ビール券でクレジットカード現金化する方法

更新日:2019.10.30
ビール券でクレジットカード現金化する方法とは

酒好きな人からもらうと嬉しいビール券ですが、あまり飲酒はしない、という人は使い方に困ってしまいますよね。 そこで今回は、ビール券をお酒以外に使う方法や高換金率で現金化する方法を紹介! ビール券がクレジットカード現金化に使えるかどうかも含めて解説していきます。

ビール券の特徴

ビール券の特徴

ビール券とは全国酒販協同組合連合会(全酒協)が発行しているビールに対する商品券です。

現行のものでは、大瓶ビール(633ml)2本分に相当する784円券と、 缶ビール(350ml)2本分に相当する494円券の2種類があります。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアで利用することができますが、対象商品は店舗によって下記のように異なります。

  • ビールのみ可
  • アルコール商品であれば可
  • 買い物の一部にビールを含んでいれば可
  • 買い物の一部にアルコール商品を含んでいれば可
  • 全ての商品に利用可

また、お釣りの有無も各店舗によって異なるので、自分が行く店舗に直接問い合わせるのが確実です。

ビール券の換金率

ビール券の換金率

ビール券は金券ショップで買い取ってもらえます。 金券ショップの大手有名店である大黒屋と、郵送買取を行っている格安チケットにおけるビール券の買取価格を見てみましょう。

大黒屋格安チケット
券種買取価格換金率
缶ビール券494円487円
98.5%
450円
91.0%
瓶ビール券724円718円
99.1%
680円
93.9%

ビール券の換金率の相場は90%前後となっています。

ただし上記の表はあくまでも最大値。
実際の換金率は店舗によって異なるので、電話で問い合わせておくと安心です。

ちなみにビール券では、左下に小さく書かれた数字の末尾3桁額面を表しています。

ビール共通券

この数字が「457」「674」などと表記されている場合は、昔に発行された旧券

有効期限が一定以上残っていれば買い取ってもらえますが、贈答品として利用できないため換金率は下がります

ビール券を高換金率で現金化する方法

ビール券を現金化する方法

それでは気になるビール券を高換金率で現金化する方法をご紹介していきます。

ネットオークションで売る

ネットオークションで売る

ビール券は額面よりも販売価格が高いので、自分のために買う人はいません。 贈答品としての利用が目的ですから新品同様かつ正規よりも安い値段で出品すれば、ほぼ額面通りで売れる可能性があります。

ビール券の販売価格は、大瓶ビール2本分(784円分)は850円
缶ビール2本分(494円分)は539円となっています。

つまり、大瓶ビール券は1枚あたり66円、缶ビール券は45円の手数料が上乗せされている計算です。

ネットオークションにビール券を出品したい場合は、金券類の出品が規制されていないヤフオク!などで、これより安い値段でまとめ売りするのがおすすめ。

前述したように、手数料や登録手数料などのコストと照らし合わせる必要はありますが、まとまった金額であれば悪くない方法といえるでしょう。

金券ショップに持ち込む

金券ショップで買い取ってもらう

ビール券を現金化するのに1番簡単な方法は金券ショップに持ち込むことです。

郵送買取で額面784円で売れても、送料が600円だったら意味がありません

同じように、ネットオークションでも登録料や出品手数料などで売上が持っていかれ換金率が下がる恐れがあります。

それだったら初めから近くの金券ショップに持ち込んで、さっと現金に変えてもらった方が効率的でしょう。

ドンキホーテなら全商品に利用可能
ビール券はドンキホーテであれば、売り場にある全ての商品に利用可能
自分のために使い切ることができるのである意味換金率100%ともいえる賢い有効活用法だといえるでしょう。

年末にまとめ売りがお得

年末にまとめ売り

ビール券は、平成17年(2005年)10月以降に発行されたものには有効期限が定められています。 現在発売されているビール券の有効期限は平成34年(2022年)3月31日までとなっています。

ビール券に限らず金券類は有効期限が短くなればなるほど価値が下がってしまうので、使わない場合は早めに現金化することをおすすめします。

目安としては半年以上あると安心です。

また、金券ショップとネットオークションどちらを利用するにせよ、ビールの消費量が増える年末年始やお歳暮、お中元の時期まとめ売りすると、高値で売れます。

ビール券はクレジットカード現金化には向いていない

現金化に向いていないビール券

ビール券をクレジットカード購入して転売すれば、高換金率でショッピング枠を現金化できると考えている人もいるかもしれませんね。

しかし、ビール券の購入は全酒協の加盟店や百貨店にて、現金払いのみ。
クレジットカードで購入することはできません

オークションサイトに出品されているビール券を落札して転売するという方法もなくはありませんが手間がかかる上にリスキーです。

金券ショップで買取不可を申し渡されたからこそ出品されたのかもしれませんし、汚れや折り目があって思うように売れない可能性があります。

このようにビール券はクレジットカード現金化には不向きのため、現金が欲しい場合は専門業者に依頼するのがおすすめです。

高換金率のクレジットカード現金化業者

換金率5%UPキャンペーン

マネーリサーチは現在、クレジットカード現金化の有名店アークと提携中です!

ただでさえ換金率90%保証の現金化サービスが、マネーリサーチからのお申し込みでさらに2~5%UPします。

ビール券の換金率が80〜90%であることを考えると換金率95%で現金化できるチャンスのある今がお得です!

アーク×マネーリサーチのキャンペーン 換金率5%UPキャンペーン

その他おすすめのクレジットカード現金化業者

現金化業者の女性

クレジットカード現金化業者を利用すれば、家から一歩も出ずにその日のうちに30分程度で現金が手に入ります。 優良店をいくつかピックアップして紹介するので自分にピッタリの現金化業者を見つけてくださいね。

24キャッシュ

24キャッシュ

金券ショップに行く時間すら惜しい、というお急ぎの方におすすめなのが24キャッシュ。
9:00~23:00という、業界でも最長の営業時間で、深夜、早朝、土日でも対応してくれます。
振込速度も平均20分と、スピードが光る現金化業者です。

スマイルギフト

スマイルギフト

意外かもしれませんが、クレジットカード現金化はもともと女性利用者数の多いサービス。
女性利用者に特化しているスマイルギフトなら少額から受付OK、女性オペレーターが対応してくれるので安心ですよ。

キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジ

換金率が高く、キャンペーンも充実しているキャッシュチェンジ。
個人情報保護などセキュリティ面に配慮があるので、とにかく安全にクレジットカード現金化したいという方におすすめの老舗です。

まとめ

それでは最後にビール券の特徴高換金率で現金化できる方法について、分かったことをまとめてみましょう。

  • ビール券が使える商品、お釣りの有無は店舗によって異なる
  • ビール券はドンキホーテなら、全ての商品に対して利用できる
  • ビール券の換金率は90%前後
  • 年末に金券ショップでまとめ売りするのが高換金率
  • 有効期限に余裕がなかったり、汚れや折り目などがあると換金率が下がる
  • ビール券はカード購入できないので、クレジットカード現金化には向いていない

不要なビール券は、金券ショップで買い取ってもらえば高換金率で現金化できます。

ただし、現金化目的の場合ビール券はカード購入できませんからクレジットカード現金化業者に依頼しましょう。