クレジットカード現金化の方法をまとめて徹底解説

更新日:2020.06.30
クレジットカード現金化の方法をまとめて徹底解説〜1番のおすすめは?

急に現金が必要になった…どうしよう!

そんな時に使えるのがクレジットカード現金化ですが、クレジットカード現金化にも様々な方法があるため、「どの方法を選べば良いかわからない」そんな方も多いでしょう。

このページでは、数多くあるクレジットカード現金化の方法をまとめて、特徴やメリット・デメリットを紹介します!
一番おすすめの方法はどれか、ぜひ最後まで読んであなたにあったクレジットカード現金化の方法を見つけてください。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化とは?

まず、クレジットカード現金化についておさらいしましょう。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を現金に変える資金調達方法です。

クレジットカード現金化は、キャッシング枠が使えない方でもショッピング枠さえ使えれば、即日現金が調達できるため、急な出費でも対応できるため多くの人が利用しています。

クレジットカード現金化は仕組みの関係上、消費者金融やカードローンのような貸金業とは異なるため、無職でも、多重債務者であってもクレジットカードさえ持っていれば、審査なしで資金調達できるのがに人気の理由です。

クレジットカード現金化は違法ではないものの、グレーな資金調達方法なのでどの方法で現金化するかは非常重要です。

クレジットカード現金化については、下記の記事にてさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカード現金化はどんな人に便利なの?
クレジットカード現金化は、2010年の総量規制以来、消費者金融の審査に通りにくくなってしまった主婦・無職の方の受け皿として人気があります。
また、わざわざ消費者金融に借りに行くほどでもないという少額の借金や、信用情報に借金の記録を残したくないという方にも広く利用されています。
安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

クレジットカード現金化の方法は大きく分けて2つ

クレジットカード現金化の方法は大きく分けて2つ

クレジットカード現金化には大きく分けて2つの方法があります。

  1. 自分でクレジットカード現金化をする
  2. クレジットカード現金化業者を使う

1つ目の自分でクレジットカード現金化をするは、簡単に説明するとクレジットカードで買ったものを質屋やオークション・買取業者に持ち込んで現金に変える方法です。

さらに簡単に言うと「転売」で、商品によっては購入した原価よりも高く売れることがありますが、大半は50%〜70%の換金率でショッピング枠を現金化します。

クレジットカード現金化業者は店舗型とネット型の2種類

クレジットカード現金化業者は店舗型とネット型の2種類

クレジットカード業者には店舗型とネット型の2種類があります。

元々は、大きな駅や繁華街の周辺で「カードでお金!」などといった看板をかかげて営業している店舗型のクレジットカード現金化業者が多くありました。

しかし、インターネットが普及してスマホやパソコンを1人1台が当然になっている現代では、店舗はもたず電話やメールだけですべての手続きが完了するネット型の現金化業者が多くなっています。

店舗型は買取方式、ネット型はキャッシュバック方式のクレジットカード現金化を採用している傾向にあります。

店舗型は対面式で、現金を手渡しでもらえるので安心感があるように感じますが、ネット型よりも換金率が低くなっていることが多く、損をする可能性があります。

また一度店舗に入ってしまうと逃げくくなってしまうので、気が変わって別の現金化業者を使いたくなっても、ネット型の現金化業者のように簡単に変更できないので注意してください。

2つ目の方法である、「クレジットカード現金化業者を使う」方法は、そのままの意味でクレジットカード現金化を専門としている業者を利用して現金化することです。

業者によって違いますが換金率の相場は80%〜90%と言われています。

次に、それぞれの方法の特徴、メリットやデメリットを詳しく解説していきます

安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

自分でクレジットカード現金化をする方法とメリット・デメリット

自分でクレジットカード現金化をする方法とメリット・デメリット

自分でクレジットカード現金化をする場合、以下の流れで行います。

  1. クレジットカードで換金率の高い商品を買う
  2. 買った商品を売る
  3. 買取金額を受け取る

換金率の高い商品と書いていますが、換金率をきにしないのであれば何でもよく、誰でも簡単に実践できる手軽さがあります。

クレジットカードで換金率の高い商品

クレジットカードで換金率の高い商品

まずはクレジットカードで換金率の高い物を買いましょう。

商品選びは自分でクレジットカード現金化をする上で最重要ポイントです

商品選びによって手に入る現金の額が変わるのでしっかり選びましょう。

自分で購入できて換金性の高いものは以下の4つ。

  • Amazonギフト券
  • ブランド品・アクセサリー・貴金属
  • ゲーム機・ゲームソフト・電化製品
  • 商品券・新幹線の回数券

Amazonギフト券

Amazonギフト券
  • 換金率:80〜85%
  • 危険度:高い
  • かかる時間:30〜180分
  • 買える場所:amazon公式サイト
  • 換金できる場所:ギフト券買取サイト

