クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

クレジットカード現金化を利用する人とは?

更新日:2018.12.03
現金化の基礎知識

佐藤 隆道

クレジットカード現金化の利用者について疑問がある人たち

誰だってお金を借りるという行為はできれば避けたいもの。
同じように、クレジットカード現金化を利用する人たちも、やむを得ない事情や様々な目的を抱えているのです。

そこで今回の記事では、クレジットカード現金化を利用する人たちは、どんな理由でクレジットカード現金化に頼らざるを得なくなってしまうのか。
気になる事情と目的、そして、そんな人たちがクレジットカード現金化をした時の失敗例も含めてまとめてみました。

とにかく今すぐ現金が必要な人

突然の冠婚葬祭や、治療費、飲み会などでお金が今すぐ手元に必要!

だけど身近に頼れる人がいない場合、「今すぐ」の用意はなかなか難しいという場合もあります。
そんな時、クレジットカード現金化は審査がない分、他の現金調達手段と比べて圧倒的に早いのです。
1分、1秒という時間を争っているときは、審査中の時間すらもどかしいものですし、必ず通過するとは限らない審査結果を待つのは大きなロスタイム。

その点、クレジットカード現金化ならば審査がないので、悪徳な業者にでもひっかからない限りは、すぐに現金を受け取ることができます。

キャッシング枠が使えない人

クレジットカードで現金を手に入れる方法といえば、通常はキャッシング枠が代表的。 ただし、もともとキャッシング機能がついていない、キャッシング枠がすでに限界、暗証番号を忘れてしまったなどの理由でキャッシング枠が使えないという人もいます。

その点、クレジットカード現金化は、ショッピング枠さえ空いていれば誰でも利用できるので、キャッシング枠が使えないという方でも簡単に現金を手に入れることができます。

過去にブラックリストに登録された人

クレジットカードやローンを組む際は、個人信用情報の経歴がその人に融資をしてもよいかの主な判断材料とされ、必ず各金融機関によってチェックされます。
ブラックリスト入りとは、お金の貸借に関する情報である、この個人信用情報に何らかの傷があって、金融機関に危険視されてしまっている状態のこと。

ブラックリストに登録されてしまうと、数年から十年間はローンを組んだり、クレジットカードを作成したりすることが難しくなります。

しかし、クレジットカード現金化には審査がないので、ブラックリストに該当している人でも、利用できるのです。

ちなみに、ブラックリストに掲載されるものは下記のようなものがあります。

延滞したことがある

クレジットカードやローンの返済をだいたい3か月以上延滞してしまうと、ブラックリストに登録されてしまいます

ローンときくと車や住宅をイメージしやすいですが、意外なところで携帯電話の支払いが延滞して登録されるケースも増えてきているようです。

以前に比べて携帯本体の価格が高くなり、月々の料金に加えて本体代の分割払いが家計を圧迫することが主な原因といわれています。

自己破産をした

保証人になって莫大な借金が払えなくなった、事業に失敗したなどの理由で自己破産した人はブラックリストに登録されます。

自己破産以外でも、裁判所において個人再生や任意整理、特定調停などの債務整理を行った人も同じく、金銭の貸借に関して問題があると見なされ、ブラッククリストの対象となります。

クレジットカード現金化の失敗例

このように事情があってほかでお金を借りることができなくても、すぐにお金が手に入るクレジットカード現金化はまさにどん底における救世主。
しかし、急ぐあまり説明をしっかり理解してから利用しないと失敗してしまうこともあります。
クレジットカード現金化の失敗例もあわせて学び、同じような過ちを犯さないように気をつけましょう。

振込額が思ったよりも低い

換金率を高いことを確認して申し込んだのに、振り込み額が少なかったという口コミが、クレジットカード現金化のサイトには度々寄せられています。

悪徳業者の可能性もありますが、優良店でも手数料がかかることを理解していなかったために、目的額に届かなかったというケースも多いです。

換金率だけではなく、クレジットカード現金化にかかる手数料もしっかりと確認するようにしましょう。

カードが使えなくなった

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で違反となっている行為なので、バレてしまうと、クレジットカードが利用停止になる可能性もあります。

突然、高額な商品を頻繁に購入するようになったり、換金率の高い金券などを大量に購入したりするようになると怪しまれるリスクもありますので気をつけましょう。

また、悪徳な業者だと個人情報を悪用されたことがきっかけで、カード会社にバレるという、ダブルパンチをくらう可能性もありますので、急ぐあまり悪徳な業者と取引をしないように気をつけましょう。

失敗しないクレジットカード現金化は『キャッシュライン』で!

キャッシュライン

キャッシュラインの詳細情報

これまで、クレジットカード現金化を使わざるをえない理由や、利用者が陥りがちな罠について、それぞれ見てきました。
正直、クレジットカード現金化を使わないで済むのなら、それに越したことはありません。
ですが、お金の事情は待った無しなことも多いもの。

どうしても失敗したくないなら、新進気鋭の優良店舗として有名で、高い換金率と丁寧な接客が売りの『キャッシュライン』の利用をおすすめします。

公式サイトはこちら