クレジットカード現金化のことならマネーリサーチ

即日のクレジットカード現金化を実現するネットバンキング3社

更新日:2018.09.14
現金化の方法

佐藤 隆道

即日で現金化する為のネットバンキング3社

「今すぐお金が必要なのに、もう銀行は閉まっているし、消費者金融の無人機も営業時間外・・・」
「明日の朝までに絶対に用意しないといけないのに…」

こんにちは、現金化を熟知する金融のプロフェッショナル佐藤隆道です。

クレジットカード現金化をしたいと考えている人の中には、上記のように「今すぐお金が欲しい」「即日現金化がしたい」という方も多くいらっしゃいます。

今回はそうした方に、『即日振込と銀行口座との関係』、『即日現金化に便利なネットバンキング』を解説していきます。

銀行取引時間外の即日現金化を目指しておられる方は、ぜひご参考ください!

クレジットカード現金化業者は本当に24時間営業しているの?

結論から言いますと、本当に24時間対応してくれる業者はほとんどいません。

24時間受付可能』とHPに記載しているところも多いですが、基本的にインターネットでの『申し込み』が24時間可能ということを言っている場合がほとんど。

別の箇所に記載されている電話受付時間が実質的な営業時間となっていることが多いです。

ただ、本当に深夜でも対応してくれる業者もありますので、諦めず色々な業者を探してみましょう。

即日現金化の落とし穴! 銀行口座の振込反映時間に注意!

ただし、深夜に対応してくれる業者を見つけても安心するのはまだ早いです!

確かに振込まではしてくれても、銀行口座によっては振込が反映されることが翌日ということもよくあります

送金元と送金先の銀行口座が別の銀行の場合は平日15時以降の入金が翌営業日扱いとなってしまうことがほとんどです。

現金化業者はそういったことにも熟知していますので、急いでいる場合は振込が即時反映してくれるのかどうかを、申し込みの時に確認しておきましょう。

どうしても即日現金化をしたい場合には、その業者のホームページに取り扱い金融機関として記載のある『ネットバンキング』を利用すると確実です。

ネットバンキングについては、下記で詳細をご紹介します。

即日現金化の強い味方、ネットバンキング!

インターネットの発達によって、ネット上で管理できる銀行口座を持てるようになりました。

ネット上の口座やネット上の銀行口座を運営している銀行のことをネットバンキングと呼び、実際の口座と比べると振込がネット上から24時間可能だったり、ネットで残高確認ができたりと非常に利便性が高くなっています。

クレジットカード現金化においても、こうしたネットバンキングを用いることで24時間の振込が可能となり、深夜などの時間帯でも現金を受け取ることが可能となりました。

今回はネットバンキングの大手として、現金化業者でも取り扱いの多い、ジャパンネット銀行楽天銀行三菱東京UFJ銀行を例に、振り込み時間と手数料について見ていきます。

ジャパンネット銀行

ネットバンキング黎明期に生まれた老舗のネット銀行といえば『ジャパンネット銀行』があります。

ネット銀行さながらの手数料の安さなどが魅力的です。

口座開設はアプリをダウンロードするか、Web上で簡単に開設可能です。

ジャパンネット銀行の振り込み時間

振り込み受付時間は、システムメンテナンス時さえ除けば、24時間、365日受付をしています。

利用時は、直近でシステムメンテナンスが行われないかホームページで確認しましょう。

ただし、入金時間については同じジャパンネット宛ならば即時入金が可能ですが、他の銀行宛ならば15時以降は翌営業日に入金となりますので、業者がジャパンネット銀行だけど、自分は他行口座という場合には注意しましょう。

とくに土日や祝日が絡めば入金時間は、翌平日と遅くなってしまう可能性が高いので気をつけます。

ジャパンネット銀行の振り込み手数料

ジャパンネット銀行同士ならば、手数料はなんと54円と格安です。

ジャパンネット銀行から他行あては3万円未満は172円、3万円以上ならば270円と同行あてよりは高くなりますが、一般的な金融機関よりは振り込み手数料が安い印象です。

