クレジットカード現金化の比較はマネーリサーチ

おひさまクレジット利用の流れ

男性がおひさまクレジットの流れを紹介

おひさまクレジットは、口コミでも評価の高い現金化業者。 
けれども、実際に利用する場合の流れが詳しく分からないと不安なもの。

また、公式サイトなどで利用の流れを確認しても「本当にこの通りに進められるかな?」「実際にはどれくらい時間がかかるの?」等、利用前に知っておきたいことも多いですよね。

そこでこの記事では、おひさまクレジットで現金化する流れ注意点を解説していきます。
実際におひさまクレジットを利用するイメージもつきやすくなりますよ。
是非、参考にしてみてください。

おひさまクレジットでの申し込みの流れ

おひさまクレジットの申し込みの流れは、以下の4ステップです。

おひさまクレジットの利用の流れ

ひとつずつ更に詳しく解説していきましょう。

公式サイトの申し込みフォームまたは電話にて申し込み

おひさまクレジットを利用する男性

まずは、おひさまクレジットの公式サイトを開きます。
申し込みフォームであれば、5分もあれば入力が完了してしまうので、手間はかかりません。

電話で申し込む場合は本人確認も一緒にしてもらえますが、申し込みフォームで入力する個人情報なども全て口頭で伝えなくてはならない為に、周りの人に現金化がバレるリスクも出てきます。
出来る限り、申し込みフォームを使っての申し込みがおすすめと言えるでしょう。

ただ、注意点もあります。
それは、電話での受付時間が9:00〜19:00となっている為、電話での本人確認も19時までしか対応してもらえないということ。

最初におひさまクレジットを利用する際には必ず本人確認が必要になる為、申し込みフォームを使う場合であっても「19時まで」に申し込みを完了させるようにしましょう。

おひさまクレジットに指定された商品をカード決済で購入

おひさまクレジットで使用できるクレジットカード

おひさまクレジットは、「キャッシュバック方式」を利用している現金化業者です。
キャッシュバック方式とは、指定された商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金化を行う方式のこと。

その為、申し込みが完了し本人確認も終わったら、おひさまクレジットに指定されたショッピングサイトにて、カード決済で商品を購入します。

ショッピングサイトでカード決済を使ったことがある方なら、決して難しい作業ではありません。
カード決済について不安がある場合には、利用前にしっかりとスタッフに手順を確認しておくようにしましょう。

ここで指定される商品は、おひさまクレジット独自の商品です。
ブランド品や金券などのように換金率が高い商品ではない為、カード会社に現金化を疑われる可能性は低いです。

カード決済完了後、おひさまクレジットから入金

土日でも利用できるおひさまクレジットの銀行

おひさまクレジット側がカード決済を確認できたら、指定した口座に現金が振り込まれます。
最短10分で入金してもらえるので、安心ですね。

ただし、連休明けなどの利用者が多い日だと、手続きに時間がかかってしまい、入金までに1時間以上かかる場合も。
急いで現金が必要な場合には、時間に余裕を持って申し込みしましょう。

後日、おひさまクレジットから届く商品の受け取り

おひさまクレジットの商品を受け取る男性

後日、おひさまクレジットからキャッシュバック対象の商品が送られてきます。
この商品がないと「キャッシュバック方式」で現金化してもらえたことにならないので、必ず受け取りましょう。

現金を振り込んでもらえて安心してしまい、商品の受け取りをすっかり忘れてしまう人もいます。
しかし、受け取りがないことで業者とトラブルになる場合もある為、受け取り忘れないように気をつけてください。

おひさまクレジットを利用する時の注意点

おひさまクレジットを利用する際の注意点

おひさまクレジットを利用する際、利用の流れの中で注意する必要があるのは以下の2点です。

  • おひさまクレジットから届く商品は必ず受け取る必要がある
  • 入金先の銀行口座によっては、即日入金できない

この2点についてしっかりみていきましょう。

おひさまクレジットから届く商品は必ず受け取る必要がある

おひさまクレジットの商品であるパワーストーン

利用の流れの際にも確認しましたが、おひさまクレジットから届く商品は必ず受け取る必要があります。
これは、おひさまクレジットが「キャッシュバック方式」で現金化をしている為です。

キャッシュバック方式の現金化で利用者が商品を受け取らなかった場合、キャッシュバックの元になる商品の売買が認められなくなってしまいます。そうなると、現金化業者は「現金の融資」をしたことになってしまいます。

現金化業者はもちろん賃金業の登録はしていない上、現金化の換金率を貸金業法の年利に換算すると違法な金利になることもあり、業者にとっては避けるべき事態といえます。実際に、キャッシュバック方式で現金化を行なっていた業者が、利用者に商品を送付しなかった為に逮捕される、ということも発生しています。

こうした事情から、商品の受け取りが確認できないと、現金化業者から連絡が来たり、次回以降の利用を断られるなどトラブルに発展する可能性もあります。
トラブルを避けるためにも、必ず商品を受け取りましょう。

商品は相談で変えてもらうことが可能

おひさまクレジットの商品を配達する車

おひさまクレジットからの商品を受け取る必要があっても、家族に不審に思われそうで不安だ、という方もいるでしょう。
そういった方は、送付される商品を変えてもらうことも可能です。

例えば、「パワーストーン」だと不審に思われてしまうのなら、書籍やCDやDVDに商品を変えてもらえるんです。
書類の厚さがないものであればポストなどにも入りますし、仮に家族の誰かが受け取ったとしても勝手に開けられる可能性も低くなるはずですね。

おひさまクレジットのスタッフに相談すれば、しっかり対応してくれるので聞いてみましょう。

入金先の銀行口座によっては、時間により即日入金できない

おひさまクレジットで利用できるネット銀行

おひさまクレジットには、24時間入金に対応できる銀行口座そうでない口座があります。

24時間入金を確認できるのは、以下の銀行です。

  • ゆうちょ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • じぶん銀行

上記以外の銀行口座を入金先にしたい場合には、「平日14時半まで」に申し込みをしないと即日で現金化が出来ません。
なぜ14時半までかというと、銀行の営業時間が平日15時までという点と、本人確認に時間がかかる為です。

しかし、おひさまクレジットは、ゆうちょ銀行をはじめ、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行といった国内メガバンクや、大手のネット銀行にも対応しており、即日対応範囲はかなり広いと言えるでしょう。ここまで手広く対応可能な銀行をカバーできている現金化業者は多くはありません。

とはいえ、地方銀行に関してはカバーできていません。
ご自身の振込を希望する口座が上記のリストの中にない場合に、即日現金化をするのであれば、14時半までに申し込むようにしましょう。

まとめ

おひさまクレジットの笑顔のスタッフ

いかがでしたか。

おひさまクレジットの利用の流れから、そこから分かる注意点などを解説してきました。
実際におひさまクレジットを利用する際のイメージがついた方もいるでしょう。

おひさまクレジットを利用する場合には、流れをしっかり把握した上で、不安点はスタッフに全て聞くことが大切です。
「スタッフの接客が丁寧」だという口コミもありますし、心配は不要です。

是非、おひさまクレジットの利用を検討してみてください。