子マネーだけを取り扱う売買サイトに出品する方法も存在します。

iTunesギフトカード

iTunesカードを使って現金化する

iTunesギフトカードもAmazonギフト券と同じようにクレジットカード現金化のトレンドとして需要が高まっていて、期限が新しいものであれば平均して75%程度の換金率が見込めます。

Amazonギフト券よりも10%程度換金率が低いですが、Amazonギフト券の現金化対策が厳しくなったことで、電子マネーとして同様の性質を備えたiTunesギフトカードが後を追うように換金されるようになりました。

Amazonギフト券と基本的な売買方法や流れは一緒なので、大元のiTunesストアやAppStoreでクレジットカード購入した後、専門の買取業者やネットオークションにて換金することとなります。

金券ショップでもiTunesギフトカードの現金化は対応してくれますが、取り扱いはカードタイプのみで、換金率としても50%〜65%程度にまで引き落とされてしまうため、あまりお勧めはできません。

クレジットカード決済した換金率の高い商品を売却する方法

換金率の高い商品を売却する方法を教える男性

続いては、クレジットカード決済した商品を売却する方法について見ていきましょう!

クレジットカード決済した商品がいくら換金率の高いものだからといって、単純に売れる場所で換金を行うことは早計です。
換金率の高い商品でも、売る場所やタイミングを誤ることで本来の数位よりも低く見積もられてしまう可能性も十分に考えられます。

商品ごとに最適な売却場所を選んで現金化しよう

狙いを定めた商品を実際にクレジットカード決済したあとは、きちんとその商品の換金率を見定めてくれる売却場所を探す必要があります。

新幹線回数券、商品券等の場合

新幹線回数券や商品券であれば90%〜95%の間で換金率も安定しているため、わざわざ工夫を凝らすよりも普通に近場の金券ショップに持って行って換金するのが1番です。

商品券はネット買取業者での現金化も有効ですが、すぐにお金を手に入れたいならば直接その場で換金が終了する金券ショップの方がよりスピーディーです。

ブランド品

ブランド品は換金率が不安定で、価格相場に関してもさほど知られていないため、他の商品と比べると換金場所に神経を使います。
時代の流行によって値段にブレが生じやすいため、ブランド品の買取専門店を回って査定に出すと、その都度異なる値段をつけられるといった事態もしばしば見受けられます。
複数の店舗の換金価格を把握して1番高い換金率のところを見定めて現金化を行うのがベストですね。

ゲーム類の場合

ゲーム類も、地域密着型で経営している近所のゲームショップで換金するのと、都内の大きなゲームショップで換金するのとでは、換金率に差が生じ得ます。

ゲーム類に関して言えば、著しく相場よりも値段を下げて売却を強要するといった店はほとんどないため、単純にその店ごとの仕入れの都合などで値段が変動します。

また、古いゲームプレミア的価値を見極めて換金を行っても、極端に換金率が跳ね上がる場合もあれば、店舗によってはただの中古品として売られてしまう場合も考えられます。

きちんと現金化したいゲーム機の価値を見極めてくれる換金場所で現金化を行うためにも、あらかじめ複数の店舗を回って店ごとの数値を比較してみましょう。

家電製品の場合

家電製品に関してもゲーム機と同じことが言えます。

ただ、リサイクルショップは近年普及が落ち着いてしまっているため、正確な換金率を見積もってくれるのかわからず、現金化の際に近所の店舗を利用するのには抵抗があります。

家電製品専門の買取ショップはネット上で軒を連ねているため、そちらで換金を行う方が正確な換金率を提示してくれる可能性が高いです。

Amazonギフト券やiTunesギフトカードの場合

Amazonギフト券やiTunesギフトカードなどの電子マネーでは、流通の盛んなEメールタイプをネット上の買取業者のもとで換金するのが1番有効です。

カードタイプであったとしても金券ショップに持っていくよりも、専門の買取業者をネット上で探した方が、換金率は最大で30%ほども高くなります。

ネットオークションに出品して現金化を行うのもアリ

ネットオークションへの出品でクレジットカード現金化を行うことも有効です。
ニーズの多さによっては定価よりも高い換金率で売却される可能性もあるため、ある意味一種のギャンブルとも言えます。

