たったの3つの条件で誰でもお金が手に入る!クレジットカード現金化

更新日:2020.03.03

たった3つの条件を満たすだけで、誰でも現金が調達できる方法、クレジットカード現金化を紹介!
メリットデメリットなどの基礎知識はもちろん、即日で現金を手に入れるための条件についても解説します。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化する方法です。

本来、クレジットカードでお金を借りるためには、借入専用枠であるキャッシング機能を使います。

しかし、そこであえてショッピング枠を使ってお金を作るのがクレジットカード現金化という方法。

クレジットカードで購入した商品を転売したり、現金化の専門業者を利用することで、ショッピング枠を換金します。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリット

あえてクレジットカードのショッピング枠を使ってお金を作るクレジットカード現金化には、以下のようなメリットがあります。

  • 審査ナシでお金を借りられる
  • 即日で現金が手に入る
  • 信用情報が傷つかない

それでは、早速1つずつその特徴について見ていきましょう。

今すぐクレジットカード現金化

審査ナシでお金を借りられる

クレジットカードのキャッシング枠は、審査によって利用の可否限度額が決まります。

しかし日本では、総量規制という法律で借金は収入の1/3までと定められているので、収入の少ない方はお金を借りるのが難しいという現実があります。

その点クレジットカード現金化は、クレジットカードにもとから備わっているショッピング機能を使うので、審査不要

主婦無職の方など、金融機関からの借入が難しい方でも、簡単にお金を工面することができます。

審査不要の現金調達はコチラ

即日で現金が手に入る

銀行や消費者金融など正規の金融機関で新規契約をすると、実際にお金を借りられるまで通常1〜2週間かかります。

即日融資を謳っている消費者金融もありますが、審査にかかる時間を考えると、午前中までの申し込みが必須です。

それに対してクレジットカード現金化は、即日で現金化する条件さえ満たせば、最短5分で銀行口座に現金が振り込まれます。

スピード振込の現金化業者

信用情報が傷つかない

銀行や消費者金融でお金を借りると、借金をしたという記録信用情報に残ります。

それと比較して、クレジットカード現金化は一見、カードでお買い物をしたようにしか見えません

借金の記録が残らないので、今後住宅や自動車のローンを組む予定がある方でも、信用情報に悪影響を与えることなく現金が用意できます

誰にも内緒で現金調達

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化のデメリット

スピーディな現金調達に強みのあるクレジットカード現金化ですが、もちろん他の方法に比べていくつかのデメリットも存在します。

  • バレるとクレジットカードが使えなくなる
  • 手数料が割高
  • 悪徳業者に騙される危険性がある

クレジットカード現金化のデメリットについても、1つずつ見ていきましょう。

バレるとクレジットカードが使えなくなる

クレジットカードでの借金は、本来借入専用枠であるキャッシング機能を利用するのが妥当です。

ショッピング枠の現金化は、審査を受けずにカード会社に黙ってお金を借りるのと一緒なので、利用規約違反

カード会社にバレると、利用停止強制解約などの措置が取られ、今後クレジットカードが使えなくなってしまう危険性があります。

手数料が割高

クレジットカード現金化業者に支払う手数料は、換金率という独自の基準で表されます。

換金率90%の現金化業者で、1万円を利用した場合
すると、自分の銀行口座に振り込まれる金額は、1万円×90%=9000円
業者には、残りの1万円手数料として支払うことになります。

クレジットカード現金化では、カード引き落とし日の1ヶ月後に代金が引き落とされるので、この換金率だと手数料割合は月利10%

この数値は年利換算すると120%にもなり、銀行や消費者金融の上限金利である20%と比べると、一目瞭然!

現金調達のスピードでは、他の方法と比較して圧倒的に勝るクレジットカード現金化ですが、そのぶんコスト面に負担がかかります

高換金率な現金化業者はコチラ

悪徳業者に騙される危険がある

正規の金融機関は、貸金業法という法律で取り締まられているので、明らかに怪しい闇金融に手を出さない限り、詐欺被害に遭うことはありません。

しかし現時点でクレジットカード現金化は、直接的に取り締まる法律が存在しない、グレーゾーンな取引

これをいいことに、クレジットカード現金化業界には、多数の悪徳業者が紛れ込んでいるので、業者選びを一歩間違えると、個人情報金銭を巻き上げられてしまうリスクがあります。

安全な老舗業者を利用する

クレジットカード現金化する方法

クレジットカード現金化する方法

実際にクレジットカード現金化を行うには、以下の3通りの方法があります。

  • ネット業者を利用する
  • 現金化ショップを利用する
  • 自分でクレジットカード現金化する

それぞれの方法について、その特徴を見ていきましょう。

ネット業者を利用する

ネット業者を利用する

現在行われているクレジットカード現金化の方法で、最もポピュラーなのが専門のネット業者を利用する方法です。

ネット業者を利用する流れは、簡単以下の4STEP!

