楽天Edyを使って現金化する方法を徹底調査

更新日:2019.11.21
現金化の方法

佐藤 隆道

楽天Edyを使って現金化する方法を徹底調査

楽天Edyは楽天Edy株式会社が提供する電子マネーです。今回は楽天Edyを使って現金化ができるか徹底調査しました。楽天Edyの特徴や現金化する方法、その他にもおすすめの現金化方法も合わせて紹介します。

楽天Edyの特徴と種類

楽天Edyの特徴と種類

楽天Edyは楽天Edy株式会社が提供する前払い(プリペイド)方式の電子マネーです。全国のEdyが設置されているコンビニやスーパーなど様々な店舗で使えます。

楽天Edyには大きく分けて以下の種類があります。

  • カードタイプ
  • モバイルタイプ
  • その他

カードタイプは楽天Edy専用カードの他にクレジットカード一体型や、コンビニで売られているAmazonギフト券やiTunesカードのようなPOSA型などが一般的です。

モバイルタイプは、NTTドコモ・au・ソフトバンクのおサイフケータイで電子マネーEdyアプリをダウンロードすることで使え、チャージすることで携帯電話をかざすだけで買い物ができるようになります。

カードタイプやモバイルタイプの他に、Edyがついたフィギュアやストラップやリストバンドなども発行されています。

楽天Edyは現金化に向いていない

楽天Edyは現金化に向いていない

結論から言うと、楽天Edyは現金化するには向いていません。それは以下の理由があるからです。

  • チャージ上限額が低い
  • 金券類は一切買えない
  • 一部のクレジットカードでチャージができない

それぞれの理由について詳しく解説します。

チャージ上限額が低い

チャージ上限額が低い

楽天Edyは一度のチャージで25,000円、チャージ上限額50,000円までとなっています。現金化をする際には50,000円までしかできず、その度にチャージを2回しなくてはいけません。

高額な現金化がしにくい上に、都度チャージをしなくてはいけないので手間と時間がかかります

モバイル対応であれば携帯から紐づけているクレジットカードや銀行口座から簡単にチャージできますが、カード型は対応店舗のレジまたは専用入金機を使わなくてはならないので、わざわざ店舗まで出向く必要があるのが難点です。

クレジットカードと紐づけている場合は、何度も繰り返しチャージすることでカード会社に警戒され連絡がくる恐れがあります。

1度カード会社に警戒されると決済をするたびに連絡が来るようになり、最悪の場合、カードの利用停止や強制解約になるリスクがあります。

金券類は一切買えない

金券類は一切買えない

楽天Edyは通貨価値を払い戻したり、換金することは規約で制限されており、換金性の高い商品券などの金券類が一切買えないのです。

amazonで販売されているAmazonギフト券であれば楽天Edyでも購入できますが、楽天edyリーダーやFelicaポート・パソリなどの専用の機械が必要になるため効率的ではありません。

一部のクレジットカードでチャージができない

一部のクレジットカードでチャージができない

楽天Edyは一部のクレットカードでチャージしかできないようになっています。楽天Edyにチャージできるのは以下のカードです。

  • 楽天カード
  • アメリカン・エキスプレス
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)
  • DCカード(三菱UFJニコス)
  • ニコスカード(三菱UFJニコス)
  • UFJカード(三菱UFJニコス)
  • NCカード(エヌシーガイドショップ)
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • オークス
  • オーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • 山陰信販
  • JCB
  • ジャックスカード
  • セディナ
  • オーエムシーカード
  • CFカード
  • ゼビオカード
  • ダイナースクラブカード
  • 東急カード
  • トヨタファイナンス
  • 日本海信販
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ほくせんカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • LIFEカード
  • ポケットカード
  • アプラス

対応カードはかなり多く感じますが、地域密着型のクレジットカードはほとんど未対応となっています。上記のクレジットカード以外では楽天Edyがチャージできないので注意が必要です。

どうしても楽天Edyで現金化したい時の方法

どうしても楽天Edyで現金化したい時の方法

楽天Edyは現金化に向いていないとお話ししましたが、「楽天Edyにチャージしすぎてしまった!」という方もいるでしょう。ここではどうしても楽天Edyで現金化したい時の方法を紹介します。

