利用停止せずにAmazonギフト券を現金化する方法

更新日:2019.10.10
現金化の方法

佐藤 隆道

利用停止せずにAmazonギフト券を購入する方法

今、amazonギフト券買取を利用したクレジットカード現金化が人気! そこで、amazonアカウントクレジットカード、2つの利用停止リスクを回避して安全にamazonギフト券を購入する方法を紹介します。

Amazonギフト券買取に潜む利用停止リスク

Amazonギフト券買取の利用停止リスク

クレジットカード現金化を目的としたAmazonギフト券を購入には、2つの利用停止リスクがともないます。

  1. クレジットカードの利用停止リスク
  2. Amazonアカウントの利用停止リスク

①クレジットカード利用停止リスク

クレジットカード利用停止リスク

クレジットカードで換金目的に商品を購入する、いわゆるショッピング枠の現金化はカード会社によって原則禁止されています。

本来クレジットカードでお金を借りるためには、審査を通過してキャッシング枠を設定する必要があります。

それを利用者が勝手に買い物専用のショッピング枠でまかなうことは、カード会社に無断でお金を借りているのと一緒

知らず知らずのうちに、返済能力のない人にお金を貸してしまう危険性を避けるため、カード会社は利用規約ショッピング枠の現金化を禁止しています。

このためAmazonギフト券のカード購入の意図として、少しでも現金化が疑われた段階でクレジットカードは利用停止に。

その後カード会社とのやりとりの中で、本格的にクレジットカード現金化がバレてしまうと強制解約利用残高の一斉請求などさらなる厳しい措置が待っています。

②Amazonアカウント利用停止リスク

Amazonアカウント利用停止リスク

現金化を目的としたAmazonギフト券の購入は、Amazonギフト券細則によっても禁止されています。

詳細については、Amazonギフト券細則 制限という項目において、以下のように明記されています。

ギフト券を未承認の商用目的(例えば、再販売または在庫調達)で使用すること、換金することまたは他のアカウントで使用すること(中文略)はできません。

法的にグレーゾーンである現金化にAmazonギフト券が利用されることで何か問題が起これば、アマゾン側の信用問題にも関わってきます。

このためクレジットカード現金化目的のAmazonギフト券購入がバレると、アマゾンでもアカウントの利用停止というペナルティが課されるのです。

Amazonギフト券買取は現金化がバレにくい

Amazonギフト券買取は現金化がバレにくい

それでもAmazonギフト券が現金化の商品として多くの人に選ばれているのは、他の商品よりもカード会社にバレにくいというメリットがあるからです。

クレジットカード現金化に人気なのは、新幹線回数券商品券など、換金性の高い商品です。

しかし、こういった金券類は現金化の防止策として、すでにクレジットカードで購入できなくなっているものがほとんど。

その点、 Amazonギフト券は運営の大元がカード大国アメリカということもあり、クレジットカード決済が正規の購入方法として認められている数少ない金券類なんです。

さらに、プレゼントとして他人にも進呈可能というamazonギフト券の特徴は、「初めから換金目的であったかどうか」が争点となるクレジットカード現金化において最適。

万が一、Amazonギフト券の買取後にクレジットカード現金化目的での購入を疑われても、

「友達に誕生日プレゼントしようと思って買ったけど、後になって代わりにもっといいものを見つけたので、不要になった」

と言い訳すれば、カード会社もそれ以上は追求できません。

買取ボブ カード会社にばれにくい
amazonギフト券の買取はこちら

クレジットカードの利用停止を招く危険行為

クレジットカードの利用停止を招く危険行為

換金目的という意図が分かりづらいのが、Amazonギフト券を利用したクレジットカード現金化の強み。 しかし、以下のような購入をすると現金化の疑いが強まり、クレジットカードが利用停止になりやすくなります。

