PAY BRIDGE(ペイブリッジ)

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)の特徴

ペイブリッジはファクタリング会社の中でも珍しい広告業界に特化した会社です。
そのため広告代理店はもちろん広告プロダクションや印刷業、フリーランスに個人事業主など広告に携わるすべての人が主に利用しています。
そんなペイブリッジだからこそ利用すべきメリットがいくつもあります。

PAY BRIDGE(ペイブリッジ)のメリット

創業10年の老舗ファクタリング会社

ペイブリッジは2009年に創業し今年で10年です。だからこそファクタリングのノウハウは十分蓄えられており、安心して売掛金を売却することができるでしょう。

創業して間もないファクタリング会社ではノウハウが不十分で予期せぬトラブルが起こるかもしれませんが、10年続くペイブリッジならトラブルの心配は少ないです。

広告業界に特化

ペイブリッジは広告業界の支払いサイクルが遅いことで起こる資金不足を解消するために誕生したファクタリングサービスです。
銀行だとお金を借りるので借金として扱われてしまいますが、ファクタリングは売掛金を買い取って現金にするので信用情報に傷が付きません。

また広告会社に限らず広告を事業として行っている会社でも利用可能なので、IT系で困っている企業はぜひ問い合わせてみてください。

東京商工会議所の会員

ペイブリッジは東京商工会議所という商工業の総合的な発達と社会一般の福祉の増進を目的に活動している団体の会員です。
東京商工会議所の会員だから無条件で信頼できるとは言えませんが、入会するだけでお金のかかる団体に属しているということは多少の信用を寄せても良いでしょう。

2社間、3社間ファクタリングから選べる

ペイブリッジでは2社間でも3社間でもファクタリングすることができます。手数料は5%よりも高くなってしまいますが、取引先にファクタリングをしたことがばれない2社間ファクタリングをしたほうがデメリットは少ないと思うので、迷ったら2社間での資金調達をおすすめします。