クレジットカード現金化を安全に行う方法は?

更新日:2018.11.28
現金化の方法

佐藤 隆道

安全にクレジットカード現金化を行う方法

クレジットカード現金化をしたいと思った時、気にするのはどんなことですか?
やはりまず気になるのは「安全面」ですよね。

クレジットカード現金化はリスクがある金策です。

やり方を間違ってしまうと、カードの利用が停止されてしまう可能性もあります。

この記事では、クレジットカード現金化を安全にする為に知っておきたい2つの注意点について解説していきます。

注意点を知っていれば、実際にクレジットカード現金化をする時の不安も少なくなるでしょう。

是非、参考にしてくださいね。

安全なクレジットカード現金化のための2大ポイント

早速、安全にクレジットカード現金化をするためのポイントを解説していきます。

クレジットカード現金化には様々な注意点がありますが、基本的にはこの2大ポイントをおさえておけば大丈夫です。

  • 悪質なクレジットカード現金化業者を見極める
  • カード会社にバレないようにする

詳しい解説に移ります。

悪質なクレジットカード現金化業者を見極める

クレジットカードの現金化をする場合、「自分で現金化する」「現金化業者に依頼する」かを選ぶ必要があります。

詳しい説明は後述しますが、安全性を考えるならおすすめなのは現金化業者に依頼する方法。

しかし、最近はかなり数が減りましたが、現金化は悪徳業者が多くいる業界。

悪徳な業者を利用してしまうと、詐欺被害に遭ったり、闇金業者から連絡が来るなど、危険なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

安全なクレジットカード現金化のためには、悪徳業者を見極める眼力を養う必要があるんですね。

カード会社にバレないようにする

クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されている行為なため、バレないようにする必要があります。

クレジットカード現金化がグレーゾーンの金策であると言われているのは、この理由があるからなんです。

カード会社にとってクレジットカード現金化は憎むべき規約違反行為で、近年では警戒の度合いはより厳しくなっています。カード会社に現金化がバレた場合は、カードの利用停止強制解約、さらに信用情報へも悪影響を与えるため、深刻なダメージを受けます。

安全にクレジットカード現金化を行うには、カード会社の警戒の目をくぐり抜けなくてはならないということです。

悪徳現金化業者のリスクと安全な回避方法

実際に悪徳な現金化業者を使うことで起きた詐欺被害の実例手口などを解説していきます。

また、それらの被害に遭わない為の安全な回避方法も一緒にみていきましょう。

悪徳現金化業者による詐欺被害

悪徳な現金化業者を利用すると、主に以下のような詐欺被害に遭ってしまいます。

  • 現金が振り込まれない
  • 換金率が事前に聞いていたものと違う
  • 個人情報が悪用され、闇金業者などに売られる
  • 取引を途中で断ろうとするとキャンセル料を請求される