  1. 電話かweb申し込み
  2. 業者から折り返しの電話がかかってくるので条件を確認
  3. 指定のショッピングサイトでカード決済
  4. 銀行口座に現金が振り込まれる

クレジットカード現金化のネット業者は、クレジットカード現金化の方法にキャッシュバック方式を採用しています。

キャッシュバック方式とは
ネットショッピングで対象商品をカード決済すると、その購入特典として現金を付与する方法。
家電量販店携帯電話ショップで見かける「今契約すると○○円キャシュバック」というキャンペーンを装って現金化の取引をします。

キャッシュバック方式では、金券類ブランド品など換金性の高い商品を購入せずにすむので、カード会社に現金化目的だと疑われにくく安全という特徴があります。

現金化ショップを利用する

現金化ショップを利用する

昔ながらのやり方としては、店舗経営している現金化ショップに来店してクレジットカード現金化する方法があります。

繁華街や駅前で「カードでお金」などの看板を掲げているのが、店舗型の現金化業者です。

利用者がクレジットカードで購入した商品を買取り、それと引き換えに現金を手渡す買取方式と呼ばれる古典的なクレジットカード現金化の方法を使います。

クレジットカード現金化購入する商品は、店内にあるブランド品金券類である場合がほとんどですが、金額によっては駅の窓口まで新幹線回数券を買いに行かされる場合も。

店員と対面でやりとりし、直接現金を手渡してもらえるというメリットがある反面、高換金率の商品をカード決済するので、換金目的だとカード会社にバレやすいというデメリットがあります。

自分でクレジットカード現金化する

自分で現金化する

クレジットカード現金化業者は、業者に頼らずに自分ですることも可能です。

高値で売れる商品を自分でクレジットカード購入・転売すれば、売値がそのまま現金として自分の懐に入ります。

現金化ショップが採用している買取方式を自分ひとりで行うということですね。

業者に手数料を支払わずにすむので、高いコストパフォーマンスで現金を手に入れられます。

しかし、高換金率を狙うとなるとどうしても換金性の高い商品を買わざるを得ないので、カード会社に現金化目的だとバレやすいです。

プロの業者利用と比較すると、現金化や中古取引に疎い人は特に失敗しやすい方法だと言えるでしょう。

クレジットカード現金化に必要な3つの条件

クレジットカード現金化に必要な3つの条件

それではクレジットカード現金化業者とは具体的に、どんな人が利用できるのでしょうか?

クレジットカード現金化業者を利用するために必要な条件は、以下のたった3つだけです。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 身分証明書
  • 20歳以上の成人

それでは早速1つ1つの条件について、一緒に確認していきましょう。

今すぐクレジットカード現金化

本人名義のクレジットカード

本人名義のクレジットカード

クレジットカード現金化業者の利用は不正利用防止っという観点から本人名義のカードしか使うことができません。

拾ったカード盗んだカードで現金化されたら、クレジットカードの本当の持ち主はたまったものではありませんからね。

また、たとえ本人から承諾を得ていたとしても、後々お金のトラブルに発展する可能性もあることから、友人や家族名義のクレジットカードは受け付けてもらえません

このため、クレジットカード現金化サービスを利用するためには必ず自分名義のクレジットカードが必要になります。

スピードNO.1の現金化業者

身分証明書

身分証明書

申込者がカードの名義人本人であることを確かめるために、クレジットカード現金化では本人確認が行われます。

本人確認書類としては、以下のような顔写真付き身分証明書が有効です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

健康保険証など顔写真がついていないものは、クレジットカード現金化業者によっては受け付けてもらえなかったり、2点必要となる場合があります。

もし上記の身分証をお持ちでない方は、事前に電話などでクレジットカード現金化業者に相談することをおすすめします。

今すぐ現金化業者に相談

20歳以上の成人

20歳以上の成人

クレジットカード現金化業者は、20際以上の成人でないと利用できません。

日本では法律で「未成年が交わした保護者の同意のない契約は、いつでも取り消せる」と定められています。

判断力の低い未成年を犯罪から守るための法律ですが、クレジットカード現金化業者からしてみれば、未成年と取引するのはリスクばかり高くてあまりお金になりません。

利用後に「お金を返してくれ」と保護者から迫られれば従うしかありませんので、それだったら無用なトラブルはあらかじめ避けておきたいというのが業者側の本音なんですね。

安全にクレジットカード現金化

現金化の可否を決める条件とは?

