クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化の店舗型業者の仕組み

更新日:2018.09.26
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

店舗型の現金化業者

人通りの多い駅前や繁華街でよく「カードでお金」とか「即日現金化」といった看板を目にすることがあると思います。

これは、実際に店舗を構えて取引を行う、文字通り「店舗型」のクレジットカード現金化業者のことを指しています。

クレジットカード現金化が広まった1990年代頃ではこうした店舗型業者のみが業界の全てを占めていて、黄色い看板の下にたくさんの利用者が並んでいました。

現在までのクレジットカード現金化の取引の進化を支えた立役者と言えるでしょう。

インターネットが普及した現在では利便性や取引の効率化を求めて、WEB上の公式サイトだけで運営を行う「無店舗型」のクレジットカード現金化業者が軒を連ねていますが、今でも「店舗型」業者はそれと肩を並べるようにして、未だ人気を博しています。

インターネット上で全ての取引が出来てしまう「無店舗型」業者の方が一見して遥かにメリットがありそうなのに、今でも「店舗型」業者がたくさん店を構えていて、利用者のニーズも落ちないのは、いったい何故なのでしょうか。

今回はそうした疑問や謎を解消するべく、クレジットカード現金化の店舗型業者について詳しくまとめていきたいと思います!

仕組みから利用手順、違法性や注意点に至るまで、店舗型現金化業者に関する全てを完全網羅していきましょう!

クレジットカード現金化の店舗型業者とは

クレジットカード現金化の店舗型業者とは、冒頭でも触れた通り「実際に店舗を構える現金化業者」のことです。

仕組みとしてはとても簡単で、「クレジットカード決済で購入した商品を購入し、それを買い取ってもらうことでお金を作る」というもの。

普段の生活でも要らなくなった服やバックをネットオークションや買取業者に売りに出して、その売値を受け取ることってありますよね。

店舗型の業者の取引の仕組みとしては、それと全く同じです。

簡単な本人確認や手続きの説明を受けた後は、すぐにその場で、即日中にクレジットカードからお金を作れてしまいます。

古物商許可を受けた実店舗を持つ商取引業者

クレジットカード現金化という取引は、言ってしまえば要は「商品売買」です。

現金化業者を利用することは「お金を借り入れる」ことだという認識も確かにありますが、「商取引きの過程でお金が作られる」という方が、実は正確な解釈です。

そのため、クレジットカード現金化の店舗型業者は、利用者から商品を買い取るのに必要な「古物商許可」という資格を厳格な審査の元で取った上で営業を行っています。

店舗型の業者について

店舗型現金化業者と質屋は違う

店舗型のクレジットカード現金化業者は商品売買を行っているので、換金性の高い商品を担保として融資事業を行う質屋とも性質は全く異なります。

店舗型に限らずクレジットカード現金化業者は、「商品を買い取ることで売値を利用者に渡す」という取引を行います。

対して質屋は、「質物の対価に見合った金額のお金を貸す」という取引を行っています。

店舗型現金化業者に買い取ってもらった商品は戻ってきませんが、質屋では借りたお金と質屋保管手数料を返済すれば、担保としていた商品が戻ってきます。

店舗型業者の扱う商品とは換金率の高いもの

店舗型現金化業者との取引は商品売買では、買い取ってもらった商品の売値が現金として手元に戻ってくるため、当然自分が欲しい金額と相応する価値のものが扱われます。

店舗型のクレジットカード現金化業者が扱う商品としては、以下のものが主流となります。

  • ブランド品
  • 家庭用ゲーム機
  • 商品券等の金券類
  • 新幹線回数券

見てみると換金率の高い商品ばかりで、確かに現金化には相応しいですね。

10万円分のクレジットカード現金化を行うのであれば、10万円分の価値のある商品を買い取ってもらう必要があるということですね。

店舗自体に既にこれらの商品がストックされていて、利用者がその場でクレジットカード決済を行うといったケースと、店舗近くの場所に利用者が向かってクレジットカード決済を行うケースとの2つが存在します。

店舗型現金化業者の利用手順

続いては、店舗型のクレジットカード現金化業者の利用手順について詳しく見ていきましょう!

