クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

自分で行う現金化!高換金率が狙える3つの方法

更新日:2019.05.14
現金化の方法

佐藤 隆道

自分での現金化で高換金率が狙える3つの方法

自分での現金化は、商品の売上を全て手に入れることができる一方で、カードの利用停止リスクも一人で背負います。 そこで、なるべく安全かつ高換金率が狙える自分での現金化の方法を、この記事では3つ紹介します!

1度きりの現金化なら、新幹線回数券がおすすめ

2度きりの現金化なら新幹線回数券

クレジットカード現金化の元祖である、新幹線回数券の転売。 最も換金性の高い金券類なので一発アウトと思われがちですが、1度きりの現金化ならそこまでリスクはないんです。

1番人気の東京大阪間では98%という換金率の高さからクレジットカード現金化に使う人が殺到したため、今ではすっかりカード会社の目が厳しくなっている新幹線回数券。

しかしそんな新幹線回数券も、1セット(6枚綴り3往復分)1度きりのカード購入であれば問題ありません。

カード会社からのチェックは入るものの、普通に生きていれば出張や遠距離恋愛、帰省などで新幹線を使うことは誰にだってありますからね。

もしカード会社から確認の電話がかかってきても、自宅や職場から最も近い新幹線停車駅を発着とする新幹線回数券を購入し、適当な言い訳を準備しておけば、オペレーターもそれ以上は何も追求できないというわけです。

万が一現金化を疑われた時のため、転売する前に券面のコピーまでとっておけば完璧!

ただ、それに味をしめて新幹線回数券での現金化を繰り返したり、1度しかできないからといって大量購入、高額購入をするとあっさりバレてしまうのであまり欲目を出さないように気をつけましょう。

誰でも高換金率が狙える、amazonギフト券の買取

amazonギフト券の買取も高換金率

職業や立場上、新幹線回数券を購入する口実が見当たらないという人や、そもそもハイリスクな現金化は避けたいという人にはamazonギフト券がおすすめです。

amazonギフト券は、現金化の定番商品として長い間君臨し続けた新幹線回数券を、その玉座から追いやった張本人

今や、最も手軽に高換金率を狙えるクレジットカード現金化の商品として、注目を集めています。

方法はとっても簡単で、アマゾンの公式サイトからEメールタイプのamazonギフト券を購入→専用買取業者に転売というたったの2ステップ!

ネット上で全ての手続きが完結するうえに、90~95%前後という高換金率で現金が得られます。

購入するamazonギフト券の額面は自分で決められるので、ほぼ過不足なしで必要な現金化業者が得られるのも嬉しいポイントです。

ネットに弱い人はゲームや家電で現金化しよう

ゲーム類や家電の現金化

自分での現金化で高換金率を狙いたいけど、ネットをうまく使いこなせない…。 そんな人は、カード購入したゲーム機家電類を買取ショップに持ち込みましょう。

換金率と利用停止リスクの兼ね合いを考えると、新幹線回数券と並んでクレジットカード現金化の定番商品として知られている金券類、ブランド品の転売は避けたほうが賢明。

安全に高換金率を目指すなら、おすすめはゲーム機家電類です。

家電量販店などで簡単に購入ができるこの2品目は、幅広い層に一定の需要があるので、街中の中古品買取店で高値で売却することができるのです。

しかも普段購入する機会の少ないブランド品や金券類と違って、誰でも必要に応じて購入するものなので、カード会社からも疑われにくいというメリットがあります。

換金率は、平均すると80%前後となりますが、これは正直なところ人によって本当にまちまち。

人気で品薄となっているゲーム機をGETできれば額面以上の価格で売れることもあるでしょうし、反対に型落ちした製品などは思った値段で売却できないこともあるでしょう。

ただし、事前にきちんと需要のある商品を選び、ショップごとに買取価格を調べておけば大外れすることはまずありません。

換金率をUPさせる上級者テクニックとは?

換金率UPの上級テク

次は、今までに紹介した方法よりもワンランク上の、高換金率を目指すテクニック特殊な知識やアイテムが必要なので誰でも使えるというわけにはいきませんが、もし上手に活用できるのであれば、さらなる高換金率が狙えます。

ネット上の個人取引を利用する

ネット上の個人取引を利用

自分で行うクレジットカード現金化で換金率をあげるためにできることは、①購入コストを抑える、②高値で転売するという二つ。

商品の購入価格は、店によって決まっているのでなかなか自分では変えられませんが、売却価格は売る相手さえ選べば、簡単に吊り上げることが可能です。

ヤフオクメルカリなどを使ってネット市場に自ら出品すれば、それなりの値段で買い取ってくれる人が現れるかもしれません。

そうでなくても、販売手数料を除いた売上げが全て自分の手元に入ってくるので、万一売れなかった時のことを考えて低めの買取価格を設定している中古ショップよりは高換金率を狙える可能性が高いといえるでしょう。

ただし、こういったネット上での売買は買い手が決まるまでや配送の時間を考えて、2週間〜1カ月の期間をみておく必要があります。

カード会社の公式サイトから商品券を購入する

公式サイトから商品券購入

国際ブランドが発行元のクレジットカードを持っていれば、そのグループ会社の商品券が購入できます。

例えば、JCBカードならJCBギフト券UCグループカードならUCギフト券が、公式サイト会員ページにログインすることで購入可能です。

これらの商品券は有効期限もないので、保存状態さえ良ければいつでも換金率95%前後で転売できます。

ギフト券が手元に届くまで1〜2週程度かかりますが、「ゴルフのコンペやビンゴの景品用で購入した」と言えばカード会社に疑われず、高換金率で現金化できます。

自分の専門分野で勝負する

自分の専門分野で勝負する

自分が何か精通しているジャンルがあれば、その分野の売買で高換金率を狙うことも可能です。

流行が分かる業界や、自分が好きなアニメやゲームのグッズなど、有利に立ち回れるフィールドを選びましょう。

ネット売買との合わせ技でマニアのお眼鏡にかなえば、家電やゲーム類とは比にならない高値取引も夢ではありません。

高換金率で現金化できる優良店もチェックしよう

現金化の優良店をチェック

高換金率利用停止リスクは紙一重! 高い換金率を望めば望むほど、カード利用停止の危険度も高くなっていきます

この記事ではもちろん、その中でも安全性と換金率が高い方法を紹介しましたが、やはりその道のプロであるクレジットカード現金化業者と比べると、100%安全とは言い切れません

そこでリスクを最大限まで抑え、なおかつ高換金率を果たせる何か別の方法はないかと考えた結果、マネーリサーチは現金化業者とのタイアップキャンペーンを実現させました。

換金率5%UPキャンペーン

これは、マネーリサーチと提携している現金化業者に申し込むと、換金率が2~5%UPするというキャンペーン!

現金化業者の通常の換金率が85%だとすると、5%UPで90%ということになりますから、もはや自分で現金化するのと変わらない高換金率です。

こちらも体を張って期間限定のキャンペーンとして試みている段階のため、終了時期は未定!

開催している今のうちに、申し込んでしまうことをおすすめします。

ココだけ!換金率5%UP