クレジットカード現金化の利用可否を決める条件

上記の3つの条件さえクリアしていれば、理論上はクレジットカード現金化が可能です。 しかし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約違反なので、バレるとクレジットカードが利用停止になってしまいます。

確実にクレジットカード現金化を成功させたいのであれば、以下の条件についてもきちんと確認しておく必要があります、

確実にクレジットカード現金化

カードブランド

カードブランド

クレジットカード現金化に対する姿勢は、カードブランドによって様々。 利用するクレジットカードのブランドによって受付可否換金率が左右される場合があるので注意しておきましょう。

クレジットカード現金化にはVISAMasterCardがおすすめ。

全ての現金化業者で取り扱いがあり世界的にシェアが高いため、現金化がカード会社にバレにくいという利点があります。

逆に、国内唯一の国際ブランドであるJCBやアメックス、ダイナースカードなどのハイステータスカードは、クレジットカード現金化向きではありません

どのカード会社もクレジットカード現金化に対して厳しい姿勢をとっているので、現金化がバレてカード利用停止になってしまう危険性が高いのです。

発行したてのクレジットカードもNG
新規作成したばかりのクレジットカード普段あまり使っていないカードで現金化するのも危険!
初めは、利用者が何の目的でクレジットカードを作ったのか探るために、カード会社も慎重に明細を監視しているからです。
また、利用履歴が目立ちやすいので利用頻度の低いクレジットカードでも現金化しない方が賢明です。
安全に現金化する

ショッピング枠・キャッシング枠の利用可能枠

ショッピング枠、キャッシング枠の確認

安全にクレジットカード現金化できるかどうかは、ショッピング枠キャッシング枠利用可能枠が大きく関わってきます。

この2つの利用可能枠はクレジットカード現金化目的か、そうでないかの貴重な判断材料としてカード会社が見ているポイント。

すでにたくさんキャッシングで現金を借りていたり、ショッピング枠を限度額ギリギリまで使っていると、「お金がないのかな」と疑われ、カードを利用停止にされる原因となってしまいます。

利用停止リスク0の現金化業者

家族カード

家族カード

クレジットカードの中には、世帯主など安定した収入がある人本会員として契約すれば、その妻や子供も利用できる家族カードがあります。

家族カードの名義人は一応利用者本人(妻や子供)となりますが、クレジットカード現金化に利用できるかどうかは業者によって異なります

家族カードの請求は本会員が支払うので本会員からの申し込みでないと認めないところが多く、たとえ利用可能であっても本会員に電話で承諾の確認が必要だったりするようです。

即日でクレジットカード現金化する条件

即日でクレジットカード現金化する条件

それでは次に、急いている方必見!
クレジットカード現金化業者利用で、即日現金化するための条件について説明します。

  • モアタイムシステム加盟の銀行口座を持っている
  • 現金化業者の営業時間である

クレジットカード現金化業界では以前まで、銀行の窓口の営業時間外である平日の15時以降や、土日祝日の入金には、ネットバンク口座が必須でした。

しかし、今は2018年10月9日に導入されたモアタイムシステムという送金システムの改革により、メジャーな銀行口座のほとんどで営業時間外の振込が可能となりました。

アタイムシステムに加盟している金融機関同士なら、365日24時間即日入金ができます。

また当然ですが、いくら送金システムが24時間稼働になったといえど、クレジットカード現金化業者自体の営業時間でないと即日での現金化はできません。

特に、深夜閉店間際の即日現金化には注意が必要!

24時間営業と謳いながら深夜はメール受付のみという業者や、何も言わずに振込を翌日にまわしてしまう業者も少なくないので、確実に即日で現金を手に入れるためには、事前に電話確認をしておくと安心です。

正真正銘24時間営業の業者

【確認】利用前の最終チェック

利用前の最終チェック

それでは、最後にクレジットカード現金化業者を利用する前の最終チェック表を用意しました。

安全かつ即日で現金を手に入れられるよう、以下のすべての質問にYESと答えられる状態でクレジットカード現金化に臨みましょう。

  • 20歳以上の成人である
  • 身分証明書がある
  • 本人名義のクレジットカードがある
  • 国際ブランドはVISAかMasterCard
  • 他社で複数の借入があったり、キャッシング枠を限度額ギリギリまで使っていない
  • モアタイムシステム加盟の銀行口座がある
  • 現金化業者の営業時間である
安全に利用できる現金化業者

初めてのクレジットカード現金化は優良店で

初めてのクレジットカード現金化におすすめの優良店

クレジットカード現金化は3つの条件さえ満たしていれば、業者はどれでも選び放題! こんなにたくさんの現金化業者の中から選べないよ…という人のために、プロの目線で厳選した優良店を紹介します。

アイラス

初めてのクレジットカード現金化なら、業界内でも珍しく、女性オペレーターが多数在籍しているアイラスが安心。

今まで利用停止などのカード事故件数も0なので、安全に利用できます。

あんしんクレジット

あんしんクレジットの誇大広告

創業18年という老舗のあんしんクレジットなら、カード会社対策はバッチリ!

長年の経験と蓄積されたノウハウを活かして、家族カードの現金化利用についても相談に乗ってくれます。

カード会社にバレずに安全にクレジットカード現金化がしたいという方にピッタリの優良店です。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の換金率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

まとめ

クレジットカード現金化は誰でも利用できる

本人名義のクレジットカード身分証を持っている成人なら、誰もがクレジットカード現金化サービスを利用できます。

利用規約違反ということに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが返済さえきちんと行えば、カードでお買い物しているのと何ら変わりはありません

カード会社対策をしっかり行って急な金欠とオサラバしましょう!