クレジットカード現金化で利用すべき商品とは?

更新日:2019.10.30
クレジットカード現金化で利用すべき商品とは?

クレジットカード現金化を利用するなら、換金率の高い商品のほうがお得ですが、カードの利用停止になる可能性も高まります。
そこで!どんな商品を現金化で利用すべきなのかを詳しく解説していきます。

自分で行うクレジットカード現金化はどの商品でも危険?

自分で行うクレカ現金化はどの商品でも危険?

自分でクレジットカード現金化を行おうとしている人は、どの商品で利用したとしてもおすすめできません。

なぜなら現金化業者を利用する場合と違って、自分でクレジットカード現金化をするのはクレジットカードの利用停止というリスクが非常に大きいからです。

実は自分で行う現金化は換金率の高い商品を選ばなければ、現金を手にすることができず利用停止のリスクが高まってしまうのですが、
現金化業者の場合は、方式によってはカード会社にバレにくい商品で現金化をすることができます

クレジットカード現金化業者で利用される商品とは?

クレジットカード現金化業者で利用される商品とは?

現金化業者の商品は、どの方法でクレジットカード現金化を行うのかによって利用される商品が違います

買取方式の商品について

買取方式の現金化業者の商品とは?
買取方式の商品
  • 新幹線回数券
  • 商品券
  • ブランド品
  • 家電製品
  • Amazonギフト券

現金化業者が買取方式の場合、「クレジットカード決済した商品を転売して、その売値をお金に換える」という方法で現金化をしています。
商品の価値で現金化されるため、自分で行う場合と大きくリスクは変わらないので継続的に現金化を利用するのは向かないと言えます。

キャッシュバック方式の商品について

キャッシュバック方式の現金化業者の商品とは?
キャッシュバック方式の商品
  • 現金化業者のオリジナル商品
  • 100円ショップ等のおもちゃの指輪
  • CD-ROMなどの情報商材
  • パワーストーン
  • 風景写真などのメール添付商材

現金化業者がキャッシュバック方式の場合は、「特典として現金があらかじめ付いている商品をクレジットカード決済して、その特典を受け取る」ことでクレジットカード現金化を行います。
商品自体の価値は低くてもクレジットカード現金化を行うことができるため、一般的なキャッシュバック方の商品は安価なものや、安定した値段の付けられないものが使用されています。

おすすめの現金化業者

amazonギフト券買取方式の商品について

amazonギフト券買取方式の現金化業者の商品とは?
amazonギフト券買取方式の商品
  • Eメールタイプのamazonギフト券
  • カードタイプのamazonギフト券
  • 印刷タイプのamazonギフト券
  • グリーティングカードタイプのamazonギフト券

業者がamazonギフト券の買取でクレジットカード現金化を行う場合、「クレジットカード決済で購入したamazonギフト券をを売買することで現金に換える」という方法でクレジットカード現金化を行っています。
買取方式と同様にリスクは高いですが、amazonギフト券は価値が下がらず安定しているため、換金率自体は高くなる傾向にあります。

買取価格90%保証

クレジットカード現金化で利用すべき商品を扱う業者とは?

クレジットカード現金化で利用すべき商品を扱う業者とは?

これまで各現金化業者の商品をご紹介してきましたが、一番現金化を利用すべき商品は「キャッシュバック方式の商品」です。
換金率を考えるとamazonギフト券の買取業者も利用すべきと言えますが、リスクを考えるならキャッシュバック方式のクレジットカード現金化がおすすめです。

キャッシュバック方式の
現金化業者はこちら

買取方式に関しては、商品的に利用停止のリスクが高いので利用を控えたほうが良いのですが、amazonギフト券に関しては換金率が高い傾向にあり、買取ボブのような老舗業者であればリスクを抑えて利用することができるので、気になる人は買取ボブでの現金化も試してみてください。

買取ボブはこちら

まとめ

キャッシュバック方式の現金化業者の商品なら安心

クレジットカード現金化で利用されている商品は多いですが、どの商品であっても自分ではなく現金化業者を使ってクレジットカード現金化することをおすすめします。

ただどの業者でも良いわけではなく、換金率の低い商品を扱っているキャッシュバック方式のクレジットカード現金業者ならカード停止のリスクを避けて利用できる可能性が高いです。

なので、予期せぬトラブルに巻き込まれることなくクレジットカード現金化をしたいという人は、キャッシュバック方式の現金化業者を選んで利用するようにしましょう