クレジットカード現金化で資金調達するメリットと注意点

更新日:2020.03.03
クレジットカード現金化で資金調達するメリットと注意点

「事業資金が足りないけど、銀行融資は審査が厳しい…」資金調達に困っているならクレジットカード現金化がおすすめです。様々な資金調達方法がある中で、なぜクレジットカード現金化がおすすめなのか、メリットと注意点を合わせてご紹介します。

事業資金に困った時はクレジットカード現金化

クレジットカード現金化は事業資金に困った時の救済処置

法人カードのショッピング枠をクレジットカード現金化すれば、事業資金を調達することができます。

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠でカード購入した商品を転売して、現金を得る方法です。

個人カードでも利用可能ですが、利用限度額が高く設定されている法人カードならそのぶん、多くの資金調達が望めます

しかし、法人カードでの決済は経費として計上しなければならないので、自分で現金化するのは難しいと感じる方も多いかもしれません。

そこでおすすめなのが、クレジットカード現金化を専門としている業者に依頼する方法です。

クレジットカード現金化のプロ企業にお願いすれば、カード会社にバレるリスクを最小限に抑え、高換金率な現金化が可能!

実際、資金難に陥ったことのある多くの経営者や個人事業主は、過去にクレジットカード現金化で資金調達をした経験があると答えています。

今スグ現金化で資金調達

クレジットカード現金化と融資やファクタリングの違い

クレジットカード現金化と融資やファクタリングの違い

資金調達といえば、融資ファクタリングなどもありますが、クレジットカード現金化はどう違うのでしょうか。

クレジットカード現金化と他の資金調達方法と比べた時の違いを、分かりやすく表にしてみました。

クレジットカード現金化 融資・ファクタリング
審査 なし あり
必要書類 身分証明書のみ 多数必要
面談 非対面 対面
入金までの時間 最短5分 最短中2日
金利 カード会社のショッピング枠依存 あり
返済方法 カード会社に依存 業者によって様々
限度額 ショッピング枠に依存 審査次第

最大の違いは審査がないことと、即日入金であるという点でしょう。

銀行はもちろん、消費者金融やファクタリング会社であっても審査はありますが、クレジットカード現金化には一切審査がありません

しかも入金は最短5分〜どんなに遅くても当日中には入金されるというスピード性を誇っています。

法人カードなら限度額も数百万単位になっていると思いますので、緊急で資金が必要という方には、かなりおすすめの方法です。

現金化で資金不足を解消する

クレジットカード現金化で資金調達するメリット

クレジットカード現金化で資金調達するメリット

それでは、融資やファクタリングなど他の資金調達方法と比較した時の、クレジットカード現金化のメリットについて1つずつ解説していきます。

クレジットカード現金化には、以下の4つのメリットがあります。

  • 審査がない
  • 換金率が高い
  • 信用情報に影響がない
  • 即日入金

審査がない

審査がない

融資やファクタリングを利用した資金調達では、面倒な審査を避けることはできません。
しかし、クレジットカード現金化なら業者への電話連絡1本で、簡単に資金調達が可能です。

クレジットカード現金化への申し込みは、業者の公式サイトにアクセスして、申し込みフォームを記入・送信するだけ。

あとは業者からの折り返しの電話連絡で、本人確認を済ませれば、空いているショッピング枠で希望金額を調達できます。

クレジットカード現金化の本人確認とは
クレジットカード現金化サービスの利用は、第三者によるカード不正利用を防ぐために、本人確認が必要です。
クレジットカードの両面画像顔写真付きの身分証を、業者指定のメールアドレスに画像添付・送信しなければなりません。

過去に融資やファクタリングの審査に落ちた方でも、問題なく利用できるので安心してください。

事業計画書など特別な書類も必要なく、運転免許証やパスポートなど一般的な身分証さえあれば利用可能です。

審査ナシで今スグ資金調達!

