クレジットカード現金化のことならマネーリサーチ

ビットコインでクレジットカード現金化する方法

更新日:2018.11.22
現金化の方法

佐藤 隆道

ビットコインで現金化

クレジットカード現金化の手段は金融関係の技術の発展によって多様化しています。

金券ショップで商品券を購入したり、オークションサイト等でゲーム機やブランド品を購入したりといった従来のスタイルに肩を並べて、新たな方法が次々に考え出されていますね。

決済可能な商品も幅広くなり、Amazonギフト券やiTunesギフトカード等の換金率の高い電子マネーも容易にクレジットカード現金化できるようになりました。

クレジットカードのショッピング枠をプリペイドカードにチャージして、カード会社の利用履歴に残さず現金化を行う方法も見出されています。

それらの方法に加えて、実は、近年話題の仮想通貨「ビットコイン」でも、クレジットカード現金化は可能なんです。

今回はビットコインでクレジットカード現金化を行う方法と、そのメリットとデメリットについて解説してまいります!

話題の仮想通貨ビットコインとは

ビットコインについて疑問に思う女性

ビットコインとは、インターネット上でのみ流通している文字通り仮想の通貨です。

円やドルのように実物の紙幣や貨幣があるわけではなく、インターネット上で国や地域に左右されることなく取引をすることが可能です。

ビットコインには通貨をひとまとめに管理する「中央銀行」のような組織が存在しません。
簡単に言えば、利用者みんながインターネット上で行われる取引の記録を監視しあうことで、取引の信用性を担保しているんです。

ビットコインの流通情報を記録した1つのデータベースがインターネット上に存在し、利用者全体が取引履歴をそこに保存していくシステムです。

全体を取り締まり管理を行う銀行の介入がないので、利用者同士が直接、平等にビットコインを売買できる体制が整っています。

ビットコインの流通体制は従来の思想にはない斬新なもので、経済を動かす新たな可能性を見出しました。

まだまだビットコインでの支払いに対応しているお店は少ないですが、円やドルといったこれまでの通貨に、取って代わる可能性を秘めていることから大きな注目が集まっています。

ビットコインでクレジットカード現金化するときの流れ

ビットコインを現金化する時の流れを説明

では、そんな注目が集まるビットコインでクレジットカード現金化を行う際の流れを順番に追っていきましょう!
基本的にクレジットカードに限らず、ビットコインを購入する場合は専門の仮想通貨取引所や仮想通貨販売所で決済を行います。
どこの取引所でも、まずはビットコインを購入するために、専用のお財布アカウントとしての機能を持つ「ウォレット」を設定しなければいけません。

  1. STEP1:まずはビットコインの各取引所サイトへ
    まずはインターネット上から各ビットコインの取引所サイトに向かいます。 ニュースや新聞等から最新のビットコイン情報を推察して、購入時点で一番有効だと考える取引所を選定しましょう。
  2. STEP2:アカウント登録
    ビットコインを貯めておくお財布アカウント「ウォレット」を指示に従って設定しましょう。 アカウント登録は基本的にメールアドレスで行いますが、「Facebook」や「Yahoo!ID」を利用しての承認も可能です。 入力したメールアドレスに確認メールが届くので、添付されたURLから取引所サイトの案内に沿って個人情報などの必要事項を記入欄に入力すれば、登録完了となります。
  3. STEP3:本人確認
    アカウントを作成しただけでは仮想通貨の取引はできません。 仮想通貨を取引するには写真入りの本人確認書類を提出することによる本人確認が必要です。 スマホのカメラなどで運転免許証などの写真を撮って、画像ファイルを提出。 本人確認には多少時間がかかることもあるので、時間に余裕のある時に行いましょう。
  4. STEP4:クレジットカードでビットコインを購入
    無事、本人確認が済めば、クレジットカードでビットコインを購入することができるようになります。

どの取引所でもナビゲーションがしっかりしているため、初心者の方でも安心して利用できますよ。

現在クレジットカード購入が可能な取引所は3つ

クレジットカードで購入できる取引所が3つであることを示す指

問題は、ビットコインに取引所によってはクレジットカード購入ができない場合もあることです。

ビットコインをクレジットカードで購入に対応している取引所は、「bitFlyer」、「Zaif」、「coincheck」の3箇所となります。(最新情報では各取引所のシステムも変動が伺えたため、詳しくは表の下の注意書きをご参照ください)