クレジットカード現金化をしたい時は、特にお金がなく焦っている状態だと思います。 心身ともに大ダメージを受けてしまうでしょう。

悪徳現金化業者の手口

このクレジットカードだと現金化出来ないからと、優良業者として闇金を紹介する

クレジットカード現金化ができると思っていたのに、「出来ない」と言われると焦りますよね。

申込者の「焦り」を悪徳な現金化業者は利用します。

もっと優良な業者があるからと、「闇金」を紹介するんですね。

中には顧客を呼び込むために、闇金業者自らが現金化業者を運営している場合もあります。

現金化できないと言われたら、面倒でも違う業者を自分で探しましょう。

個人情報を入力させた後で低い換金率を提示し、断ったらキャンセル料を請求する

悪徳現金化業者は、現金化の取引を途中でやめようとした時に威圧的な態度に出ます。

「キャンセル料」を請求してくるのです。

冷静に考えてみれば、まだ取引は完了していないのでキャンセル料など払う必要はないのですが、先に個人情報を入力しているため、怖くなって払う人もいるんですね。

ネット完結型業者なら、電話を切れば交渉を一方的に打ち切ることが可能です。

向こうも、電話を切るくらい度胸のある人を追いかけるのは割に合わないので、追いかけては来ないでしょう。

必要以上に個人情報を入力させ、他の悪徳現金化業者や闇金に情報を流す

また、実際に現金化をしなかったとしても、必要以上に個人情報を入力させて他の業者に情報を流すという手口もあります。

特に、クレジットカード情報は貴重な情報です。

例えばカード番号や暗証番号やセキュリティコードが手に入ってしまえば不正利用し放題な訳で、その情報を狙って現金化業者として営業している業者もあるくらいです。

必要以上の情報を要求してくる現金化業者には細心の注意を払って対応しましょう。

安全にクレジットカード現金化業者を選ぶための注意点

悪徳な現金化業者の詐欺被害や手口について解説してきました。

被害に遭わない為に、利用する前に以下の4つの注意点をおさえておきましょう。

  • 現金化業者のサイトに会社の所在地や代表者名があるか確認する
  • 利用する前に、電話で問い合わせして対応を見る
  • クレジットカード情報を入力する画面では、アドレスが「https」になっているか確認する
  • 現金化業者から違う業者を紹介された場合は、取引をやめる

特に、現金化業者の対応に少しでも怪しいところを感じたら、すぐに取引を中止する勇気が大切です。

断れずに契約してしまっては、悪徳業者の思う壺。

一つの業者を諦めても優良な現金化業者は数多くあります。断りましょう。

カード会社にバレた時のリスクと安全な回避方法

次は、カード会社に現金化がバレた時のリスクと、安全な回避方法について解説していきましょう。

クレジットカード現金化は、現金が手に入ればそれで成功ではありません。

現金化が本当に成功しているかは、現金が手に入った後に「カード会社に現金化がバレなかったかどうか」で決まります。

それほど、バレた時のリスクは大きいのです。

ショッピング枠の現金化はカード会社の利用規約で禁止されている

クレジットカード現金化がカード会社にバレてはいけないのは、利用規約で禁止されているからです。

例えば、消費者金融や銀行などでお金を借りる時は「審査」を受けますよね。その審査で返済能力を確認されています。

クレジットカードを作成する際にも審査がありますが、あくまでショッピング枠、つまりお買い物に使うための審査です。

利用用途が広い現金での融資にはキャッシング枠で別枠の審査が行われます。その人に現金として貸せるのはキャッシング枠の範囲までということなんですね。

しかし、クレジットカード現金化でショッピング枠を現金に変えられてしまうと、カード会社は本来貸す気のなかった分まで現金で融資していることになります。

これでは、返済能力を認めていない人までお金を借りられてしまうので、現金化目的での利用を禁止しているんです。

カード会社に現金化がバレたらどうなる?

