電子マネーで現金化する方法

更新日:2019.12.03
電子マネーでクレジットカード現金化する方法

電子マネーを使ったクレジットカード現金化は、安全高換金率! 中でもnanacoWAONなど、一部店舗で金券類が購入できる電子マネーを使えば、お得にクレジットカード現金化ができます。

電子マネーを簡単に現金化する方法

電子マネーを簡単に現金化する方法

それでは最初に、誰にでも!どの電子マネーでもできる、簡単な現金化の方法を紹介します。

以下の方法を使えば、どんな電子マネーでもチャージ残高を現金化することができます。

  • ①返品による払い戻し
  • ②電子マネー専門の買取業者

①返品による払い戻し

払い戻し

自分で金額をチャージしてから利用するプリベイド型の電子マネーは、基本的に払い戻し不可となっています。

しかし、電子マネーで購入したものを店頭で返品すれば、現金で返してもらうことが可能!

一度電子マネーで払った金額を、そのまま電子マネーの中に戻すという処理が、お店のレジではできないためです。

ただし、店員さんに迷惑をかけるという点や、怪しまれやすいということを考えると、何度も利用できる技ではありません。

交通系ICカードなら払い戻しが可能
SuicaPASMOなど、交通系ICカードなら正規の方法で払い戻しが可能です。
みどりの窓口で解約を申し出れば、デポジットの500円とともに、チャージ残高が現金で返ってきます

②電子マネー専門の買取業者

買取専門店に依頼する

ネットで専門業者に依頼すれば、電子マネーを直接買い取ってもらうことも可能です。

ただし、換金率の相場はわずか70%程度。

自分が何もしなくていいという意味では1番楽な方法ですが、高換金率を目指すなら、別の手段を検討した方がいいです。

同じ業者依頼という方法なら、いっそ電子マネーではなく、手持ちのクレジットカードを、ショッピング枠現金化業者にお願いするのがおすすめ。

優良店であれば、換金率85%前後でクレジットカードのショッピング枠を現金化してもらえます。

高換金率の現金化業者

電子マネーでクレジットカード現金化する方法

電子マネーでクレジットカード現金化する方法

クレジットカードで換金性の高い商品を購入すると、カード会社に目をつけられてしまいますが、電子マネーならその心配はありません

カード会社は、クレジットカードから電子マネーにチャージしたところまでしか把握できないので、 電子マネーで換金性の高い商品を購入しても分からないからです。

この性質を利用して、クレジットカードからチャージした電子マネーを使えば、間接的にクレジットカード現金化が可能というわけです。

そこで種類別に、電子マネーでお得にクレジットカード現金化する方法について紹介します!

  • nanacoの現金化
  • WAONの現金化
  • 楽天Edyの現金化
  • au WALLETの現金化

nanacoの現金化

nanacoの現金化

電子マネーやクレジットカードでは、現金化防止の観点から、基本的に金券類が購入できません
このため多くの電子マネーでは、ブランド品や貴金属などそれ以外の高換金率商品で現金化することになるのですが、nanacoは例外なんです!

なんとnanacoならセブンイレブン限定で、金券類を購入することができます。

その中でもおすすめなにはAmazonギフト券で、セブンイレブン店頭ではカードタイプ、店内のマルチコピー機からはシートタイプが購入できます。

ネットの買取サイトに持ち込めば、換金率90%前後で転売できるので非常にお得です!

amazonギフト券は金券ショップで買取不可
amazonギフト券は、買取に特殊な技術が必要なため、金券ショップでは受け付けてもらえません
転売には、iTunesカードやamazonギフト券など、オンライン商品券の買取を専門に受け付けているネット業者を利用しましょう。

WAONの現金化

WAONの現金化

nanacoカードと同じように、WAONも電子マネーの中で金券類が購入できる、数少ない電子マネーです。

WAONはミニストップ限定で、amazonギフト券を購入することが可能です。

amazonギフト券買取業者に依頼して、換金してもらいましょう。

WAON一体型のクレジットカードなら、チャージ残高がなくても、クレジットカードからWAONにチャージ→チャージしたWAONでamazonギフト券を購入、という形で現金化ができます。

楽天Edyの現金化

楽天Edyの現金化

楽天Edyでは、金券類を購入することができません

楽天Edyで購入できるamazonギフト券は、自分のアカウントにチャージして使うタイプのもの。

こういったチャージタイプのamazonギフト券は専門サイトでも買取ってもらえないので、転売目的で購入しないように注意しましょう。

楽天Edyの現金化は、流行りのブランド品や家電製品を購入し、買取ショップやネット上で転売するのがおすすめ

金券類を購入することができないので、わざわざクレジットカードからチャージする意味をあまり感じないかもしれませんが、足がつきにくいという利点を考えると楽天Edyにいったん残高を移し替えた方が安全性は高いです。

また、楽天Edy自体の買取を行なっている電子マネー買取業者も存在しますが、換金率は60%前後と低いのであまりおすすめはできません。

au WALLETの現金化

au WALETの現金化

プリベイド型のau WALLETなら、残高をじぶん銀行の口座で払い出すことができます!

au WALLETのアプリを使えば、5分で残高の払い戻しが可能。

かかるコストは、2万円未満の払出しの場合1回につき200円(税別)、それ以上は払出額の1%(税別)の出金手数料のみなので、かなりの高換金率で現金化ができます

ただし、クレジットカードからチャージしたau WALLETの残高は払い出しできないので、注意が必要です。

クレジットカード現金化業者もおすすめ

クレジットカード現金化業者もおすすめ

電子マネー買取の専門業者は、換金率60〜70%でしかチャージ金額を現金化してくれません。

それにくわえて、クレジットカードから電子マネーチャージ→商品を購入→転売という流れはやや面倒に感じる方も多いではないでしょうか。

それならばいっそ、その電子マネーの残高は普段の買い物で使い切って手持ちのクレジットカードを現金化するというのも1つの手段。

電子マネーの現金化と違って、優良店を利用すれば85%前後という、amazonギフト券の転売とさほど変わらない換金率で、現金化できます。

クレジットカード現金化堂ならクレジットカード身分証さえあれば、手続きはネットで完結最短3分で口座に現金が振り込まれるので、手間をかけずにスピーディに現金を手に入れたいという方におすすめです。

最短3分で
現金化したい方はこちら

まとめ

現金化業者なら手軽で安全

電子マネーの種類によって、最適なクレジットカード現金化の方法は違います。

一部店舗で金券類を購入できる電子マネーなら、クレジットカードからチャージして現金化するのが一番ですが、そうでないならクレジットカード現金化業者の利用が最も手軽でスピーディ。

最近は優良店なら換金率85%前後で取引してくれるところも多いので、自分での現金化に自信がない人は、初めから業者に依頼した方が無難です。