クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

土日でも即日クレジットカード現金化をする方法とは?

更新日:2018.09.14
現金化の方法

佐藤 隆道

土日でも即日で現金化する方法

クレジットカード現金化は急にお金が欲しくなった時に、とても便利です。

急な出費が必要になる状況って、平日よりも、友達と遊んでいたり、家族で遠出していたりする土日のほうが比較的多いですよね。

また、土日などでなければ自分がクレジットカード現金化をするための時間が取れないといった方も多いはずです。

しかし、ネット型であっても店舗型であっても、通常であれば曜日を問わずクレジットカード現金化を行うことが可能です。

店舗型の業者であれば直接その場で取引が完了するため、即日中に現金を手にすることは可能です。

店舗型業者と聞けば、繁華街や駅前にある黄色い看板の前で、お仕事の終わりなどに並ぶ方の姿が思い浮かびますよね。

では、ネットの場合はどうなのか。

多くのネット完結型の現金化を行っているところは、即日振込を行っています。

また最短5分ということを特徴としているところもあります。

しかし、ネット完結型の業者の場合は、実際には即日中に振り込まれなかったり、土日や祝日に入金がされなかったりするケースも珍しくありません。

今回は、ネット完結型の業者でクレジットカード現金化を行う際の注意点や、銀行の営業時間外でもお金を受け取れる方法について見ていきましょう!

土日に即日クレジットカード現金化を行う際の3つの注意点

まず最初に、銀行の営業時間外である土日祝日でも入金してもらえるにはどの点に注意すれば良いのか、即日中のクレジットカード現金化の方法における確認事項を見ていきましょう!

自分が振り込んでほしい口座の取り扱いがあるかどうか

まずは、自分が振り込んでほしい口座の取り扱いがあるかどうか、つまり銀行の取り扱いがあるかどうか、といったところが焦点になります。

土日祝日での即日振込にネットバンクが必要なことは、ご存知の方も多いかと思います。

ネットバンクなら24時間365日入出金が可能なわけですが、これにも同じ銀行の口座間のやりとりに限るという限定条件があるのです。

つまり、現金化業者側でも同じ銀行の口座を持っている必要があり銀行が違う場合は即日現金ができないのです。

もし利用者が提示したクレジットカードがネットバンクでも、業者側がいていなければ土日での即日現金化が不可能となるわけなんですね。

クレジットカード現金化業者の殆どはネットバンクに対応していますが、どうしても土日に即日入金をしてもらいたい方は念のために事前確認をしておく必要があります。

業者が自分の持つクレジットカードを取り扱っているか

自分が利用しようと考えているクレジットカードを、現金化業者が取り扱っているかといったことも注意が必要です。

せっかく現金化のためにネットバンクを開設しても、所有しているクレジットカードが業者側で適応されない場合は土日どころか、通常の取引すら不可能となってしまいます。

多くの場合は、国内発行のクレジットカードであれば全て利用可能であるといったところがほとんどですが、AmexやDinersnaなど自社のブランド性に厳格な銘柄では審査も厳しく取り扱ってくれない場合も多いので、利用前にはしっかり確認しておきましょう。

換金率は土日や即日振込希望でも変わらないのか

土日祝日での即日入金を希望される場合は、換金率が下がる場合もあります。

クレジットカード現金化では、高額な商品のストックやカード決済料金など、業者側の負担分を手数料として換金率から差し引かれてしまいます。

即日希望の利用者に対しては、緊急性を要する分業者側の負担も通常の取引より大きくなるので自ずと手数料も高くなり、結果として換金率が低下する要因となるんですね。

土日希望や即日希望で換金率を下げる業者は、即日プランと通常プランというふうにプランを分けている場合が多いので、公式サイト情報や電話連絡などでしっかり数値を確認しておきましょう。

土日希望でも生じるクレジットカード現金化利用後の注意点

土日祝日でのクレジットカード現金化を覚えてしまうと、取引の容易さになんども利用する方もいらっしゃるかと思われます。

クレジットカード現金化の利用自体は安全に行えばなんら問題がありませんが、取引終了後にも注意点が潜んでいることも念頭に入れておきましょう!

クレジットカード現金化によるカードの利用停止処分

土日即日入金に関わらず、クレジットカード現金化では、カードの利用停止といったリスクを伴っています。

クレジットカード現金化という取引自体に違法性はありませんが、カード会社の利用規約の「換金目的での決済を禁止する」事項には違反しています。

カード会社が換金目的での決済を禁止しているのは、現金化による未払い金の増加を未然に防止することが目的です。

クレジットカード会社に現金化がバレると、最悪の場合カードの利用停止にまで追い込まれてしまいます。

合法なのに規約違反というあやふやな立場にあるのに、きちんと安全に利用できるというのがまた難しい部分ですよね。

土日でのクレジットカード現金化でも支払いは生じる

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を手にしているわけではありませんが、クレジットカードを利用した買い物という位置づけになるので、支払いを行っていかなければなりません。

これは一般的な取引でも、土日即日入金を希望でも同様です。

もちろん、1回払いや分割払いを選択することは可能ですが、「返済」という言葉が「分割払い」という違う表現に代わっているだけ、ということは忘れてはいけません。

確かに、お金を借りるよりも利息分が安くつくかもしれませんが、当然、リボ払いなどを利用すればそれに対する手数料は発生します。

少しでも、無理なくクレジットカード現金化の支払いを行っていくには、そういった点にも注意が必要です。

便利な土日即日でのクレジットカード現金化!でも多用は禁物

このようにネット完結型業者なら条件さえあえば、24時間土日祝日でも、手軽にクレジットカード現金化を行うことが可能です。

もちろん、金銭的にピンチを迎えないよう、日頃から計画的なお金の管理は必要です。

しかし、誰にでもピンチは訪れます。

土日祝日での買い物や遠出などによる急な出費時に、クレジットカード現金化という方法があるということを知っておけば、最悪の状態を免れることができるかもしれません。

しかし、リスクは必ずついてきます。

クレジットカードが利用停止になれば、信用情報に傷がつく可能性もあり新しくクレジットカードが作れないといった可能性も考えられます。

つまり、常習的に行える方法ではないといったことを知っておくことが大切です。

土日祝日でのクレジットカード現金化を希望ならネットバンク!

重要な点なので再度記述する形となりましすが、土日や祝日などの銀行の営業時間外に現金を手に入れたい場合は、ネットバンクを用意しておくことで取引が容易となります。

また、ネットバンクに対応しているクレジットカード現金化業者でなければ、土日祝日での入金が難しいので、申し込み前に電話連絡などで確認しておく必要がありますね。

ネットバンクを解説してクレジットカード現金化の利用に幅を効かせれば、より気軽に取引が行えますよ。

まとめ

今回は土日即日でのクレジットカード現金化における注意点と利用方法について解説してまいりました。

最後に記事内容の要点を振り返っていきましょう!

  • 土日祝日深夜での入金を希望ならネットバンクを用意する
  • クレジットカード現金化業者がネットバンクに適応しているのか確認する
  • 現金化業者が自分の持つクレジットカードに適応しているのか確認する
  • 業者のプランによる換金率の変動を確認する
  • クレジットカードの利用停止や負債の滞りに注意する

いかがだったでしょうか。

土日祝日でも気軽にクレジットカード現金化が利用できるため、急な出費にお悩みの方はぜひご活用ください!