店舗型現金化業者を利用する際には、以下の3ステップを踏むことで取引を進めていきます。

  1. 実店舗で申し込み用紙に必要事項を記入
  2. 指定された商品をクレジットカード決済で購入
  3. 購入した商品を業者に買い取ってもらう

店舗にまで向かってしまえば、後は業者スタッフの指示のもとで簡単に取引を進めることが可能なので、クレジットカード現金化が初めてといった方でも安心して利用することができます。

インターネットから申し込んだ場合と少しクレジットカード現金化の流れは異なりますが、どちらも同じくらい気軽でスピーディーと言えます。

以下では、各ステップの詳細を見ていきましょう!

現金化の手順

1.実店舗で申し込み用紙に必要事項を記入

まず初めに自身が決めた店舗へ直接行って、申し込み用紙に必要事項を記入していきます。

申し込み用紙の記入欄には、氏名やクレジットカードのブランド名など、取引の際に必要な最低限の個人情報の記載が求められます。

他人名義カードの不正利用などのトラブルを回避するために、利用者の氏名とクレジットカードの名義人が同じでなければ取引が不可能である場合がほとんどなので、氏名等は架空ではなく本当の情報開示を行いましょう。

身分証明書によって本人確認が行われたあとは、具体的な取引の手順などについての説明を聞いて、いよいよ実際の取引がスタートします。

2.指定された商品をクレジットカード決済で購入

次に、利用者が現金化したい金額分の換金価値を持った商品を実際にクレジットカード決済で購入する運びとなります。

商品購入に関しては基本的に2つの方法が取られ、どちらの手順を踏むかは利用した店舗次第ということになります。

1つは、店舗の中に換金率の高い商品がストックされていて、利用者がそこから指定された商品を購入する場合。

そして2つ目は、店舗の近場に存在するみどりの窓口や家電量販店などに行って、現金化業者が指定した商品を購入する場合です。

金券ショップとクレジットカード現金化との同時運営を行う業者であれば前者のケースが多く、現金化取引のみを対象している業者であれば後者のケースが多い傾向にあります。

どちらか気になるという方は、利用する前に予め、自身の検討している店舗型のクレジットカード現金化業者に電話連絡を入れて確認しておくのも有効ですね。

3.購入した商品を業者に買い取ってもらう

クレジットカード決済で業者に指定された商品を購入したあとは、その商品を買い取ってもらうだけで現金化は完了です。

店舗型業者の場合は購入した商品を買い取ってもらったあと、その売値をその場で直接手渡しで受け取ることが出来ます。

直接現金が受け取れる安心感が店舗型業者最大の特徴といえるでしょう。

銀行口座で振り込みを確認する必要もないし、時間や手間もかからないので、近くに店舗型の業者が存在する場合にはとても有り難いですね。

クレジットカード現金化の店舗型業者のメリット

近年ではインターネット上から申し込むネット完結型の業者の方に需要が高まっていますが、そんな状況でも店舗型の業者が未だ人気を博しているのには、相応のメリットが存在するためです。

続いては、店舗型業者でクレジットカード現金化を行った際のメリットについて具体的に見ていきましょう!

店舗型の業者を使うメリット

業者スタッフと対面式で取引できる安心感

店舗型業者でクレジットカード現金化を行う最大のメリットと言えば、ずばり直接スタッフの方と取引が可能な安心感のデカさです。

インターネットから申し込む無店舗型業者の場合には、申し込みから振り込みまで全て相手側の素性が見えない状態での取引となるため、どうしても不安に駆られてしまう方も少なくありません。

店舗型の現金化業者であればスタッフの実態が目の前に存在するので、その不安を解消することが出来ます。

その場ですぐに現金化が完了する

現金化したお金をその場で受け取ることも店舗型業者のメリットと言えます。

インターネットから申し込むと、どうしても商品購入後に業者からの振り込みを待たなければなりません。

店舗型でもネット完結型でも優良店であれば現金化までの速度にさほど差が生まれませんが、本当に振り込まれるのか不安に思う方も少なくありませんし、これはとても安心できるサービスです。

悪徳業者の詐欺行為にあう危険性が低い

店舗型業者であれば悪徳業者の詐欺行為にあう危険性も大きく低下します。

実際に店舗を構えていては、もし詐欺行為を働いた場合にすぐ身元を特定されてしまうため、好き好んでわざわざ面倒な手続きや費用を投じて実店舗を用意する悪徳業者は稀です。

店舗型業者しか存在しなかった当初には、恫喝や不当な取引の強要なども確かにありましたが、インターネットの普及とともに悪徳業者も詐欺行為が行いやすいネット完結型へと移行していきました。