カード会社に現金化がバレたら、カードは利用停止になります。

更に、利用停止になった後はこれまでの利用分を一括請求されることも多いです。

完済したら、殆どの場合そのまま強制解約です。

また、カード会社は必ず「信用情報機関」に加盟している為、強制解約された利用者の情報は他のカード会社にも知れ渡ります。

その為、現金化に使っていないカードも利用停止になってしまう可能性が高いのです。

カード会社にバレない安全な現金化の方法

カード会社に現金化をバレないようにするには、「無理に自分で現金化しようとせず、業者に任せること」です。

自分で現金化をする場合、換金率が高い商品をカード決済で買うことになります。

この行為が危険なんです。

換金率が高い金券や貴金属、ブランド品などを一定数以上買うと、現金化が目的でなくても利用確認の電話がかかってきます。

カード会社に現金化がバレる時というのは、殆どの場合この利用確認の電話がかかってきた時です。

現金化目的ではない購入理由をうまく説明出来なかったりすることで、バレてしまうんです。

優良な現金化業者は、取引にクレジットカードの決済代行会社を挟んでいます。

決済代行会社は現金化目的の取引以外にも、様々なカード決済を代行しています。

そのうちの数%の取引が現金化であっても、カード会社にはまず分かりません。

したがって、あなたのクレジットカード現金化目的での利用もバレることはなく、安全に現金化することができるんですね。

安全にクレジットカード現金化をするなら優良業者を利用しよう

さて、安全にクレジットカード現金化をする二つのポイントについてご理解いただけたでしょうか。

これまで解説してきたように、大切なのは優良現金化業者を選ぶこと。

さらに、優良業者を選ぶことのメリットをご紹介していきます。

優良現金化業者を使うメリット

優良な現金化業者を使うと、以下のようなメリットがあります。

  • 安全に現金化することができる
  • 高い換金率で現金化できる
  • 即日中に1時間以内に入金してもらえる
  • 丁寧な対応をしてもらえる

まずは何より、安全に利用することができること。

きちんとした業者を利用すれば、詐欺被害に遭う心配もありませんし、カード会社に現金化がバレることもありません。さらに、サービスレベルも高くなります。

高い換金率、素早く丁寧な対応と、クレジットカード現金化という方法の良さを知ることができるでしょう。

おすすめの優良現金化業者

ひまわりギフト

ひまわりギフトは、最大換金率96%のクレジットカード現金化業者です。
創業から13年の実績もあり、リピート率は85%という高さ。
更に、毎月15日は「ひまわりの日」として換金率が3%アップします。

ネットバンクにも対応してくれるので土日でも24時間利用可能。
また、最短10分で入金してくれるので、今すぐにお金が必要な人でも安心して利用できますね。

公式サイトはこちら

ライフ(LIFE)

ライフは、最大換金率97.8%のクレジットカード現金化業者です。
高額な利用でないと高い換金率にならない業者が多い中、10万円以下の利用であっても換金率は90%なので、少額な現金化でもおすすめです。

また、ネットバンクにも対応しているので、いつでも入金可能。
最短5分で入金してくれるので、どんな時も安心ですね。

ライフ(LIFE)の詳細

換金堂

換金堂は、最大換金率98.4%のクレジットカード現金化業者です。
換金率を88%からで固定しているので、利用時の不安も少なくて済みますね。
更に、商品券のプレゼントや手続きにかかる手数料を無料にするキャンペーンも頻繁に開催しているので、サービス内容も充実しています。

19時までなら即日で入金が可能です。

換金堂の詳細

キャッシュチェンジ

キャッシュチェンジは、最大換金率98%のクレジットカード現金化業者です。
他社よりも換金率を高くすることをモットーとしている為、相談次第で最初に提示された換金率も高い換金率で現金化することも可能です。

新規の利用者に最大3万円プレゼントのキャンペーンや、友人紹介で最大5万円プレゼントキャンペーンなど、顧客の満足度を上げるためのサービスを提供しています。

最短5分で振り込んでもらえる上、ネットバンクにも対応してくれるので土日でも利用可能です。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたか。
今回はクレジットカード現金化を安全に行うための注意点について解説しました。

クレジットカード現金化を自分ですることの危険性や、悪徳現金化業者に騙されてしまうリスクなどを考えると、しっかりと注意点を知った上で利用するべきだと気づいたのではないでしょうか。

最後に簡単にまとめてみます。

  • 安全にクレジットカード現金化を行うための2大ポイント
    • 悪質な現金化業者を見極めること
    • カード会社にバレないようにすること
  • 悪徳な現金化業者に騙されると詐欺被害に遭う可能性がある
  • カード会社に現金化がバレるとカードが利用停止になり強制解約の可能性も
  • 安全なクレジットカード現金化の方法は優良業者を使うこと

クレジットカード現金化は安全に使うことができれば、便利な金策の一つでもあります。
しかし、リスクを知らずに使ってしまうと、とても危険な金策にもなります。
簡単にクレジットカード現金化を使おうと考えるのではなく、最後の手段として検討しましょう。