クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式の仕組み

更新日:2018.09.26
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

キャッシュバック方式の仕組み

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化をご存知でしょうか?

急ぎでお金が必要な時に頼れるクレジットカード現金化ですが、現金化業者に買取方式とキャッシュバック方式という2種類の経営方式が存在することは、意外と知られていません。

買取方式といえば、駅前や繁華街などでよく黄色い大看板を掲げている金券ショップなどが採用しています。
新幹線回数券や商品券を金券ショップで売って金に変える方式ですね。

対して、キャッシュバック方式は、インターネットだけで店舗を構える現金化業者がよく採用している方法。
一般的なキャッシュバックと同じく、商品購入の特典として現金を付与することによって現金化する方式です。

この2つの方式では、それぞれのメリットデメリットが異なるため、違いを知っておくことは重要です。

今回は特にキャッシュバック方式について、詳しく見ていくことにしましょう。

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式とは?

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式とは、日頃から家電量販店などで耳にするあの「キャッシュバック」と意味は同じです。

春頃に電気屋さんに行くと、「今売り出し中の新型パソコンに乗り換えでもれなく最大10000円のキャッシュバック!!」みたいな宣伝文句が目に飛び込んできますよね。
これはPC購入の特典として、最大1万円の現金がもらえるというサービス。

クレジットカード現金化のキャッシュバック方式もこれと同じで、「商品を購入した特典として現金を受け取る」ことで現金化を行います。

クレジットカード決済で購入した商品に付いてくる特典のお金を受け取ることで、現金化が完了します。

キャッシュバック方式でクレジットカード現金化を行う手順

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者に申し込んだ場合の手順は、大まかに言うと次のような手順となります。

  1. 1.業者のホームページから申し込み
  2. 2.サービス内容の説明
  3. 3.本人確認のための身分証明書をメール等で提出
  4. 4.業者から指定された商品をカード決済で購入
  5. 5.利用者の銀行口座への入金が行われる
  6. 6.購入商品が届く

キャッシュバック方式での手続きは簡単で、ホームページから申し込みを行ったら、後は業者が指示する手順に従ってカード決済を行うだけとなります。

例えば、10万円をキャッシュバック方式で現金化すると、申込先の業者の換金率が80%の場合、利用者は8万円を受け取ることになります。
指定された商品を通販サイト等でカード決済で購入すると、それを業者側が確認してから1時間以内でお金が振り込まれます。

買取方式との違い

クレジットカード現金化というと、買取方式のように、カード決済した商品を業者に売って、その売値をお金に換えるというイメージを持つ方もいらっしゃるかと思われます。
金券ショップで新幹線回数券や商品券を換金したことのある方はなおさらですよね。

上の例だと、郵送された商品を再び業者の元へ送って売らなければ、現金化したいお金が手に入らないということになりますよね。

しかし、キャッシュバック方式では、購入した商品に最初から現金化するお金が特典として付いてくるため、業者のもとへ送る必要がなくなります。

買取方式では商品を換金してお金を受け取りますが、キャッシュバック方式では商品に付いてくる特典の現金を受け取ります。

この商品の性質の差が、買取方式とキャッシュバック方式の1番の違いです。

キャッシュバック方式で扱う商品とは?

キャッシュバック方式で扱う商品は主に以下の通りとなっています。

  • ・ビー玉等の100均商材
  • ・パワーストーン
  • ・風景等の画像商材
  • ・業者のオリジナル製品
  • ・DVD等の電子商材

見てみると、とても安価な商品で手に入りやすい商品が多いですよね。

また、画像商材や業者のオリジナル製品などは元々の定価が存在せず、言ってしまえば販売元で値段を自由に設定できるものばかりです。

キャッシュバック方式では、換金率の高い商品を換金するわけではなく、買った商品の特典で付いてくるお金を受け取って現金化を行いますよね。

つまり、特典としての現金が取引の主役のため、それを付ける商品の方の価値は低くても高くても良いんです。

キャッシュバック方式の業者は一般的に、コストカットを見込んで百円程度で入手可能な商材を使用しています。

キャッシュバック方式のような商品を取引で扱うことで、買取方式の時とは違った独自のメリットが生まれます。

キャッシュバック方式のメリット

まず初めに、キャッシュバック方式のメリットを簡単に箇条書きにしてみました。

  • ・スマホやパソコンがあれば時間や場所に関わらず自由に申し込める
  • ・商品購入後すぐに口座へ入金される
  • ・カード決済した商品を業者側へ送る必要がない
  • ・クレジットカード会社に現金化がバレにくい

時間や場所を気にせず現金化できる

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化の1番のメリットは、時間や場所を選ばず、手軽に申し込めることです。

キャッシュバック方式の現金化業者は全てホームページ上からの申し込みとなるため、スマホやパソコンさえ持っていれば何時でも取引が行えます。

実際に店舗へ赴く必要がないため、業者側の営業時間を気にせずに深夜や終日でも申し込みが可能です。

電話連絡等で簡単な本人確認を行えば簡単に手続きが出来る手軽さが、キャッシュバック方式の特徴です。

申し込みから最短5分で現金化できる

キャッシュバック方式では、申し込み後最短5分でクレジットカード現金化が可能なため、すぐにでもお金が欲しい方にとっては大きなメリットと言えます。

指定された通販サイト等で商品をカード決済すれば、業者側が購入を確認後だいたい1時間以内で銀行口座に入金が行われます。

初回の申し込みでは本人確認などの手続きを行うぶん少し時間がかかりますが、2回目以降であれば5分程度でお金が振り込まれるため、とてもスピーディーです。

業者側へ商品を送る手間がない

キャッシュバック方式の場合では、業者側への商品郵送が必要ないというのも大きなメリットです。

買取方式の場合だと、カード決済した新幹線回数券などを売るために再び業者側へ送り返すという手間が必要で、少し面倒なんですよね。

キャッシュバック方式であれば、カード決済で購入した商品にあらかじめ特典として現金が付いてくるため、「返送」という手間がかからないんです。

カード会社に現金化がバレにくい

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化には、取引がカード会社にバレにくいというメリットもあります。

