クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化のネット型業者の仕組み

更新日:2018.09.27
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

クレジットカード現金化のネット型業者を使う人

現金調達の手段として、徐々に世に広がり始めているクレジットカード現金化。

しかし、いざ自分でクレジットカード現金化しようとしても、
「高値で商品を転売するのって難しい…」
「利用規約違反だから、カード会社にバレないようにしなくちゃ…」

など気を配らなくてはいけない問題も多く、意外と手間がかかるものです。

このため、初めてクレジットカード現金化をする人のほとんどは、現金化業者への依頼を検討することになるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化業者には、実際に店舗を構える「店舗型」とインターネット上だけで営業している「無店舗型」の2種類が存在します。
それぞれにメリットデメリットがあるため、始めて現金化される方の中には、どっちを利用すればいいのとお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事ではクレジットカード現金化の店舗型と無店舗型を徹底比較
それぞれのメリットとデメリットを検証することによって、あなたにピッタリな業者選びをサポートします。

店舗型と無店舗型の違いを知って、自分に適した業者でクレジットカード現金化を行いましょう。

徹底比較!店舗型とネット完結型どっちがいいの?

そもそもクレジットカード現金化の業者のタイプには、『店舗型』と『ネット完結型』の2種類があることはご存知でしょうか?
店舗型はその名の通り実際に店舗を構えており、利用する際にはこの店舗を訪れる必要があります。
ネット完結型はよくサイト内で来店不要などと書かれている通り、ネットでの申し込みと電話での本人確認のみで利用が可能という業者さんです。

インターネットが普及する以前は店舗型のみでしたが、ネットが一般に普及するにつれてユーザーのニーズに応える形でネット完結型の業者が増えてきました。
こうなると全国各地にある店舗型業者を利用すればいいのか、全国展開しているネット完結型業者を使えばいいのか、悩まれる方もいらっしゃると思いますので、それぞれの比較をしながらメリットとデメリットを解説していきます。

店舗型の現金化業者について

ここでいう店舗型というのは実際に店舗を構えているかどうかではなく手続きの流れの中で店舗に行く必要があるような業者を指します。
ですので、ネット完結型だけど実際に接客をしない事業所を持っているような業者は含みません。

メリット1:お店に行ける、対面で話せる安心感

店舗型の現金化業者を使う男性

既に何度か現金化を利用したことがあるという方には利用する時に緊張するということはないかもしれませんが、初めて利用する時というのはどうしても緊張してしまうもの。
サイトの情報と電話でのやりとりだけではどうしても情報が不足して怖いという方にとっては、実際にその場所にお店があってスタッフと直接話すことができるという安心感は何物にも変えられません。

メリット2:その場で現金が受け取れる!

店舗型では手続きを行ったあと手渡しで現金をくれる業者が多いです。
ネット完結型だと本当に口座にお金が振り込まれるかをやきもきしながら待つことになるので、現金を直接受け取らないと安心できないという方にとっては大きな利点になります。

メリット3:悪徳業者が出店しにくい

悪徳業者の出店を止める警官

ショッピング枠の現金化で業者を使う際に、最も怖いのが悪質な業者の存在です。

悪徳業者の視点で考えてみると、店舗型の場合は店舗を作るというところから始めなければなりませんから、結構な手間とお金がかかります。
ざっと考えてみても、お店を出すためには物件を賃貸するための初期費用・内装費に備品関係も揃えないといけません。
さらに光熱費や家賃といったランニングコストもかかりますし、手続きで言えば役所への書類の提出なども必要です。
これを賄った上で警察に目をつけられる前に利益を出す必要があるので、悪徳業者にとってはリスクのある行為なのです。

その点、ネット完結型なら初期費用としてはサイト制作の外注費にわずかなドメイン代程度、固定費としてもサーバーの維持費用くらいのもの。
さらには店舗に比べれば人員も削減できるかもしれません。

このように、店舗型はネット完結型に比べると出店のハードルが高いため、店舗型である程度の営業歴がある業者は信頼性は高いと判断できます。
(ただし、悪質な業者の中にはそうした思い込みをついてくるところがないとは言えないため、現金化を利用する前には十分に警戒しておくに越したことはありません。)

デメリット1:店舗に行く時間と手間がかかる!

