クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

恐怖!Amazonギフト券の購入でクレジットカードが利用停止になる5つのケース

更新日:2018.11.12
現金化の方法

佐藤 隆道

利用停止になったクレジットカード

クレジットカード現金化の商品といえば定番だった金券類。
しかしカード会社も馬鹿ではありませんから、こういった現金化対策のために、換金性の高い商品のカード決済に目を光らせるようになりました。
このため、現在で金券類をカード購入すると、現金化が疑われ、高い確率でクレジットカードは利用停止になってしまいます。

近年では、こういった監視の目をくぐり抜ける商品として新たに、世界最大級のネットショッピング市場、アマゾンで現金と同様に扱えるAmazonギフト券が現金化の商品として流行し始めました。

が、Amazonギフト券を使っても、現金化が疑われてカードが止められてしまう場合はあります。
そうならないためにも、今回はAmazonギフト券をカード購入してクレジットカードが利用停止になってしまうケースについて確認していきましょう。

利用停止になるケース①キャッシング枠を限度枠いっぱいまで使っている

Amazonギフト券の購入でカードが利用停止になるケース①

クレジットカード現金化をする人に共通する特徴は、お金がない人です。

既に手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を、上限ギリギリまで使っていれば、それははたから見ても明らかです。
実際、Amazonギフト券の購入に限らず、キャッシング枠を使い切った人がお金を求めてショッピング枠の現金化に流れてくるというケースはとても多いので、カード会社も警戒しています。

このため、キャッシング枠を上限まで使っていると、ほとんど100%の確率で利用停止になってしまうので、注意しましょう。

利用停止になるケース②クレジットカードの利用履歴に傷がある

Amazonギフト券の購入でカードが利用停止になるケース②

カード会社にとって、顔も見たことのない利用者が信頼に足る人物かを推し量る判断材料として最も重要視しているのが、カードの利用履歴です。
カードヒストリーとも呼ばれるこのカードの支払い履歴を見れば、利用者の返済状況や消費行動の性向を、大体掴むことができます。

多額のカード支払いがあっても、毎月滞りなく返済ができているのであれば有難い優良顧客ですし、反対に少額でも支払遅延や延滞があった人には、万が一に備えて警戒の目を持っています。
注意しておきたいのは、意外ですが、カードの利用歴がないという人も、警戒の対象に含まれていることです。

過去にブラックリスト入りした人も5年間で支払い履歴が抹消されるので、そういった過去の多重債務者と区別がつかないんですね。

また、利用履歴を見ることができるということは、どこで何を買ったのか、調べようと思えばカード会社は調べられるということです。

それだけで怪しまれて一発アウトということは少ないでしょうが、アマゾンで1度も買い物をしたことがなったり、アマゾンで新規アカウントを作ったばかりの人も要注意!

現金化を疑われて途中照会されればバレてしまう危険性は高いので、他に現金化に疑われやすい特徴で該当するものがないか、カード決済する前にきちんとチェックしておきましょう。

利用停止になるケース③入会したばかりのクレジットカードを使う

Amazonギフト券の購入でカードが利用停止になるケース③

クレジットカードが利用停止になってしまう危険性だけでなく、そもそもAmazonギフト券を決済できる確率も低いのが、入会したばかりのクレジットカードです。

作ったばかりのクレジットカードというのは、まだ利用者の消費行動の傾向、返済姿勢などのデータがないので、必然的にヘビーユーザーよりも疑われやすいです。
特に、クレジットカードに新規入会して初めて購入した商品が換金性の高いものだと、

「現金化目的で入会したのかな?」

と思われて当然ですので、発行1ヶ月以内のクレジットカードでamazonギフト券を購入するには避けた方がよいとおもいます。

同様の理由で、普段あまりクレジットカードを切らない人がAmazonギフト券を急に購入すると不自然な印象を与えます。

利用停止になるケース④現金化に厳しいカード、入会の簡単なカードを使う

Amazonギフト券の購入でカードが利用停止になるケース④

クレジットカードのショッピング枠現金化は、どこのカード会社でも利用規約違反と定めていますが、その取り締まりに対する姿勢は各社によって異なります。

現金化が厳しいカードブランドというのもいくつか存在するので、同じ条件で現金化しても、カードの種類によっては利用停止になったり、そもそもamazonギフト券を購入できないという可能性があるのです。

中でも、現金化に厳しいと言われているのは、唯一の国内カードブランドであるJCB
欧米のような完全なカード社会ではなく、慎重な日本が経営母体ということもあり、やはりそういったグレーゾーンな手法には規制が厳しいのでしょう。
また、カードブランドとしてステータスの高い、AmericanExpressDiners Cardも同様に、現金化には厳しい姿勢を見せているので、注意が必要です。

反対に、楽天カード、アコム(マスターカード)など、審査が通りやすいカードも、そのぶん悪用されやすいので、止められやすい仕組みになっています。

利用停止になるケース⑤1度に高額なカード決済をする

Amazonギフト券の購入でカードが利用停止になるケース⑤

急に大量のamazonギフト券を高額決済すると、当然ながら転売目的の疑念が強まり、現金化が疑われやすくなってしまいます。

ただし、カードのブランドや種類、利用者のステータスや条件によって異なるため、一概に「高額」の範囲を明示することはできません。

3万円でダメだった、2万円でも決済できなかったという人もいれば、5万円でも大丈夫だったと豪語している利用者もいます。
これらは全て、所詮ネットでの口コミに過ぎないため、真偽を推し量ることはできませんが、1万円程度の少額決済でないと、安全とは言いかねるようです。