それぞれで手数料や使用可能日時などの違いが見られるため、まずは各ビットコイン取引所のサービス内容を簡単に比較していきましょう。

クレジットカードでビットコインを購入できる取引所
サービス比較内容 ビットコイン取引所名
bitFlyer(ビットフライヤー) coincheck(コインチェック) Zaif(ザイフ)
対応可能なクレジットカード VISA Master VISA Master JCB VISA Master
最低購入金額 1000円〜 5000円〜 5000円〜
最大購入金額 100万円 100万円 20万円
クレジットカード購入時の出金・送付制限 出金・送付・売却制限1週間 出金制限1週間 出金制限1週間
手数料率(10万円の購入の場合) 9.17% 8.59% 8.51%%

※最新情報

Zaifでのクレジットカードを利用したビットコイン取引は2018年2月9日から中止されています。再開時期については発表されていません。

ビットコイン取引所の信頼性がいま問題視されている

ビットコイン取引所の信頼性の問題を表すスマホの画面

近年では、ビットコイン取引所でのシステムの粗が見え始め、価格相場にも大幅な変動が伺えます。

コインチェックでは、580億円相当額の仮想通貨「NEM」が不正送金され、安全対策や顧客保護の面で信頼性が問題視されています。

Zaifでは、システムの一時的なエラーにより、2200兆円ものビットコインを0円で購入させてしまい、存在し得ない額のビットコインの売買によるノミ行為の疑いが持たれています。

重要な点は、ビットコインという経済理論自体が破綻しているわけではなく、トラブルの問題原因がきちんとした運営を行えていない取引所の現状にあること。

ビットコインの流通が安定すれば今後の価格相場にも直接的に反映されるため、クレジットカード現金化狙いの方は今度の動向を抑えつつ、最前のタイミングで売買を行いましょう。

クレジットカード購入したビットコインを現金化するには

ビットコインで現金化する方法

続いてはクレジットカード購入したビットコインを現金化するための手段を見ていきましょう!

ビットコインの取引所で換金する

クレジットカードで購入したビットコインは、同じ取引所で換金もできてしまいます。

もっともオーソドックスかつ安全な換金方法は、取引所でビットコインを売却し日本円に換金する方法です。

ビットコインから換金した日本円をウォレットから自分の銀行口座へと出金するという流れで現金化を行います。

取引所の運営意図は売買ではなく、ビットコインの利用者同士が売買できるよう場所を提供している仲介者のような位置にあるんですね。

もちろん、自分がビットコインを購入した取引所ではなくとも売却は可能なので、どこで売却すれば利益に繋がるのか、各取引所のレートをしっかりと見定めましょう。

仮想通貨両替商にビットコイン現金化を依頼する

仮想通貨両替商にビットコインの現金化をお願いする女性

自分でビットコインを購入してはみたものの、現金化までの工程がいまいち掴めず、手をこまねいている方もいらっしゃるかと思われます。
そうした方におすすめなのが仮想通貨両替商を利用した現金化です。

仮想通貨両替商とはビットコインの売却を代わりに行ってくれる現金化代行サービスです。

両替商のアカウントに自分が所有しているビットコインを送金すると、少しの手数料で現金化を代行してくれます。

また、オンラインだけでなく、実際の店舗でも営業をしているため、直接手渡しで現金を受け取ることも可能です。

ビットコインの売却方法がわからず不安に感じていたり、手っ取り早く現金化したいという方にはおすすめですね。

ビットコインATMで現金化する

両替したビットコイン

ビットコインは専用のATMでも現金化することが可能です。

一般的にコンビニで普及している銀行ATMとは異なり、六本木や銀座などの都内で経営しているバーやレストランといった施設に集中的に設置されています。

現在は東京に台数が集中しているため使い勝手が悪く思われそうですが、ビットコインの人気とともにじわじわと普及率が高まっています。

バンドルカードにビットコインをチャージ

スマホのバンドルカードにビットコインをチャージ

ビットコインに対応しているプリペイドカード「バンドルカード」にチャージすることで現金化する方法もあります。

バンドルカードとは、カード内にチャージしたお金で買い物ができるプリペイドカードのこと。

クレジットカード決済したビットコインをバンドルカードにチャージして、Amazonギフト券等の換金性の高い商品を買い、換金すれば、間接的な現金化となります。

ただ、バンドルカードへのチャージが可能な取引所はコインチェックのみとなるため、利用手段としては限定されそうです。

またコインチェックは前述どおり、本来あるはずのない数のビットコインでの取引が問題視されているため、バンドルカードを通したい方は今後のシステム向上を見てクレジットカード現金化を行いましょう。

ビットコインでクレジットカード現金化を行うメリット

ビットコインで現金化を行うメリット

続いてはビットコインでクレジットカード現金化を行うメリットを見ていきましょう!

