クレジットカード現金化のことならマネーリサーチ

現金化のデメリットとは?自分で行う方法に潜むリスク

更新日:2018.09.28
現金化の方法

佐藤 隆道

自分でする現金化のデメリット

今月の公共料金の支払いのために現金が必要だけど給料日はまだ先、そんなときに便利なのがクレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。

さて、クレジットカード現金化には業者を使う方法と自分で行う方法の二種類があるため、どっちがいいの?と疑問に思う方が多くいらっしゃるかと思います。

クレジットカード現金化業者を利用すると、換金率が低くなってしまうことや、悪徳業者の詐欺被害にあってしまうなどのデメリットやリスクが存在するために、自分で現金化を行おうとする方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、自分で現金化すれば業者を通す必要がないため、悪徳業者に騙される心配もありませんし、業者の取り分もないですから、非常に高い換金率を実現することも可能かもしれません。

しかし、自分で行うクレジットカード現金化にも、デメリットやリスクが潜んでいることはご存知でしょうか。

これらを知らないままに、自分でクレジットカード現金化を行おうとしている方は、少しだけ思いとどまってこの記事を読んでみてください。

自分でクレジットカードを使って現金化する仕組みとは

女性が現金化の仕組みを疑問に思っている図

まず自分でクレジットカードを使って現金化する方法をご説明致します。

初めに利用者ご自身でブランド物や新幹線の回数券など換金性の高い商品の購入をして頂きます。

そして、金券ショップや質屋などでその商品を売却して現金を受け取ります。

この一連の流れのことを『自分で行うクレジットカード現金化』と呼び、商品の選定や買取を一手に行う専門の現金化業者を通す方法と区別しています。

クレジットカード現金化を自分でするリスクとデメリットとは

現金化のリスクとデメリットを知って悲しむ女性

自分で行うということは、クレジットカード現金化という行為に対し、何の保証もないということ。

専門の現金化業者にマージンを払うことで、避けられるリスクやデメリットも全て自己責任で引き受けるということです。

それでは、一体どんなリスクやデメリットが存在するのかを見てきましょう。

クレジットカードの利用停止や強制解約のリスクがある!

クレジットカードを使った現金化は法律上グレーゾーンに該当する取引になります。

ではなぜ、グレーゾーンなのかというとクレジットカード利用規約で現金化することが明確に禁止事項として記載されているからなんです。

この利用規約に違反した場合はペナルティとしてクレジットカードの利用停止や最悪を想定すれば強制解約の可能性もあります。

でもどうやって違反したってわかるの?とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんのでご説明致しますと、カード会社は現金化を含めた不正利用を防止する観点から、カードの取引を監視しているのです。

かくいう私もそういった業務をしていたわけですが、各人のカードの利用状況を見ていく中で、突然クレジットカードを使って換金性の高い新幹線の回数券を大量に購入した場合、その回数券を現金化する可能性が高いと判断して利用停止の処置を行うわけです。

ちょっと現金が必要になった時に気軽に使いたいクレジットカード現金化のサービスですが、カードそのものが利用停止されるかもしれないとなると、なかなか使えませんよね。

商品の調査、購入、売却の手間がかかり、時間もかかる!

現金化の為に時間や手間がかかり苦しむ女性

もう1つ挙げられる個人で行う現金化のデメリットは面倒な上に時間もかかってしまうという点です。

まず換金性の高いギフト券や定番のブランド品などを自らお店に行って購入した上で、それらを売却するために質屋や買取ショップに行かなければなりません。

新幹線の回数券は駅のみどりの窓口に行くことでクレジットカードで購入することが可能ですが、ブランド品やさらに高い換金率を狙うのであれば限定商品など都会のお店に足を運ぶ必要があります。

地方にお住まいの方であれば気軽にお店に行くことも難しいですから、ネット型の業者を使った現金化と比べると手軽さの面で大きく水を開けられてしまいます。

こういった手間は自分で行うクレジットカードを使った現金化のデメリットと言えるでしょう。

何故、自分でクレジットカード現金化をするの?

自分で現金化をして大金を手に入れる人

ここまで、クレジットカード現金化を自分でする際のリスクとデメリットについて解説してきました。

しかし、こうしたリスクやデメリットを背負ってでも自分でクレジットカード現金化をしたいという需要があるのも事実です。

その理由とは一体なんなのでしょうか。

高い換金率で取引できる可能性がある

自分で行う現金化のメリットの代表的な1つとして挙げられるのが高い換金率で現金を受け取ることができる可能性があるからです。

可能性と付け加えているのは毎回高くなるということではなく、購入した商品がまさに流行っているもので高い値段で買い取ってくれる買取ショップが存在している場合に結果的に換金率が高くなる、ということ。

新幹線の回数券が自分で現金化する場合に扱われる代表的な商品の1つですが、例えば東京駅発着新大阪駅までの新幹線回数券であれば換金率は90%程度とかなり高い水準を維持しています。

トラブルに巻き込まれにくい!悪徳業者は入る余地なし

悪徳業者に騙されずに済んで喜ぶ女性

もう1点挙げられる自分で行う現金化のメリットは、業者を通さない取引のため悪徳業者に騙される心配がないという点です。

法律上グレーゾーンに該当するクレジットカード現金化業者業界には、消費者を騙してお金を巻き上げようと企んでいる悪徳業者が存在します。

しかし、クレジットカード現金化を自分で行う場合は、余程怪しい店を選んで商品を購入したり、わざわざ街中にある怪しい買取ショップや質屋を使わない限り、トラブルになる可能性は低いです。

買取ショップでの査定に納得がいかなければ売らないという選択もできますし、自分で全て責任を持って取引ができるため安心して現金化することができるため、根強い人気となっています。

まとめ

まとめをメモにとる男性 いかがでしたか?

自分でクレジットカード現金化を行う危険性や、リスクを負ってでも自分でするメリットについてお判りいただけたでしょうか。

最後に今回の記事をまとめておきましょう。

  • カードが利用停止になる危険がある
  • 手間と時間が大幅にかかる
  • 高い換金率で取引できる可能性がある
  • 悪徳業者に巻き込まれる危険はない

もし、どうしても自分でクレジットカード現金化をしたいという時には、上記のようなメリット・デメリットをよく踏まえた上で行うようにしましょう。

現金化業者を利用したいけれど、優良で安全な業者がわからないということは当サイトのクレジットカード現金化業者総合ランキングを参考にしてみてくださいね。