即日クレジットカード現金化の落とし穴とは?

更新日:2018.09.14
現金化の方法

佐藤 隆道

即日クレジットカード現金化の落とし穴

こんにちは、元カード会社勤務の金融のプロ、佐藤隆道です!

クレジットカード現金化業者のウェブサイトでよくみる「即日」や「土日対応」などの文字。

お金が今すぐにでもほしい時にはとてもありがたいですよね。

しかし、この即日振込、しっかりと把握しておかないと、その日中にお金が受け取れなかったり希望額より少なくなったりすることもあるって知っていましたか?

今回は、クレジットカード現金化で即日振込を希望の場合に注意するべき要点を見ていきましょう!

即日振込のクレジットカード現金化における落とし穴

クレジットカード現金化業者の中には、振込へのスピードを売りにしている店舗も多数存在しています。

中には振込まで最短15分、10分、中には5分なんてところも!!

しかし、早いにこしたことはないですが、即時・即日だからこその注意も必要です。

営業時間が異なっていて即日に振り込まれない!?

ウェブサイトでは平日深夜まで対応と書いてありながらじつは夜7時や8時には営業を終わらせているクレジットカード現金化業者もいるようです。

これはもちろん、営業時間が長い方が利用者を取り込みやすいためです。

営業日も本当に土日も対応しているのか、申し込み前に電話で確認してみましょう。

電話に出なければ、表示の営業日や営業時間と詐称して悪質な経営を行っている可能性が高いです。

即日対応サービス以前の問題ですので、ほかのクレジットカード現金化業者を検討しましょう。

クレジットカード現金化業者によっては振込が分割に!?

申し込み後、いつまでもクレジットカード現金化業者から口座への入金が行われない場合は、もちろん悪質な詐欺行為を疑うべきです。

しかし、はて入金されるのは10万円だったはずだったのに2万円しか入金されていない、クレジットカード現金化業者側が時間を間違えたのかな??なんてケースもあるのです。

一般的に振込は一括でされるのが当たり前ですが、稀に分割入金で、振込されるというケースもあります。

また、最期まで振込されないのでは詐欺行為を働く悪質なクレジットカード現金化を利用してしまった可能性も出てくるため、要注意です。

即日希望で換金率が低くなった!?

即時にお金を振り込むという行為は、商品の準備や利用者の申し込み手続きに時間がかかるため、クレジットカード現金化業者にとってはちょっとした手間になります。

そのため即日希望の場合は、公式サイトに記載された換金率表より低くなることがあります。

早く受け取れるのはうれしくても、予想していた金額より少ない金額だと少し残念な気持ちになりますよね。

換金率表から手数料が引かれて実際の取引時に数値が下がるのは、実はクレジットカード現金化の通例で、ごく一般的な取引なのですが、遥かに少ない場合は詐欺行為にあった危険性も出てきます。

初めてクレジットカード現金化業者を利用する方にとっては、手数料で換金率が下がること自体、なんだか嫌な響きに聞こえてきてしまいますよね。

なんども言ってしまいますが、たとえ優良店であっても、この手数料の差し引きは必ず取引時に生じるため、適切な数値であれば誠実なサービスの範疇と判断できます。

納得してクレジットカード現金化を利用するためにも、手数料の引かれた実際の換金率については業者へ電話連絡を入れて、事前によく確認しておきましょう。

即日中のクレジットカード現金化で気をつけること

即日振込はクレジットカード現金化業者がお金に困っているお客様のために行っているサービス。

しかし、このサービスを利用する時は、利用者本人も注意をして使っていかなければいけません。

即日希望だとキャンセルがしにくい

ウェブサイトで簡単申し込み、数十分で即振込となると、万が一申し込みの段階で、希望金額などを間違えた場合など、キャンセル、訂正の手続きをしようにも、すでに口座に振込されているので、キャンセルができないなんてことも発生するかもしれません。

早い分、申し込み時に入力に誤りがないかしっかりと確認する必要があります。

自分の口座が即日振込対応じゃなかったら

たいていのクレジットカード現金化業者は即日に対応するために、24時間振り込みが可能なネットバンクでの申し込みを推奨しています。

問題は自分のもっている口座が即日対応ではない場合です。

例えば即日中ですぐにお金がほしいと考えて土日に申し込身を行っては、クレジットカード現金化業者がいくらすぐに送金しても、受け取りの口座が土日に対応していないと振り込みされるのは月曜になります。

一般の銀行では、土日や祝日、平日15時以降は翌営業日の振込となるところが多いので気をつけないと即日中に現金を手に入れられない可能性があります。

そのため、クレジットカード現金化を行う時は受け取りである、自分の口座も確認する必要があります。

一般的な口座で即日希望の場合は、銀行の営業時間である午後3時までに業者から入金してもらわなければならないため、午前中には手続きを終わらせておいた方が安心でしょう。

だいたいのネットバンクならば、土日や時間に関係なく当日入金も可能です。

土日祝日中に現金を振り込んでもらいたい方は、ネットバンクの口座開設を検討してみてください。

クレジットカード現金化の多用

一度簡単にお金を手に入れてしまうと、人間味をしめてしまい「また現金なくなったら現金化使えばいいか♪」などとクレジットカード現金化をくり返してしまうかもしれません。

クレジットカード現金化はたしかに万が一のときの救世主ではありますが、頻繁に使うとカード会社にバレてカードが利用停止になったり、毎月のカードの返済額が大きくなってしまったりして自転車操業をくり返すあげくの果てに返せなくなるなんてことにもなりかねないので、注意しましょう。

まとめ

ここまで即日にクレジットカード現金化を行う際の注意点について解説してまいりました。

即日にクレジットカード現金化が可能なのは確かに便利ですが、メリットが大きい分、若干気をつけないといけない面がありましたね。

優良店に申し込めば即日入金を希望しても何ら問題はないのですが、換金率に差が出てしまうことや、銀行の営業時間外では振り込ませないことなど、利用者自身で確認しなければいけない要点もありました。

最後に、今回の記事の重要な点を簡単に振り返っていきましょう!

  • 即日だと換金率が低くなる
  • 即日希望なら実際の営業時間に注意
  • 即日希望だと分割振込の業者もある
  • 24時間振込はネットバンクのみ
  • クレジットカード現金化の多用に注意

いかがだったでしょうか。

クレジットカード現金化で即日振込を希望の場合はネットバンクを持っておくことで、より取引が簡単になり、土日食祝日でもすぐに入金が成されます。

即日でのクレジットカード現金化は利便性が高く、急な出費にもすぐに対応できるため、使いたい方もたくさんいらっしゃるかと思われます。

事前に確認しておくべき要点を踏まえて安全に利用しましょう!