換金率が高い

換金率が高い

ただでさえ換金率の高いクレジットカード現金化ですが、法人カードを利用すると、さらに換金率がUPする可能性があります。

ショッピング枠の上限は、個人カードの場合だと数十万円程度ですが、法人カードだと数百万円。

利用金額が高ければ高いほど、現金化業者も換金率を高くしてくれたり、手数料を安くしてくれるので、法人カードだとお得に利用できる可能性が高いということですね。

また、法人限定プランを用意している業者を使えば、換金率が最大5%まで上昇することもあります。

法人限定プランで換金率UP

信用情報に影響がない

信用情報に影響がない

法人の場合、借金をすると信用情報に影響が出て、融資が受けられなかったり、取引先に契約を解除される恐れがあります。
その点クレジットカード現金化なら、借金をしたという記録を信用情報に残さずに資金調達が可能です。

クレジットカード現金化で資金調達は、はたから見ると法人カードで買い物をしただけにしか見えません

つまり、クレジットカード現金化はカード会社にさえバレなければ、信用情報に影響が出ることはないのです

ただしその後のカード支払いが遅れると、カード会社に怪しまれることがあるので、滞納延滞にはくれぐれも注意しましょう。

カード会社に現金化がバレるとどうなる?
クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約違反
このため、現金化がバレるとカード利用停止強制解約利用残高の一括払いなどのペナルティが課されます。
信用情報に影響0で資金調達

即日入金

即日入金

クレジットカード現金化を業者を利用すれば、その日のうちに現金を手に入れることが可能です。

融資やファクタリングの場合、借入が決定したとしても実際の入金までに数日かかります

しかし、クレジットカード現金化は入金まで即日最短5分

遅くとも30分〜1時間で銀行口座にお金が振り込まれるので、緊急時にぴったりの資金調達法だといえるでしょう。

最短3分のスピード入金はコチラ

クレジットカード現金化で資金調達する時の注意点

クレジットカード現金化で資金調達する注意点

法人カードでのクレジットカード現金化にはメリットもたくさんありますが、それと同時に注意すべき点があることも忘れてはいけません。
リスクを把握しないで現金化してしまうと、大きく損をする可能性もあるので、必ず確認するようにしてください。

クレジットカード現金化で資金調達する時の注意点は以下の通りです。

  • クレジットカード現金化はあくまで一時金
  • 現金化はカード会社の利用規約違反
  • 支払いを滞納・延滞しない
  • 一部の悪質業者の存在

それぞれの注意点について解説します。

クレジットカード現金化はあくまで一時金

クレジットカード現金化はあくまで一時金

クレジットカード現金化はあくまでも一時的な資金調達方法であることを忘れてはいけません。

まとまったお金がすぐ手に入るので頻繁に利用したくなるかもしれませんが、ショッピング枠の利用には必ず支払いが訪れます。

慢性的な資金不足に陥っているのであれば、他の方法を視野に入れたほうが良いかもしれません。

あくまでもクレジットカード現金化は一時的に資金が足りない時の救済手段として考えるようにしてください。

一時的な資金不足を解消する

現金化はカード会社の利用規約違反

規約違反になる

クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に違反する行為です。 このためクレジットカード現金化がバレると、カードの利用停止強制解約などの措置がとられます。

クレジットカード現金化は、金券類ブランド品などの高換金率商品を自分でカード購入・転売すれば、自分でもできます。

しかし、このようないわゆる自分でのクレジットカード現金化と呼ばれる行為は、換金性の高い商品を購入する以上、カード会社に現金化目的だと怪しまれやすいという危険があります。

その点クレジットカード現金化業者は、キャシュバック方式という現金化の方法を採用しているので安全。

キャッシュバック方式とは
家電量販店や携帯電話ショップで見かける「今契約すると○○円キャッシュバック」というようなキャンペーンと一緒で、あくまでも対象商品の購入特典として現金を付与する方法です。
換金率の高い商品をカード決済する必要がないので、カードの利用履歴をみられても、カード会社に現金化目的だと疑われずに済みます。