高額決済をする

高額決済

現金化に限らず、第三者の不正利用からクレジットカードを守るためにも、カード会社は自動検知システムを導入して不審な決済を監視しています。

金券類やブランド品など換金性の高い商品の購入や、急な高額決済は、まさしく現金化が疑われるカード利用の代表。

Amazonギフト券も、最近は現金化の商品として目をつけられていますから、普段からあまりカードを利用をしない人新規でamazonアカウントを作成した人が、5万円以上購入するのは危険です。

クレジットカード現金化が疑われる最大の原因は普段とは違う消費行動ですので、急な高額決済は避けたほうが無難です。

作ったばかりのクレジットカードを使う

作ったばかりのクレジットカードを使う

新規発行したばかりのクレジットカードというのは、カード会社による監視が特に厳しくなっています。

特に初めての決済は、クレジットカードを作った本当の目的が見えやすいと言われているので、Amazonギフト券購入は避けるべきです。

また、たとえ作ったばかりのクレジットカードでなくても、以下のような特徴に当てはまる場合は要注意!

  • 信用情報に傷がある
  • キャッシング枠をギリギリまで使っている

いずれもすでに現金化予備軍としてカード会社から警戒されている可能性が高いため、Amazonギフト券を購入するだけでカード利用停止になる恐れがあります。

安全にAmazonギフト券を購入する方法

安全にAmazonギフト券を購入する方法

クレジットカードもamazonアカウントも利用停止にならず、無事Amazonギフト券買取をするためには、どのような手はずを踏めばいいのでしょうか? 安全にAmazonギフト券をクレジットカード購入する方法を紹介します。

  • amazonアカウントとカード情報を一致させる
  • 複数回に分けて決済する
  • 現金化に厳しいカードは使わない

Amazonアカウントとカード情報を一致させる

Amazonアカウントとカード情報を一致させる

確実にAmazonギフト券を購入するためには、amazonアカウントに登録された情報と、決済するクレジットカード情報を一致させる必要があります。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • クレジットカードの種類
  • クレジットカードの名義
  • クレジットカードの番号
  • クレジットカード有効期限

上記の内容において、双方の情報に相違がみとめられると、Amazonギフト券の購入までに時間がかかったり、操作が弾かれてしまう場合があります。

通常であれば、Amazonギフト券の購入手続きは5〜10分程度で完了するはずなので、やけに時間がかかるという方はもう一度この項目を確認してみましょう。

複数回に分けて決済する

複数回に分けて決済する

高額なAmazonギフト券のまとめ買いは、カード会社の自動検知システムに引っかかり、現金化が疑われてしまう原因となります。

これは裏をかけば、一度の決済が1万円以下の少額なら機械の目はごまかせるということです。

例えば3万円のAmazonギフト券を購入したい場合、1万円の決済を3回すれば、現金化が疑われるリスクを軽減することができます。

ただし、総額が普段のカード利用額を大幅に上回ってしまうなど、他に何か現金化が疑われるような要因があるとカード会社の人間の目はごまかせないでしょう。

現金化に厳しいカードは使わない

現金化に厳しいカードは使わない

クレジットカード現金化に対する取締まりの姿勢は、カード会社国際ブランドによって異なります。

同じ条件で現金化しても、カードの種類によっては利用停止になったり、そもそもamazonギフト券を購入できない可能性があるということです。

中でも、現金化に厳しいと言われているのは、唯一の国内カードブランドであるJCB
慎重な日本が経営母体ということもあり、グレーゾーンな手法に対して他の国際ブランドよりも規制が厳しくなっています。
また、カードブランドとしてステータスの高いAmericanExpressDiners Cardも同様に、現金化に厳しい姿勢を見せているので注意が必要。

反対に、楽天カードアコム(マスターカード)など、審査が通りやすいカードも悪用されやすいぶん利用停止になりやすい仕組みとなっています。

利用停止になりたくない方に
おすすめの買取業者

まとめ

最低限の注意を守ってAmazonギフト券買取を

amazonギフト券買取は、他に比べてクレジットカードの利用停止リスクが低い現金化の方法。

最低限注意することを守って行えば、安全かつ高換金率で現金を手に入れることができます。