WeChat Pay(微信支付)を使って現金化する方法を徹底調査

更新日:2019.11.27
現金化の方法

佐藤 隆道

WeChat Pay(微信支付)を使って現金化する方法を徹底調査

『WeChat Pay(微信支付)』は中国版LINEと呼ばれる『WeChat(微信)』に組み込まれた決済サービスです。今回はWeChat Payを使って現金化できるかについて調査しました。WeChat Payを使った現金化方法だけでなく、よりおすすめな現金化方法も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

WeChat Payの特徴

WeChat Payの特徴

WeChat Payは、中国大手IT企業のテンセントが、2010年に開発したWeChatに組み込まれている支払いサービスです。約6億人が利用していると言われており、中国からの観光客が多い日本でも導入する店舗が徐々に増えています。

スマホに表示させたQRかバーコードを店員が読み取るだけで決済が完了し、チャージ方法には銀行口座とクレジットカードの2つがあります。

中国では電子マネー決済がかなり浸透しており、使えない店舗を探すのが難しいほどだと言われています。個人間送金も可能なWeChat Payには、一体どんな現金化方法があるのでしょうか。

WeChat Payを使った現金化方法

WeChat Payを使った現金化方法

結論から言うと、現状ではWeChat Payを使った現金化は難しいです。

2019年7月までは、日本人でも比較的簡単に利用開始ができていたのですが、現在では中国の銀行口座や居民身分証が必須となっており利用しにくくなっています。

以前は日本のクレジットカードでもWeChat Payアカウントを有効化できていましたが、現在は利用できていたアカウントすらチャージできなくなっているのです。

あくまでも『現状では難しい』だけなので、日本でWeChat Payの導入が進めば日本でも気軽に使えるようになるかもしれません。

WeChat Payより人気のある中国の電子マネーサービスの『Alipay』であれば、日本のクレジットカードでも利用できるサービスが開始されました。どうしても中国の電子マネーサービスが使いたい方は、Alipayを使うと良いかもしれません。

Alipayだけでなく、個人間送金やクレジットカードでもチャージできるWeChat Payも日本で使えるようになれば、現金化の方法も増えていくでしょう。

WeChat Payがダメならクレジットカード現金化!

WeChat Payがダメならクレジットカード現金化!

電子マネーの普及は徐々に進んでいますが、なかなかクレジットカードでのチャージや個人間送金ができるようにはなっていません。WeChat Payのような電子マネーの現金化が難しい現状では、クレジットカード現金化はまだまだ衰えないでしょう。

クレジットカード現金化は簡単・安全・高換金率な方法で、多くの方に利用されています。

クレジットカード現金化は業者に依頼する方が多く、指定された商品を購入することでキャッシュバックの特典が受けられ、ショッピング枠の現金化ができる仕組みとなっています。

クレジットカードと身分証明書さえあれば、いつでもどこでも現金化が可能で換金率も88%〜98%とかなり高くなっています。

創業から10年以上で1度もカードトラブルがない業者もありますので安全面でも問題なく、数十分から1時間程度で手続きが終わるので即日入金も可能です。

クレジットカード現金化を成功させるポイントは、どの現金化業者を利用するかにかかっています。

現金化業者によって換金率や対応の早さ、サポート内容が大きく違うため、現金化をする前に利用する業者はしっかりと比較検討するべきです。

しかし、初めて現金化する方は何を基準に業者を選んだ良いかわからないでしょうし、家事や仕事で忙しい方はそもそも探す時間が取れないかもしれません。

そんな方のために、当サイトが実際に利用して比較検証を行った優良業者を紹介します。どれも高水準なサービスを提供してくれる業者ばかりなので、ぜひ利用してみてください。

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂

クレジットカード現金化堂は、業界トップクラスの換金率で最高98.8%となっています。

換金率だけでなく対応スピードも早く、サポート内容も充実していることから多くの方に利用されている現金化業者です。

利用後に他社の方が高換金率だとわかった場合でも、8日間までなら返金対応をしてくれるサポートもありますので、安心して利用できます。

ひまわりギフト

ひまわりギフト

ひまわりギフトは創業15年を超える老舗現金化業者で、換金率も高く対応スピードも早いことから多くの方に利用されています。

スタッフの対応も丁寧で、初めて現金化を利用した方に対しても親切に答えてくれるので安心して質問できます。

インターネットが使えるスマホやPCさえあれば、どこからでも申し込めるのでぜひ利用してみてください。

キャッシュライン

キャッシュライン

キャッシュラインは創業5年ほどの比較的新しい現金化業者ですが、換金率の高さや対応スピードが早いことから人気があり、多くの方に利用されています。

キャンペーンも充実しており、初回契約時には換金率が最大5%UPするので初めて現金化する方にもおすすめです。

LINEでの問い合わせも可能で、電話やメールではちょっと…と言う方でお気軽に質問できるようになっています。

まとめ

WeChat Pay(微信支付)を使って現金化する方法を徹底調査まとめ

今回は中国の電子マネーサービスであるWeChat Payを使った現金化方法について調査しました。最後にポイントをまとめましたので、おさらいしましょう。

  • WeChat Payは、中国大手IT企業のテンセント提供する支払いサービス
  • 中国では約6億人がWeChat Payを利用している
  • WeChat Payは個人間送金やクレジットカードチャージが可能
  • しかし、現金化に使うのは不向き
  • 中国の銀行口座や居民身分証がないt利用できない
  • Alipayなら日本のクレジットカードでも利用できる
  • 電子マネーでの現金化はまだまだ難しい
  • クレジットカード現金化は業者利用が1番
  • 簡単・安全・高換金率の3つが揃っている

現状では、WeChat Payのような電子マネーは現金化は難しいです。

クレジットカード現金化業者の方が簡単・安全・高換金率でおすすめなので、まとまったお金が必要な方はぜひ利用してみてください。