クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

自分で現金化するリスクとは?危険性を完全解説

更新日:2019.07.18
現金化の方法

佐藤 隆道

自分で現金化するリスク

クレジットカード現金化業者の利用に比べて、高換金率が狙えると噂の自分での現金化。 しかし失敗すると、今後クレジットカードが使えなくなるリスクがあるんです。

自分での現金化には、どんなリスクがある?

自分での現金化にはどんなrリスクがある?

まずは、どのカード会社も原則として買い物専用に設けられたショッピング枠の現金化を禁止しています。 本来クレジットカードで現金を借りるためには、別途審査を受けてキャッシング枠を設定する必要があるからです。

カード会社としては正当な手はずに則ってキャッシング枠を使って欲しいと思っているので、クレジットカード現金化利用規約違反行為として定めているということですね。

このため自分で行うクレジットカード現金化には、以下のようなリスクが潜んでいます。

カード利用停止リスク

カード利用停止リスク

自分でクレジットカード現金化する人がカード購入するのは、金券類ブランド品など、換金性の高い商品

カード会社もこういった商品の傾向は把握しており、疑わしい決済を感知するシステムを搭載することで、利用者のカード使用状況を監視しています。

カードをめったに利用しないのに急にブランド品の高額決済をしたり、商品券を何万円もカード購入するなど明らかに不自然だと判断されると、このシステムに引っかかって、クレジットカードは自動的に利用停止に。

それ以上、カードでお買い物や支払いをすることはできなくなってしまいます。

その後カード会社からかかってくる電話で、無事疑いを晴らすことができればまたカードは使えるようになりますが、利用停止を受けたという記録は個人信用情報に残ってしまうので、今後新しくローンを組む際に不利に働く可能性があります

強制解約リスク

強制解約リスク

クレジットカードが利用停止になるのはあくまでも、クレジットカード現金化が疑われている段階

その後、カード会社とのやりとりの中で本格的にクレジットカード現金化がバレると、カードは強制解約となります。

未払いの利用残高は一斉請求、さらに、強制解約されたという情報は全ての金融機関に共有されてしまうので、今後他のクレジットカードも一切作れなくなります

例えクレジットカード現金化をしたという事実がはっきり明るみにでなくとも、クレジットカードが利用停止のまま有効期限を迎えるという形で、解約されるパターンもあるようです。

クレジットカード現金化業者とのリスクの違い

現金化業者とのリスクの違い

利用停止や強制解約リスクは、自分での現金化だけでなくクレジットカード現金化という行為そのものにつきまとうリスクです。 しかし同じクレジットカード現金化でも、専門業者に依頼するのと自分で現金化する方法とでは、その危険度に大きな差があります。

いわゆる素人が行う自分での現金化と違って、クレジットカード現金化業者その道のプロ

長い戦いの中で、カード会社の監視の目をくぐり抜ける高い技術を持っています。

その技術とは、様々な種類のカード決済を取り扱う会社と結託して、現金化のための高額決済を大量の利用明細の中に紛れ込ませてしまったり、カード会社にバレにくい海外決済用の端末を使用したりと、個人ではとても真似できないレベルのものばかり。

