携帯のキャリア決済で現金化する方法3選

更新日:2019.11.21
現金化の方法

佐藤 隆道

キャリア決済で現金化する方法3選

携帯料金と一緒に、商品の購入代金を後払いできるキャリア決済。 この仕組みを現金化に活かせば、金欠時でもスマホ1台で現金化業者が用意できるそう。
そこで、携帯キャリア決済を活用した現金化の方法を3つ紹介!
手軽にできる方法から、高換金率を狙える方法まで、お得な現金化の手段を解説します。

キャリア決済とは?携帯会社3社を比較

キャリア決済とは?

キャリア決済とは、携帯電話からIDやパスワードを入力するだけで簡単に支払いができるサービス。 商品の購入代金は、携帯電話の利用料金と一緒に支払えばOKという後払い式の決済方法です。

携帯電話の大手キャリア3社であるドコモauソフトバンクでは、それぞれ以下の名称でキャリア決済サービスを提供しています。

  • ドコモケータイ払い(d払い)
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

それぞれのキャリア決済の特徴を紹介していきます!

ドコモケータイ払い(d払い)

ドコモケータイ払い

ドコモケータイ払い(d払い)は以前まで、最大でも月5万円とやや低めの利用上限額が設定されていました。

しかし2018年3月以降から、満20歳以上なら最大10万円まで利用可能と大きくその枠が広がり、使い勝手がよくなりました。

ドコモケータイ払いで貯まるdポイントは現金化することもできるので、ドコモユーザーの方はそっちの方法を狙ってみてもいいかもしれませんね。

auかんたん決済

auかんたん決済

auにおけるキャリア決済の利用上限額は、満20歳以上で月10万円までとなっています。

サービス利用状況・支払い状況によっても異なりますが、2年以上auの携帯を使い続けていれば、月5万円に設定されている場合がほとんどです。

auかんたん決済で貯まったポイントは、WALLETポイントとしてもauポイントとしても使うことができるので、auユーザーにとっては便利な支払い方法だといえるでしょう。

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクにおけるキャリア決済サービスは。3G通信サービス4G通信サービスの利用者が対象。

一般的にガラケーと呼ばれる3Gケータイは、セキュリティの観点から利用することができません。

満20歳以上で契約期間が3ヶ月を超えていれば、ソフトバンクまとめて支払いで最大月10万円まで利用することができます。

キャリア決済で現金化する3つの方法

キャリア決済現金化する3つの方法

キャリア決済を換金する方法は、主に3つあります。

  1. iTunesカードを購入、転売する
  2. プリベイドカードにチャージして現金化する
  3. キャリア決済現金化業者に依頼する

①iTunesカードを購入、転売する

iTunesカードを購入、転売

携帯キャリア決済を現金化するのに最もお手軽な方法は、iTunesカードを購入、転売することです。

各携帯会社のオンラインショップApple Storeから、iTunesカードをキャリア決済で購入。

専用の買取サイトで転売すれば、換金率75〜80%前後で換金できます。

メールの送受信だけで売買が完了、特に面倒な手続きもないのでサクッと現金化したい方におすすめです。

iTunesカードの
高価買取店

②プリベイドカードにチャージする

プリベイドカードにチャージ

iTunesカードよりも手間はかかりますが、高換金率を狙える方法があります。 それはキャリア決済でチャージしたプリベイドカードを使って、Amazonギフト券を購入、転売する方法です。

各キャリアが発行している以下のプリベイドカードなら、同じ携帯会社のキャリア決済からチャージが可能です。

  • dカードプリペイド
  • au WALLET
  • ソフトバンクカード

キャリア決済でAmazonギフト券を購入することはできませんが、このようにいったん携帯会社発行のプリベイドカードに移し替えれば、高換金率なAmazonギフト券を購入できます!

専門の買取サイトなら、85〜90%前後の高換金率で買い取ってくれます。

ただしこれらのプリベイドカードは、web申し込みから手元に届くまで1週間前後かかるので、急いでいる人には不向きの方法だといえるでしょう。

③携帯キャリア決済現金化業者を利用する

自分で現金化するのは不安…手続き方法がよくわからない、という場合には携帯キャリア決済現金化業者を利用するという方法もあります。

しかし、この手のキャリア決済現金化業者でも、iTunesカードなどのオンライン商品券を購入するように指示される場合がほとんど。

やることは一緒なのに、手数料をとられて換金率が60〜70%前後まで落ちてしまいますので、自分で現金化した方がマシです。

キャリア決済が面倒ならクレジットカード現金化がおすすめ

業者利用ならクレジットカード現金化

どうしても、自分ではなく業者に現金化の手続きをやってほしいという場合は、クレジットカード現金化業者の利用がオススメです。

携帯キャリア決済からは少し離れてしまいますが、クレジットカード身分証1枚で利用OK!

優良店なら85%〜90%の換金率で取引できるので、携帯キャリア決済現金化業者を利用するよりも断然お得です!

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂は、業界初の換金率保証サービスが自慢の現金化業者です。

男性なら限定プランで換金率が3%UP、利用後8日間までなら、他社見積もりとの差額分も振り込んでもらえます。

24キャッシュ

24キャッシュ

急いでいるけど、かといって換金率が低いのもちょっと…という方には、スピード対応No.1の24キャッシュ一択です。

メールなら24時間、電話も23時まで受付という対応力で振込みまで約20分の現金化サービスを提供しています。

アーク

アーク

たくさんの比較サイトで優良業者だとおすすめされているアークなら、初めての現金化でも安心。

初回利用なら90%の換金率保証、さらにマネーリサーチからのお申し込みで最大5%換金率をUPしてもらえます。

まとめ

キャリア決済は賢く現金化しよう

携帯キャリア決済の現金化は、手軽さを目指すなら、iTunesカードを購入・転売する方法がおすすめ。

高換金率を狙うなら、キャリア決済でチャージしたプリベイドカードを使ってAmazonギフト券買取を利用するのがよいでしょう。

ただし、業者に全ての手続きを一任したいという場合でも、携帯キャリア決済現金化業者は換金率が60〜70%前後と低いのでおすすめできません。

もし業者を使うのであれば、80〜90%の高換金率で利用できるクレジットカード現金化業者に依頼しましょう。