店舗型の現金化業者に行くのが面倒な女性

当たり前だろ、と思われるかもしれませんが、これは大きなデメリットですから一応記載しておきます。
店舗での手続きが必要な以上、そこまで出向く必要がありますから、その時間と手間が必要になりますし、サービスで交通費を出してくれるという業者は寡聞にして知りません。

ネット完結型であればいつでもどこでも申し込みが可能ですし、電話での手続きさえ済んでしまえば10分程度で口座に現金が振り込まれますから、この点ではどうしても不利になってしまいます。

デメリット2:悪徳業者だった時はリスク大!

悪徳業者が利用者を騙そうと笑う顔

店舗型の業者を利用して悪徳業者だった場合、すでに相手のホームグラウンドにいるわけですから危険性が非常に高いです。

顔の見える相手からの要求を断るということについて、人はストレスを感じてしまう生き物です。
単純に断りづらいだけならいいのですが、今からキャンセルするなら違約金が発生するなどと法的に無理のある主張をしてくることもあります。
そうした時には入り口の近くに怖いお兄さんが立っていて逃げることも難しいということもありえない話ではありません。

このサイトのあらゆるところで業者選びの重要性について述べていますが、特に店舗型を利用しようと考えていらっしゃる場合には、慎重に慎重を重ねた上で利用する業者を選びましょう。

ネット完結型の現金化業者について

続いて、ネット完結型の業者の特徴について解説いたします。
ここで言うネット完結型の業者は手続きを行う上で来店の必要がなくネット上で完結できるという意味で、インターネット上にサイトがある業者というわけではありません。
(最近では店舗型でも企業サイトくらいはありますからね)

メリット1:自分の都合の良い時間で手続きが可能!

ネット型業者を使って便利に現金化をする女性

ネット完結型のいいところとして真っ先に挙げられるのは手続きの利便性の高さでしょう。
実際に店舗に出向く必要がある店舗型と比べれば、手軽さに関しては圧倒的に高いと言えます。

ネットが繋がる環境さえあればスマホ一つで手続きが完了し、ネットバンキングの口座を持っていれば土日祝日など銀行の営業時間外でも入金の確認ができるというのですから、本当に便利な時代になったものです。

メリット2:悪徳業者とはすぐにサヨナラできる!

悪徳業者とさよならをする女性

店舗型、ネット完結型を問わず、悪徳業者の存在とは縁をきれないのがクレジットカード現金化という業界です。
ただ、実際に身の危険がある店舗型に比べて、ネット完結型は個人情報さえ渡していなければ危険が迫ることはまずありません。

もし、換金率などの交渉中に相手が不当な要求をされたとしても、電話を切って着信拒否で向こうからは手出しができません。
個人情報を渡してしまっていたとしても、悪徳業者は基本的に知識のない人を待つ姿勢なので、よほど回収が期待できると判断されなければ、電話を切った相手をわざわざ追いかけるような手間とリスクをとることはありません。
万が一、押しかけられでもした場合には躊躇なく警察を呼んでお帰りいただきましょう。

デメリット1:信頼できる業者かが判断しづらい

実際に店舗の雰囲気やスタッフの態度を直接確認できる店舗型と比較すると、信頼できるところかどうかが非常に判断しにくいです。

会社概要などに住所が書かれていますので、余裕があれば本当にその住所に事務所があるか確認しておくといいでしょう。
あとは電話番号がきちんとした固定電話の番号かどうかや電話をかけた時に一度切れてリダイレクトされないかといったことに注意しましょう。

デメリット2:振り込まれるまでは安心できない

現金が振り込まれるか不安な男性

もうひとつ、大きな不安点は手続きが完了したとしても、契約通りの金額が振り込まれるかは口座で確認できるまでわからないという点です。
手数料だなんだと後付けの理由を持ち出されたという話もあります。
不満を言おうにも相手は電話口の向こうですし、どうあっても現金は必要だったので泣き寝入りするしかなかったということです。

まとめ

店舗型とネット完結型のクレジットカード現金化業者のそれぞれの特徴と利用の際のメリット・デメリットについて見てきました。
結局、どっちを使えばいいんだろうとさらに悩ませてしまったかもしれませんね。

私の個人的な見解だけで言えば、手軽でリスクも少ないネット完結型がおすすめです。
しかし、どちらにも有利な点と不利な点がある以上、利用者の状況によってもどちらがいいかは変わってきますので、一概に断言することは難しいです。

大切なのはそれぞれの特徴と危険性をしっかりと把握し、おひさまクレジットのような優良なクレカ現金化業者を見つけることです。
どちらの業者を使うとしても、ちゃんと良心的な店舗はありますし、一定の割合で悪徳業者がいることも事実です。
それらを見極められるだけの知識と防衛策をしっかりと持っておくということが本当に重要なことなのです。