素人が一人で動く自分での現金化と違って、プロ集団が企業ぐるみで施策を行うので、抱えているリスクは同じでもカード会社にバレる確率自体はかなり低いんですね。

あんしんクレジットの誇大広告 安全第一の現金化業者

安全に自分で現金化するための3つのコツ

安全に自分で現金化するための3つのコツ

①少額にとどめる

少額にとどめる

利用規約違反として定められている現金化ですが、少額であればカード会社もそこまで目くじらを立てません。

カード会社が一番心配しているのは、利用者の返済が滞ったり回収不能になることだからです。

普段からちょこちょこカード利用していれば自分での現金化であっても3万円以内なら、カード会社にバレるリスクは低いといえるでしょう。

②現金化の定番商品を避ける

現金化の定番商品を避ける

金券類やブランド品での現金化がほぼ一発アウトなのは、転売目的だと見破りやすいからです。

もとからブランド好きの人であれば、度々カードでのブランド品購入があるはずですし、金券類にいたっては贈答品以外で普段購入する機会はほぼないでしょう。

年齢や属性によっては、ゴルフのコンペや、会社のビンゴの景品だと言い逃れできるかもしれませんが、利用停止リスクを考えるとあまりおすすめできません。

そこでおすすめなのは家電ゲーム類など、中古品として売りに出しても価値が下がりにくく、なおかつ転売目的だとバレにくい商品です。

ただし高値で売れるものを見つけたからといって、同じ種類のものや似たような品目を複数購入すると転売目的だとバレてしまうので、あまり欲目は出さないようにしましょう。

③言い訳をきちんと考えておく

言い訳をきちんと考えておく

クレジットカード現金化で最悪の事態は、現金化がバレてカードが強制解約になってしまうことです。

それを避けるためにも商品の購入の段階から、万が一カードが利用停止になった時に備えて、カード会社への言い訳を考えておきましょう。

現金化が疑われた場合に、カード会社から確認される質問事項は主に以下の通りです。

表向きは、第三者の不正利用でないかを確認するための電話ということになっているので、オペレーターも決して厳しい尋問口調などではありません。

  • 商品の購入の日時・場所
  • 商品購入の目的

ゲーム機や家電類での現金化であれば単に欲しかったからという購入理由ですみますが、金券類の場合は購入目的に少し不可解な点があるだけで、利用停止を解除してもらえる可能性がグンと低くなります。

また高額の金券類をカード購入した際は、転売目的でないことを証明するために券面のコピーを求められることもあるので、金券ショップに持ち込む前にきちんとコピーをとっておくと安心です。

スピード面や換金率も、業者依頼が低リスク

スピード面や換金率も業者利用が低リスク

クレジットカード現金化は安全面に限らず、スピード面換金率業者依頼が低リスク。 現金化業者なら、即日振込一定の換金率が保証されているからです。

自分での現金化は、業者に手数料が取られない分高換金率というイメージがありますが、それは成功者に限ったお話。

商品の購入から転売まで、全ての過程を自分で行う現金化には、その過程の1つ1つで、安全性の他にも様々なリスクが発生するんです。

思ったより時間がかかって、その日のうちに現金調達がかなわなかったり、商品の選定や売る場所を失敗して、換金率が相場以下に落ち込んだり

こういったリスクは当然といえば当然ですが、ズブの素人が行えば行うほど高くなります。

これらのことを総合的に考えると、メルカリやYahooオークションのユーザーで、中古品売買にある程度長けている人や、特定のジャンルに精通していて、売れ筋の商品を見定める鑑識眼を持っている、という人でない限り、自分での現金化はあまりおすすめできません

その点、クレジットカード現金化業者の優良店なら、即日振込&換金率80%以上を確約しているところがほとんど。

さらに今なら、マネーリサーチのURLからお申し込みをするだけで換金率がUPするキャンペーンも実施しています。

期間限定換金率5%UP

業者と交渉して換金率をあげるのは1%でも一苦労なのに、申し込みを経由するだけで換金率が3~5%もUPするのは当サイトだけ!

ただしこちらとしても赤字覚悟の試みなので、いつ終わってしまうかは保証できません。

少してもお金が必要になる可能性があるのなら、キャンペーンが開催されている今のうちに申し込んでおくことをおすすめします!

期間限定!換金率5%UP

まとめ

クレジットカード現金化は業者利用がおすすめ

自分での現金化で、手間や労力に見合った高換金率を得られるかどうかは、個人の実力に左右されます

中古売買に長けた人や少額での現金化を検討している人には向いている方法ですが、初めてクレジットカード現金化をするという人少しでもリスクを回避したいという人は、業者依頼がおすすめです。