ちなみに、これまで個人・法人共にクレジットカード現金化の利用が理由で逮捕されたケースは1件もありません

しかし、法的にグレーゾーンな行為であるという認識は持っておきましょう。

キャッシュバック方式の優良店

支払いを滞納・延滞しない

支払いを滞納・延滞しない

クレジットカード現金化の支払いは、絶対に滞納延滞してはいけません。

クレジットカード現金化を利用後、支払いを遅延・延滞すると、それがきっかけで、カード会社に現金化を怪しまれる危険性があります。

2ヶ月以上カード料金延滞や、現金化がバレてカードが利用停止強制解約になると、最悪の場合ブラックリストにのってしまうので注意しなければなりません。

安全にクレジットカード現金化

一部の悪質業者の存在

一部の悪質業者の存在

クレジットカード現金化は本来、個人向けに提供されているBtoCのサービスです。
このためファクタリングなどもともと法人を相手にしているBtoBの会社と比べて、悪徳業者が多いというデメリットがあります。

クレジットカード現金化業者の中には、人の弱みにつけこんで、お金を騙し取ろとうとする悪質業者が一定数存在します。

インターネット上にはたくさんのクレジットカード現金化業者がありますので、しっかりと見極めて優良店を選ぶようにしましょう。

「何を基準に選んで良いかわからない」という方は、当サイトおすすめの現金化業者をランキング形式で紹介していますので、参考にしてみてください。

クレジットカード現金化の優良店

amazonギフト券買取での資金調達は難しい

amazonギフト券での資金調達は難しい

近年クレジットカード現金化業界では、業者利用と自分で行う方法の中間として、amazonギフト券買取が注目を集めています。

アマゾンで利用できるオンライン商品券、amazonギフト券をカード購入し、専用の買取サイトで転売する方法です。

結論から言うと、amazonギフト券買取は資金調達方法としてはおすすめできません

なぜならamazonギフト券買取業者は。利用者から買い取ったamazonギフト券を、独自のルートで転売することで利益を得ています。

つまり、高額のamazonギフト券は買い手がつきづらいので、入金が遅くなったり、換金率が下がってしまう可能性があるんです。

かといって何十万円という総額が必要な場合に、amazonギフト券を1万円ごとに分けてカード購入するのも面倒ですよね。

上記の理由から、amazonギフト券買取は高額の資金調達には向いていません

むしろ、カード会社に現金化がバレにくい金額である、1万円〜5万円程度少額の現金化に適した方法だといえるでしょう。

資金調達におすすめのクレジットカード現金化業者

資金調達におすすめのクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化をしたいけど、業者を選んでいる時間がない!そんな方のために、当サイトが実際に利用して優良だと判断したおすすめ現金化業者を紹介します。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

手数料0円でクレジットカード現金化ができるのは、どんなときも。クレジットだけ。

他業者ではありがちな、消費税、カード決済手数料、商品の送料などを別途請求されることは一切なく、90%以上の換金率で利用可能です。

入金スピードも最短3分と業界トップレベルなので、コストパフォーマンスとスピード性に優れた、緊急時にピッタリの資金調達方法となっています。

アイラス

アイラス

事業主様応援キャンペーンを実施しているアイラスなら、法人カードでお得に現金化が可能!

最大で換金率が5%UPします。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の換金率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

まとめ

クレジットカード現金化で資金調達するメリットと注意点まとめ

それでは最後に、クレジットカード現金化で資金調達するメリットと注意点についてまとめます。

  • クレジットカード現金化は事業資金に困った時にも便利
  • クレジットカード現金化は審査なし、最短5分で利用可能
  • 法人カードでの現金化は換金率が高い
  • クレジットカード現金化は信用情報に傷がつかない
  • 現金化はカード会社の規約違反なのでバレないように注意
  • カード会社に現金化がバレるとカード利用停止や強制解約になる
  • 業者利用ならクレジットカード現金化がバレにくい
  • 支払いを延滞するとカード会社に現金化が疑われる可能性がある

クレジットカード現金化は計画性を持って利用すれば、緊急時に強い味方となる資金調達方法です。

現金化業者を選ぶ際は、当サイトが実際に利用して評価した優良現金化業者を使ってみてください。

おすすめの現金化業者はコチラ

ただしクレジットカード現金化は、あくまで資金調達の応急処置として考えるのが無難。
資金不足が続いているのであれば、他の解決策を探した方が良いでしょう。