クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

店舗型のクレジットカード現金化業者とは?

更新日:2018.12.03
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

店舗型の現金化業者の注意点

はじめての現金化はやはり業者を通した方が安心ですが、業者には実際に客が足を運ぶ店舗型と、インターネットだけで手続きできるネット完結型の2つがあります。
それぞれメリットとデメリットがありますが、今回は店舗型の業者に注目してみていきましょう!

店舗型は主にその地方の経済のかなめともなっている都市部に集中しています

あなたは大きな駅の前などで「カードを現金に」や「カードでお金」などの看板やポスターをみかけたことはありませんか?

それらが店舗型の現金化のキャッチコピーのようなものです。

店舗型のメリットとは

現代ではネットが普及したこともあり、無店舗型を利用する人が多いと思われますが、今のご時世でもいまだに店舗型の業者は存在しています。

なぜなら店舗型ならではのメリットがあり、それゆえに好んで使う利用者がいるからです。

店舗型は信頼されやすい

初めての現金化で怖いのは、相手が信用できない業者だったら…なにかトラブルに巻きこまれたら…ということですよね。

たしかに、詐欺や個人情報の悪用といったトラブルは現金化の業界で実際に起こっています。

現金をその場でゲットできる

ネット完結型は店舗型業者や消費者金融の少ない地方に住んでいても、現金が手に入れられるというメリットがありますが、現金は自宅に届くわけではないので近くのATMまで向かう必要があります

振込まで5分や10分という早さで、行っていることもありますが、土日祝日や深夜となると、引き出しできるまでタイムロスが発生することがあるので注意です

そのうえ、相手からの振込手数料やATM利用手数料などが、自分の負担になってくるので結果として、結構手出しとなるお金が増えるように感じることも…。

また、中には手続きしたのに、いつまでたっても振込をしてもらえないという悪徳業者を使ってしまう可能性もあります。

一方で、店舗型業者を利用すれば、その場で現金渡してもらえることが多いので急いでいる方や、振込されないという詐欺を心配する方でも安心です

店舗型のデメリットとは

その場ですぐに現金が手に入る、信頼がおきやすいというメリットがある店舗型の業者ですが、もちろんデメリットも存在します。

こわい目にあう可能性がある

店舗型は「対人間」なので普通の取引でしたら安心感があるところですが、その相手が怖い人物である可能性もあります。

たとえば「思ったよりも換金率が低かった」「取引を中止したい」といった場合、ただ止めますと宣言をして外に出られればいいですが、悪徳業者の場合ではそのままこわい方々に囲まれ、脅されるままに契約させられるということも考えられます

カードが利用停止になりやすい

ネットを中心としたネット完結型業者ではキャッシュバック方式のやり方を採用しているところが多いですが、店舗型ではその場で現金を渡すこともあって昔ながらの買取方式が多いです。

買取方式では、商品券やブランド品といった換金性の高い商品をショッピング枠で一度購入してから現金に変えてもらうといった形のこと。

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、換金性の高い商品はカード会社に不正な買い物ではないかと疑われやすい行為です。

特にすでにキャッシング枠がいっぱいになっている、ほかでも借金を重ねている、過去に支払いが遅れたという方は注意が必要です。

カードが停止になってしまうと、使えないだけではなく、買取用で購入した高額なブランド品や宝石などについて、カード会社から一括支払いを求められることも。

こうなると、お金を調達するはずが借金が増えるだけになりかねません。

このように店舗型で現金化するときには、メリットとデメリットのリスクを両方を知ったうえで、優良な業者をさがしましょう

ネット完結型なら「プレスト」がおすすめ

プレスト

店舗型現金化業者のデメリットが気になる、そもそも店舗型の業者が近くにない、という方はネット完結型を利用したいとお考えの方もいるかもしれません。 ネット完結型で重要なことは、顔を合わせずに取引ができるため、悪徳業者であると事前に見破れるかどうかです。 当サイトの利用マニュアルを見ていただいて、勉強していただくのが一番ではありますが、業者を調べている時間がないと言う方にはネット完結型で古くから営業している『プレスト』がおすすめ。 決して派手ではありませんが誠実な対応に定評がある業者なので安心ですよ。

プレストの現金化の詳細情報