現在では法整備やカード会社の監視も高まって、現金化業界全体を通して悪徳業者は年々減少しており、中でも摘発のリスクの高い店舗型ではその存在すらめっきり見ることもなくなっています。

換金率の高い商品を扱うので違法性が低い

店舗型業者のメリットとしては、換金率の高い商品を扱うことからもたらされた違法性の低さも挙げられます。

クレジットカード現金化という取引は先ほどの質屋との違いからも見られる通り、「お金の借入」ではなく、歴とした「商品売買」です。

過去にクレジットカード現金化という合法な取引が違法だと判断されてしまった経緯には、全てこの商品売買としての体裁を守っていないことが大きな原因としてありました。

身分証明書による厳格な本人確認を怠ったり、利用者に対して商品の詳細を知らせなかったりと、純粋に商品売買を行っていれば確実に行うはずである工程が疎かになっていたんですね。

中でも、きちんと換金率の高い商品で買い取っていないのにも関わらず、巨額の現金を利用者に対して渡していた業者は、明らかに商品売買として疑問視される部分が目立ってしまいます。

例えば、明らかに価値がないと判断できる「ビー玉」などを何も加工せずにそのまま取引に使用しており、そのことが違法性を強めてしまっていたんです。

これはインターネット上で取引を行う「キャッシュバック方式」の業者に多い手法で、別に正当な処置を施せば問題はないのですが、加工等などの用法を守らなければ比較的違法だと判断されてしまいかねないものです。

その反面、店舗型の取引では、換金率の高い商品を利用者から買い取ることでその価値と同等の金額を渡しているため、商品売買として何ら問題視される点はありません。

店舗型業者でのクレジットカード現金化ならば、きちんと換金率の高い商品で取引を行うので、違法性に関して言及される可能性が大きく低下するというわけなんです。

クレジットカード現金化の店舗型業者のデメリット

続いては、店舗型業者でクレジットカード現金化を行うことのデメリットについて具体的に見ていきましょう!

店舗型業者のデメリット

実店舗へ直接足を運ぶ手間がかかる

店舗型業者でクレジットカード現金化を行うデメリットとしては、実店舗へ直接足を運ばなくてはならない時間と手間がかかってしまうことが挙げられます。

インターネット上から申し込める無店舗型業者の場合であれば、現金化に至る全ての工程がネット上で行えるため、スマホやパソコンさえあれば場所を選ばずに利用可能です。

そのため、自身の住む近場に店舗型の業者が無い状況では、わざわざ店舗を探すよりも無店舗型の業者に申し込みを行う方が有効ですね。

店舗型現金化業者は営業時間が限られている

店舗型業者でクレジットカード現金化を行う際には、営業時間にも気をつけなければいけません。

店舗型業者の営業時間はどこを利用しても基本的に10時から19時まで、長くても20時までとなっており、仕事帰りに向かうには少し難しいかもしれません。

深夜でも申し込みが可能な無店舗型業者であれば営業時間を気にかける必要もないので、店舗型の営業時間では都合がつかない方はそちらを利用するのが有効ですね。

換金率が無店舗型業者よりも低い可能性もある

店舗型業者を利用するもう一つのデメリットは、無店舗型に比べて換金率が低くなってしまう傾向にあるということ。

実店舗を構えてクレジットカード現金化業者として運営を行うには、敷地や店舗を確保するための資金や、高換金率商品のストックが欠かせません。

そのため、無店舗型で経営を行うよりも余分な運営費がかさんでしまうので、店舗型の場合にはその分の収益を確保するために利用者に対して手数料を少し多く取る傾向があるんです。

クレジットカード現金化がカード会社にバレやすい

クレジットカードの利用停止処分のリスクが高まることも、店舗型現金化業者を利用するデメリットとしては大きいものです。

クレジットカード会社は、現金化のような換金目的での決済を利用規約で禁じています。

現金化がカード会社に疑われれば確認の電話が入り、最悪の場合にはクレジットカードの利用停止処分が下されてしまいます。

カード会社は利用者の商品購入履歴から現金化を監視しており、新幹線回数券のような換金率の高い商品を何度も決済してしまえば、簡単に現金化を怪しまれてしまいます。

店舗型業者を利用した場合にはカード会社の監視の目に留まりやすい換金率の高い商品で取引を行うので、自ずとクレジットカード現金化がバレやすくなるということですね。

店舗型でクレジットカード現金化するのは違法なの?

