PiTaPaを使って現金化する方法を徹底調査

更新日:2019.11.21
現金化の方法

佐藤 隆道

PiTaPaを使って現金化する方法を徹底調査

PiTaPaはスルッとKANSAI競技会が展開するICカード型の電子マネーです。pitapaを使って現金化ができるか調査しました。PiTaPaの特徴や種類、現金化方法と、PiTaPaよりも簡単かつ高換金率な現金化方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

PiTaPaの特徴・種類

PiTaPaの特徴・種類

PiTaPaは近畿・東海・北陸の一部、岡山県の鉄道・バス事業者が導入しているICカード型の電子マネーで、SuicaやICOCAと同じようにソニー開発のICカードであるFeliCaを採用しています。

しかし、SuicaやICOCAと大きく違う点があり、PiTaPaが乗車ICカードとしては世界初のポストペイ(後払い)方式になっていることです。

ポストペイ方式とは、商品やサービスに対してPiTaPaを使って使用した金額を後からクレジットカードや銀行口座から引き落とす方式です。PiTaPa以外でいうと、iDやQUICPayが採用している方式です。

事前チャージしていなくても気軽に支払いが行え、電車やバスだけでなく、コンビニ・関西圏の商業施設・スーパー・本屋・家電量販店など幅広く使えるため便利です。

PiTaPaの種類

PiTaPaの種類

PiTaPaはカードの種類が豊富で、PiTaPa機能のみの単体カードだけでなくクレジットカードとPiTaPaの機能が1つになったタイプもあります。

PiTaPaのカードラインナップの一部を紹介します。

  • PiTaPaベーシックカード
  • エメラルドSTACIA PiTaPaカード
  • 阪神タイガースSTACIA PiTaPa JCBカード
  • ペルソナSTACIA PiTaPaカード
  • 阪急阪神第一ホテルグループ STACIA PiTaPa VISAカード
  • タカラヅカレビューSTACIA VISA カードP
  • スタシアサイカ ピタパVISAカード
  • スタシアサイカ ピタパJCBカード
  • STACIA PiTaPa NCカード
  • e-kenet PiTaPa
  • KOBE PiTaPa
  • OSAKA PiTaPa

ここでは紹介していないものを合わせると、35種類ものPiTaPaカードが存在します。

PiTaPa機能のみの単体カードだけでなくクレジットカードとPiTaPaの機能が1つになったタイプの他にも、PiTaPaとは分離されているが、クレジットカードが字で自動で紐づいてはいるがタイプもあり、用途に合わせて使い分けられるのは便利ですね。

PiTaPaを使った現金化方法

PiTaPaを使った現金化方法

PiTaPaはSuicaやICOCAとは違いポストペイ方式を採用しています。ポストペイ方式はうまく活用することで現金化はできるのでしょうか?ここでは、PiTaPaを使った現金化方法を紹介します。

PiTaPaを使った現金化は、『PiTaPaで買った商品を転売する』方法が考えられます。

PiTaPaは関西圏だけですが、商業施設や本屋、家電量販店など幅広店舗で使うことができます。ブランド品や家電・本・ゲームなどを購入して、買取業者に持って行くか、フリマアプリやオークションに出品することで現金化ができます。

しかし、この方法には以下のデメリットがあります。

  • PiTaPaのショッピング枠の上限が1ヶ月5万円
  • 換金率が安定しない
  • 商品によっては売れない
  • 現金が手に入るまでに時間がかかる

まず、PiTaPaにはショッピング枠の上限があり、1ヶ月につき5万円までとなっています。また、商品選びが非常に重要で商品によっては50%でしか買い取ってもらえなかったり、物によって売れない可能性まで出てきます。

