クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化に必要な2つの条件

更新日:2018.12.03
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

現金化の為の2つの条件を表す指

一般的にクレジットカードでお金を借り入れる専用枠である、キャッシング枠を設定する際には、個人信用情報機関で審査があります。
通常、複雑な基準で様々な条件を課されたこの審査を通過しなければ、クレジットカードをATMなどの機械に差し込んで、お金を引き出すことはできません。

しかし、ショッピング枠を利用してお金を作るクレジットカード現金化なら、審査は不要! 手持ちのクレジットカードさえあれば、たった2つの最低条件を満たすだけで、簡単にお金が作れちゃうんです。

条件①:カード名義人と申込人が同じ

クレジットカードはカード名義人以外の利用は、買い物でもカード規約で禁止されています。

そのため例えば、奥さんが旦那さんのカードを使って現金化を行う、姉が妹のクレジットカードを使って現金化を行うなど、家族間であっても貸借をしていはいけません。

もし、自分が学生や無職などでクレジットカードの審査が通りにくい場合は、クレジットカードを使っているご家族にお願いして、メインカードの付属の家族カードを作りましょう。

家族カードなら、名義人が家族になるので、その方からの申し込みならば、現金化でも利用可能となります。

ただし、請求はメインカードを持ち主にいってしまいますので、名義人にがれずにクレジットカード現金化を行うことは困難です。
利用する前に、一度その方に相談しないと、あとでトラブルになる可能性もあるので気をつけましょう。

条件②:ショッピング枠が希望額分ある

現金化に一番必要なクレジットカードは、すでに利用額がいっぱいだと、当然のことながら使えません。

たとえキャッシング枠がいっぱいでも、ショッピング枠さえいっぱいになっていなければ使えます。

1枚のカードで利用額に届かない場合は、複数枚利用することも可能です。

ただし、キャッシング枠がすでにいっぱいになっている状態だと、カード会社にクレジットカード現金化を疑われ、カードが止められてしまう危険性があるので注意が必要です。

クレジットカード現金化に審査がない理由

一体、なぜ審査をしなくても現金化業者はお金を振り込んでくれるのでしょうか。
それはズバリ、クレジットカード現金化業者には貸し倒れのリスクがないからです!

一般的なローンでは、お金を貸してくれる金融機関と利用者の2者でお金の貸借が行われますが、クレジットカード現金化の場合は、カード会社とクレジットカード現金化業者、そして利用者の3者間での取引となります。

現金化業者は、一見手続きして、すぐに自分の資金からお金を振り込んでくれると思われがちですが、振り込みは利用者がクレジットカード決済を確認してからということになります。

業者は利用者以上に信頼のおける各カード会社から決済をうけ、お金を受け取っている中から、手数料や業者の利益分を引いて利用者に振り込みをしているだけなので、業者にとってはこのあと利用者がお金を月々返済できようが、できまいが、一切関係ないのです。

利用者の返済が滞って困るのは、あくまでも一時的にお金を立て替えてくれている、カード会社の方。
だからこそ、カード会社は利用規約でクレジットカード現金化を禁止しているんですね現金化を禁止しているんですね。

審査があるといってくる悪質業者に注意!

クレジットカード現金化の条件は、誰でも当然クリアできるような2つの最低限条件で、厳しい審査はありません。

しかし、クレジットカード現金化業者の中には、審査があるといってきて、審査手数料を請求してきたり、クレジットカードの両面の画像を請求してきたりする業者がいます。

こういった要求をしてくるクレジットカード現金化業者は、間違いなく金銭や個人情報が目的の、卑劣な悪徳業者ですので、絶対に取引しないようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は審査がなく、スピーディに現金化することができる方法です。

利用することができる2つの最低限の条件だけをきっちり押さえれば、まず断られることはありません。 他の方法とも検討しつつ、急ぎの場合はクレジットカード現金化業者も視野に入れて行動すると良いでしょう。