続いては店舗型のクレジットカード現金化の違法性について見ていきましょう。

クレジットカード現金化という取引自体が何かと違法だと問題視されていますが、現時点の法解釈で言えば合法と判断されています。

しかし店舗型業者でクレジットカード現金化を行う際には、利用者の転売行為が横領罪に該当しうるという情報も流れていることも、また事実です。

そのため、続いては店舗型業者との取引が横領罪に該当するのかという点についての真偽を解説していきます。

真偽を検証していく

店舗型現金化業者の利用は横領罪に抵触する可能性がある

店舗型でのクレジットカード現金化の利用者の行為は、厳密に見れば確かに横領罪に該当する可能性があります。

店舗型では、カード決済で購入した換金率の高い商品を、業者側に買い取ってもらうことでクレジットカード現金化を行います。

ここで問題なのは、「カード決済料金を完済する前の商品の所有権は、カード会社にある」ということ。

これは、クレジットカードのショッピング枠とは言わばカード会社から信用を受けて借りている与信枠なので、カード決済で手に入れた商品は「人のお金で購入した」ことになるためです。

つまり、店舗型業者で行うクレジットカード現金化では、「他人のものを勝手に売り捌いてしまった」ことになって、横領罪に牴触してしまう恐れがあるということなんです。

利用者が商品の所有権について知っていれば横領罪

店舗型業者とのクレジットカード現金化の取引で利用者の違法性が問題視される争点とは、「換金した商品の所有権がカード会社にあることを知っていたかどうか」です。

つまり、店舗型業者に買い取ってもらった商品の所有権がカード会社にあることを知っていて、故意的に転売を行ったのかという認識があれば、横領罪に牴触するということですね。

実際には横領罪になり得ない理由がある

しかし、店舗型業者でのクレジットカード現金化が横領罪になり得ない事情というものが存在します。

1つは、「店舗型業者に買い取ってもらった商品の所有権がカード会社にあることを知っていたかどうかは主観的な認知に属するため、誰も正確な判断がつかないということ」。
確かに、店舗型業者の方も利用者の方も正確な判断を話すとは限らず、発言した内容を確定付ける物的証拠も存在しないため、確実な証明が出来ないというのもうなづけます。

そしてもう1つは、「クレジットカード現金化は横領罪の牴触条件である社会的な地位に基づいた業務上の取引ではなく、単なる一般人の商品売買であるということ」。
この条件も、店舗型業者と利用者との取引自体が民間の商取引きであって、会社や企業の所有物を横領したわけでもないので、不成立となります。

現時点での法的解釈から見れば、店舗型業者でクレジットカード現金化を行ってもなんら問題はないということになります。

                

しかし、これはあくまでも「現時点」では話で、いつ現金化に関する判例が更新されて法解釈が見直されるかもわかりません。

                

定期的に、そして安全に利用するためにも、現時点での法解釈を把握しておくことが重要です。

店舗型のクレジットカード現金化業者を利用する際の注意点

店舗型業者の利用で違法性を問題視する必要もなく、詐欺行為にあう可能性も低いとはいいましたが、現在でも完全に悪質な経営が無くなったというわけではありません。

店舗型業者の優良性を判断するために、以下の3つの要点を押さえておきましょう。

店舗型の業者の注意点

他の現金化業者を紹介される場合は注意

店舗型の悪徳業者によくある例としては、取引の最中に何か意図的なトラブルを生じさせて、別のクレジットカード現金化業者を紹介するというパターンです。

これは、別のクレジットカード現金化業者を紹介すると見せかけて、本当は裏で通じている闇金業者や消費者金融に顧客を横流しして収益を得ているケースです。

例えば、「利用者のクレジットカードブランドの決済がうちの店舗で対応してないから、対応している別の店舗を紹介する」という言葉は悪徳業者の定型文のため、注意しましょう。

最初に言っていた換金率と違う取引の強要にも注意

例えば、最初に言っていた換金率と違う悪条件で取引を強要される場合にも、十分な注意を払いましょう。

これは、必要最低限以上の手数料をあれやこれらと理由を付けて不当にお金を騙し取る立派な詐欺行為で、店舗型悪徳業者の典型的事例です。

クレジットカード現金化が初めての方であれば、「現金化ってこんなものか」と思ってそのまま取引を進めてしまうことも考えられますし、おかしいと感じても、店舗型のような密室で圧迫されれば仕方なく受け入れてしまう方も少なくありません。

