買取方式のクレジットカード現金化の仕組みとは?

更新日:2019.08.28
買取方式のクレジットカード現金化の仕組みとは?

買取方式のクレジットカード現金化は、商品をカード決済で購入しその商品を現金化業者に買い取ってもらうことで現金が手に入るサービスです。
実店舗で営業している業者が多く、対面式なので安心して取引できると言う面もありますが、逮捕業者が出たりクレジットカードが利用停止になったりと不安の残る方法でもあります。
そこで買取方式の現金化について徹底的に調査したので、現金化を利用する前に必ずチェックしてください。

買取方式の現金化の仕組み

買取方式の仕組みとは?

冒頭でもお伝えしたとおり、買取方式は商品をカード決済で購入して、その商品を売って現金にする方法です。
しかし、買取方式では逮捕者が出ているので、どういう方法で現金化を行えばトラブルに巻き込まれないのか詳しく解説していきます。

買取方式での現金化の手順

手順 直接店舗で現金化した場合 インターネット上から申し込んだ場合
1 直接店舗へ行って申込書に記入 インターネットサイトから申し込む
2 本人確認や換金率の説明を受ける
3 指定された場所で商品で購入 指定されたインターネットサイトで商品を購入
4 購入商品を業者へ売って現金化が完了 カード決済の確認後に現金が指定口座へ入金される
5 帰宅 届いた商品を業者へ送って現金化が完了

買取方式では以上のような流れで現金化を利用することができます。
重要なポイントとしては「現金化する業者」と「商品を購入する業者」が違うという点です。
もし同一業者が行っている場合、買取と認められず融資と認定されてしまいトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので注意してください。

買取方式の現金化で購入する商品とは?

買取方式のクレジットカード現金化で購入する商品とは?

買取方式の現金化は商品の売買により現金を手に入れる方法なので、キャッシュバック方式に比べると換金率の高い商品を購入するケースが多いです。実際に取引で利用される商品を紹介しますが、以下のような商品価値の高い商品ではない買取方式の業者は利用するのは控えたほうが良いかもしれません。

買取方式で利用される商品例

  • 新幹線の回数券
  • Amazonギフト券
  • 金券
  • 宝石関連
  • ブランド品

以上が買取方式の現金化に利用されやすい商品です。
もちろん紹介した商品以外にも利用される商品はありますが、商品自体に価値のあるものがほとんどなので利用する際は商品自体の価値にも注意してください。

買取方式の現金化のメリット

買取方式の現金化のメリットとは?

買取方式のクレジットカード現金化には店舗型の業者が多く、利用の際には様々なメリットが存在しています。

悪徳業者に騙されにくい

悪徳業者に騙されにくい!

買取方式の現金化は利用者と対面で取引を行うため、申し込みや個人情報のやりとり、現金の受け渡しも全て直接スタッフさんから行われるので、悪質な詐欺行為が入り込む隙が少ないと言えます。

なので、クレジットカード現金化に馴染みのない方や申し込みが不安な方は、まず買取方式の業者を利用する方がよいでしょう。

店舗型なら対面での現金化が可能

店舗型なら対面での現金化が可能!

ネット完結型の現金化業者を利用した場合、スタッフの顔を見ることができないのでちゃんと取引が行われるのか不安を感じる人も多いでしょう。

しかし店舗型の買取方式の業者に申し込むのであれば対面での現金化が可能で、スタッフの顔を直接見ながら現金化を行うことができるため不安を感じることは少ないと言えます。

銀行振込ではなく現金を直接受け取れる

銀行振込ではなく現金を直接受け取れる!

ネット完結型業者でクレジットカード現金化を行った場合、現金は銀行振り込みが一般的ですが、すぐにでも現金が欲しい場合、決済から入金までの時間に待たせられるのはイライラするポイントでしょう。

その点、店舗型の現金化業者であれば取引が終われば手渡しで現金を受け取ることができるので、待つ時間がなく体感として非常に早く感じる人も多いです。

買取方式の現金化のデメリット

買取方式の現金化のデメリットとは?

買取方式の現金化は様々なメリットがある一方で、利用する際のデメリットも多いです。

クレジットカードが利用停止になる可能性が大きい

クレジットカードが利用停止になる可能性が大きい…

買取方式の現金化はクレジットカードが利用停止になる可能性がキャッシュバック方式よりも高いです。

なぜならクレジットカード会社は換金目的での決済を利用規約で明確に禁じており、商品券や新幹線回数券は昔からクレジットカード現金化に利用されていたため、取り締まりが厳しい傾向にあるからです。

買取方式では、換金率の高い商品をカード決済しなければならず、カード会社から現金化を疑われてしまい最悪の場合カードの利用停止になるので、利用する際は十分注意してくださいね。

キャッシュバック方式よりも換金率が低い傾向にある

キャッシュバック方式よりも換金率が低い傾向にある…

買取方式はキャッシュバック方式の現金化と比較すると全体的に換金率が低い傾向にあります。

特にネット完結型の買取業者の場合は、利用者に商品を一度送る必要があるため、高換金率な商品をストックしておくための資金がかかってしまい、換金率が低くなります。

もしも換金率で現金化業者を選ぶならキャッシュバック方式で現金化を行う業者を選んだほうが良いでしょう。

買取方式とキャッシュバック方式はどっちがお得?

買取方式とキャッシュバック方式はどっちがお得?

買取方式もキャッシュバック方式もそれぞれメリットがありどちらを選ぶか迷う人も多いでしょう。
しかし、クレジットカード現金化比較プロではキャッシュバック方式の現金化をおすすめします。

総合的に比較するとキャッシュバック方式がおすすめ

総合的に比較するとキャッシュバック方式がおすすめ!

これまで紹介してきたように、買取方式の現金化は換金率が低くクレジットカードが利用停止になるリスクも高いです。

一方でキャッシュバック方式の現金化は買取方式よりは、換金率が高くクレジットカードが利用停止になるリスクも低い傾向にあります。

だからこそ現金を直に受け取りたいという人を除いては、キャッシュバック方式でクレジットカード現金化をすることをおすすめします。

まとめ

買取方式もキャッシュバック方式も優良店を見分けることが大切!

買取方式でのクレジットカード現金化は安全性が高く、その場で取引が完了するメリットもありますが、その反面、換金率の低さやクレジットカードが利用停止になる可能性など、様々なデメリットもあります。

ただ、キャッシュバック方式もこうしたデメリットが100%ないとは言い切れず、悪質な現金化業者を利用してしまうと、違法性の高い行為やトラブルに巻き込まれる可能性があります。

つまり重要なのは、取引方式よりも、誠実なサービス提供を心がけている優良店を見分けることなので、正しい知識を身につけて安全にクレジットカード現金化を行いましょう。