ただし、落札される価格が不安定なため、求めている換金率で確実に現金化を行いたいならば、ネットオークションへの出品は控えるべきでしょう。

換金率の高い商品の数値が低下してしまう要因

換金率が低くなり困る女性

換金率の高い商品だからと油断して下調べをせずそのまま現金化を行った際、なぜか値段がとても低くなってしまったというケースも少なからずあります。

どうせなら、換金率の高さを最大限に生かして現金化を行いたいものです。

続いては、クレジットカード決済した商品の換金率が下がってしまう要因を見ていきましょう。

有効期限が近くなっている

1つめは、現金化したい商品の有効期限・使用期限が近くなってしまっていることが挙げられます。

主に使用期限の決められている新幹線回数券や商品券、Amazonギフト券やiTunesギフトカード等の電子マネーなどがこの問題で知らぬ間に換金率を下げられてしまいます。
利用するまでの猶予期間が設けられていないのであれば、買取業者の方も扱いが困難なので、換金率を下げられてしまうのは自然な流れと言えるでしょう。

現金化目的でクレジットカード決済した商品はそのまま放置ぜず、原則すぐに換金を行いましょう。

時代の流行やニーズから離れている

2つめは、時代の流行やトレンドに反してしまい、換金率が下げられてしまうケースです。
主にトレンドの発信によって商品価値が左右されてしまうブランド品に見られる問題です。

換金率の不安定な商品に関しては、時代の流行やトレンドなどに気を配って、価格変動の流れをうまく掴んだあとでクレジットカード決済を行うようにしましょう。

換金する場所の調査をおろそかにする

3つめは最も重要なことですが、換金場所をあらかじめ調査しておらず、商品自体の価値をはるかに下回る値段をつけられてしまったケースです。

換金率の高い商品といえども、売却する場所によって値段が著しく変わってしまいます。

理由としては、

  • 換金してもらいたい商品が店に来る顧客のニーズを満たしていないこと
  • 売却者の足元を見た店側が商品相場よりも低い換金率を提示していること
  • 単純にトレンドや流行に商品価値が合っていないこと

など、さまざまな要因が挙げられます。

きちんと自分の換金したい商品にとってベストな場所を事前に把握してから現金化を行いましょう!

換金率の高い商品を売って自分で現金化するメリット

換金率の高い商品で現金化を行うメリットとしては、まず第1に、業者に申し込むよりも商品選定が自由な点が挙げられます。

自分で自由に商品を選んで良いため、どれだけ換金率の高い商品を現金化しようとも拘束を受けません。

時代のニーズや需要とマッチしていれば、うまくいくと100%以上の換金率で現金化を行うことも可能なんですね。

また、業者に申し込むことなく自分で現金化を行うため、悪質な詐欺行為に見舞われる心配もありません。

換金率の高い商品を売って自分で現金化するデメリット

換金率の高い商品を自分で買って現金化するデメリットとして大きいのは、必ずしも求めていた金額を現金化できるわけではないということ。

自分で現金化を行うということは、商品をクレジットカードで買ってそれを売りに出すまですべて自己責任で進めていかなければいけません。

商品の選び方や売る場所によって予定以上の換金率になる可能性も高いですが、その分数値が低くなる可能性だって0ではないということですね。

また、実際にクレジットカード決済して商品が届いてから売りに出すまで、郵送の手間や申し込み手続き等を考えると少し日数を要してしまいます。
手間を惜しまない方であればデメリットとは言い難いですが、面倒と思うとなると、即日で取引が完了する現金化業者を利用した方が良いですね。