店舗型のクレジットカード現金化で悪徳業者に騙されないための対策とは

上記のような店舗型の悪徳業者に騙されないためには以下の対策が有効となります。

注意すべき店舗業者

店舗型業者が古物商許可を取っているのか確認しよう

前述したような悪徳業者の被害に遭わないためにも、店舗型業者を利用する場合にはきちんと古物商許可を取っているのか事前に確認しておきましょう。

誠実な取引を行う店舗型の優良店であれば、商品売買としての体裁を遵守するために必ず古物商許可を取っています。

店舗型の業者を利用する際には、古物商許可をきちんと取った正規業者であることを確認できるサイトで事前に申し込み先の店舗の優良性を把握しておくのも有効です。

古物商許可番号データベース

上記のようなサイトを使えば、古物商許可番号と店舗型業者名を照らし合わせて、本当に許可を取っているのかどうか調べることが可能です。

古物商許可番号を調べてみて異なる業者名が出てきたり、その番号が登録されていなかった場合には、悪徳業者と判断して間違いないでしょう。

知り合いを連れて店舗に向かう

店舗型業者でクレジットカード現金化を行う際には、単独ではなく誰かと複数で一緒に取引に向かうのも対策の一つです。

もし悪徳業者の店舗で申し込みを行ってしまった場合には、密室ということもあって恫喝や不当な取引の強行も十分に考えられます。

そうした密室での詐欺被害が不安な方は、複数人で店舗型業者を訪ねることで単独の場合よりも問題への対策が立てやすいです。

利用を検討している店舗型業者を比較サイト等でチェック

1番有効な手段は、比較サイト等に掲載されている店舗型業者で高評価のものから申し込み先を検討することです。

比較サイトの運営者は、サイト内に業者の情報を掲載することで広告料を貰う「アフェリエイター」という商売を行っています。

比較サイトを読んで申し込んだ人から苦情や被害届けがあれば収益に繋がらず、経営が成立しなくなるため、掲載前に店舗が優良店かどうかきちんと審査しています。

そのため、比較サイトの掲載で高評価を獲得している店舗型業者であれば安全にクレジットカード現金化が行えるということです。

まとめ

今回はクレジットカード現金化の店舗型業者について詳しく解説していまいりました。

店舗型の仕組みから取引の手順といった基礎知識の他にも、利用する際の注意点や違法性に至るまで細かく見ていきました。

店舗型業者はクレジットカード現金化が利用される始まりから在る経営態勢であり、対面式ということもあって安全性が高いと言われています。

ネットが普及してからはより利便性の高い無店舗型業者の台頭によって利用者もそちらに流れていってしまいましたが、現在でも店舗型業者のニーズが絶えないのは、店舗型にしかないメリットや魅力が存在するからです。

店舗業者のまとめ

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

店舗型のクレジットカード現金化業者とは

  • 店舗型のクレジットカード現金化業者は実店舗を構えている
  • 店舗型業者との取引は賃金業ではなく商品売買
  • 店舗型業者は古物商許可を取っている

店舗型現金化業者のメリット

  • 業者と対面式で安心
  • その場ですぐに現金を手渡しで受け取れる
  • 悪徳業者の詐欺に遭う危険性が少ない
  • 違法性が低い

店舗型現金化業者のデメリット

  • 直接店舗へ向かう手間がかかる
  • 店舗型業者の営業時間は10時から19時程度
  • 換金率が低い可能性がある
  • カード会社にクレジットカード現金化がバレやすい

店舗型現金化業者の違法性

  • 店舗型業者との取引は横領罪に牴触する可能性がある
  • 実際には横領罪の牴触は現時点の法解釈ではあり得ない

店舗型現金化業者を利用する際の注意点

  • 業者紹介詐欺に注意
  • 法外な手数料詐欺に注意

店舗型の悪徳業者に騙されないための対策

  • 古物商許可を取っているのか確認する
  • 知り合いなどと複数人で店舗に向かう
  • 店舗型業者が掲載されている比較サイトをチェック

いかがだったでしょうか。

店舗型と無店舗型の違いを正確に把握することで、自身の状況や利用環境に合ったタイプの選別が可能です。

クレジットカード現金化業者を利用する上で最も重要なのは、「優良店であれば安全に取引が可能」だということです。

過去に逮捕されたクレジットカード現金化業者はすべて悪質な経営を行っていた悪徳業者であり、利用者の逮捕に関しては1回も存在しません。

商品売買として体裁を遵守する誠実な優良店であれば、違法性の問題は起こりえません。

正しい知識を身につけて安全にクレジットカード現金化を行いましょう!