少し前まではAmazonギフト券を使った現金化がかなり人気でしたが、最近になってamazonが現金化を目的としたAmazonギフト券の購入を厳しく取り締まっており、少しでも怪しいとAmazonアカウントがBANされてしまうのでやめておきましょう。

ブランド品・アクセサリー・貴金属

ブランド品・アクセサリー・貴金属
  • 換金率:50〜100%以上
  • 危険度:低い
  • かかる時間:1時間〜6時間
  • 買える場所:各ブランド店、オンラインショッップ
  • 換金できる場所:質屋・買取業者

ブランド品やアクセサリー、貴金属は商品1つ1つ高いものの買取金額が安定せず、せっかく10万円を超える商品を買ったのみを関わらず、得られた現金は5万円なんてこともあります。

流行って品薄状態の物やプレミア限定品などが手に入れることができれば100%以上で売れる可能性がありますが、商品を選ぶセンスや目利きが必要ですので失敗するリスクがかなり高いです。

ゲーム機・ゲームソフト・電化製品

ゲーム機・ゲームソフト・電化製品
  • 換金率:60〜85%
  • 危険度:低い
  • かかる時間:1時間〜6時間
  • 買える場所:ゲームショップ、電気屋、amazon
  • 換金できる場所:中古ショップ、リサイクルショップ、買取業者

手に入れやすく最新モデルや最新作を買ってすぐ売ることができれば、安定した金額で売れるのがゲーム機・ゲームソフト・電化製品です。

電気屋にいけば必ず最新のものは置いてますし、ネットで調べれば何が人気で売れているかの判断も簡単です。

ブランド品やアクセサリー・貴金属と同様で、品薄や限定品であれば100%以上の値段がつくこともあり目利きの必要もないので、自分でできるクレジットカード現金化の商品の中ではおすすめです。

商品券・新幹線の回数券

商品券・新幹線の回数券
  • 換金率:85〜96%
  • 危険度:高い
  • かかる時間:1時間〜1週間
  • 買える場所:駅、商品券公式サイト
  • 換金できる場所:金券ショップ・買取業者

新幹線の回数券や商品券は、かなり高換金率で買い取って貰えますが、クレジットカードで購入するのがかなり難しいのでおすすめしません。

特に新幹線の回数券はクレジットカード会社が警戒している換金商品の1つですので、注意しておきましょう

安全に自分でクレジットカード現金化をするならブランド品・アクセサリー・貴金属やゲーム機・ゲームソフト・電化製品で行うのが良いでしょう。

Amazonギフト券や商品券、新幹線の回数券は換金率は高いですが、Amazonやカード会社の監視が厳しいので、危険度が高いためやめておきましょう。

自分でクレジットカード現金化するメリット・デメリット

自分でクレジットカード現金化するメリット・デメリット

自分でクレジットカード現金化をするメリットはあるのでしょうか?

