クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

夜間でも即日可!ネット銀行でのクレジットカード現金化

更新日:2018.09.14
現金化の方法

佐藤 隆道

ネットバンクなら夜間でも即日現金化可能

こんにちは!

クレジットカード現金化業者での勤務経験のある村上圭です。

今回は夜間でクレジットカード現金化業者を利用するために必要不可欠な、ネット銀行についてお話しさせていただきます。

飲み会などの事情で夜間帯にお金が必要になってくたときにクレジットカード現金化を効率良く利用できれば、急な出費にも困りませんよね。

しかし一般的な銀行口座では、銀行の営業時間である午後3時までの振込を見越して申し込みを行わなければ、即日中に現金化はできません。

銀行の営業時間外でもお金が管理できるネット銀行を使えば、土日祝日や夜間でもクレジットカード現金化が行えます。

ネット銀行とクレジットカード現金化の関係性について、以下で詳しく見ていきましょう!

クレジットカード現金化には銀行口座が必要!

クレジットカード現金化のサービスを利用して現金を受け取る方法には店頭で直接受け取る方法もありますが、多くの利用者は銀行振込で受け取る方法を選択するでしょう。

当たり前のことですが振込で現金を受領するには銀行口座が必要になります。

銀行口座は振り込まれるだけなので、どの銀行でも大差はないはず、と思ったら大間違いです!

特定の銀行口座を開設すると現金化の利便性が増す場合がありますので、ご紹介いたします!

即日や夜間でのクレジットカード現金化では時間帯に注意

クレジットカード現金化を即日中や夜間帯に行うにあたっては、銀行の営業時間に注意する必要が出てきます。

所有している銀行口座の種類、またはクレジットカード現金化業者への申込のタイミング次第では、必要なときに入金が反映されない可能性があるんです。

午後3時以降・土日の振込は翌営業日に入金

メガバンクや地方銀行など利用者の皆さんが日常的に支店に足を運んだりATMでお金を引き出したりしている銀行口座の振込は、午後3時以降や土日に振込実行されると翌営業日の午前9時以降にしか入金が反映されません。にしか入金が反映されません。

例えば、現金化業者へのサービス利用申込が午後3時以降となった場合は、申込自体がすぐに完了して業者から振込が実行されたとしても、入金は翌営業日の午前9時以降になってしまいます。

また午後2時などに申込手続を行った場合は、事前に現金化業者宛に確認したとしても当日中の入金の確約を得ることは難しいでしょう。

なぜなら、振込を行ったお金を実際に反映させる手続は銀行が行いますので、入金のタイミングまでは業者が調整することはできないのです。

五十日(毎月5、10、15、20、25、30日または月末のこと)は銀行にとっても繁忙日ですので混み合う可能性が高く、入金時間が遅くなりがちです。

上記の銀行口座で振込を受け取る場合は時間に余裕を持って取引することをおすすめ致します。

入金反映の関係から見ても、一般的な銀行口座で即日中のクレジットカード現金化を希望ならば、遅くとも午前中には申し込みを終えていたほうが無難ですよ!

ネット銀行なら24時間365日夜間でも入金が反映

では土日や夜間にはクレジットカード現金化サービスを利用しても、即日中にお金を受け取ることができないのかというと、そんなことはありません。

オンラインで入出金の処理をしているネット銀行の中には、振込の入金が24時間365日反映するものがあります!

今回はそんなクレジットカード現金化と非常に相性の良いネット銀行は以下になります。

  • イオン銀行
  • じぶん銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行

所有している口座がネット銀行であれば、銀行の営業時間に関わらず、土日でも夜間でもクレジットカード現金化が可能です。

ネット口座でも即日や夜間にクレジットカード現金化ができない場合も

但し上記のネット口座を持っていても入金が即日反映しない2つのケースがありますので注意して下さい!

クレジットカード現金化業者がネット銀行に対応していない

1つ目は、利用者が指定したネット銀行口座を業者が対応していないケースです。

24時間365日入金を反映するには同じ銀行から振込を実行してもらう必要があります。

つまり、クレジットカード現金化を利用したいAさんはイオン銀行の口座を振込指定口座にしたとすると、業者はイオン銀行の口座を持っていれば24時間365日入金が反映されます。

しかし、業者がイオン銀行の口座を持っていない場合は土日や午後3時以降の振込の入金は翌営業日の入金となるため、すぐに現金を引き出そうと思っても引き出すことができません。

土日や夜間にすぐに現金を手に入れたい利用者は必ず業者が取引している銀行を確認するようにしてください。

ネット銀行を利用してもATMの夜間利用が難しい場合

振込が入金されたとしてもATMを使って現金を引き出さなければお金は手元に入ってきません。

当たり前と言われればそれまでではありますが、ネット銀行には店舗がないけどどうやって現金を引き出せばいいの?、と疑問に思われる方も少なくありません。

近くのコンビニのATMが夜間帯に利用不可能であれば、ネット銀行に対応しているクレジットカード現金化業者を利用しても無駄足になってしまいますよね。

ネット銀行は実店舗を持つメガバンクやその他銀行と提携しており、金融機関のATMの他、コンビニエンスストアのATMで引き出すことが可能なので、近辺で夜間でも引き出せる場所を把握しておくのが有効です。

まとめ

今回の記事では、クレジットカード現金化とネット銀行の関わりについて解説してまいりました。

クレジットカード現金化が始まった初期の頃は、黄色い看板でお馴染みの店舗型が目立ち、直接に出向かなければ取引が不可能でした。

インターネットの普及でクレジットカード現金化についても利便性が格段と上がり間接的に取引が可能となって、振込時間や速度もまた業界全体で向上を見せています。

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

  • クレジットカード現金化には銀行口座が必要
  • 午後3時や土日の振込では即日中に現金化できない
  • ネット銀行なら24時間土日祝日夜間でも現金化できる
  • ネット銀行に適応していない現金化業者も少なからず存在する

いかがだったでしょうか。

利用する銀行口座によっては希望の時間帯にクレジットカード現金化ができなくなってしまいます。

振込時間を気にせず、急な出費時に安心してクレジットカード現金化を利用するためにも、ネット銀行の口座はおすすめです。

ネット銀行の口座を用意しておいたほうが土日祝日や夜間でも現金化が可能なので、ぜひこの機会に開設を検討していみてはいかがでしょうか!