24時間いつでも購入できる

24時間いつでも購入できる

クレジットカードでビットコインを購入する場合は、スマホさえあれば24時間場所を選ばずに購入することができます

銀行の営業日を気にせず、現金化に好都合なレートに合わせて好きな時に購入できるのは良い条件ですよね。

夜間帯に急にビットコインの価格相場が変動を見せても、クレジットカード決済であれば関係なく購入することができます。

利益を出せる可能性がある

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、価格の変動が激しい商品です。

ですから、クレジットカードで購入してから支払いのタイミングまでの間にも、十分に利益を出せる可能性があります。

上手なタイミングで売買することができれば、現金化した上に利益が生じる可能性があるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ビットコインでクレジットカード現金化を行う際の注意点

ビットコインで現金化を行う注意点

続いてはビットコインでクレジットカード現金化を行う際の注意点について見ていきましょう。

クレジットカード購入だと手数料が高くなる

クレジットカードでビットコインを購入した場合は、普通に銀行口座経由で購入した場合よりも手数料が大幅に高くなります。

例えば10万円のビットコインを購入して提携銀行へ入金を行った場合、手数料として300円程度かかります。

対して、クレジットカードでビットコインを購入した場合、9200円の大きな手数料がかかってしまうんです。

クレジットカードであれば時間帯に縛られず自由にビットコインが購入できるため、通常の売買よりも手数料が加算されるわけですね。

10万円のビットコインからクレジットカード現金化で利益を得るためには、少なくとも手数料を上回る価格変動が起きなければいけません。

すぐにビットコインを売買できない可能性がある

すぐにビットコインを売買出来ず、落ち込む男性

上記のビットコイン取引所のサービス内容比較表にも記載されている通り、クレジットカードからビットコインを購入した場合、1週間程度日本円として出金や別ウォレットへの送金ができなくなる取引所も多いため、すぐに現金化を行いたい場合は不都合と言えます。

クレジットカード購入したビットコインをそのまま売買に持っていくことは可能なので、価格変動が生じた際に売却をすぐ実行できますが、その相場の状態で現金化までこぎつけるかどうかは、1週間後まで分かりません。

ビットコインの売買が不可能な期間にもし急な価格変動が生じて価値が下がると、目標金額の現金化が果たせなくなる可能性も出てくるので注意が必要ですね。

ビットコインでも確定申告が必要

ビットコインは利益を確定した時点で課税対象となります。

ビットコインの現金化を行う方は 確定申告を行う対象であることを知らずに、不適当な処理をしてしまうことも少なくありません。

ビットコインで収益を上げた場合は必ず確定申告を行いましょう。

まとめ

ビットコインで現金化を行う方法まとめ

今回はビットコインでクレジットカード現金化を行う方法とメリット、注意点について解説してまいりました。

現在クレジットカードでビットコインを購入できる取引所は3つと少ないですが、需要の高まりとともにどんどん可能な範囲も拡大することと思われます。

最後に今回の記事の内容を振り返っていきましょう。

  • ビットコインでクレジットカード現金化は可能
  • クレジットカードでビットコインの購入が可能な取引所は現在3つ
  • クレジットカードならば24時間ビットコインが購入できる
  • クレジットカードでビットコインを購入した場合は手数料が大きい
  • クレジットカードでビットコインを購入したら1週間出金不可能となる取引所もある
  • ビットコインの収益でも確定申告が必要

いかがだったでしょうか。

ビットコインの価格相場は変動が激しいため、普通に換金率の高い商品を購入してクレジットカード現金化を行うよりも、タイミングを上手に掴むことができれば、大きなキャッシュバックが見込めます。

しかし、ビットコインは売買者の需要に比例するため、ひとたびニュースでよくない情報が流れれば途端に価格が下落してしまう可能性もある水物です。

価格変動の動きに注意を払いながら効率よくビットコインでのクレジットカード現金化を行いましょう!