メリットだけでなくデメリットも合わせて紹介しますので、自分でクレジットカード現金化をする前に、本当に自分でするべきなのか確認しましょう。

自分でクレジットカード現金化をするメリット

自分でクレジットカード現金化をするメリット

まずば、自分でクレジットカード現金化する3つのメリットについてお話します。

  1. 換金率が自分で決められる
  2. 自分で行うことの安心感
  3. 自己責任だた割り切れる
1.換金率が自分で決められる

自分でクレジットカード現金化を行う場合、購入する商品や売る場所、タイミングを自分で決められるんで換金率をある程度自分で調節することができます

購入する商品にもよりますが、品薄やプレミア商品を入手できれば買値以上で売ることができるため、換金率が100%を超える可能性もあります。

クレジットカード現金化業者を使った時の換金率の相場は70〜85%だと言われているので、業者よりも高換金率でクレジットカード現金化ができます。

2.自分で行うことの安心感

自分でクレジットカード現金化を行う場合、商品の購入・転売、現金の受取など全てを自分で行います。

全ての手続きを自分で確認してできるため、個人情報漏洩の心配や詐欺にあう不安などが少なく、安心してクレジットカード現金化ができます。

3.自己責任だた割り切れる

仮に業者を利用してクレジットカード会社にバレた場合、現金化業者で何か不手際があったのではないか?と思ってしまいますよね。

しかし、自分でクレジットカード現金化をした場合だと全て自己責任でおこなうことになるので、結果的に失敗したとしても割り切ることができるでしょう。

自分でクレジットカード現金化をするデメリット

自分でクレジットカード現金化をするデメリット

次にクレジットカード現金化を自分でする3つのデメリットについてお話しします。

  1. カード停止リスクが非常に高い
  2. 時間と手間がかかる
  3. 目利きが必要で換金率が不安定
1.カード停止リスクが非常に高い

自分でクレジットカード現金化をすると、現金化業者を利用するよりも失敗するリスクが高くなります。

自分で商品を選び購入するため、さじ加減がわからずに換金率の高いものを一気に購入しがちです。

カード会社はかなり細かく現金化対策をおこなっており、急に高額決済がおこなわれると一時的にカードが利用停止になってしまいます。

決済を通すためにはカード会社に連絡をとらなくてはならず、高額決済が続けば現金化がバレてクレジットカードの利用停止だけでなく、強制解約の恐れもあります。

素人判断でクレジットカード現金化を続けることは難しく、常にカードが使えなくなるリスクを気にしながら行うことになります。

2.時間と手間がかかる

自分でクレジットカード現金化をする場合、即日で現金をてにいれるというのが非常にむずかしくなっています

自分でクレジットカード現金化をする場合、商品を自分で購入して、その後買い取ってもらえる場所へ出向いたり送付する必要があります。

そもそも商品を買いに行く手間と時間もかかりますし、ネット購入の場合だと届くまでにも時間がかかります。

どこで売れば換金率が高くなるかの調査も必要ですし、すぐに現金化必要な方は自分でするのはやめておいた方がよいでしょう?

3.目利きが必要で換金率が不安定

メリットで換金率が高くなる可能性があると説明しましたが、逆に買い手がおらず売れ残ってしまい大損をする可能性があります。

全ては商品を選ぶ目利きが重要になっており、流行や流通状況、市場価値などを細かく把握しておく必要があるので、難易度は非常に高くなっています

安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

クレジットカード現金化業者を使う方法とメリット・デメリット

クレジットカード現金化業者を使う方法とメリット・デメリット

クレジットカード現金化は自分でせずとも、業者を使ってショッピング枠を現金に変えることができます。

今、クレジットカード現金化する方法として1番ポピュラーなのが、インターネットで運営されているクレジットカード現金化業者を利用する方法です。

クレジットカード現金化業者にお願いすれば、自分のショッピング枠を現金化してもらえます。
手順配は以下の通りです。

  1. クレジットカード現金化の公式サイトにアクセス
  2. 申し込みフォームを入力して送信
  3. 業者から折り返し連絡があり、必要な金額分の商品を購入する
  4. 金額に応じた現金が指定口座に振り込まれる

利用方法は簡単で直接業者に電話をかけるか、クレジットカード現金化の公式サイトにアクセスして申し込みフォームを送信するだけ。

あとは業者の指定された商品を購入するだけで、希望金額に応じた商品をカード購入すれば、クレジットカード現金化業者から現金が指定口座に振り込まれます。

申し込み後の入金は、即日・最短5分

クレジットカード現金化に関する知識が0でも、安全・簡単・スピーディに利用できることから、現在もっとも人気のある方法です。

クレジットカード現金化業者の買取方式とキャッシュバック方式の違い

クレジットカード現金化業者の買取方式とキャッシュバック方式の違い

クレジットカード現金化業者にが買取方式とキャッシュバック方式の2種類があります。

買取方式は業者が用意している商品を購入してもらい、その場で即買取をおこなって現金を渡す方式 となっており、自分でクレジットカード現金化を方法の商品の購入から転売までを1つの業者でまかなえる仕組みとなっています。

対してキャッシュバック方式は、商品購入の特典として現金をキャッシュバックする方法で、換金性の高い商品を使わずクレジットカード現金化ができるので、カード会社に怪しまれにくく安全な方法となっています。