換金率の高い商品のクレジットカード決済にはリスクが潜んでいる

換金率の高い商品のカード決済に潜むリスクに悩む人

自分で換金率の高い商品をクレジットカード決済して現金化を行うとなると、相応のリスクが付きまといます。

クレジットカードのショッピング枠を換金目的で利用する行為は、カード会社の利用規約で禁じられています。

そのため、クレジットカードで購入した商品の決済履歴はカード会社の監視下に置かれています。

換金率の高い商品のクレジットカード決済を不自然に続けていると、現金化目的の可能性を疑われて、カード会社から確認の電話連絡が来る場合も少なくありません。

商品購入の理由を明確に告げられなかったら、最悪の場合、クレジットカードの利用停止処分が下されてしまいます。

もちろん、あまりにも怪しいクレジットカード決済の形跡が残っていれば、確認の余地もなくそのままカードの利用停止を強行されてしまうケースも珍しくありません。
信用情報にも傷がついて、のちにカードローンを組む場合に支障をきたすこともあります。

もし、クレジットカードが知らぬ間に利用停止処分を下されてしまっていた場合は、まだ現金化を疑っているだけの状態なので、すぐにカード会社に連絡をして解除の申請を行いましょう。

換金率の高い商品をクレジットカード決済する上での注意点

現金化の注意点について詳しく見ていく人

気をつけなければいけないのは、換金率の高い商品をまとめてクレジットカード決済してしまう行為です。
同じ商品を頻繁に購入していたり、1度にまとめて決済していたりすれば、現金化への疑いを大きく強めてしまいます。

特に収入の安定していない方や、あまりクレジットカードのショッピング枠を利用していない方が急に何度も決済を行うのは危険です。

定期的に商品を変更したり、同じ商品を1度にまとめて購入することは避けましょう。

クレジットカード現金化業者への申し込みもアリ

現金化業者を利用することをおすすめする男性

もし自分で換金率の高い商品を選んだり売却したりといった行為に不安が生じた場合には、クレジットカード現金化業者への申し込みも検討する必要があります。

現金化業者を利用した場合には、指定した金額できちんと取引が成立するため、換金率が不安定な問題に苛まれる必要もなくなります。

自分でクレジットカード現金化を行う際には、商品を買ってから実際に換金するまで少なくとも2〜3日を要してしまいますが、業者への申し込みの場合はその日のうちにお金を手にすることが可能です。
詐欺行為の不安などから現金化業者への利用を躊躇する方も少なくないため、利用者の心持ちや環境に見合った方法をとることが最適です。

正しい優良店の選び方さえ把握できれば、恐喝などが不安な方でも安心してクレジットカード現金化が行えます。

まとめ

今回は、換金率の高い商品に関する最新の動向と、自分で現金化を行う際の方法やメリット、注意点など様々な視点からまとめていきました。

新幹線回数券や商品券を利用した昔ながらの方法から、近年の流行であるAmazonギフト券等の電子マネーといった最新の換金商品に至るまでを見ていきました。

時代の流れや需要の高まりとともに価格変動が生じる商品も存在するため、現金化を行う際にはあらかじめ商品情報や店舗情報を把握して、1番有効な手段を採用しましょう!

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

換金率の高い商品の最新事情

  • 新幹線回数券や商品券は換金率が95%と高いがクレジットカード決済が困難
  • ブランド品は時代の流れから換金率の良い時期を見計らって現金化するべし
  • ゲーム機や家電製品は換金率が75%〜85%程度で主に新発売の流行品を換金するべし
  • Amazonギフト券やiTunesギフトカードは近年の現金化の主流商品で換金率はそれぞれ約85%・約75%
  • 使用期限や買取場所に注意して換金率の低下を防ごう

自分でクレジットカード現金化を行う際の注意点

  • 自分でクレジットカード現金化を行えば換金率100%以上も達成できる
  • 自分でクレジットカード現金化を行えば換金率の低下もありうる
  • 自分でクレジットカード現金化を行う際には手間と時間がかかる
  • クレジットカードの利用停止に注意
  • クレジットカード現金化業者への申し込みの1つの手段

いかがだったでしょうか。

自分でクレジットカード現金化を行えば自由に換金率を操作できるため条件が揃った場合に100%以上もの数値を弾き出すことも可能です。

しかし、現金化目的を疑われるようなクレジットカード決済は相応のリスクを孕んでいることも念頭に入れておおきましょう。

現金化業者への申し込みであれば、換金率も安定していて、クレジットカードの利用停止処分も大きく回避できるため、利用の検討も有効ですね!

正しい知識を身につけて、安全にクレジットカード現金化を行いましょう!