Apple Payで現金化する方法

更新日:2020.01.30
Apple Payで現金化する方法

Apple Payは、アップル社会がiPhoneやiPad、Apple watchに搭載されているお財布機能! クレジットカード電子マネーを、持ち歩かずに一元管理できる便利なApple payですが、この機能を活かして現金化する方法はあるのでしょうか?

Apple Payとは?

Apple Payとは?

Apple Payとは、クレジットカードやSuicaなどを最大で8枚まで登録できる電子ウォレット。

iPhone7以降の全ての機能に対応しており、登録したクレジットカードは、QUIC PayあるいはiDという電子マネーとして、様々なシーンで利用可能です。

Apple Payに対応しているwebサイトや、店頭のレジでTouch ID(またはFade ID)で認証するだけで、あっという間に支払いが完了します。

Apple Payより簡単で
高換金率な現金化方法はこちら

Apple Payを現金化する方法はまだない

Apple Payで現金化する方法はまだない

クレジットカードと紐づけることで、楽に店頭やweb上でお買い物ができるApple Pay

米国では、Apple PayでATMから現金が引き出せるサービスなども導入されています。

ですが残念ながら日本では、Apple Payならではのクレジットカード現金化の方法というものは存在しません。

Apple PayでiTunesカードを購入、転売することもできますが、これはクレジットカードでも同様にできることなので、Apple Payの機能を活かした方法とは言い難いでしょう。

個人間送金アプリに期待

個人間送金アプリに期待

なんだ…全然使えないじゃん…と落ち込んでしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、Apple Payはまだまだ発展途上! Apple Payでクレジットカード現金化できる日も、そう遠くはないかもしれません。

実は、米国でiOS11.2からApple PayでのATM現金引き出しサービスの他に、新機能Apple Pay Cashが利用可能となりました。

Apple Pay Cashとは、iPhoneから他のAppleユーザーに現金を送ることができる個人間送金アプリ

Apple Pay Cashの最大の特徴は、クレジットカードからでも、相手のApple Payや銀行口座に送金できるところです。

この仕組みが日本にも流入すれば、理論上は決済手数料(3〜5%程度)のみの負担で、クレジットカード現金化ができるようになるということですね!

Apple Payより簡単で
高換金率な現金化方法はこちら

Apple Payよりクレジットカードの現金化がおすすめ

クレジットカード現金化におすすめ

カード社会の欧米では、クレジットカード=お金という考え方が一般的です。 このため、クレジットカード現金化も合法的にCash Outという名称で社会に浸透しています

それに比べて、日本では、LINE Payなど個人間の送金アプリはみとめられているものの、クレジットカード現金化自体は法的にグレーゾーン

日本が現段階でApple Pay Cashのシステム採用を見送っているのには、こういった理由があったんですね。

こういった諸事情を鑑みると今の日本では、Apple Payに登録したクレジットカードを、業者に現金化してもらうのがベストな方法です。

インパクト

インパクト

インパクトは換金率保証サービスを導入している優良現金化業者です。
最大換金率も98.8%と非常に高く、対応スピードも早いので多くの方に利用されています。

24キャッシュ

24キャッシュ

24キャッシュは24時間いつでも現金化が申し込める便利な現金化業者です。
対応時間だけでなく対応スピード、換金率の高さのサービスレベルも高いので安心して利用できます。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

なまえの通り、どんなときもどこからでもクレジットカード現金化ができる優良現金化業者です。
手数料が一切かからないので、換金率を1%でも高くしたい方に持ってっこいの業者です。

まとめ

今後のキャッシュレス決済に期待

キャッシュレス決済が推進されている今、Apple Payユーザーは増加の一途をたどっています。

日本でApple Payを活かしてクレジットカード現金化することはまだかないませんが、これからのサービスに期待して動向を見守りましょう。

Apple Payより簡単で
高換金率な現金化方法はこちら