店舗型の業者は買取方式、インターネット運営の業者はキャッシュバック方式を採用している傾向が強く、買取方式よりキャッシュバック方式の方が安全かつ高換金率となっています。

この記事で紹介するクレジットカード現金化業者はすべてキャッシュバック方式となっています。

クレジットカード現金化業者を使うメリットとデメリット

クレジットカード現金化業者を使うメリットとデメリット

クレジットカード現金化業者にもメリットだけでなく、デメリットはあります。

メリットだけでなくデメリットを合わせて紹介しますので、クレジットカード現金化業者を使うか迷っているかたは、ぜひ最後まで読んでください。

クレジットカード現金化業者を使うメリット

クレジットカード現金化業者を使うメリット

まずはクレジットカード現金化業者を使うメリットについてお話しします。

  1. 誰でも簡単に利用できる
  2. 換金率が安定して高い
  3. 即日中に現金が手に入る
1.誰でも簡単に利用できる

クレジットカード現金化業者はクレジットカードを持っている方であれば、誰でも利用できます。

利用するにあたって審査はありませんので、キャッシング審査に落ちた方や無職や主婦の方でも問題なく使えます。

2.換金率が安定して高い

クレジットカード現金化業者は利用金額に応じて、換金率が高くなるのですが業者によっては最低換金率が設定されており、安定かつ高い換金率でクレジットカード現金化が行えます

相場では70%〜80%と言われていますが、換金率最大98.8%を誇るクレジットカード現金化業者もあります。

365日24時間振込が可能
以前までは、自分の持っているネット銀行口座に対応する業者を探さないと、銀行が閉まる平日15時以降や土日祝日にクレジットカード現金化することはできませんでした。
しかし、2018年10月9日、銀行の送金システムの改正にともなって、メガバンク地方銀行口座でも365日24時間即日振込が可能になりました。
3.即日中に現金が手に入る

クレジットカード現金化業者は対応がかなり早く、申し込んでから最短3分で現金を入金してくれる業者もあります。

初めてクレジットカード現金化業者を使う場合は、サービス説明や本人確認があるので少し時間がかかりますが、それでも20分〜1時間程度で現金が入金されます

クレジットカード現金化業者を使うデメリット

クレジットカード現金化業者を使うデメリット

次にクレジットカード現金化業者を使うデメリットを紹介します。

  1. 悪質な詐欺業者がいる
  2. 利用金額が少ないと換金率が低くなる
  3. 便利で使いすぎてしまう
1.悪質な詐欺業者がいる

クレジットカード現金化は基本的にグレーな資金調達方法です。

違法性はないものの、クレジットカード会社の利用規約には違反するので、カード会社にバレずに行わなくてはいけません。

グレーな資金調達方法なだけあって、運営している業者もグレーなところが多く、なかには悪徳な詐欺業者が存在します

ネット中心の業界ですので、詐欺業者とわかればすぐにつぶれてしまうのですが、名前を変えてすぐに営業を再開している状況です。

詐欺に合わないためには、しっかり業者比較を行うことが大切です。

2.利用金額が少ないと換金率が低くなる

クレジットカード現金化業者は利用金額に応じて換金率が変わるため、少ない金額の現金化だと換金率が低くなってしまいます

1万円程度の利用だと、どうしても換金率は低くなってしまいます。

少額で利用する場合は、最低換金率が保証されているクレジットカード現金化を利用するのがおすすめです。

3.便利で使いすぎてしまう

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば、誰でも・いつでも・どこでも利用できてかなり便利です。

分割払いやリボ払いにも対応しているので、ついつい使いすぎてしまいがちです。

ショッピング枠にも上限がありますし、上限いっぱいまで利用すると日常生活でクレジットカードが一切使えなくなります。

借金ではないものの、使った分はカード会社に支払うことになりますので注意しましょう

安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

安全なクレジットカード現金化業者を選ぶ方法

安全なクレジットカード現金化業者を選ぶ方法

クレジットカード現金化業者には悪質な詐欺業者がいるとお話ししましたが、詐欺業者さえ見分けることが出来れば、安全にクレジットカード現金化ができます

ここでは安全なクレジットカード現金化業者を選ぶ方法についてお話しします。

クレジットカード現金化業者の優良店のポイントは以下の3つです。

  • 公式サイトをチェックする
  • 口コミ評判をチェックする
  • 電話などでスタッフ対応を確認する

公式サイトをチェックする

公式サイトをチェックする

まずはクレジットカード現金化業者の公式サイトを確認します。

利用者にわかりやすく・見やすいサイトの作りが優良店の特徴で、換金率や対応時間などクレジットカード現金化に必要な情報ががわかりやすく丁寧に説明されているかを確認しましょう。