キャッシュバック方式の現金化業者が扱う商品は元々の定価が設定されていないため、カード決済した記録にも具体的な商品情報が記載されません。

キャッシュバック方式では、クレジットカード会社から現金化目的だと気づかれないために、意図的に値段の付けられない商品を扱っているというわけなんです。

キャッシュバック方式の業者から現金化を行えば、カード会社から換金目的での決済を悟られにくくなるため、クレジットカードの利用停止処分のリスクを大きく回避できます。

キャッシュバック方式のデメリット

続いては、キャッシュバック方式でクレジットカード現金化を行う際のデメリットを見ていきましょう。

  • ・悪徳業者の詐欺行為にあう危険性が増える
  • ・違法性が高くなる

キャッシュバック方式の現金化業者に申し込んだ場合には、以上の2点が大きなデメリットとなります。

キャッシュバック方式では詐欺行為にあう危険性が増える

キャッシュバック方式の現金化業者を利用する際には、全ての手続きがインターネット上で行われます。

直接現金化業者のスタッフと対面して取引が行えるわけではないため、個人情報の扱いや口座への入金などの具体的なプロセスが利用者の目で把握できません。

もしかしたら、個人情報を闇金に売られていたり、カード決済した料金だけを盗まれてしまったりなど、様々な詐欺行為のリスクが孕んでいるわけです。

キャッシュバック方式で詐欺行為に合わないための対策とは

キャッシュバック方式を採用している業者の詐欺行為に対する具体的な対策としては、

  • ・業者のホームページ情報に不備がないかを確認する
  • ・業者スタッフの電話対応に不審な点がないか注意する
  • ・具体的な換金率について質問して業者の反応を伺う

など、様々な方法が考えられます。

業者スタッフに少しでも不審な反応が見受けられた場合には、取引を中断して他の優良店の利用を検討しましょう。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化に違法性はあるの?

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化でよく問題視されているのは、違法性の有無です。

クレジットカード現金化という取引自体は、現時点の法解釈では合法と認識されています。

キャッシュバック方式においては、特典の現金を受け渡しが主な目的だと判断されたら、闇金や消費者金融の経営を取り締まる「賃金業法」に抵触する可能性があります。

理由としては、現金化における換金率を貸金業における金利に直した場合、「賃金業法」で定められた金利の上限を超えてしまうためです。

優良店が行う取引の条件とは

クレジットカード現金化が成立するためには、きちんと商品売買が目的だというふうに認識されなければいけません。

クレジットカード現金化業者が商品売買だという証明として厳格に行っている取引の条件は以下のとおりとなります。

  • ・身分証明書による本人確認
  • ・クレジットカードの名義人確認
  • ・商品の郵送

キャッシュバック方式の現金化業者が上記のプロセスを守ってサービス提供を行っていれば、法に照らし合せても、真っ当な商取引を行っていると判断できます。

きちんと商品売買としての体裁を整えておらず、おざなりな経営を行っているような兆候が窺えたら、別の優良店の利用を検討しましょう。

重要なのは優良店かどうか

キャッシュバック方式も買取方式もそれぞれ独自のメリットとデメリットがあるため、どちらが良いか一概には言えません。

利用者の状況や環境によっても業者の選び方は異なってきます。

違法性の有無に関しても、キャッシュバック方式と買取方式どちらにも問題視されている点が存在します。

重要な点は、「過去に逮捕された現金化業者は全て悪質な経営を行っていた」ということ。

キャッシュバック方式の業者が逮捕された事例が目立っているため、いつしか取引自体に問題があるのではと疑われてしまっていますが、実際は悪徳業者の詐欺行為が摘発の原因です。

商品売買の体裁を厳守している優良店であれば、方式に関わらず、安全にクレジットカード現金化が行えるため、利用者の条件に合わせて業者を選びましょう!

まとめ

今回は、クレジットカード現金化のキャッシュバック方式について、手順からメリット、違法性までを幅広くまとめていきました。

キャッシュバック方式は、インターネットの普及に合わせて、サービスの効率化を図るために生まれたもの。

キャッシュバック方式での取引でしか得られないメリットもあれば、効率化の代償として浮かび上がるデメリットもありましたね。

今回まとめてきたキャッシュバック方式に関する要点を最後に振り返っていきましょう!

  • ・クレジットカード現金化は買取方式とキャッシュバック方式の2つ
  • ・キャッシュバック方式はインターネットの普及とともに生まれた
  • ・商品に特典として現金を付けて取引を行う
  • ・時間や場所を選ばずすぐに現金化が可能
  • ・現金化がカード会社にバレにくい
  • ・悪徳業者の詐欺行為は存在する
  • ・優良店を選べば違法性を気にせず現金化が可能
  • ・優良店であれば方式は関係ない

いかがだったでしょうか。

買取方式にもキャッシュバック方式にもそれぞれのメリットやデメリットが存在し、同じように違法性に関しても少なからず問題視される部分はあります。

何かとグレーゾーンと騒がれてしまうことや、実際に同じ方式で詐欺行為を行った業者が逮捕されているため、キャッシュバック方式の違法性はことさら大きく取り上げられてしまいます。

とても重要な点なので最後に繰り返しますが、「優良店であれば違法性や詐欺行為を気にせず現金化が可能」です。

悪い印象からイメージや根拠の曖昧な噂に惑わされないよう、正しい知識を身につけて安全にクレジットカード現金化を行いましょう!