どうしても楽天Edyで現金化したい時の方法は以下の3つです。

  • 換金率の高い商品を買って転売する
  • 商品を購入した後にすぐ返品する
  • 楽天Edy買取業者を利用する

それぞれの方法について詳しくお話しします。

換金率の高い商品を買って転売する

換金率の高い商品を買って転売する

1つ目の方法は『換金率の高い商品を買って転売する』方法です。

換金率の高いものを購入して、メルカリやオークション、買取業者を利用すれば換金ができるでしょう。

しかし、前述でもお話しした通り楽天Edyでは商品券など金券類は購入できません。

ブランド品や家電製品・ゲームなどが換金率が高いですが、楽天Edyの上限額50,000円となっているため、そこまで高額なものは買えません。

換金率も安定せず、プレミアや品薄状態のものなら100%以上で転売できるかもしれませんが、基本的には50%〜70%の換金率になることが多いです。

メルカリやオークションでは出品してから落札、買取業者は店舗に持ち込みする手間がかかります。現金を手にするまでには結構な時間がかかると思っておきましょう。

商品を購入した後にすぐ返品する

商品を購入した後にすぐ返品する

2つ目は『買った商品をすぐ返品する』方法です。

店舗によっては楽天Edyなどの電子マネーで購入したものを返品すると、現金で返金されることがあります。

大手チェーン店でいうとドン・キホーテが電子マネー決済の返品を現金で返金してくれるですが、返品規定は店舗によって異なります

この方法は成功率が不明でリスクが非常に高いです。

店員に怪しまれても気にしない!という方であれば問題ないですが、同じ店舗で繰り返し行えないのも難点です。

楽天Edy買取業者を利用する

楽天Edy買取業者を利用する

3つ目は『楽天Edy買取業者を利用する』方法です

インターネット上には楽天Edyを専門とした買取業者のサイトがあります。

買取率は60%とかなり低いですが、他の方法よりも簡単で時間もかかりません。

簡単かつ安全に楽天Edyを現金化したいという方にはおすすめの方法です。

楽天Edyよりクレジットカード現金化業者の方がおすすめ

楽天Edyよりクレジットカード現金化業者の方がおすすめ

クレジットカードがあるなら楽天Edyを使うよりも、クレジットカード現金化業者を利用した方が、簡単で高換金率な現金化ができる上に即日入金も可能です。わざわざ楽天Edyにチャージする必要もないですし、5万円以上の現金化もできます。

クレジットカード現金化業者は、クレジットカードのショッピング枠を88%〜98%と非常に高い換金率で現金化してくれます。

現金化業者に指定された安い商品を高額で購入することで、特典として現金がキャッシュバックされる方法で現金化を行います。スマホやPCさえあればいつでもどこでも申し込みできますし、急いで現金を用意したい人にもおすすめです。

現金化業者の利用はクレジットカード現金化の中で最も人気の方法で、カード会社にバレるリスクもかなり低くなっており、利用者も非常に多いです。

しかし、現金化業者にも良し悪しがあり、業者によって換金率や対応スピード、サポート体制が大きく違います

初めて利用する人だと「何を基準に業者を選んだら良いかわからない!」と言う方も多いでしょう。

そこで当サイトが実際に利用して選んだ優良業者を3つ紹介します。初めて現金化業者を利用する方や、業者を探す時間がない方はぜひ参考にしてください。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂は、業界トップクラスの換金率を誇る現金化業者です。

対応スピードも早く、初めて現金化を利用する方には親切にスタッフが対応してくれます。

換金率がUPする限定プランもあるので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

トレンドクレカ

トレンドクレカ

トレンドクレカは入金スピードが早く、評判の良い優良業者です。

換金率も高く、スタッフの対応が丁寧で創業13年以上ですが、カードトラブルがないで安心して利用できます。

おひさまクレジット

おひさまクレジット

おひさまクレジットは、リピート率85%を誇る、創業12年以上の老舗現金化業者です。

換金率・対応スピードともに高い水準で、スタッフの対応も親切・丁寧なため初めて現金化をする方でも安心して利用することができます。

まとめ

楽天Edyを使って現金化する方法を徹底調査まとめ

今回は楽天Edyの特徴や現金化する方法、その他にもおすすめの現金化方法も合わせて紹介しました。最後にこの記事のポイントをまとめましたので、おさらいしましょう。

  • 楽天Edyは楽天Edy株式会社が提供する前払い方式の電子マネー
  • Edyが設置されている店舗で使える
  • 楽天Edyにはカードタイプ・モバイルタイプ・フィギュアやリストバンドタイプなどがある
  • 楽天Edyは現金化に向いていない、その理由は3つ
  • チャージ上限額が低い
  • 金券類は一切買えない
  • 一部のクレジットカードでチャージができない
  • どうしても楽天Edyを現金化するなら方法は3つ
  • 換金率の高い商品を買って転売する
  • 商品を購入した後にすぐ返品する
  • Edy買取業者を利用する
  • 楽天Edyよりクレジットカード現金化業者の方がおすすめ
  • クレジットカード現金化業者は簡単・安全・高換金率で人気の現金化方法
  • 現金化業者にも良し悪しがあるので比較検討は重要

楽天Edyは現金化には向いておらず、今回紹介した方法はチャージしすぎた楽天Edyを何とかしたい人向けです。

現金化が目的ならクレジットカード現金化業者の利用がおすすめです。当サイトではたくさんの現金化業者を、実際に利用して比較評価を行なっています。

現金化業者をお探しの方はぜひ参考にしてくださいね。