また換金率100%などの誇大広告がないか、クレジットカード現金化業者の運営者情報がしっかりと記載されているかも確認してください

口コミ評判をチェックする

口コミ評判をチェックする

口コミや評判を確認することも大切です。

比較サイトには様々なクレジットカード現金化業者の口コミや評判が掲載されています。

書き込まれている口コミや評価が全て真実ではありませんが、参考程度にするのは良いと思います。

高評価しかない、または低評価しかない業者は捏造の可能性があるので注意してください。

電話などでスタッフ対応を確認する

電話などでスタッフ対応を確認する

最後に試しにクレジットカード現金化業者に電話してみて、スタッフの対応を確認しましょう。

しっかり運営されている業者であれば非通知でかけてもでてくれます。非通知でかけて出なかった業者はやめておくべきでしょう。

電話がつながったあとは、スタッフの対応を確認しましょう。

初めてクレジットカード現金化をすることを伝えて、しっかりサービス内容を説明してくれるかで判断できるでしょう。

あからさまに態度が悪ければ、電話を切ってしまえば良いでしょう。

安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

即日でクレジットカード現金化をする方法

即日でクレジットカード現金化をする方法

クレジットカード現金化は消費者金融やカードローンのような審査は一切なく、クレジットカードさえ持っていれば誰でもできます。

審査もなく、クレジットカードさえ持っていれば良いの、「今すぐお金が欲しい!」という時に頼れる現金調達方法なのですが、「即日」でクレジットカード現金化する方法は限られています。

即日でクレジットカード現金化をする場合のおすすめの方法は「クレジットカード現金化業者を利用する」です。

自分でもできるなら、その方が早いのでは?」と思う方もいるでしょうが、自分でする場合は商品をすぐ受け取れるものではなくてはならず、近くにその商品を買い取ってもらえる場所がなくてはいけません。

そんな都合よく、売る物と買い取ってくれる場所が揃っているでしょうか?
また、自分でクレジットカード現金化をする場合、購入から転売まで自分で行動しなくてはならず、時間に余裕がなければ即日で終わらせるのはできないでしょう。

クレジットカード現金化業者を利用すれば、初めて使う業者であっても20分〜60分程度で現金が指定口座に振り込まれます。

自分で商品を買って「いくらくらいになるだろう?」と不安に考えながら現金化するよりも、最初から金額を伝えれば欲しい金額が受け取れるクレジットカード現金化業者を使う方がおすすめです。

即日対応ができる
クレジットカード現金化業者はコチラ

少額のクレジットカード現金化をする方法

少額のクレジットカード現金化をする方法

クレジットカード現金化は基本的に利用額が大きいほど、換金率が高くなる傾向にあるため少額の利用だと損する気がします。

しかし、少額でクレジットカード現金化でも以下の3つのメリットがあります。

  • 1万円程度の少額のクレカ現金化はバレにくい
  • 手続きにかかる時間が早いのですぐ現金が手に入る
  • ショッピング枠残高をあまり気にする必要がない

少額のクレジットカード現金化をする方法にもいくつかありますが、カード会社にバレるリスクを考えるなら、クレジットカード現金化業者を使うのがおすすめです。

お得に少額のクレジットカード現金化をする際は以下のポイントに気をつけましょう。

  1. 必要な金額分だけ現金化する
  2. 少額でも利用できる業者か調べる
  3. 利用額の換金率と手数料を確認する

上記のポイントに気をつけて優良店を探せば、少額でも問題なくクレジットカード現金化ができるでしょう。

クレジットカード現金化の手数料について解説

クレジットカード現金化の手数料について解説

クレジットカード現金化には、換金率とは別に手数料を取る現金化業者があります。

手数料とは現金を振り込む時にかかる費用や、企業がカード会社に払わなくてはいけない費用をまとめて請求されています。

手数料がかかる場合は、手数料を引いた金額が指定口座に振り込まれるので、手続きをする際に現金を支払うことはありません。

振り込む直前になって、「手数料が〇〇円かかりますので差し引いた金額を入金します。」といった後引きの手数料がかかることもあるので、事前に手数料の有無や金額目安などを必ず聞いておきましょう。