買取業者で買い取ってもらにしろ、フリマアプリやオークションに出品するにしろ現金が手に入るまでに時間と手間がかかるので、急いで現金を手に入れたい方には不向きです。

総合的に考えて、PiTaPaを現金化に使うのはおすすめできません

PiTaPaより簡単で高換金率な現金化方法

PiTaPaより簡単で高換金率な現金化方法

PiTaPaは現金化に使うのはおすすめできないと前述しましたが、PiTaPaよりも簡単で高換金率な現金化方法があります。ここでは簡単・安全・高換金率なクレジットカード現金化業者の利用についてお話しします。

PiTaPaにはクレジットカード一体型や紐づいているものが多数あります。そのクレジットカードを業者を利用することで現金化をするのです。

クレジットカード現金化業者は、指定された商品を購入した特典として現金をキャッシュバックしてもらうことでショッピング枠の現金化をします。スマホやPCなどインターネットが使える環境があれば、いつでもどこでも利用できて即日入金も可能となっています。

クレジットカード現金化業者は換金率が88%〜98%と非常に高くなっており、簡単・安全に誰でもお金を手に入れられることから現金化の中でも人気のある方法となっています。

クレジットカード現金化で、最も大切なポイントはどの業者を利用するかです。換金率や対応の早さ、サポート体制などは業者によって大きく違っています。

しかし、初めて現金化をする方は何を基準に業者を選んだら良いかわからないと思いますし、忙しい方は業者を探す時間が取れない方もおられると思います。

そこで当サイトが実際に利用して選んだ優良業者を3つ紹介します。どの業者も業界トップクラスのサービスを提供してくれるので、現金化業者選びで困っている方はぜひ利用してみてください。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂は、業界トップクラスの換金率・対応の早さ・サポート体制を持ち、多くの方に利用されている人気の現金化業者です。

利用後に他社の方が換金率が高かった場合でも、8日間までなら返金対応をしてくれるので安心して利用できます。

初めて現金化するので何もわからない方に対しても、スタッフが丁寧に対応してくれるのでおすすめです。

24キャッシュ

24キャッシュ

24キャッシュは換金率・対応の早さ・スタッフの対応など全てが高水準の現金化業者で、ネット上での口コミでも高い評価が多く基本的にはどんな人にもオススメできる業者です。

土日祝日や平日深夜でも利用できて、どの業者にしようか迷っている方や、忙しくて時間が取れない方はぜひ24キャッシュを使ってみると良いでしょう。

キャッシュライン

キャッシュライン

キャッシュラインは、創業5年ほどの新しい現金化業者ですが、すでに高い評価を得ており多くの方に利用されています。

業界で初めてLINEで申し込みに対応しており、電話やメールはちょっと…という方でも気軽に問い合わせできるようになっています。

まとめ

PiTaPaを使って現金化する方法を徹底調査まとめ

今回はPiTaPaに特徴や種類、現金化方法と合わせてPiTaPaよりも簡単かつ高換金率な現金化方法を紹介しました。最後にポイントをまとめましたのでおさらいしていきましょう。

  • PiTaPaはポストペイ(後払い)方式の交通系ICカード型電子マネー
  • チャージ不要でクレジットカードや銀行から自動で引き落とされる
  • PiTaPaカードは35種類以上
  • PiTaPaで現金化方法は買った商品を転売する
  • PiTaPaのショッピング枠の上限が1ヶ月5万円
  • 換金率が安定しない
  • 商品によっては売れない
  • 現金が手に入るまでに時間がかかる
  • 上記理由があるのでPiTaPaは現金化に不向き
  • PiTaPaよりクレジットカード現金化の方が簡単・安全・高換金率
  • 業者を利用すれば88%〜98%に換金率で現金化ができる
  • クレジットカード現金化は業者選びが最も大切

PiTaPaは、SuicaやICOCAなどの他の交通系電子マネーとは違い、ポストペイ方式が採用されており便利だが現金化には向いていないです。

PiTaPaを使って現金化するよりもクレジットカード現金化業者を利用する方が、簡単・高換金率・安全に現金が手に入ります。当サイトでは、現金化業者を実際に利用して比較評価していますので、どの業者を選んだら良いかお困りの方はぜひ参考にしてください。