楽天銀行

多岐にわたるサービスを展開する楽天では、『楽天銀行』というネットバンキングを運営しています。

100円から楽天市場などで使える楽天ポイントが貯まり、買い物やクレジットカードの利用者が多い楽天の銀行は、振り込み手数料もお得、銀行口座でもポイントも貯められるということで、利用者も多いです。

残高や給与口座になっているかなどによってランクが分かれており、ランクが上がれば振り込み手数料やATM手数料が無料になるといった特典があります。

口座開設はパソコンやスマートフォンから手続きが可能で、楽天会員になっている方は、すでに登録されている情報が使えますので、簡単に開設できます。

楽天銀行の振り込み時間

振り込みの受付は24時間365日可能です。

楽天銀行口座同士ならば即時振り込み、即時出金が可能となっていますが、楽天から他行あての場合は、平日15時以降は翌営業日扱いとなります。

同じく土日や祝日、年末年始なども翌営業日扱いになりますので注意しましょう。

楽天銀行の振り込み手数料

楽天同士ならば振り込み金額に関係なく手数料は無料となっています。

他行あてでも3万円未満なら165円、3万円以上ならば258円で可能です。

三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJダイレクト

国内大手の銀行である三菱東京UFJ銀行では、『三菱東京UFJダイレクト』というネットバンキングを提供しています。

開設の方法は通常の口座を開設したのちに、ネットからネットバンキングの登録をするというもの。

店頭にある窓口に行かなくても、郵送や、インターネット、テレビ窓口から口座の開設が可能です。

テレビ窓口とは、各支店に設置されている個室の窓口で専用のオペレーターと話しながら開設できるというもので、便利でわかりやすい開設サービスとなっています。

個室なので、プライバシーを気にしなくてもよいですし、画面を見ながらオペレーターと会話で進んでいくので安心です。

事前にインターネット上で、事前受付サービスを行っておくとよりスムーズに手続きをすることができます。

テレビ窓口では、口座開設の他にカードローンの申し込みや住所変更、海外送金などの手続きも可能となっています。

三菱東京UFJダイレクトの振り込み時間

三菱東京UFJダイレクトなら、同行間の振り込みについては24時間可能です。

(他行宛の場合は平日15時以降は翌営業日扱い)

また、通常の口座についても、2017年2月より24時間振り込みが即時で可能になりました。

(ただし、他行宛ての振り込みはダイレクトと同じく、15時以降は翌営業日扱いになります。)

ただしATMでも、三菱東京UFJダイレクトでも毎月第2土曜の夜9時~翌日の7時までは利用できませんのでご注意ください。

また、法人の振り込みについては年末年始やGW、祝日、毎月第2土曜の夜9時~翌日の8時までは振り込みが利用できませんので、現金化業者からの振り込みの日時にはご注意ください。

三菱東京UFJダイレクトの振り込み手数料

三菱東京UFJダイレクトなら、同じ三菱東京UFJ銀行の口座宛てならば振込手数料は完全に無料となります。

他行宛てならば、3万円未満で216円、3万円以上で324円の手数料が発生します。

まとめ

以上、即日現金化のポイントとネットバンキングについて、紹介してきました。

内容を簡単におさらいすると

  • 即日現金化するなら現金化業者の電話受付時間に注意!
  • 自分の銀行口座が業者の取り扱い銀行口座の中にあるかを確認!
  • ジャパンネット銀行や楽天銀行は取り扱い業者も多いのでおすすめ!

利用したい現金化業者が決まったら、どの銀行口座を取り扱っているかを確認することが重要です。

ジャパンネット銀行や楽天銀行の口座は多くの現金化業者が取り扱っているため、現金化をよく利用するのであれば、どちらかの銀行口座をあらかじめ開設しておくといいかもしれませんね。

換金率もお得な「ゴールドラッシュ」の現金化がおすすめ!

ゴールドラッシュ

「ゴールドラッシュ」は優良現金化業者として有名で、高い換金率と対応スピードの速さで知られています。 電話対応の時間も年中無休で午後9時までとかなり遅くまで対応してくれるのも嬉しいところ。 もちろん、ネットバンキングでなければ銀行取引時間外の即日対応はできないので、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの金融機関で口座を作っておきましょう!

公式サイトはこちら