少額利用可能な
クレジットカード現金化業者はコチラ

おすすめクレジットカード現金化業者

おすすめクレジットカード現金化業者

安全なクレジットカード現金化業者を選ぶ方法を紹介しましたが、初めてクレジットカード現金化をする方にとってはどれも難しいことかもしれません。

そこで!当サイトが実際に利用して選んだおすすめのクレジットカード現金化業者を紹介します。

どの業者も業界トップクラスの安全性・換金率・対応スピードを兼ね備えた優良店ですので、ぜひ利用してみてください!

あんしんクレジット

あんしんクレジット

あんしんクレジットは18年という創業的の長さにも関わらず、カードトラブル0件という驚きの実績を持つ老舗です。

業界内でもトップクラスの最高換金率98.8%と非常に高いので、少額利用の現金化でも安心です。

換金率・振込スピードなど全体的なスペックもかなり高いので、初めの1社にうってつけの優良店だといえるでしょう。

アイラス

アイラス

アイラスは最大換金率98%と換金率の高い現金化業者です。

女性スタッフも多数在籍しているので、男性に話しにくい女性でも安心して利用できます。

カードトラブルも創業以来ゼロなので、安全性も高くおすすめです。

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジット

どんなときも。クレジットは業界最安の手数料0円

1万円〜10万円の少額利用でも90%以上の換金率で現金化ができる、最近口コミ評判で話題の業者です。

創業以来カードトラブルゼロと安全性も高いので安心して利用できます。

業者を使わないクレジットカード現金化は危険

業者を使わないクレジットカード現金化は危険

クレジットカード現金化には自分でやる方法と、現金化業者を使う方法の2つがあるとお話ししましたが、現金化業者を使わないクレジットカード現金化は危険なのでやめておきましょう。

現金化業者が信用できないから自分でやりたい!」と思う方もいるでしょうが、クレジットカード現金化は自分でやる方がカード会社にバレるリスクが大きいです。

クレジットカード現金化は違法ではないものの、カード会社の利用規約に違反することになります。

カード会社にクレジットカード現金化がバレると、カードの利用停止をはじめ、未払い分の一括請求や最悪の場合だと強制解約になる可能性があります。

換金率の高いものを購入するほど、カード会社は現金化を警戒します。

1度だけの現金化であればバレにくいでしょうが、何度も購入しているとすぐに確認の電話が入ります。

クレジットカード現金化はなぜ業者を使う方がバレにくいのかですが、クレジットカード現金化業者はカード会社に察知されにくい特殊な方法で決済を行うため安心なのです。

業者を使わずにクレジットカード現金化するよりも、業者を使って現金化をする方が安全であることを理解しておきましょう。

おすすめ優良店の
クレジットカード現金化業者はコチラ

商品券を大黒屋に転売するクレジットカード現金化方法

商品券を大黒屋に転売するクレジットカード現金化方法

クレジットカード現金化でまず思いつくのが、商品券や金券などを購入して大黒屋などの金券ショップに買い取ってもらう方法でしょう。

確かに、大黒屋であれば商品券などを高換金率で買い取ってくれるのでお得です。

しかし、この方法を実現するのはかなり難しくなっています。

なぜなら、商品券やギフト券などの金券は基本的にクレジットカードで買えないのです。

JCBカードならインターネットでJCB商品が購入することができる」といった例外があるものの、簡単に購入することができず、購入してから手元に届くまで1週間程度の時間がかかります。

