みずほファクター

みずほファクターの特徴

みずほファクターは大手で信頼もあるからこそ、審査が厳しくファクタリングのスピードは遅いです。
しかし、スピードを度外視すればみずほファクターを利用するメリットは数多くあったので1つずつご紹介していきます。

みずほファクターのメリット

大手だから信頼できる

ファクタリングは日本ではあまり浸透していないからこそ、運営している会社は中小企業が多いのですが、みずほファクターはみずほ銀行が100%出資している大手の会社です。
安心してファクタリングサービスを受けることができるのはもちろん、売掛先に通達されても信用をそこまで失わずに資金調達することができるでしょう。

海外取引の国際ファクタリングも対応

多くのファクタリング会社が国内の売掛金に対応している中、みずほファクターは国内だけでなく海外の国際ファクタリングにも対応しています。
世界トップクラスの金融機関であるみずほだからこそFCIのネットワークに加盟することができ、国際ファクタリングが可能となっているので、他のファクタリングでは決して実現できない大きなメリットとなっています。

手数料が安い

みずほファクターでは手数料を公開していないのですが、利用者の口コミを参考にする限り全体的に安い傾向にあるようです。
ただしメガバンクが運営しているファクタリング会社だからこそ売掛金の金額が大きく審査も厳しいので、中小企業では利用することが難しいかもしれません。
ただ大手企業でそこまで資金調達を急いでいないのなら、最適なファクタリング会社と言えるでしょう。

創業40年を超える老舗

近年できて間もないファクタリング会社が多数存在しているのですが、みずほファクターは1977年にできたファクタリング会社であり40年を超える老舗です。
老舗だからこそファクタリングに関するノウハウは充実しており、各企業にあった資金調達プランを提案してくれるので資金繰りで悩んだら一番に相談すべき会社だと言えるでしょう。