高額決済の場合は、分けて購入することをおすすめする情報サイトもありますが、頻繁にamazonギフト券を購入するのも現金化が疑われやすい行動項目にあげられますので、高額決済はしないほうが無難です。

amazonギフト券を安全にクレジットカードで購入する方法

amaozonギフト券を安全に現金化する方法

普段からクレジットカード支払いで、コツコツポイントを貯めているという人にとっては、大切なクレジットカードを危険に晒したくないですよね。
そんな人におすすめなのが、クレジットカードからチャージできるプリベイドカードを使って、間接的にamazonギフト券をカード購入する方法です。
アマゾンが対応しているプリベイドカードは以下の通りになります。

  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • JCB PREMO

ただし、換金性が高く、最も現金化に使われやすいEメールタイプのamazonギフト券は、上記のカードでもキャリア決済は使用できないので注意が必要です。(モバイル版SUicaなど)

カード会社もAmazonギフト券を警戒し始めている

警戒され始めているAmazonギフト券の購入

そもそも、Amazonギフト券が現金化の商品として流行し始めたのは、その多様性にあります。

例えば、新幹線回数券であれば、新幹線を乗ることにしか使うか、転売するかの二択ぐらいしかありません。
それをわざわざクレジットカードで購入するとなれば、カードの利用履歴や返済状況と照合することで、ある程度現金化目的なのかそうでないかの目処がついてしまいます。

しかし、Amazonギフト券のEメールタイプはオンラインの商品で、もともと現金で購入することはできないので、カード購入するのは自然なこと。
くわえて、自分でアマゾン市場で自由に買い物できるので、少しでもアマゾン利用があれば不審に思われる可能性も低いのです。

ただし、あくまでもこれは、Amazonギフト券がクレジットカード現金化の商品として頻繁に利用されるようになる、少し前までのこと。

今ではAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化も、すっかり主流になりつつあるので、カード会社も警戒し始めています。

まとめ

いかがでしたか?
amazonギフト券をカード購入して、利用停止になってしまう恐怖のケースを5つ、お伝えしました。
それではここでもう一度、クレジットカードが止められてしまうamazonギフト券の購入について、ポイントをおさらいしておきましょう。

  • キャッシング枠を使い切った状態でamazonギフト券を購入すると、ほぼ100%カードは利用停止になる
  • クレジットカードの支払い履歴に傷があると、Amazonギフトを購入した場合、現金化が疑われる
  • 入会したばかりのクレジットカードでは、amazonギフト券が購入できなかったり、利用停止になる危険性が高い
  • 現金化に厳しいカードや入会の簡単なカードでamazonギフト券を購入すると、利用停止にされやすい
  • 1度にamazonギフト券を高額決済すると、高い確率でカードが止まる
  • amazonギフト券は、プリベイドカードで購入するか、1万円~2万円の少額購入にとどめるのが安全

クレジットカード現金化の商品として便利だと名高いamazonギフト券ですが、安全にカード購入するためにはいささか障害が多いようです。
amazonギフト券でクレジットカードを現金化する場合は、くれぐれもカード会社にバレないように注意してくださいね。

安全なクレジットカード現金化業者の紹介

安全な現金化なら業者依頼が一番

高換金率が魅力的なAmazonギフト券の現金化。
しかしそれは必ずしも安全とは限らず、今後新しい何らかの規制が入ることも十分考えられますし、今この瞬間にもカード会社は対策を講じて動き始めているかもしれません。
そう考えるとやはり、その道のプロである現金化業者に依頼するのが、安全です。
手数料を支払うといっても、換金率がわずか5%足らず落ちるに過ぎませんから、利用停止の保証料を払ったと思えば、安いものではないでしょうか。

ひまわりギフト

ひまわりギフト

amazonギフト券を自分で現金化する方法と、現金化業者に依頼する方法で迷っているのは、高換金率と安全性の間で心が揺れているからではありませんか?
そんな人におすすめしたいのが、カード会社にバレない現金化を創業から15年続けてきたひまわりギフトです。
毎月15日は換金率が3%もアップするので、amazonギフト券を自分で現金化するのと遜色ない高換金率で現金化ができます。
もちろん、老舗が長年かけて培った技術を活かして行うので、クレジットカードが利用停止になることもありません。

公式サイトはこちら

プレスト

プレスト

amazonギフト券に限らず、クレジットカードの高額決済は、現金化を疑われてカード会社に目をつけられてしまいます。
そんな不安とは無縁な現金化を提供するのが、プレストです。
キャッシュバック方式という近年誕生した、バレにくい現金化の仕組みをとっているので、高額利用でも楽々安全決済できますよ。

公式サイトはこちら

キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジ

なるべく皆が利用している、高換金率で安全な現金化業者を利用したいという場合には、キャッシュチェンジがオススメ。
業界内でも悪評が少なく、優良店だと口コミで名高い名店です。
かわいらしいwebデザインからもうかがえるよう、安心して利用できるのが特徴で、レディースプランだと換金率が1%アップする女性に優しい現金化業者です。

公式サイトはこちら