また、インターネットで商品券を買うと発行手数料が別途かかることがあるので損するので注意しましょう。

やめておくべき?クレジットカード現金化の裏ワザ

やめておくべきクレジットカード現金化の方法

ここまで、自分でクレジットカード現金化をする方法とクレジットカード現金化業者を使う方法の2つを紹介しました。

上記の2つ以外にもクレジットカード現金化ができる裏ワザ的な方法があるので紹介します。

ただし、ここで紹介する方法は人間関係が崩壊したり、一部のお店で買い物がしづらくなる可能性がありますのでおすすめしません。

幹事となって飲み会を開く

幹事となって飲み会を開く

幹事となって飲み会を開き、お会計を自らまとめてカード支払いすれば、みんなの勘定分が現金で手に入ります。

調達したい金額が高額であればあるほど多くの人を集める必要がありますが、手数料は自分の飲み代だけだと思うと何だかお得な気持ちになります。

やるかどうかはあなたの道徳的観念しだいですが、幹事の手間賃だと思って、一人当たりの料金を少しだけ水増し請求すれば、さらなる換金率UPが狙えます。

飲み会を開いた経緯がバレると人間関係が崩壊する可能性があるので、おすすめはできません。

カード購入した商品を返品する

カード購入した商品を返品する

通常、クレジットカードで購入した商品の返金処理は、同じくカード内で行われるのが基本です。

しかしお店のシステムによっては、商品の購入後3日目以降であれば、現金で返金される可能性があります。

カード決済の承認が確実におりている3日目以降だと、カード内での返金処理をするのがやや複難になるためです。

カード購入したものが、現金で返金されれば、当然換金率は100%です!

今のところ、ドン・キホーテやユニクロの一部店舗ではカード購入商品を現金で返金してくれるという報告がありますが、返金規定は各店によって異なる他、そもそも返品自体が認められないケースもあります。

失敗すれば換金率0%、さらに店員さんに迷惑をかけてしまうことも考慮に入れて、自己責任で行動しましょう。

クレジットカード現金化を疑われた時の対処方法

クレジットカード現金化を疑われた時の対処方法

クレジットカード現金化は、違法ではないもののクレジットカード会社の利用規約には違反します。

クレジットカード会社にクレカ現金化がバレると、カードの利用停止や未払い分の一括請求、強制解約など大きなペナルティがあるので絶対にバレてはいけません

カード会社によっては、クレジットカード現金化に対してかなり警戒していることがあり、高額な決済をすると確認の電話がかかってくることがあります。

その電話をかけてきている時点で、現金化だと疑われている可能性が非常に高いです。

クレジットカード会社に現金化を疑われたときは、下記の対処方法を参考にしてください。

  • 作ったばかりのクレジットカードで現金化しない
  • 高額決済の理由を用意しておく(プレゼントを買ったなど)
  • ギフト券購入の場合はイベントの景品に使うなどの理由を用意する
  • 一度確認の電話がかかってきたカードは2度と現金化に使わない

そもそも疑われないことが大切なので、自分で現金化をするのではなくクレジットカード現金化業者を使う方がバレずに安全なのでおすすめです。

また、作ったばかりの新しいクレジットカードで現金化するのはやめておきましょう。

現金化用クレジットカード作って現金化した人は、すぐカード会社にバレています。

カード会社は信用情報や利用履歴をもとに現金化かどうか判断しています。

全く使っていないカードだと利用履歴が一切ないので、かなり怪しまてしまうのです

もし、カード会社から電話がかかってきたた、購入した経緯をしっかりと詳しく話しましょう。

あからさまにクレジットカード現金化であると判断されない限り、1度目であれば警告程度で済むはずです。

ただし、1度怪しまれたカードは2度とクレジットカード現金化にしないでください

1度現金化を怪しまれたクレジットカードは監視対象となってしまうので、数万円単位の利用でも電話がかかってくるようになってしまいます。

基本的にクレジットカード現金化はカード会社にバレないことが必須です。

バレないためには、クレジットカード現金化業者を利用するのが1番安全だと言えるでしょう。

安全かつ高換金率な
クレジットカード現金化業者はコチラ

業者を使ってクレジットカード現金化するのがおすすめの方法!

業者を使ってクレジットカード現金化するのがおすすめの方法!

今回はクレジットカード現金化の方法についてお話ししました。

結論としては、「業者を使ってクレジットカード現金化するのがおすすめ」ということです。

自分でクレジットカード現金化をする方法は数多くあるのですが、カード会社バレるリスクが高い割に換金率が安定せずハイリスクローリターンです。

高換金率で簡単にできると話題になったAmazonギフト券の現金化も、amazonがアカウントBANの対策をしており、あまりに多くの方が利用したため換金率も低下の傾向にあるのでおすすめできません。

クレジットカード現金化業者なら安全かつ安定した換金率で現金化ができるうえに、申し込んだその日に現金を手に入れることができます。

クレジットカード現金化をする方法で悩んでいる方は、ぜひクレジットカード現金化業者をつかって現金をしてみてください。

当サイトおすすめの
クレジットカード現金化業者はコチラ